CoD:MW2 推奨スペックとおすすめゲーミングPC グラボ別fps計測結果も公開中

Call of Duty MWII fps計測結果とおすすめゲーミングPCの紹介

Call of Duty MW2が10月28日に発売されました。

Codは競技性の高いFPSゲームのため、フレームレートは100fps以上でプレイしたいですよね。

Call of Duty MW2ではどのぐらいのスペックが必要なのか。ベータ版でどの程度fpsが出るかグラボ別に計測をしました。これから環境を作る人や現在の環境でどのぐらい動くのか知りたい人は参考にしてください。

※正式版がリリースされたので、あらためてfpsの再計中です。

更新内容
  • RTX 3060Tiのfps計測結果をリリース版に更新しました。
  • RTX 3070のfps計測結果をリリース版に更新しました。
  • RTX 3080のfps計測結果をリリース版に更新しました。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ

※平均値はフルHDの結果です。
※マップやモードによりfpsは上下しますので、参考値としてご覧ください。

Cod:Vanguardでは高いfpsを出すにはRTX 3060Ti以上が必要でした。MW2でもグラボやゲーミングPCに高めのスペックが要求されています。

目次

\Intel搭載PCを買うとCod MW2がもらえる!/

Intel Coreシリーズを買ってCod MW2プレゼント

PCショップ STORMの公式サイト

Call of Duty MW2の推奨スペック

Cod MW2のPC版の要求スペックがColl of Dutyの公式サイトで公開されました。

Cod MW2のスペック表
Call of Duty MW2の公式スペック表

画像が小さく、文字が見えにくいため以下の表にまとめました。

スクロールできます
最低推奨競技用ウルトラ4K
内容プレイに必要な最低要件。全てのオプションを高に設定して
ほとんどの状況で60fpsを出す
ために必要なスペック。
高fpsでプレイするために
必要なスペック。競技向け。
4K解像度で高fpsを出す
ために必要なスペック。
OSWindows 10 64ビットWindows 10 64ビット
Windows 11 64ビット
Windows 10 64ビット
Windows 11 64ビット
Windows 10 64ビット
Windows 11 64ビット
CPUIntel Core i3-6100
Intel Core i5-2500K
AMD RYZEN 3 1200
Intel Core i5-6600K
Intel Core i7-4770
AMD RYZEN 5 1400
Intel Core i7-8700K
AMD RYZEN 7 1800X
Intel Core i9-9900K
AMD RYZEN 9 3900X
メモリー8GB12GB16GB16GB
容量72GB72GB72GB72GB
高解像度
テクスチャ容量
32GB32GB32GB32GB
ビデオカードNVIDIA Geforce GTX 960
AMD RADEON RX 470
NVIDIA Geforce GTX 1060
AMD RADEON RX 580
NVIDIA Geforce RTX 3060 Ti
AMD RADEON RX 5700XT
NVIDIA Geforce RTX 3080
AMD RADEON RX 6800XT
ビデオメモリー2GB4GB8GB10GB
グラフィック
ドライバー
NVIDIA:516.59
AMD:22.9.1
NVIDIA:516.59
AMD:22.9.1
NVIDIA:516.59
AMD:22.9.1
NVIDIA:516.59
AMD:22.9.1
Cod MW2 PC版要求スペック
その他 注意事項
  • 仕様は発売時の製品に対して有効であり、今後更新される可能性があります。
  • すべての仕様には、ブロードバンド接続とDIRECTX12の互換性が必要です。
  • ゲームのアップデートにより、追加のストレージ容量が必要になることがあります。
  • 高解像度テクスチャ容量は、ストリーミングアセットのキャッシュに使用するディスク容量です。ゲーム内の設定でオフにできます。
  • 現時点では、IntelかAMDのプロセッサのみサポートされています。
Cod MW2はグラボなしのPCで遊べる?

グラボなしPCでは遊べません。Cod MW2はグラボ必須のゲームです。

Cod MW2におすすめのグラボは?

公式の競技用設定にあるとおり、RTX 3060Ti以上がおすすめです。RTX 3060以下のグラボでも遊ぶことはできますが、まんぞくできるパフォーマンスが出せなくなってきます。

Cod MW2で144fps以上出すにはどのグラボが必要?

フルHDの場合、RTX 3060ti以上でグラフィック設定を最低にすれば144fps出せます。

さらに、グラフィック設定にあるDLSSを使用すれば、180fps前後までパフォーマンスが向上します。

デメリットとして、ボヤっとした画質になるため、遠くの敵がわかりにくくなります。

Core i5-12400とRTX 3060Ti以上がおすすめ

公式の発表で、ウルトラ 4KのCPUは「Intel Core i9-9900K」となっています。2018年発売のCPUで世代が古く、性能的には「Intel Core i5-12400」と大差がありません。

新しいゲーミングPCをお考えの方は、Intel Core i5-12400を基準に考えるとよいでしょう。

参考に、こちらの性能比較動画をご覧ください。

スペック表の競技用にあるとおり、高fpsを出すにはRTX 3060Ti以上が必要です。

グラフィックボードの性能がRTX 3060Tiより低くなればなるほど高fpsが出せなくなります。

一瞬で勝負が決まるCod MW2では高fpsが出せないと、不利な状況でプレイすることになってしまいます。

Call of Duty MW2をプレイするならCPUにIntel Core i5-12400以上、グラボはRTX 3060Ti以上をおすすめします。

ベータ版当時のスペック(ここを押すと開きます)

※下記は公式サイトで公開されたベータ版のスペックです。正式版のスペックが公開されたら更新します。

項目公開ベータの必要スペック公開ベータの推奨スペック
OSWindows 10 64ビット版 Windows 10 64ビット版
CPUIntel Core i5-3570
AMD Ryzen 5 1600X
Intel Core i7-4770K
AMD Ryzen 7 1800X
RAM8GB16GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 960
AMD Radeon RX 470
NVIDIA GeForce GTX 1060
AMD Radeon RX 580
ドライバーNVIDIA: 516.79
AMD: 21.9.1
NVIDIA: 516.79
AMD: 21.9.1
サウンドDirectX互換DirectX互換
ストレージ25GB25GB
Call of Duty MW2のスペック

解像度によるスペックまで公開されていないところを見ると、おそらくフルHDでのスペックと考えられます。

必要スペックは動作に必要な最低スペックのため、ゲームを快適にプレイするのは難しいと考えてよいでしょう。

推奨スペックで60fpsを目指していると思われますが、ゲーム内のグラフィック設定について記述が無いため、どの程度fpsが出るか不明です。

MSI GTX1060
出典:Amazon MSI GTX1060 GAMING X 6G

GTX 1060は2016年に登場したGPUで、今ではプレミア価格が付いてしまっています。古いグラフィックボードに使用されているGPUのため性能は低く、現在新たに手に入れる価値は無いと言えます。

Call of Duty MW2のfps計測結果

fps(フレームレート)計測結果は、平均値とゲーム中のfps変動値をまとめました。

  • フルHDでならRTX 3060tiで高fpsが出せる。
  • フルHDでもRTX 3080になると、よりfpsは安定する。
  • 4KでプレイするならRTX 3080が必須レベル。
Cod MW2 fps計測中
Cod MW2 fps計測中画面

fpsの平均値が高くても、ゲーム中に何度も60fpsを下回るようではプレイに悪い影響が出てしまいます。平均値だけでなく、ゲーム中のfps変動を見ることがとても大切です。

fps計測条件

以下の4つのグラボでfps計測をしました。

  • RTX 3060
  • RTX 3060Ti
  • RTX 3070
  • RTX 3080

fps計測条件は以下です。

fps計測条件
  • fps計測にMSI AFTERBURNERを使用。
  • ゲームモード:ドミネーション(バトル時間が長いため)
  • 解像度:フルHD・WQHDで計測。3070と3080は4Kも計測。
  • クオリティプリセット:最低と極限の2種類。
  • レンダリング解像度:100に設定する。
  • DLSS:オフ(fpsは上がるが画面がボケるため)
  • FIDELITYFX CAS:オン(強さ100、視認性向上のため)
  • モーションブラー系は全てオフ
  • NVIDIA REFLEX低遅延:オン+ブースト
  • 視野角105

※1:オン・デマンドテクスチャスリーミングはオフが推奨ですが、今回はプリセットの設定にしたがっています。
※2:マップやバトルの状況によってfps(フレームレート)は上下します。結果は参考値としてご覧ください。

Youtubeやfps計測結果を公開しているサイトで、グラフィック設定を「最低」にした結果が非常に高いfps結果が出ています。Cod MW2でグラフィック設定を最低にすると、レンダリング解像度が自動で50に設定されます。画面サイズが960×540に変更されるため、高fpsが出ますがボケボケの画像になり、プレイに支障が出てもおかしくありません。本記事では、レンダリング解像度を100に再設定してfps計測をしています。

DLSSをオンにするとfpsは向上しますが画面がボケ、敵の視認性が悪く感じるためオフにしています。若干fpsが落ちますが、FIDELITYFX CASをオンにして画質をシャープにしています。

RTX 3060のゲーム中fps変動

RTX 3060の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:126fps(115fps)
  • 極限:88fps(62fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:102fps(69fps)
  • 極限:76fps(57fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060 フルHDの結果

Cod MW2 fps計測 RTX 3060 フルHD 最低
RTX 3060 フルHD 最低
Cod MW2 fps計測結果 フルHD 極限
RTX 3060 フルHD 極限

RTX 3060 WQHDの結果

Cod MW2 fps計測結果 WQHD 最低
RTX 3060 WQHD 最低
Cod MW2 fps計測結果 WQHD 極限
RTX 3060 WQHD 極限

RTX 3060はフルHDの最低設定が推奨です。これ以上設定を上げたり、解像度を上げるとfpsが低くなってしまい、不利なバトルをすることになるでしょう。

多少画面がボケてもfpsを高く保つならDLSSをオンにすることも視野に入れることになります。

Cod MW2 RTX 3060のまとめ
  • フルHD:最低設定でプレイを推奨
  • WQHD:最低設定にしてもプレイは厳しい。

>>RTX 3060搭載のゲーミングPCを見る

RTX 3060Tiのゲーム中fps変動

RTX 3060Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:169fps(133fps)
  • 極限:113fps(96fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:148fps(127fps)
  • 極限:93fps(74fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:67fps(44fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060Ti フルHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3060Ti フルHD 最低
RTX 3060Ti フルHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3060Ti フルHD 極限
RTX 3060Ti フルHD 極限

RTX 3060Ti WQHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3060Ti WQHD 最低
RTX 3060Ti WQHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3060Ti WQHD 極限
RTX 3060Ti WQHD 極限

RTX 3060Ti 4Kの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3060Ti 4K 最低
RTX 3060Ti 4K 最低

ベータ版でfps計測をしたときは最低設定でも140fps出すのがやっとの状態でしたが、正式版で再計測をしたところ、全体的に高いfpsが出ていました。

RTX 3060TiでフルHDならグラフィック設定を高くしても100fps以上でプレイ可能です。

WQHDの最低設定でも平均で140fpsが出ていて快適に遊べるレベル。プレイ中にカクツキは感じませんでした。

さすがに4Kは難しい。平均60fps程度は出ていますが、明らかに画面のカクツキを感じます。

ゲーミングPCでCodをプレイするのに60fps以下で戦うのはデメリットしかありません。素直に解像度を下げましょう。

Cod MW2 RTX 3060Tiのまとめ
  • フルHD:最低設定でプレイを推奨
  • WQHD:最低設定ならプレイ可能。
  • 4K:最低設定もプレイは難しい。解像度を下げましょう。

>>RTX 3060Ti搭載のゲーミングPCを見る

ベータ版当時の計測結果(ここを押すと開きます)
RTX 3060Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:143fps(108fps)
  • 極限:102fps(70fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:113fps(88fps)
  • 極限:88fps(64fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060Ti フルHDの結果(ベータ版)

Cod MW2 fps計測 RTX 3060TiフルHD 最低
RTX 3060Ti フルHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3060TiフルHD 極限
RTX 3060Ti フルHD 極限

RTX 3060Ti WQHDの結果(ベータ版)

Cod MW2 fps計測 RTX 3060Ti WQHD 最低
RTX 3060Ti WQHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3060Ti WQHD 極限
RTX 3060Ti WQHD 極限

RTX 3070のゲーム中fps変動

RTX 3070の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:166fps(145fps)
  • 極限:133fps(113fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:142fps(109fps)
  • 極限:101fps(79fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:83fps(66fps)
  • 極限:52fps(40fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070 フルHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 フルHD 最低
RTX 3070 フルHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 フルHD 極限
RTX 3070 フルHD 極限

RTX 3070 WQHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 WQHD 最低
RTX 3070 WQHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 WQHD 極限
RTX 3070 WQHD 極限

RTX 3070 4Kの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 4K 最低
RTX 3070 4K 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3070 4K 極限
RTX 3070 4K 極限

RTX 3070はフルHDなら高いfpsが維持できています。

WQHDでも最低設定なら遊べるレベルのfpsが出ていました。

4Kは最低ならギリギリ遊べるレベル。よほどのことが無い限り、WQHD以下のプレイを推奨します。

Cod MW2 RTX 3070のまとめ
  • フルHD:極限設定でもプレイ可能。最低設定ならより高いfpsが出る。
  • WQHD:最低設定なら十分プレイ可能。
  • 4K:最低ならギリギリ遊べる。極限はfpsが低すぎてNGです。

>>RTX 3070搭載のゲーミングPCを見る

ベータ版当時の計測結果(ここを押すと開きます)
RTX 3070の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:148fps(137fps)
  • 極限:142fps(105fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:138fps(124fps)
  • 極限:114fps(86fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:88fps(52fps)
  • 極限:67fps(47fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070 フルHDの結果

Cod MW2 fps計測 RTX 3070 フルHD 最低
RTX 3070 フルHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3070 フルHD 極限
RTX 3070 フルHD 極限

RTX 3070 WQHDの結果

Cod MW2 fps計測 RTX 3070 WQHD 最低
RTX 3070 WQHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3070 WQHD 極限
RTX 3070 WQHD 極限

RTX 3070 4Kの結果

Cod MW2 fps計測 RTX 3070 4K 最低
RTX 3070 4K 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3070 4K 極限
RTX 3070 4K 極限

RTX 3080のゲーム中fps変動

RTX 3080の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:181fps(167fps)
  • 極限:152fps(123fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:175fps(156fps)
  • 極限:134fps(118fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:108fps(99fps)
  • 極限:86fps(68fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080 フルHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 フルHD 最低
RTX 3080 フルHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 フルHD 極限
RTX 3080 フルHD 極限

RTX 3080 WQHDの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 WQHD 最低
RTX 3080 WQHD 最低
Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 WQHD 極限
RTX 3080 WQHD 極限

RTX 3080 4Kの結果

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 4K 最低
RTX 3080 4K 最低

※RTX 3080 4K 最低の計測時間が短かいですが、一旦掲載します。

Cod MW2 正式版 fps計測 RTX 3080 WQHD 極限
RTX 3080 4K 極限

RTX 3080では4Kでも最低設定なら100fps前後が出せていて、そこそこ快適にプレイすることができました。

WQHDまでなら144fps固定も可能。RTX 3080があれば、どの解像度でもグラフィック設定を調整すれば快適にプレイできます。

Cod MW2 RTX 3080のまとめ
  • フルHD:非常に快適にプレイできる。極限でも高いfpsが出せる。
  • WQHD:最低設定は144fps固定が狙える。極限でも100fps以上でプレイ可能。
  • 4K:最低なら快適にプレイ可能。fpsの安定を考えると解像度をWQHDに落とすことも検討。

>>RTX 3080搭載のゲーミングPCを見る

ベータ版当時の計測結果(ここを押すと開きます)
RTX 3080の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:176fps(146fps)
  • 極限:166fps(143fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:172fps(164fps)
  • 極限:145fps(116fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:107fps(93fps)
  • 極限:86fps(72fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080 フルHDの結果(ベータ版)

Cod MW2 fps計測 RTX 3080 フルHD 最低
RTX 3080 フルHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3060 フルHD 極限
RTX 3080 フルHD 極限

RTX 3080 WQHDの結果(ベータ版)

Cod MW2 fps計測 RTX 3080 WQHD 最低
RTX 3080 WQHD 最低
Cod MW2 fps計測 RTX 3080 フルHD 極限
RTX 3080 WQHD 極限

RTX 3080 4Kの結果(ベータ版)

Cod MW2 fps計測 RTX 3080 4K 最低
RTX 3080 4K 最低

※RTX 3080 4K 最低の計測時間が短かいですが、一旦掲載します。

Cod MW2 fps計測 RTX 3080 4K 極限
RTX 3080 4K 極限

Cod MW2はRTX 3060Ti以上を推奨

実際にプレイをして計測した結果、グラボはRTX 3060Ti以上を推奨します。

RTX 3060Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:169fps(133fps)
  • 極限:113fps(96fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:148fps(127fps)
  • 極限:93fps(74fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:67fps(44fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060Tiがあると、フルHDの最低設定で平均140fps前後の高いfpsが維持できます。

140fps出ていれば、バトル中のfps差によって撃ち負けたということは少なくなるでしょう。

>>RTX 3060Ti搭載のゲーミングPCを見る

フルHDモニターでもRTX 3080にすると非常に快適です。予算に余裕があるなら検討したいグラボです。

>>RTX 3080搭載のゲーミングPCを見る

Cod MW2におすすめのゲーミングPC

Cod MW2では、グラフィックボードはRTX 3060Ti以上が必須と言って良いでしょう。

BTOメーカー各社より、RTX 3060以上が搭載されたコスパが良いゲーミングPCを紹介します。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
RX3060の中で
一番おすすめ!

STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
158,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングPC ミニ
12月9日までセール中!
CPU:Core i5-12400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BRONZE)
144,800円別途送料が2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応 DVDスーパーマルチ
電源:500W(80PLUS BRONZE)

※電源容量のアップグレード検討が必要です。
168,500円別途送料が2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R36
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
174,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
199,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこれ!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ゲームメインなら
このPC!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)

実機レビュー記事はこちら
172,900円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
224,000円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングパソコン
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BLONZ)
195,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5J-B221/B2
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
187,200円
別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:650W 静音電源

(80PLUS BRONZE)
189,979円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
Sofmap LEVEL ゲーミングPC
パソコン工房
LEVEL-M06M-124-SAX
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:700W (80PLUS BRONZE)
DVDスーパーマルチ
※メモリスロットは2つです。
184,800円別途送料が2,200円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti-L
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
209,800円別途送料3,300円必要です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならこの3機種!

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
どんなゲームも
快適!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
198,000円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:Z690
SSD:NVMe
Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
248,800円別途送料2,200円必要。
Core i7
ワンランク上のPC!

FRONTIERのゲーミングパソコン
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
229,800円別途送料2,200円~4,400円。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070

チップセット:AMD B550
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
217,100円別途送料が2200円~4400円。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
259,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-12700F
※水冷クーラー
グラボ:RTX3070

チップセット: B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
304,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3080 搭載パソコン(4KやWQHDモニターで遊ぶなら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS Platinum)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W

(80PLUS GOLD)
269,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
285,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
339,990円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

ハイエンドゲーミングPC!RTX3080搭載パソコンはこちら!

fps計測に使ったグラボ

計測に使ったグラボは以下の4種です。

グラボは番号が上がるほど消費電力も大きくなります。PCに搭載する電源容量も確認しておきましょう。

スクロールできます
INNO3D GEFORCE RTX3060 TWIN-X2 OC
GEFORCE RTX 3060
MSI RTX3060Ti VENTUS 2X OC
GEFORCE RTX 3060 Ti
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3080
メーカーINNO3DMSIPalitPalit
製品型番GEFORCE RTX 3060
TWIN X2 OC
※メーカーHPへリンク
GeForce RTX 3060 Ti
VENTUS 2X 8G OCV1 LHR
※メーカーHPへリンク
Palit
NE63070019P2-1041A

※メーカーHPへリンク
Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数3584486458888704
ブーストクロック1792 MHz1695 MHz1725 MHz1710 MHz
メモリタイプ12GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR610GB GDDR6X
メモリスピード15 Gbps14 Gbps14 Gbps19 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit256-bit320-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)170W200W220W320W
補助電源コネクタ8-pin8-pin8-pin X28-pin X2
推奨電源容量 (W)550W600W650W750W
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
AmazonRTX3060を見に行くRTX3060Tiを見に行くRTX3070を見に行くRTX3080を見に行く
TSUKUMOTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行く
各製品の比較

プロが説明するグラフィック設定

Cod MW2のゲーム内設定は、Rush Gaming所属Gorouさんの説明を見るのがおすすめです。

eスポーツのプロとして活動されているGorouさんが、実際にプロが使うコントローラーの設定、グラフィック設定を詳しく解説されています。

Gorouさんの設定を基準に、自分なりに調整していくと良いでしょう。

PC版MW2の説明ですが、PS4・PS5・XBOXでも同じ部分があるので参考になります。

Rush Gaming GorouさんのYoutube

Rush GamingのGorouさんはグラボにRTX 3080を使われているようです。

>>RTX 3080搭載のゲーミングPCを見る

Cod MW2で画面がチラつくときの対処法

2022年11月1日現在、RTX系グラフィックボードを使っていて、NVIDIAの最新ドライバーバージョン「526.47」をインストールすると、MW2がクラッシュしたり画面がチラつくなど問題が発生しています。

安定ドライバーがリリースされるまで、公式の推奨ドライバー「516.59」をインストールしておきましょう。

516.59でもクラッシュは発生しましたが、画面のチラつきは解消されます。

ドライバーのダウングレードは、NVIDIA公式サイトの手動検索からドライバーをダウンロード。

ダウンロードしたファイルからドライバーの上書きインストールができます。

fps計測に使ったゲーミングPCの紹介

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン
STORMのゲーミングパソコン PG-WG12

本記事の計測で使っているのは、のゲーミングPCです。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPU(グラボ)Nvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)

ゲームメインならCPUはCore i5で問題ありません。実況配信や重たい動画編集をするならCore i7とメモリを32GBにすると良いでしょう。

のゲーミングPCは基本的に850W(80PLUS Gold)の電源を搭載しています。

将来、PCパーツの増設やグレードアップをするときも、電源容量が足りない!と言ったことになりにくい容量で助かります。

もし、モニターの解像度がWQHD(2560×1440)以上の場合はRTX 3070以上を選択することをおすすめします。

STORMのことをもっと詳しく知りたい方は、STORM(ストーム)のでレビューと評判も参考にしてください。

>>ゲーミングPC一覧へ戻

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次