VALORANTで144fpsを出すゲーミングPCを紹介 グラボ別にfps計測しています

VALORANTで144fpsを出すPCスペックを紹介 グラボ別にfps計測しています
  • VALORANTをやってみたいけど、どれぐらいのスペックがあればいいの?
  • VALORANTにおすすめのゲーミングPCは?

こんな疑問にお答えします。

VALORANT(ヴァロラント)はFPSゲームの中でも処理が軽いゲームなのでRTX 3060のグラフィックボードがあれば十分です。

グラフィック設定は全て「高」で、144fpsどころか300fps以上出すことができます。

この記事では、VALORANTの設定やfps計測結果、おすすめPCの紹介をしていきます。

更新内容
  • RTX 3070のfps計測結果を追加しました。
  • RTX 3060TiでフルHD、WQHD、4Kのfps計測結果を追加しました。
  • RTX 3060でWQHD、4Kのfps計測結果を追加しました。
目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMのことが知りたい方はこちらから!<<

VALORANTに必要なPCスペック

VALORANTの必要PCスペック
出典:VALORANT公式

VALORANT(ヴァロラント)の最低スペック(30fps)

  • OS: Windows 7/10/11 64ビット版
  • CPU: Intel Core2 Duo E8400 / AMD Athlon 200GE
  • メモリ: 4GB
  • GPU: Itel HD 4000 / Radeon R5 200
  • VRAM: 1GB

もはやこのスペックのパソコンを探す方が大変です。

現在販売されているパソコンなら、このスペックを余裕で超えてきますので気にしなくて良いでしょう。

VALORANT(ヴァロラント)の推奨スペック(144fps以上)

  • OS: Windows 7/10/11 64ビット版
  • CPU: Intel i5 9400F 2.9GHz / AMD Ryzen 5 2600X
  • メモリ: 4GB
  • GPU: Nvidia GeForce GTX 1050Ti / AMD Radeon R7 370
  • VRAM: 1GB

144fps以上の描画でもこのスペック。かなり動作が軽いゲームということがわかります。

いま、このぐらいのパソコンを準備しようとしても中古でしか手に入らなくなってきました。VALORANT以外のゲームも遊ぶことを考えるとRTX3060以上のパソコンを準備しておきたいですね。

VALORANTはPC版しかありません。PS4やPS5、Switchでは遊べません。

\VALORANTは無料で遊べます!/

VALORANTのfps計測結果

VALORANT fps計測時のプレイ画像

グラボ別にfps計測をしました。

fps計測には、MSI AFTERBURNERを使っています。

  • ゲームモードはアンレート。
  • キャラクターはフェイドを使用。
VALORANT グラボ別fps計測結果

4K解像度以外はどれも似たような平均fpsになりました。

解像度が高くなるにつれてバトル中のfps変動が大きくなってきますが、プレイに支障があるような差はありませんでした。

ここから下に、グラボ別バトル中fps変動のグラフと説明をしていきます。

RTX3060のfps計測結果

VALORANTは動作が軽いFPSゲームなので、RTX 3060で快適にプレイが可能です。

4K解像度でグラフィックの設定を高くするとfpsは落ちますが、それでも150fps前後は出るのでプレイに支障はありません。

RTX3060 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :未計測
  • 高設定 :300fps(200fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :未計測
  • 高設定 :271fps(228fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:295fps(280fps)
  • 高設定:147fps(139fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060のフルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT_RTX3060_High
RTX3060 フルHD 高設定 fps計測結果

ゲーム中は300fps以上出ており、処理落ちは一瞬たりとも感じませんでした。

RTX 3060のWQHD(2560 x 1440)の結果

RTX 3060 WQHD 高設定 fps計測結果
RTX3060 WQHD 高設定 fps計測結果

WQHD解像度でグラフィックを高設定にしても200fps以上出ていました。

非常に快適にプレイができています。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

RTX 3060 4K 低設定 fps計測結果
RTX3060 4K 低設定 fps計測結果
RTX 3060 4K 高設定 fps計測結果
RTX3060 4K 高設定 fps計測結果

4K解像度でも低設定なら200fps以上出ていました。

高設定になるとfpsが落ちてきますが、バトル中は140fps前後出るので支障はないでしょう。

VALORANTはグラフィックを低設定にすれば、グラフィックボードはRTX 3060で十分快適にプレイできます。

>>RTX3060が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3060Tiのfps計測結果

WQHD解像度まではバトル中に200fpsを切ることがほぼありませんでした。

4Kになるとスキルのエフェクトが表示されたときなど、180fpsぐらいまで落ち込みましたが、カクツキなどは無く快適にプレイができました。

RTX3060Ti fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :342fps(232fps)
  • 高設定 :308fps(214fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :337fps(210fps)
  • 高設定 :293fps(178fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:290fps(208fps)
  • 高設定:203fps(181fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060TiのフルHD(1920 x 1080)の結果

RTX 3060Ti フルHD 低設定 fps計測結果
RTX 3060Ti フルHD 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti フルHD 高設定のfps
RTX 3060Ti フルHD 高設定 fps計測結果

RTX 3060Tiの計測結果です。RTX 3060より最高fpsは高く出ていました。

使うモニターが360Hzになると効果はあるかもしれませんが、240Hzまでのモニターであれば十分すぎるfpsが出ています。

RTX 3060TiのWQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX 3060Ti WQHD 低設定のfps
RTX 3060Ti WQHD 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti WQHD 高設定のfps
RTX 3060Ti WQHD 高設定 fps計測結果

WQHDの解像度でもRTX 3060Tiは快適にプレイができました。

図をみてもらうとわかるように、低設定では購入フェーズ以外で200fpsを切ることがほとんどなくプレイに集中することができます。高設定でも170fps以上出ているため、処理落ちを感じることはありませんでした。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX 3060Ti 4K 低設定のfps
RTX 3060Ti 4K 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti 4K 高設定のfps
RTX 3060Ti 4K 高低設定 fps計測結果

RTX 3060Tiで4Kモニターを使った場合、高設定でもプレイ中は200fps以上出ていました。

スキルを使ったときエフェクトによってfps低下が起こりますが、それでも180fps前後は出ていたのでプレイに集中することができます。

グラフィック設定を全て「低」にすることでより安定したfpsが出せるので、RTX 3060Tiであれば4Kモニターをお考えの方でも問題はないでしょう。

>>RTX3060Tiが搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3070のfps計測結果

RTX3070 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :341fps(281fps)
  • 高設定 :300fps以上(300fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :328fps(278fps)
  • 高設定 :315fps(259fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:336fps(180fps)
  • 高設定:232fps(166fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070 フルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT RTX3070 フルHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 フルHD 低設定の結果
RTX3070でVALORANTをプレイした結果
VALOEANT RTX 3070 フルHD 高設定の結果

バトル中は240fps~380fps出ていました。つねに200fps以上出ているので、処理落ちは全く感じません。

グラフで一定間隔でfpsが落ちているところは、購入フェーズで武器購入画面を開いた時です。購入フェーズでは180fps程度まで落ち込みますが、バトルには影響ありません。

RTX 3070 WQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX3070 WQHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 WQHD 低設定の結果
VALORANT RTX3070 WQHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 WQHD 高設定の結果

WQHDになると、ポイズンクラウドのようなスキル発動したとき少し幅広めにfpsが落ちました。

それでもバトル中のほとんどで200fpsが出ているので、カクツキやプレイに支障がでることはありませんでした。

購入フェーズに入ると一時的にfpsが低下しますが、バトルへの影響は無いので心配いりません。

RTX 3070 4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX3070 4K 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 4K 低設定の結果
VALORANT RTX3070 4K 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 4K 高設定の結果

4K解像度の低設定はfpsも高く維持され、とても快適です。

高設定になるとエフェクトが表示されたときにfpsが低下しますが、それでも144fpsより落ちることはなかったので非常に快適と言っていいでしょう。

RTX3060でも十分快適ですが、RTX3070にするとさらに高いfpsが得られました。

>>RTX3070が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3080のfps計測結果

RTX 3080とフルHD、4Kの計測結果です。

どの解像度でも200fps以上出ており、快適にプレイができました。

RTX3080 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :300fps以上(254fps)
  • 高設定 :300fps以上(272fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :374fps(212fps)
  • 高設定 :331fps(249fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:371fps(273fps)
  • 高設定:287fps(199fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080 フルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT RTX3080 フルHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 フルHD 低設定の結果
VALORANT RTX3080 フルHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 フルHD 高設定の結果

フルHDでは500fpsオーバーしているところが多く、RTX 3080はオーバースペックと言えます。

RTX 3080 WQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX3080 WQHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 WQHD 低設定の結果
VALORANT RTX3080 WQHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 WQHD 高設定の結果

WQHDでも高いfpsを維持することができています。

購入フェーズ以外は200fps以上出ていたので、まったくストレスを感じることはありませんでした。

RTX 3080 4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX3080 4K 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 4K 低設定の結果
VALORANT RTX3080 4K 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 4K 高設定の結果

4K(3840 x 2160)とグラフィック品質が高設定にもかかわらず、ゲーム中は常に240fps以上出ており、処理落ちは一瞬たりとも感じませんでした。

>>RTX3080が搭載されたパソコン一覧を見る

VALORANTはグラボなしのPCで遊べるの?

結論:そこそこ遊べるが、快適に遊べないです。

VALORANTの最低システム要件では、グラフィックに関して以下のようになっています。

GPU: Itel HD 4000 / Radeon R5 200

VALORANTはCPUの性能に左右されることが多く、多少GPU性能が低くても動作します。

最低システム要件にあるように、CPU内臓グラフィックでも動作は可能。グラフィック設定を下げることで50~60fps前後でることもあります。

グラボが搭載されたPCだと144fpsどころか240fpsも出す事が可能なため、VALORANTのような競技性の高いシューターゲームの場合、グラボが搭載されたPCを使う方がスムーズな動作で有利になります。

FPSゲームは最低60fps。可能な限り120fps以上フレームレートが無いと、撃ち合いで負ける確率が高くなります。VALORANTは内臓GPUでもプレイできますが、勝負のことを考えるとおすすめはできません。

グラフィックボードが搭載されたPCで、快適にプレイすることをおすすめします。

>>グラボ搭載のゲーミングPCを見る

VALORANTのfps計測時グラフィック設定

VALORANT ビデオ設定

ゲーム内の一般設定で解像度を変更して、fps計測をしています。

モニターの項目で「ACR073D(3840 x 2160)」という表示になっていますが、なぜこうなっているかわかりません。

グラフィック品質

VALORANT グラフィック設定

高設定でfps計測する時は、項目を全て「高」に設定。VSync以外をオンにしています。

低設定はマテリアル以下を全て「低」に設定。ビネット以下を全てオフにしています。

アンチエイリアスと異方性フィルタリングは変更していません。

fps計測以外、ゲームプレイ時もVSyncは必ずオフにします。オンにしているとティアリングは防げますが、モニターのリフレッシュレートと同期されてしまい、描画処理が遅くなります。

VALORANTの評価が高いポイント

  • VALORANTはPC版しかありません。PS4やPS5、Switchでは遊べません。
  • VALORANTはキーボードとマウス操作しかできません。ゲームパッドでは遊べません。
  • VALORANTにはエイムアシストがありません。
  • エイムは完全に自力なので、上手くなればなるほど実力が発揮できます。

上記のように、VALORANTはPCユーザー同士でしか戦いません。

別ゲームにあるようなCS機のエイムアシストが無い為、公平な対戦が可能となっています。

今のところチーターも少なく、エイムアシスト差もないところが評価の高いポイントの一つになっています。

VALORANTのfps計測に使ったゲーミングパソコン

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン

今回使用したのは、のゲーミングパソコンです。

PCのスペックはこちら。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPUNvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)
STORMのゲーミングパソコン仕様

BTOパソコンショップ STORMのことが詳しく知りたいかたはこちらで詳しく紹介しています。

モニターはAcerのIPSパネルモニターを使っています。

  • 使用モニター:Acer VG270Sbmiipfx
  • 概要:27インチFullHD(1920×1080) リフレッシュレート165Hz

IPSパネルは発色が良く、視野角が広くて使いやすいですよ!

Hz(リフレッシュレート):1秒間に何回描画できるかの値。144Hzのモニターは1秒間に144回描画できる能力を持つ。モニターの表示能力。
fps(フレームレート):1秒間に何回画像を描画しているかの値。144fpsなら1秒間に144回描画している。パソコンの描画能力。

VALORANTにおすすめのゲーミングPCの紹介

この記事で紹介したようにグラフィックボードをRTX3060以上にすることで、VALORANTを144FPS以上で快適に遊べます。

各社比較して導き出した、コストパフォーマンスが良いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

RTX3050 搭載パソコン(低設定限定!どうしても予算を抑えたいならこちら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PJ12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
153,200円別途送料2,200円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA

RM5C-R35
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
164,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
RTX3050搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
RX3060の中で
一番おすすめ!

STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
158,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングPC ミニ
10月7日までセール中!
CPU:Core i5-12400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BRONZE)
144,800円別途送料が2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応 DVDスーパーマルチ
電源:500W(80PLUS BRONZE)

※電源容量のアップグレード検討が必要です。
168,500円別途送料が2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R36
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
199,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこの2機種!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ゲームメインなら
このPC!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
172,900円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
224,000円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
199,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5J-B221/B2
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
187,200円
別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:650W 静音電源

(80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
Sofmap LEVEL ゲーミングPC
パソコン工房
LEVEL-M06M-124-SAX
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:700W (80PLUS BRONZE)
DVDスーパーマルチ
※メモリスロットは2つです。
168,800円別途送料が2,200円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti-L
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
209,800円別途送料3,300円必要です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならこの3機種!

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
どんなゲームも
快適!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
198,000円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:Z690
SSD:NVMe
Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
248,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070Ti
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
249,800円別途送料2,200円~4,400円。
Core i7
ワンランク上のPC!

FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
229,800円別途送料2,200円~4,400円。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070

チップセット:AMD B550
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
217,100円別途送料が2200円~4400円。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
249,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-12700F
※水冷クーラー
グラボ:RTX3070

チップセット: B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
304,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3080 搭載パソコン(4KやWQHDモニターで遊ぶなら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS Platinum)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W

(80PLUS GOLD)
272,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
285,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R38
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB

電源:750W 静音電源

(80PLUS GOLD)
299,979円※別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
339,990円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

ハイエンドゲーミングPC!RTX3080搭載パソコンはこちら!

BTOパソコンショップの紹介もしていますので、以下の記事も参考にしてください。

ゲーミングパソコンはRTX3060以上がおすすめ

今回、VALORANTをRTX3060のグラフィックボードで遊んだ場合のfps(フレームレート)を紹介しました。

もっと能力の低いグラフィックボードでも144fpsを出すことは可能ですが、ApexやFF15など他のゲームを遊ぶことを考えると、RTX3060以上のグラフィックボードが搭載されたパソコンを選んだ方が良いですね。

RTX3060、RTX3060Ti、RTX3070のグラフィックボードでApexやCod Vanguradを遊んだときのfps計測結果も紹介しているので、そちの記事も参考にしてください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次