【Apexで144fps張り付き!】RTX3060とRTX3060Tiでfps計測!設定とおすすめゲーミングPCを紹介します!

Apexで200FPS出せる設定
  • URLをコピーしました!
  • パソコン版Apexはどれぐらいのスペックがいるの?
  • Apexで144fps張り付きしたいけど、どんな設定が必要?
  • Apexにおすすめのゲーミングパソコンを教えてほしい!

こんな疑問に、ゲーミングPCや設定と共に答えします。

Apexは動作が軽いFPSゲームですが、ある程度グラボのスペックが高いゲーミングパソコンでないとfpsが安定しません。

また、ゲーミングパソコンを使っていても、そのまま使っているだけでは144fps以上出すことは難しいんです。

Apexはゲーム内の設定はもちろん、PC側の設定も重要。

パソコンのスペックによっては余裕で100fpsを切ってきます。

この記事では、144fps以上出すためのPCスペックと設定について紹介します。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

目次

Apex Legendsで必要なPCスペック

Apexの動作環境
出典:Apex Legends

Apex LegendsのPCの要求スペックはそれほど高くありません。

新しくゲーミングPCを購入する場合、15万~20万円あれば十分高いフレームレートで遊ぶことが可能です。

まずはApex公式サイトで発表している動作環境を確認しましょう。

Apex Legends必要スペック(必要動作環境)

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • RAM: 6GB
  • GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM: 1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

必要スペックとは、Apexを最低限動かすために必要なPCスペックです。

必要スペックでは最大でも60fps出せるかどうかなので、この環境でApexを遊ぶのはおすすめしません。

Apex Legends 推奨スペック(推奨動作環境)

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU: Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM: 8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

推奨動作環境は安定的に60fpsが出せる環境です。

ただし、設定や環境によって余裕で60fpsを下回ります。

144fpsや240fpsを目指すなら、より高いスペックのゲーミングPCを準備したいですね。

結論:グラフィックボードはRTX3060以上をおすすめします。
この後、RTX3060とRTX3060Tiのfps計測結果を紹介します。

計測で使ったPCスペックの紹介

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン
STORMのゲーミングパソコン PG-WG12

Apexを快適にプレイするには、以下のPCスペックが必要です。

  • グラフィックボードがRTX3060以上。
  • CPUはCore i5-12400以上。
  • メモリ16GB。

ナオのゲーミングデバイスで使っているPCは上記スペックを満たしており、Apexで144fpsオーバーさせることができます。

のゲーミングパソコンです。

ゲーミングPCのスペック紹介をしますので参考にしてください。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPU(グラボ)Nvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つあります。両方Gen4です。
型番

ゲームメインならCPUはCore i5で問題ありません。実況配信や重たい動画編集をするならCore i7にすると良いでしょう。

のゲーミングPCは基本的に850W(80PLUS Gold)の電源を搭載しています。

電源はどんどん性能が落ちてくるので余裕を持った電源を乗せたいです。電源の劣化が進むとグラフィックボードの性能が引き出せなくなることにもつながりかねません。

過去に使っていたPCで電源容量が足りなくなり、交換することになった経験をしました。(出費が痛かった・・・)最初から大きめの電源が搭載されていると安心ですね。

私は仕事で動画の作成や3DCGのレンダリング作業を行うことがあるため、CPUにi5-12600KFという12世代のCPUを選びました。ゲームメインで考えるならもっと安いCPUで問題ありません。

i5-12400やRyzen 5 5600Xなど選択し、浮いた費用でRTX3060 Tiを選択するのも良いですね。

もし、モニターの解像度がWQHD(2560×1440)以上の場合はRTX3600 Ti(できればRTX3070以上)以上を選択するべきです。

私のディスプレイはFull HD(1920×1080)のリフレッシュレート165HzなのでRTX3060で十分だと判断し、その分CPU性能を上げています。

使用モニター:Acer VG270Sbmiipfx
概要:27インチFullHD(1920×1080) リフレッシュレート165Hz

Apexで144fps貼り付きに必要な設定

ApexはCPUよりも、グラボの性能に影響を受けやすいゲームです。

ゲーミングパソコンを購入したら、まずは「NVIDIAコントロールパネル」の設定が必要。

NVIDIAコントロールパネルの設定を変更しないとfps(フレームレート)を最大限に引き出せません。

パソコンをパフォーマンス重視で動かすための設定を紹介します。

もし設定をしたことが無い方は、画像を参考に設定してみてください。

NVIDIA コントロールパネルの設定

設定画面は「NVIDIA コントロールパネル>3D 設定の管理」です。

NVIDIAコントロールパネルの設定
NVIDIAコントロールパネルの設定

特に以下の2つは重要な設定です。忘れず変更してください。

  • 低遅延モード:ウルトラ
  • 電源管理モード:パフォーマンス最大化を優先
    ※電力消費量は増えますが、パフォーマンスが最大限に引き出せます。

Apexのゲーム内設定

今回fps計測で使ったゲーム内設定を紹介します。

ビデオ設定は低設定、高設定で共通です。

fps計測時のApexのビデオ設定

Apexのゲーム設定 画面設定
  • Apexの設定>ビデオ
  • 画面モード:フルスクリーン
  • 解像度:1920 x 1080

fps制限なし:フレームレートの制限をかけず、最大限の描画を行います。モニターが144Hzの場合、最大で144fpsとなりますが、内部的に144fps以上の処理が走ることがあります。
144fps制限:フレームレートを最大144fpsにします。内部処理も144fpsに制限をかけることで、フレームレートの安定化をはかります。性能が低いPCで、fpsが安定しないときは有効な手段です。

低設定の内容

低設定では、影の描画やキャラクターモデルの表示品質、エフェクトの品質を下げます。

一見するとゲーム画面が汚くなるのでは?と思いますが、実はプロゲーマーさんやストリーマーさんは以下の理由から低設定でプレイされている方がほとんどです。

  • 画面表示物の品質を落としてもゲームプレイに大きな影響が無い。
  • FPS(ファーストパーソンシューティング)ではfps(フレームレート)が勝敗に影響を与える。
  • 少しでも高いfpsを出すために低設定を採用。

次に具体的に低設定の内容を紹介します。

Apexのゲーム設定 低設定

アンチエイリアスを「なし」ではなくTSAAにしています。ここはプロの方でもTSAAに設定されている方がいますので、今回はTSAAとしました。

垂直同期が設定されているとfpsの制限がかかるので「無効」にします。

サンシャドウ範囲以下の設定は低か無効にして、完全に描画速度優先にして計測をしました。

高設定の内容

Apexのゲーム設定 高設定

あらゆる設定を高か最高に設定します。

アンビエントオクルージョン品質以下を全て高と有効に設定します。

特に影の表現は処理が重く、fpsへの影響が大きいパラメーターです。

Apexのfps(フレームレート)の計測結果

Apex FPS測定

fps(フレームレート)の計測には、MSI AFTERBURNERというfpsやCPU温度を記録するソフトを使っています。

Apexのゲーム内設定を以下の4種類で測定。バトルロイヤルの「トリオ」で計測をしました。

  • fps制限なし + 低設定
  • fps制限なし + 高設定
  • 144fps制限+低設定
  • 165fps制限+低設定

fps制限なし + 低設定

ゲーミングパソコンの性能を最大限発揮させる設定での計測です。

RTX3060 低設定(fps制限なし)
RTX3060 Apex 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX3060 低設定(fps制限なし)の結果
  • 最小:120 fps
  • 最大:299 fps
  • 平均:210 fps

ところどころフレームレートが落ちていますが、プレイ中にカクツキや遅延は感じませんでした。

常に144fps以上出ているので、瞬間的な処理落ちがあっても体感することはありません。

最初と最後で幅が広めにfpsが落ちている部分は、スタート前とリザルトです。ここでのfps低下はゲームに影響がありません。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Ti 低設定(fps制限なし)
RTX3060Ti Apex 低設定(FPS制限なし)の結果
RTX3060Ti 低設定(fps制限なし)の結果
  • 最小:156 fps
  • 最大:300 fps
  • 平均:250 fps

スタートの降下中は最低150fpsぐらいまで落ちますが、ゲームへの影響はありません。

その他の移動中や通常の打ち合いをしているときは、ほとんど200fps以上出ています。

テルミットの火花は処理が重く、画面いっぱいに火花が描画されると160fpsまで落ち込みました。

RTX3060に比べ、かなり安定して高fpsが出せています。さすがRTX3060Tiです。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

低設定(fps制限なし)ではRTX3060で十分なfpsが出ていることがわかります。

RTX3060Tiはさらに高fpsを維持することができています。

FullHD(1920 x 1080)144Hzや165Hzのモニターであれば、RTX3060でも処理落ちを感じず遊ぶことができました。

>>Apexにおすすめのゲーミングパソコンを見る

fps制限なし + 高設定

ゲーム中の描画処理が重たい設定です。

RTX3060 高設定(fps制限なし)
RTX3060 Apex 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX3060 高設定(fps制限なし)の結果
  • 最小:120 fps
  • 最大:180 fps
  • 平均:150 fps

常にフレームレートが安定しません。

それでも100fps以上は出ているので、プレイ中にカクツキや遅延は感じませんでした。グラフを見て、初めてfpsの上下があることがわかる程度です。

RTX3060で高設定でも遊ぶことはできますが、fpsのバラツキが気になる人は素直に設定を下げる方がよさそうです。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Ti 設定(fps制限なし)
RTX3060Ti Apex 高設定(FPS制限なし)の結果
RTX3060Ti 高設定(fps制限なし)の結果
  • 最小:112 fps
  • 最大:230 fps
  • 平均:165 fps

RTX3060に比べ、安定はしていますがfpsの上下は大きいです。

通常時、160fps以上出せるところはRTX3060Tiの強みでしょう。

それでもfpsのバラツキは目立つので、ゲーム進行に影響が少ないシャドウ関係の設定は下げた方がよさそうです。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060とRTX3060Ti、どちらもゲーム中は快適に遊べていました。

計測したグラフを見ると結構処理落ちしてるんだなという印象。

処理落ちしてると言われないと気付かないぐらい、ゲームプレイに支障はありませんでした。

144fpsに制限+低設定の計測結果

低設定と高設定はフレームレートに制限をかけていませんでした。そのため100~299fpsの中で大きな変動がみられましたね。

全体的に高フレームレートが出せることはわかったので、フレームレートを制限することで安定して144fpsが出せるか実験をしてみました。(フレームレートの制限方法は後ほど説明します。)

144fpsに制限をかけて再度計測。

RTX3060 低設定(144fps制限)
Apex フレームレート 144FPS制限
RTX3060 144fpsに制限+低設定の計測結果

一部102fpsに落ちる瞬間があったみたいですが、ほぼ144fps張り付きで描画できています。

スタートの降下タイミングでは120fpsぐらいまで低下しましたが、プレイには影響ありませんでした。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Ti 低設定(144fps制限)
RTX3060Ti Cod 低設定(144FPS制限)の結果
RTX3060Ti 144fpsに制限+低設定の計測結果

スタートから終了まで、ほぼ144fpsが出ていました。

RTX3060より処理能力は高いですね。

予算に余裕があるなら、RTX3060Tiが搭載されたパソコンがおすすめです。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

リフレッシュレートが144Hzのモニターでは144fpsの制限をかけてApexをプレイするほうがfpsが安定することがわかります。

>>Apexにおすすめのゲーミングパソコンを見てみる

165fpsに制限+低設定の計測結果

使っているモニター(Acer VG270Sbmiipfx)のリフレッシュレートが165Hzなので、165fpsに制限をかけて計測してみました。

RTX3060 低設定(165fps制限)
Apex フレームレート 165FPS制限
RTX3060 165fpsに制限+低設定の計測結果
  • 最小:132 fps
  • 最大:165 fps
  • 平均:ほぼ165 fps

一部フレームレートが落ちるところがありますが、ゲーム中は全くわからなかったです。

最小132fpsになっているところは、リザルトに入る瞬間。

ほぼ165fpsで描画できていて、カクつきや遅延を感じることはありませんでした。

このグラフでは測定漏れをしましたが、スタートの降下タイミングでは130fpsぐらいまで低下しました。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Ti 低設定(165fps制限)
RTX3060Ti Cod 低設定(165FPS制限)の結果
RTX3060Ti 165fpsに制限+低設定の計測結果

スタートの降下で145fps。

通常時はほぼ165fps出ていました。

ところどころ150fps前後になっていましたが、プレイ中は全く気づかず影響もありませんでした。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

  • FullHD(1920 x 1080)のモニターなら、グラボはRTX3060で十分なfpsが出せます。
  • より安定させたい、他のゲームもプレイしたいならRTX3060Tiを選んでください。
  • 240fpsを狙うならRTX3070以上を選択しましょう。

>>Apexにおすすめのゲーミングパソコンを見てみる

fpsを出すために重要な設定はシャドウ関係

ビデオ>アドバンス設定の中で、シャドウに関する項目は特にfps(フレームレート)に影響が出ます。

試しに以下の設定をしてみてください。一気にfpsが下がることがわかります。

  • スポットシャドウディテール:最高
  • ダイナミックスポットシャドウ:有効

fpsを稼ぐならサンシャドウ範囲~ダイナミックスポットシャドウを低か無効に設定しましょう。

Apex以外のゲームも、RTX3060とRTX3060Tiのベンチマークやfps計測比較をしました。記事にまとめていますので、こちらも参考にどうぞ。

Apexでfps制限を外す方法

PC版のApexを通常起動すると144fpsに制限がかかります。

ゲームクライアント(Steam、Orijin)の設定に起動オプションを記述することで、fps(フレームレート)の制限解除やfps制限をかけることが可能です。

記入するコマンドは以下。

  • fps制限を解除する:+fps_max unlimited
  • 60fpsに制限する:+fps_max 60
  • 144fpsに制限する:+fps_max 144
  • 240fpsに制限する:+fps_max 240

※fpsの数値は100や120など自由に変更可能です。

SteamのApex起動オプション

Steamからの起動オプション
Apexのプロパティ画面

ライブラリ>Apex>管理(歯車アイコン)>プロパティ

一般の起動オプションに「+fps_max unlimited」を記入して起動します。

OriginのApex起動オプション

ゲームのプロパティ>詳細な起動オプション

コマンドラインの引数に「+fps_max unlimited」を記入します。

ゲーミングPCはRTX3060以上がおすすめです

fps計測結果から、グラボはRTX3060以上あれば安定して144fps出せることがわかります。

Nvidia Geforce GTX 1660 Superなど、ミドルクラスのグラフィックボードでも144fpsを出すことは可能ですが、安定して144fpsをキープさせることは難しくなります。

GTX 1660 Superが搭載されたゲーミングPCは10万円~15万円前後(CPU性能により変動)で購入ができますが、Apexを遊んでいるうちにほとんどの方が上位のグラフィックボードが気になり後悔するはずです。

グラボがRTX3060ならApex以外のゲームも快適に遊べます。

ゲーミングPCを検討するときはRTX3060を基準に、どんなゲームをどれぐらいの快適さで遊びたいかで検討してください。

Apex Legendsにおすすめのゲーミングパソコン紹介!

この記事で紹介したようにグラフィックボードをRTX3060以上にすることで、Apexを144fps以上で快適に遊べます。

Apexに最適でコストパフォーマンスが高いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

■CPUの性能参考表

メーカーCPU名称世代GPUOC
IntelCore i7-12700F12世代非搭載非対応
IntelCore i7-1270012世代内臓非対応
IntelCore i7-11700F11世代非搭載非対応
IntelCore i5-12600KF12世代非搭載対応
IntelCore i5-1240012世代内臓非対応
AMDRyzen 5 5600X第4世代非搭載対応
AMDRyzen 5 5600G第4世代内臓対応
AMDRyzen 5 3600第3世代非搭載対応

GPU:グラフィックス・プロセシング・ユニット。GPU内臓の場合、オンボードグラフィックが使える。非搭載の場合は別途グラフィックボードが必要です。
OC:オーバークロック。

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
5月27日まで!
性能No1!

FRONTIERのゲーミングパソコン
FRONTIER
FRGAH670/WS10/NTK
★期間限定・数量限定!!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
SSD:1TB NVMe
メモリ:32GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
228,800円別途送料が2200円~4400円かかります。
どんなゲームも快適!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PP12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
205,800円別途送料2,200円必要。
マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに4500円引き!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-WF12
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
251, 400円別途送料2,200円必要。
マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに4500円引き!
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
SSD:1TB NVMe
メモリ:16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
269,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5A-D221/B
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070
SSD:1TB NVMe
メモリ:16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
219,600円別途送料が2200円~4400円かかります。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-11700F
グラボ:RTX3070
SSD:1TB NVMe
メモリ:32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
241,780円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
予算が許すなら
絶対これ!
FRONTIERのゲーミングパソコン
FRONTIER
FRGAH670/WS127/NTK
★数量限定!
5月27日15:00まで!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti
SSD:1TB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
209,800円別途送料が2200円~4400円かかります。
ゲームメインなら
このPC!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PQ12T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
183,800円別途送料2,200円必要。
マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに4500円引き!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PQT
CPU:Ryzen 5 5600X
グラボ:RTX3060Ti
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
182,800円別途送料2,200円必要。マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに2600円引き!
5月25日まで
15,000円 OFF!
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
209,800円
194,800円
 別途送料3,300円必要です。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
199,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならほとんどのゲームが快適に遊べます!

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-WG12
CPU:Core i5-12600KF
※水冷CPUクーラー
グラボ:RTX3060
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
197,800円別途送料2,200円必要。マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに4500円引き!
RX3060の中で
一番おすすめ!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
166,800円別途送料2,200円必要。マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに2600円引き!
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PGG
CPU:Ryzen 5 5600G
グラボ:RTX3060
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
156,800円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
189,800円 別途送料3,300円必要です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-A-WA
CPU:Ryzen 5 3600
グラボ:RTX3060
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
142,780円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

高性能CPUと水冷CPUクーラー搭載!
今回の計測で使ったゲーミングパソコンです。

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこの機種で決まり!

RTX3050 搭載パソコン(低設定限定!どうしても予算を抑えたいならこちら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM ゲーミングパソコン
STORM
PG-PJ12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
146,800円別途送料2,200円必要。マウス、キーボード無しと超簡単アンケートでさらに4500円引き!
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA

RM5C-R35
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
SSD:500GB NVMe
メモリ:16GB
電源:650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
154,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

Apex以外のゲームも、RTX3060とRTX3060Tiのベンチマークやfps計測比較をしました。記事にまとめていますので、こちらも参考にどうぞ。

VALORANTやCod Vanguradのfps計測結果も公開しています。

VALORANTやCodで遊びたい方は、こちらも参考にしてくださいね。

BTOパソコンショップの紹介もしていますので、参考にしてください。

Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる