Apex Legendsの推奨スペックと144fps以上出すゲーミングPCの紹介

Apexのグラボ別fps計測結果
  • 144fps固定するにはどんなスペックが必要?
  • グラボ別にApexでどのぐらいfpsが出るか知りたい。
  • ApexにおすすめのゲーミングPCを教えてほしい!

新しいゲーミングPCやグラボを買ってもApexが快適にプレイできないと、とても大きなお金を損してしまいます。何度も買い替えられるほど安い物ではないので、間違いない買い物をしたいですよね。

この記事では、グラボ別にApexを実際にプレイして計測したデータと共に、快適にプレイができるゲーミングPCを紹介します。

ゲームプレイ中のfps(フレームレート)は平均値だけでなく、ゲーム中のfps変動が重要です。

fpsの平均値が高くても、バトル中にfpsが低ければ意味がありません。そのため、ゲーム中にどのぐらいfpsが上下するかわかるように計測したグラフを公開しました。

この記事では、グラボ別にバトル中のfps変動の計測と画面解像度によるfpsの違いを知ることができます。

計測したグラボは以下の4種。

  • RTX 3060
  • RTX 3060Ti
  • RTX 3070
  • RTX 3080

グラボ別fps計測結果の他に、グラフィック設定やグラボ搭載のゲーミングPCを紹介しているので参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMのことが知りたい方はこちらから!<<

Apex Legendsのパソコン推奨スペック

Apexの動作環境
出典:Apex Legends

Apex Legendsで要求されるPCスペックはそれほど高くありません。

CPUはi5-12400以上。グラボはRTX 3060以上が安定したfpsを出せるのでおすすめです。

Apex公式サイトで発表している動作環境を確認しましょう。

項目必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64ビット版 Windows 7 64ビット版
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz
AMD FX-4350 4.2GHz
Intel i5 3570Tおよび同等品
RAM6GB8GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640
Radeon HD 7730
NVIDIA GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
GPU RAM1GB8GB
ストレージ22GB以上の空き容量22GB以上の空き容量
Apexの動作環境

必要スペック:Apexを最低限動かすために必要なPCスペックです。最大でも60fps出せるかどうかなので、必要動作環境のスペックでApexを遊ぶことはおすすめしません。

推奨動作環境:安定的に60fpsが出せる環境です。ただし、設定や環境によって余裕で60fpsを下回ります。144fpsや240fpsを目指すなら、より高いスペックのゲーミングPCを準備が必要です。

Apexのインストールに必要な容量

ApexのPC版で必要な容量は?

PC版Apexは約66GBの容量が必要です。

PC版Apexの容量
Apexの容量

Apexの動作環境には「22GB以上の空き容量」と書かれていますが、フルインストールには約66GB必要になります。SSDの容量に空きがあるか確認をしておきましょう。

Apexのグラボ別fps計測結果

Apex グラボ別のfps計測結果グラフ
Apex グラボ別のfps計測結果グラフ

>>Apexが快適に遊べるゲーミングPCを見る

グラフはApexで計測したfps平均値です。ゲームプレイ中、常にグラフのfps値が出ることはありません。

マップやプレイの内容によってfps値は上下するので注意してください。テルミットグレネードの火花や激しい戦闘ではfpsが低下します。

FPSゲームでは、fps平均値よりもゲーム中(バトル中)のfps変動が重要です。

fps(フレームレート)の計測には、MSI AFTERBURNERという、fpsやCPU温度を記録するソフトを使いました。

Apexのゲーム内設定を以下の条件で測定しています。

  • fps制限なし + 低設定
  • fps制限なし + 高設定
  • バトルロイヤルの「トリオ」で計測。
  • メニュー画面やキャラ(レジェンド)選択画面は計測に入れていません。
  • スタートの降下からバトル中のfpsを測定しています。
fps計測の結論

※それぞれのテキストにあるリンクはfps計測の詳細まで移動します。

  • FullHD(1920 x 1080)のモニターなら、グラボはRTX 3060で十分なfpsが出せます。
  • FullHD(1920 x 1080)の低設定ならRTX 3060 Tiで144fps固定が実現。
  • WQHDモニターで快適にプレイするならRTX 3070以上を選択。
  • 4KモニターならRTX 3080の検討になります。

※テキストのリンクを押すと、それぞれの結果にジャンプします。

※低設定と高設定の内容は「Apexのfps計測ゲーム内設定」で説明しています。

RTX 3060のfps結果

RTX 3060はフルHDで低設定なら快適にプレイできます。

一部120fps前後まで落ちることがありますが、目に見える処理落ちまで感じませんでした。

RTX 3060の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  1. 低設定:239 fps(120fps)
  2. 高設定:150fps(70fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:168fps(127fps)
  • 高設定:118fps(86fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:94fps(57fps)
  • 高設定:63fps(54fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060のフルHD(1920 x 1080)の結果

RTX3060 Apex 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060 フルHD 低設定(fps制限なし)の結果
RTX3060 Apex 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060 フルHD 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3060で高設定でも遊ぶことはできますが、fpsのバラツキが気になる人は素直にグラフィック設定を下げる方がよさそうです。

RTX 3060のWQHD(2560 x 1440)の結果

APEX RTX3060 WQHD 低設定のfps計測結果
RTX 3060 WQHD 低設定(fps制限なし)の結果
APEX RTX3060 WQHD 高設定のfps計測結果
RTX 3060 WQHD 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3060はWQHDでも快適にプレイできました。

高設定は平均118fps出せましたが、ところどころ100fpsに落ちるところがあります。できるだけ高fpsを出したい人は低設定がおすすめです。

RTX 3060の4K(3840 x 2160)の結果

APEX RTX3060 4K 低設定のfps計測結果
RTX 3060 4K 低設定(fps制限なし)の結果
APEX RTX3060 4K 高設定のfps計測結果
RTX 3060 4K 高設定(fps制限なし)の結果

4K解像度では60fpsを切ることが多くなり、激しい撃ち合いのシーンではカクツキも体感できます。

低設定だと移動中などはスムーズですが、撃ち合いやエフェクトが表示されるタイミングでfpsが下がり、フレームが飛んでいる感じが味わえます。

ApexのようなFPSシューター系は一瞬で勝負が決まることが多いため、100fps以上ないと急な対応が難しくなります。

4Kモニターを使う場合でも、グラフィック設定でWQHD(2560 x 1440)やフルHD(1920 x 1080)に解像度を落としてプレイすることをおすすめします。

Apex RTX 3060のまとめ
  • フルHD+低設定でほぼ144fps固定を実現。
  • WQHDは低設定がおすすめ。
  • 4Kは正直キツイ。解像度を落とすことを推奨します。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX 3060Tiのfps結果

ApexをフルHDでプレイするならRTX 3060Tiがおすすめ。

高fpsとコスパのバランスがとても良く、低設定なら144fps固定も実現できます。

RTX 3060Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:250fps(160fps)
  • 高設定:165fps(120fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:205fps(132fps)
  • 高設定:131fps(80fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:116fps(64fps)
  • 高設定:83fps(52fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060TiのフルHD(1920 x 1080)の結果

RTX3060Ti Apex 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti 低設定(fps制限なし)の結果
RTX3060Ti Apex 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3060Tiの低設定なら、144fps固定が実現できます。ただし、マップや戦闘状態によって多少上下は発生します。

RTX3060に比べ、かなり安定して高fpsが出せることがわかります。高設定でもテルミットなど処理が重たいエフェクトが出ても120fps以上出ていました。(フルHDに限る)

RTX 3060TiのWQHD(2560 x 1440)の結果

Apex RTX3060Ti WQHD 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti WQHD 低設定(fps制限なし)の結果
Apex RTX3060Ti WQHD 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti WQHD 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3060TiはWQHD+低設定なら快適にプレイできることがわかりました。

高設定にすると100fps前後が続くことが多くなってきます。部分的に80fpsぐらいまで落ち込むことがあり、FPSゲームとして気になりだすfps結果です。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

Apex RTX3060Ti 4K 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti 4K 低設定(fps制限なし)の結果
Apex RTX3060Ti 4K 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3060Ti 4K 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3060Tiで4Kモニターを使ったプレイは厳しくなります。低設定でもfpsの上下が激しく、60fps前後まで落ち込むことが確認できました。高設定になると、部分的にカクツキを感じることがあります。

Apexのグラフィック設定で解像度をWQHDに下げるなど、設定を変更してプレイすることをおすすめします。

Apex RTX 3060Tiのまとめ
  • フルHD+低設定でほぼ144fps固定を実現。高設定は120fps以上出す事ができる。
  • WQHDなら低設定を推奨します。低設定なら快適にプレイが可能です。
  • 4KモニターはWQHDに解像度を下げることを推奨します。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX 3070のfps結果

RTX3070は、フルHDはもちろんWQHDまで快適にプレイできます。

4Kでもプレイは可能ですが、低設定が必須となる結果でした。

RTX 3070の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:260fps(178fps)
  • 高設定:180fps(130fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:226fps(138fps)
  • 高設定:157fps(109fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:132fps(83fps)
  • 高設定:98fps(75fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070のフルHD(1920 x 1080)の結果

RTX3070 Apex 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3070 低設定(fps制限なし)の結果
RTX3070 Apex 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3070 高設定(fps制限なし)の結果

フルHDで低設定ならほぼ240fps張り付きに近い状態になります。高設定はfpsの上下がありますが、もともと高fpsが出ているため、ゲーム中にカクツキや重さは全く感じませんでした。

RTX 3070のWQHD(2560 x 1440)の結果

Apex RTX3070 WQHD 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3070 WQHD 低設定(fps制限なし)の結果
Apex RTX3070 WQHD 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3070 WQHD 高設定(fps制限なし)の結果

RTX 3070とWQHD、低設定なら快適にプレイすることができます。

今回の計測でfpsが一番落ちたところは138fpsでしたが、そのほかは144fps以上出せていました。

RTX 3070の4K(3840 x 2160)の結果

RTX 3070 4K 低設定(fps制限なし)の結果
RTX 3070 4K 低設定(fps制限なし)の結果
RTX 3070 4K 高設定(fps制限なし)の結果
RTX 3070 4K 高設定(fps制限なし)の結果

4Kモニターで高設定は厳しいと感じます。低設定で平均130fpsぐらいは出ているので、4Kモニターの場合は低設定でプレイすることを推奨します。

Apex RTX 3070のまとめ
  • フルHD+低設定でほぼ240fps固定を実現します。
  • WQHD+低設定であれば、ほぼ144fps固定が実現できます。
  • 4Kでプレイするなら低設定を推奨します。

>>RTX3070搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX 3080のfps結果

Apexを4KでプレイするならRTX 3080以上にした方がよさそうです。

4Kを高設定でもプレイは可能ですが、最低で70fpsぐらいまで低下するため、低設定を推奨します。

RTX 3080の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:295fps(172fps)
  • 高設定:211fps(154fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:263fps(188fps)
  • 高設定:213fps(140fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:158fps(126fps)
  • 高設定:127fps(76fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080のフルHD(1920 x 1080)の結果

Apex RTX3080 低設定のfps計測結果
RTX 3080 低設定(fps制限なし)の結果
Apex RTX3080 高設定のfps計測結果
RTX 3080 高設定(fps制限なし)の結果

フルHDで低設定のとき、ほぼ直線になりました。直線に見えますが250~300fpsの間を細かく上下している状態です。この状態で240fps制限をかけると張り付きにすることもできます。

RTX 3080のWQHD(2560 x 1440)の結果

Apex RTX3080 WQHD 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3080 WQHD 低設定(fps制限なし)の結果
Apex RTX3080 WQHD 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX 3080 WQHD 高設定(fps制限なし)の結果

WQHD解像度になると高設定でも高いfpsを維持できます。

高設定で144fps固定とまでは行きませんが、近い状態にはでました。

低設定なら144fps固定が実現可能。

RTX 3080の4K(3840 x 2160)の結果

Aepex RTX3080 4K 低設定
RTX 3080 4K 低設定(fps制限なし)の結果
Aepex RTX3080 4K 高設定
RTX 3080 4K 高設定(fps制限なし)の結果

4Kの低設定で、平均160fps前後。高設定では平均で127fps前後が限界でした。

打ち合いのシーンでは70fps前後まで落ち込むことがあるので、グラフィック設定は低く設定することが望ましいでしょう。

Apex RTX 3080のまとめ
  • フルHDは高設定144fps固定。低設定240fps固定を実現します。
  • WQHD+低設定で144fps以上、高設定でもほぼ144fps以上が可能です。
  • 4Kは低設定を推奨。高設定でも比較的快適にプレイは可能。

>>RTX3080搭載のゲーミングパソコンを見る

フルHDならRTX 3060以上、4Kなら RTX 3080

低設定(fps制限なし)ではRTX 3060で十分なfpsが出ていることがわかります。

RTX 3060Tiはさらに高fpsを維持することができました。

RTX 3060とRTX 3060Ti、多少のfps低下はありますが、どちらもゲーム中は快適に遊べていました。

4Kモニターを使うなら、RTX 3080を検討した方がよいでしょう。

FullHD(1920 x 1080)であれば無理にRTX 3070にしなくても問題はありません。RTX 3070の方が高いfpsを出せましたが、体感はRTX 3060Tiと変わりませんでした。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

Apex LegendsにおすすめのゲーミングPCの紹介

この記事で紹介したようにグラフィックボードはRTX 3060以上がおすすめ。Apexを144fps以上で快適に遊べます。

Apexに最適でコストパフォーマンスが高いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
RX3060の中で
一番おすすめ!

STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
158,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングPC ミニ
10月7日までセール中!
CPU:Core i5-12400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BRONZE)
144,800円別途送料が2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応 DVDスーパーマルチ
電源:500W(80PLUS BRONZE)

※電源容量のアップグレード検討が必要です。
168,500円別途送料が2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R36
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
199,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこれ!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ゲームメインなら
このPC!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
172,900円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
224,000円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
199,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5J-B221/B2
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
187,200円
別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:650W 静音電源

(80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
Sofmap LEVEL ゲーミングPC
パソコン工房
LEVEL-M06M-124-SAX
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:700W (80PLUS BRONZE)
DVDスーパーマルチ
※メモリスロットは2つです。
168,800円別途送料が2,200円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti-L
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
209,800円別途送料3,300円必要です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならこの3機種!

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
どんなゲームも
快適!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
198,000円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:Z690
SSD:NVMe
Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
248,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070Ti
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
249,800円別途送料2,200円~4,400円。
Core i7
ワンランク上のPC!

FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
229,800円別途送料2,200円~4,400円。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070

チップセット:AMD B550
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
217,100円別途送料が2200円~4400円。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
249,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-12700F
※水冷クーラー
グラボ:RTX3070

チップセット: B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
304,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3080 搭載パソコン(4KやWQHDモニターで遊ぶなら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS Platinum)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W

(80PLUS GOLD)
272,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
285,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R38
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB

電源:750W 静音電源

(80PLUS GOLD)
299,979円※別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
339,990円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

ハイエンドゲーミングPC!RTX3080搭載パソコンはこちら!

計測に使ったグラフィックボードの紹介

この記事でベンチマーク計測をしているグラフィックボードの紹介です。

RTX 3060とRTX 3060Tiの数値を見ると、RTX 3060の方が性能が高そうに感じられる部分がありますが、CUDAコアの数やメモリバス幅が大きいRTX 3060Tiの方が20~30%前後ベンチマークが良い結果を出しています。

RTX 3060TiとRTX 3070のベンチマーク差は5%~10%ほど。モニターがWQHD(2560×1440)であればRTX 3070が有利ですが、フルHD(1920×1080)ならRTX 3060Tiの方がコスパは高い結果となります。

スクロールできます
INNO3D GEFORCE RTX3060 TWIN-X2 OC
GEFORCE RTX 3060
MSI RTX3060Ti VENTUS 2X OC
GEFORCE RTX 3060 Ti
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3080
メーカーINNO3DMSIPalitPalit
製品型番GEFORCE RTX 3060
TWIN X2 OC
※メーカーHPへリンク
GeForce RTX 3060 Ti
VENTUS 2X 8G OCV1 LHR
※メーカーHPへリンク
Palit
NE63070019P2-1041A

※メーカーHPへリンク
Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数3584486458888704
ブーストクロック1792 MHz1695 MHz1725 MHz1710 MHz
メモリタイプ12GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR610GB GDDR6X
メモリスピード15 Gbps14 Gbps14 Gbps19 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit256-bit320-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)170W200W220W320W
補助電源コネクタ8-pin8-pin8-pin X28-pin X2
推奨電源容量 (W)550W600W650W750W
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
AmazonRTX3060を見に行くRTX3060Tiを見に行くRTX3070を見に行くRTX3080を見に行く
TSUKUMOTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行く
各製品の比較

fps計測に使ったゲーミングPCの紹介

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン
STORMのゲーミングパソコン PG-WG12

Apexを144fps以上で快適にプレイするには、以下のPCスペックはほしいです。

  • グラフィックボードがRTX3060以上。
  • CPUはCore i5-12400以上。
  • メモリ16GB。

ナオのゲーミングデバイスで使っているPCは上記スペックを満たしており、Apexで144fpsオーバーさせることができます。

のゲーミングパソコンです。

ゲーミングPCのスペック紹介をしますので参考にしてください。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPU(グラボ)Nvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)

ゲームメインならCPUはCore i5で問題ありません。実況配信や重たい動画編集をするならCore i7とメモリを32GBにすると良いでしょう。

のゲーミングPCは基本的に850W(80PLUS Gold)の電源を搭載しています。

将来、PCパーツの増設やグレードアップをするときも、電源容量が足りない!と言ったことになりにくい容量で助かります。

私は仕事で動画の作成や3DCGのレンダリング作業を行うことがあるため、CPUにi5-12600KFという12世代のCPUを選びました。普段使っているモニターがFull HD(1920×1080)リフレッシュレート165HzなのでゲームをするにしてもRTX3060で十分と判断し、その分CPU性能を上げています。

ゲームメインで考えるならi5-12400やRyzen 5 5600Xなど選択し、浮いた費用でRTX3060 Tiを選択すると良いですね。

もし、モニターの解像度がWQHD(2560×1440)以上の場合はRTX 3070 以上を選択することをおすすめします。

STORMのことをもっと詳しく知りたい方は、STORM(ストーム)のでレビューと評判も参考にしてください。

ApexはグラボなしのPCで遊べるの?

結論:要件を満たせばプレイはできるが、快適には遊べないです。

Apexの最低システム要件ではグラフィックに関して以下のようになっています。

GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730

GT 640は2012年あたりに発売されたGPUです。

例えばIntel第8世代CPUに内臓されたHD 630 graphicsはGT 640より性能が高いので、システム要件は満たされています。しかし、内臓GPUでシステム要件は満たせていても動作は重く、20fps~50fpsが出るかどうか。

環境が良くなったと言っても60fps以上で快適にプレイすることは難しいです。

ApexのようなFPSゲームは最低60fps。可能な限り120fps以上フレームレートが無いと、撃ち合いで負ける確率が高くなります。Apexはグラフィックボードの性能に影響がでやすく、内臓GPUでは性能不足と言って過言ではありません。

グラフィックボードが搭載されたPCで、快適にプレイすることを強くおすすめします。

この記事で計測に使ったグラフィックボードのまとめはこちらの記事を参考にどうぞ。

BTOパソコンショップの紹介もしていますので、参考にしてください。

Apexで144fps固定に必要な設定

ゲーミングPCは何も設定をしないとパフォーマンスを引き出すことができません。

基本は省電力設定になっていて、パフォーマンスが抑えられています。そのため、思ったよりfpsが出なかったりベンチマークが低くでる結果になってしまいます。

NVIDIAコントロールパネルで調整すると、PCのパフォーマンスを引き出すことができるようになり、fpsやベンチマークの向上につながります。

設定をしたことが無い方は、画像を参考に調整してみてください。

※パフォーマンスを引き出すと消費電力は上がります。

NVIDIA コントロールパネルの設定

右クリックでNVIDIAコントロールパネルを選択
右クリックでNVIDIAコントロールパネルを選択

デスクトップで右クリック→NVIDIAコントロールパネルを選択します。

設定画面は「NVIDIA コントロールパネル>3D 設定の管理」です。

NVIDIAコントロールパネルの設定
NVIDIAコントロールパネルの設定

特に以下の2つは重要な設定です。忘れず変更してください。

  • 低遅延モード:ウルトラ
  • 電源管理モード:パフォーマンス最大化を優先
    ※電力消費量は増えますが、パフォーマンスが最大限に引き出せます。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

Apexのfps計測ゲーム内設定

今回fps計測で使ったゲーム内設定を紹介します。

ビデオ設定は低設定、高設定で共通です。

fps計測時のApexのビデオ設定

Apexのゲーム設定 画面設定
  • Apexの設定>ビデオ
  • 画面モード:フルスクリーン
  • 解像度:1920 x 1080

fps制限なし:フレームレートの制限をかけず、最大限の描画を行います。モニターが144Hzの場合、最大で144fpsとなりますが、内部的に144fps以上の処理が走ることがあります。
144fps制限:フレームレートを最大144fpsにします。内部処理も144fpsに制限をかけることで、フレームレートの安定化をはかります。性能が低いPCで、fpsが安定しないときは有効な手段です。

低設定の内容

低設定では、影の描画やキャラクターモデルの表示品質、エフェクトの品質を下げます。

一見するとゲーム画面が汚くなるのでは?と思いますが、実はプロゲーマーさんやストリーマーさんは以下の理由から低設定でプレイされている方がほとんどです。

  • 画面表示物の品質を落としてもゲームプレイに大きな影響が無い。
  • FPS(ファーストパーソンシューティング)ではfps(フレームレート)が勝敗に影響を与える。
  • 少しでも高いfpsを出すために低設定を採用。

次に具体的に低設定の内容を紹介します。

Apexのゲーム設定 低設定

アンチエイリアスを「なし」ではなくTSAAにしています。ここはプロの方でもTSAAに設定されている方がいますので、今回はTSAAとしました。

垂直同期が設定されているとfpsの制限がかかるので「無効」にします。

サンシャドウ範囲以下の設定は低か無効にして、完全に描画速度優先にして計測をしました。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

高設定の内容

Apexのゲーム設定 高設定

あらゆる設定を高か最高に設定します。

アンビエントオクルージョン品質以下を全て高と有効に設定します。

特に影の表現は処理が重く、fpsへの影響が大きいパラメーターです。

fpsを出すために重要な設定はシャドウ関係

ビデオ>アドバンス設定の中で、シャドウに関する項目は特にfps(フレームレート)に影響が出ます。

試しに以下の設定をしてみてください。一気にfpsが下がることがわかります。

  • スポットシャドウディテール:最高
  • ダイナミックスポットシャドウ:有効

fpsを稼ぐならサンシャドウ範囲~ダイナミックスポットシャドウを低か無効に設定しましょう。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

Apex以外のゲームも、RTX3060とRTX3060Tiのベンチマークやfps計測比較をしました。記事にまとめていますので、こちらも参考にどうぞ。

Apexでfps制限を外す方法

PC版のApexを通常起動すると144fpsに制限がかかります。

ゲームクライアント(Steam、Origin)の設定に起動オプションを記述することで、fps(フレームレート)の制限解除やfps制限をかけることが可能です。

記入するコマンドは以下。

  • fps制限を解除する:+fps_max unlimited
  • 60fpsに制限する:+fps_max 60
  • 144fpsに制限する:+fps_max 144
  • 240fpsに制限する:+fps_max 240

※fpsの数値は100や120など自由に変更可能です。

SteamのApex起動オプション

Steamからの起動オプション
Apexのプロパティ画面

・ライブラリ>Apex>管理(歯車アイコン)>プロパティ

一般の起動オプションに「+fps_max unlimited」を記入して起動します。

OriginのApex起動オプション

・ゲームのプロパティ>詳細な起動オプション

コマンドラインの引数に「+fps_max unlimited」を記入します。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

ゲーミングPCはRTX3060以上がおすすめです

fps計測結果から、グラボはRTX3060以上あれば安定して144fps出せることがわかります。

Nvidia Geforce GTX 1660 Superなど、ミドルクラスのグラフィックボードでも144fpsを出すことは可能ですが、安定して144fpsをキープさせることは難しくなります。

GTX 1660 Superが搭載されたゲーミングPCは10万円~15万円前後(CPU性能により変動)で購入ができますが、Apexを遊んでいるうちにほとんどの方が上位のグラフィックボードが気になってくるはずです。

グラボがRTX3060以上ならApex以外のゲームも快適に遊べます。

ゲーミングPCを検討するときはRTX3060を基準に、どんなゲームをどれぐらいの快適さで遊びたいかで検討してください。

>>Apexが快適に遊べるゲーミングパソコンを見る

グラフィックカードやゲームのベンチマーク関連記事

Apex以外のゲームも、RTX3060とRTX3060Tiのベンチマークやfps計測比較をしました。記事にまとめていますので、こちらも参考にどうぞ。

RTX 3080のfps計測結果はこちらの記事で紹介しています。

フォートナイトやVALORANT、Cod Vanguradのfps計測結果も公開しています。VALORANTやCodで遊びたい方は、こちらも参考にしてくださいね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • まじで見やすくてわかりすい
    GPUごとに区別されててどんなモニターが適正かすぐわかった

    • 山田さん
      ありがとうございます!そう言っていただけるととても励みになります!
      もっと見やすくする方法が無いか考えているのですが、なかなか思い当たらず現在の形にまとめました。
      Apexも毎回上位に残れるほど上手く無いので、データ取りに苦労しています・・・
      もっと見やすいサイト作りを目指してがんばります!

コメントする

CAPTCHA


目次