\ 最大10%ポイントアップ! /

RTX 4070とRTX 4070 Tiどっちを選ぶ?性能比較とベンチマーク解析!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 4070とRTX 4070 Tiどっちを選ぶ?性能比較とベンチマーク解析!

グラフィックボード(略して「グラボ」)を選ぶとき、「自分に合うのはどっちかな?」、「グレードの高いパーツはどれぐらい優れているのかな?」といったことを考えるのではないでしょうか。

使う環境に合ったグラボを選べば、ゲームがストレスなくサクサク遊べます。

例えばApexやCodなどのFPSシューター系のゲームでは、高いフレームレートを出せると勝率も上げられます。

RPGやシミュレーションなら、リアルなグラフィックで没入感が増すでしょう。

今回、NVIDIAのミドルクラスGPU、RTX 4070とRTX 4070Tiに焦点を当てて、それぞれの特性や性能を比較していきます。

この記事の具体的なデータを見ることで、どちらのモデルを選ぶべきか判断できるようになります。

この記事を通してRTX 4070とRTX 4070 Tiの違いを理解し、ゲームがストレスなく楽しめる環境作りの手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらから

WQHDで快適に遊べるRTX4070!

WQHD高設定~4Kが快適なRTX4070Ti!

目次(見たいところからチェック!)

ゲーム性能:RTX4070とRTX4070Tiどっちが優れている?

RTX 4070よりRTX 4070 Tiの方が10%~20%高いゲーム性能です。

ゲームによってバラつきはありますが、WQHD~4K解像度でRTX 4070 Tiの方が10fps~20fpsほど速くなりました。

CUDAコア数、ベースクロックなどはRTX 4070 Tiの方が基本性能が高く、処理速度が全体的に速いと言えます。

 RTX 4070RTX 4070 Ti
CUDAコア数58887680
ブーストクロック2480 MHz2610 MHz
ベースクロック1920 MHz2310 MHz
VRAM12GB GDDR6X12GB GDDR6X
最大消費電力200W285W
システム電源容量650W700W
参考価格12万円前後9万円前後

FPSシューター系をWQHD解像度以上でプレイする人高リフレッシュレートのモニターを使うなら、高いフレームレートが出せるRTX 4070 Tiを選択することで、サクサクプレイができるようになります。

主なモニター解像度の種類はここをクリック
  • フルHD:1920×1080
  • WQHD:2560×1440
  • 4K:3840×2160

他にもWUXGA(1920×1200)のような、少し正方形に近いモニターもあります。

ただし、フルHDモニターを使うならRTX4070で十分な性能が出せ、コスパが高くなります。

モニター解像度別でコスパがいいのはこんな感じ。

低・高はゲーム中のグラフィック設定です。

解像度別
コスパ
フルHDWQHD
WQHD
4K
4K
RTX4070
RTX4070Ti

RTX 4070とRTX 4070 Ti どっちを選ぶべき?

  • RTX 4070:FHD~WQHDで快適に遊びたいならRTX4070。
  • RTX4070Ti:WQHDで超快適に遊びたいならRTX4070Ti。
RTX4070TiとRTX4070
手前がRTX4070、奥がRTX4070Ti

フルHD~WQHDで遊びたいならRTX 4070

Youtube動画でも、わかりやすく紹介しています。

RTX 4070はRTX 3080に近い性能を持っています。

ApexやFF14など、グラフィック処理の軽いゲームならWQHDで144fps以上出すことが可能。

ゲームによっては4Kでも快適にプレイできます。

スクロールできます
代表的なゲーミングPC
静音性も優れたドスパラPC
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,980
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
6,600円。

少しでも価格を抑え、WQHDで144fps以上出して楽しむならRTX 4070がおすすめです。

WQHD~4Kで快適に遊びたいならRTX 4070 Ti

RTX 4070 TiはRTX 4070よりも性能が高く、RTX 3090 Tiに近い性能を持っています。

WQHDがメインターゲットで、ほとんどのゲームが快適にプレイ可能。

多少重たいゲームでも設定次第で165fps以上が狙えます。

4Kでもゲームによっては100fps以上出すことができるほど性能が高いGPUです。

スクロールできます
代表的なゲーミングPC
納期が早く
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47T
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
80PLUS GOLD
参考価格:309,980
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。

WQHDモニターを使うならRTX 4070 Tiを選択する方がモニター性能を活かせます。

RTX 4070シリーズの仕様を比較

RTX 4070シリーズはRTX 3070シリーズに比べ消費電力が下がっています。またVRAMが12GBに増加されたことで、WQHD解像度への強化されています。

ただし、メモリバス幅が192-bitとRTX3070シリーズの256-bitより低下していることから、4K解像度で処理速度の低下が懸念されます。

スクロールできます
 RTX 4070RTX 4070 TiRTX 3070RTX 3070 Ti
CUDAコア数5888768058886144
ブーストクロック2480 MHz2610 MHz1730 MHz1770 MHz
ベースクロック1920 MHz2310 MHz1500 MHz1580 MHz
VRAM12GB GDDR6X12GB GDDR6X8GB GDDR68GB GDDR6X
メモリスピード21Gbps21Gbps14 Gbps19 Gbps
メモリバス幅192-bit192-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅 504 GB/s504 GB/s448 GB/s 608 GB/s
レイトレーシングコア第3世代第3世代第2世代第2世代
Tensorコア第4世代第4世代第3世代第3世代
アーキテクチャAda LovelaceAda LovelaceAmpereAmpere
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 3DLSS 2DLSS 2
ポートHDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.32.32.3
最大消費電力200W285W220W290W
システム電源容量650W700W650W750W
補助電源コネクタ12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x2
PCIe x 2PCIe x 2
発売日2023年6月29日2023年5月24日2020年10月29日2021年6月10日
ツクモRTX4070RTX4070Ti販売終了RTX3070Ti
AmazonRTX4070RTX4070TiRTX3070RTX3070Ti
RTX 4070シリーズの特徴
  • WQHDがメインターゲット。
  • 4Kでも画質調整すればそこそこ快適。
  • DLSS3に対応。ゲームがスムーズにプレイできる。
  • RTX 3070シリーズに比べ、消費電力が減った。
  • VRAMが8GBから12GBへ増加したのは嬉しい。

RTX4070シリーズはRTX3070シリーズに比べ、メモリバス幅が狭くなっています。NVIDIAはL2キャッシュを増強することで処理の高速化を実現していると公表していますが、実際は4K高負荷にすると処理速度が出しにくくなっています。(ベンチマークテストの結果参照)

RTX 4000シリーズからDLSS3に対応しており、AIを使ったフレーム生成で画質を保ちつつフレームレートを上げることに成功。消費電力も大幅に削減され、電気代にやさしい設計になっています。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

電源要件と物理的なサイズ

RTX4070TiとRTX4070のグラボ

この記事で紹介したRTX 4070とRTX 4070 Tiは以下の2機種。それぞれの電源の要件と本体サイズをまとめました。

製品消費電力システム電源容量本体サイズ
MSI GeForce RTX 4070
VENTUS 2X 8G OC
200W650W約242×125×43mm
Palit GeForce RTX 4070 Ti
GamingPro 12GB
285W750W約328.9 x 132.9 x 63.4 mm

MSI GeForce RTX 4070 VENTUS 2X 8G OCはサイズ的に一般のPCケースなら入ります。スリムケースには入らないので注意してください。

Palit GeForce RTX 4070 Ti GamingPro 12GBは本体が長いため、PCケースの大きさやフロントファン、簡易水冷クーラーのファンの位置など、しっかり確認しておきましょう。場合によってはグラボが入らない可能性があります。

RTX4070とRTX4070Tiの価格分析

フルHDならRTX 4070で十分な性能があります。

WQHDで高いフレームレートを出したいときや、高画質でゲームをしたいならRTX 4070 Tiと考えましょう。

RTX 4070 Tiが12万円前後と飛びぬけた価格です。そのぶん性能的は高く、WQHD解像度で快適に動作します。

スクロールできます
RTX 4070RTX 4070 TiRTX 3070RTX 3070 Ti
発売日2023年6月29日2023年5月24日2020年10月29日2021年6月10日
価格
※2023年7月時点
9万円前後12万円前後6.5万円前後7万円前後
ツクモRTX4070RTX4070Ti販売終了RTX3070Ti
AmazonRTX4070RTX4070TiRTX3070RTX3070Ti

RTX 4070シリーズはDLSS3と消費電力の少なさがポイントです。新規でグラボやゲーミングPCを購入するなら、RTX3070シリーズではなく、RTX 4070シリーズを検討するとよいでしょう。

ゲーム別ベンチマーク

計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

この記事で紹介するベンチマークの検証環境はこちら。

CPUIntel Core i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB × 2)
電源1000W

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

Apexは処理の軽いゲームで、グラフィック設定を低くすれば多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

スクロールできます
Apex RTX4070シリーズのベンチマーク結果
Apex RTX4070シリーズのベンチマーク結果
Apex RTX4070シリーズのベンチマーク結果
Apexのfps平均値RTX4070RTX4070Ti
フルHD(低)298298
フルHD(高)256275
WQHD(低)279288
WQHD(高)217263
4K(低)178185
4K(高)128159
fpsの値は平均値です

どちらも高いfpsが出ています。どちらか迷うなら以下を参考にしてください。

  • 144Hzモニターでプレイするなら、RTX 4070でOK。
  • 240Hzモニターを使うなら、RTX 4070 Tiを選択。

Apex自体が軽めのFPSゲームなので、4Kでも快適にプレイできます。

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

この記事はRTX 3070~RTX 4070 Tiのベンチマークを紹介しているので快適に遊べますが、解像度によっては上位のグラボを選択する必要があります。

Cod MW2のfps計測は、実際にドミネーションをプレイして計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

スクロールできます
Cod MW2 RTX4070シリーズのベンチマーク結果
Cod MW2 RTX4070シリーズのベンチマーク結果
Cod MW2 RTX4070シリーズのベンチマーク結果
CodMW2 平均fps結果RTX4070RTX4070Ti
フルHD(最低)208213
フルHD(極限)174178
WQHD(最低)188202
WQHD(極限)128156
4K(最低)114133
4K(極限)7992
fpsの値は平均値です

フルHD(最低)ではどちらも平均144fps以上出ています。

WQHDでグラフィック設定を上げるとRTX 4070は120fps台まで落ちてきます。WQHDの高画質で平均144fps以上出したいならRTX 4070 Tiを選びしましょう。

DLSSのテスト

Cod MW2はDLSSが使えるので、RTX4070のWQHD最低設定でどこまでfpsが上がるかテストしてみました。

RTX4070DLSS オフDLSS オン
WQHD(最低)188 fps213 fps
WQHD(極限)128 fps168 fps

WQHD(最低)で、リスポーンのときは190fps前後まで落ち込みますが、それ以外は200fps以上を維持していました。

DLSSはフレームレートが上がりますが、画面全体が少しボヤっとした印象になります。画像にシャープさが無くなり、シーンによっては相手が見えづらくなるので注意してください。

  • WQHDのグラフィック低設定でプレイするなら、RTX 4070でOK。
  • WQHDモニターで高フレームレートを出したいなら、RTX 4070 Tiを選択。
  • シャープネスが弱くなりますが、fpsを優先するならDLSSオンも視野に入れる。

RTX 4070シリーズでモニター性能を活かすならWQHDまでがよいでしょう。もしグラフィック設定やモニター解像度を上げるならDLSSをオンにすることも視野に入れる必要があります。

Cod MW2のくわしい内容はこちらの記事で紹介しています。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スコア15000以上で「非常に快適」判定

FF14 RTX4070の結果

FF14でRTX 4070シリーズは、4K最高画質まで快適にプレイ可能です。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDで遊ぶなら快適に遊べます。

スコアが12000以上で非常に快適の判定

FF15 RTX4070シリーズの結果

FF15をプレイするならWQHD高画質までがメインターゲットになります。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

RTX4070シリーズは4Kのグラフィック中設定(グラフの上から2つ目)まで快適にプレイでき、それ以上で遊ぶならグラフィックボードのグレードを上げる検討が必要です。

スクロールできます
サイバーパンク2077 RTX4070シリーズのベンチマーク結果
サイバーパンク2077 RTX4070シリーズのベンチマーク結果
サイバーパンク2077 RTX4070シリーズのベンチマーク結果

RTX4070シリーズを使うなら、以下を基準に検討するとよいでしょう。

  • フルHD:レイトレウルトラにしても快適。
  • WQHD:RTX 4070はレイトレ低かウルトラ設定まで。
  • 4K:中設定まで。

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しています。RTX4000シリーズであればDLSS フレームジェネレーションが使えるので、fpsをさらに上げることが可能です。

DLSS フレームジェネレーションの結果はここをクリック

RTX 4070でグラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」、DLSS フレームジェネレーションを使うと以下のようにフレームレートが上がります。

レイトレーシング・ウルトラ+FG
RTX4070
OFF
RTX4070
ON
フルHD98fps150fps
WQHD79fps116fps
4K52fps71fps
FG:フレームジェネレーション

DLSSとフレームジェネレーションを使うことで、大幅にfpsを上げることができました。

ただし、4Kなど解像度が高いときはゲーム中の操作にモタツキが出たり、メニュー画面が重たかったりします。画面解像度が高いときにDLSSを使っても完全に処理負荷の解消にならないことがあるので注意が必要。

fpsを上げたいときはレイトレーシングを低めの設定にするか、オフにすることをおすすめします。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

RTX 4070シリーズのゲーム別ベンチマーク結果まとめ

ベンチマークの結果から、RTX 4070シリーズはWQHDがメインターゲットであることがわかりました。

ゲームによっては4Kでもプレイ可能。グラフィック設定を極端に高くしなければ、そこそこ快適に遊べます。

RTX 4070シリーズはWQHDで高いスコアが出せます。また、フルHDで使えば144fps張り付きなど、eスポーツでも有利になるほど高い性能が発揮できます。

3DMarkの結果:RTX4070対RTX4070Ti

3DMarkのロゴ

ベンチマーク結果では、RTX 4070シリーズの方が性能が高く、中でもRTX 4070 Tiの性能が飛びぬけています。

ベンチマークRTX 4070RTX 4070 Ti
Speed Way43975373
Port Royal1094513931
Time Spy1751521030
Fire Strike3972243082
3DMarkの詳しい結果はここをクリック

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

SpeedWay RTX4070シリーズの結果

RTX 4070はRTX 3070 Tiより高い結果。

RTX 4070 Tiが一番性能が高い結果となりました。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royal RTX4070シリーズの結果

Speed Wayと同じく、RTX 4070 Tiが一番性能が高い結果。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度を4K(3840×2160)にしてテストします。

スクロールできます
TimeSpy RTX4070シリーズの結果
Time Spy Extreme RTX4070シリーズの結果

Time Spyも同じくRTX 4070 Tiが一番性能が高く、RTX4070はRTX 3060シリーズを上回る結果になりました。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

スクロールできます
Fire Strike RTX4070シリーズの結果
Fire Strike Extreme RTX4070シリーズの結果
Fire Strike Ultra RTX4070シリーズの結果

Fire Strikeも傾向は同じですね。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS2のテストです。

面解像度をフルHDに設定して計測をしています。

DLSS 2 RTX4070シリーズの結果

RTX 4000シリーズで使えるDLSS3のテスト結果はこちら。DLSS3は4K解像度でテストをします。

DLSS 3 RTX4070シリーズの結果

3DMarkの結果からわかること

3DMarkの結果から、グラフィック性能はRTX 4070よりRTX 4070 Tiの方が10%~20%高いことがわかりました。

GPUの性能が高い順に並べると以下のようになります。

  1. RTX 4070 Ti
  2. RTX 4070
  3. RTX 3070 Ti
  4. RTX 3070

RTX 4070シリーズ搭載のゲーミングPCとグラボ検索

RTX 4070とRTX 4070 Ti搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 4070 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポート特徴
光らない
落ち着いた
デザイン

ツクモ ミドルタワー
G-GEAR
GE7J-D242/B

参考価格:
272,000
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:750W 80PLUS GOLD
送料:2,200円
公式サイトを見る
光らないPCがほしい人向け。
落ち着いた雰囲気のPCケース。
どんなお部屋にも合うデザインです。
カスタマイズの幅が広く、好みのスペックにできます。
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47

参考価格:
285,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
送料:3,300円
沖縄・離島は6,600円
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
ドスパラは納期が早い。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70

参考価格:
269,800円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)
無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
送料:無料
公式サイトを見る
ゲーム中でも、音がとても静か。
動画配信時も騒音が入らない。
ケースの見た目は若干古く感じるが、
24時間電話対応や3年保障などサポートが充実。
特に初心者は安心です。

おすすめRTX4070搭載パソコン

光らない落ち着いたデザイン!

ツクモ ミドルタワー

G-GEAR GE7J-D242/B

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR5 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量は余裕があります。

光らないPCケースで、落ち着いたデザイン。どんなお部屋にも合わせられます。

ツクモのPCはカスタマイズの幅が広く、好みのスペックに変更可能。

もちろん、標準構成で十分なスペックがあります。

初心者から上級者まで、満足いくPCです。

\満足スペックのPC!/

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:285,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:269,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。

Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

RTX 4070 Ti 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポート備考
送料無料!
PC工房 Level PCケース
LEVEL
R776-137F-ULX

参考価格:
294,800円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 16GB
電源:700W
80PLUS BLONZE
送料無料!
公式サイトを見る
24時間365日対応サポートセンターがあり、
初心者でも安心できます。
デザインはシンプルでオーソドックス。
メモリが16GBなので、WQHDまでがおすすめ。
会員登録(無料)で、2,200円の送料が無料
になるのは助かります。
納期が早く
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47T

参考価格:
311,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
80PLUS GOLD
送料:3,300円
沖縄・離島は6,600円
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
PCファンの音が少し気になるが、
机の下に置けばOK。
電源やUSBは操作しやすい位置にあります。
ドスパラは納期が早い。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。

おすすめRTX4070Ti搭載パソコン

送料無料でお安くゲット!!

PC工房 Level PCケース

LEVEL-R776-137F-ULX

参考価格:294,800円

Core i7-14700FとDDR5 16GB、チップセットにB760。

1TBのSSDを搭載!これだけ容量があれば、たくさんゲームがインストールかできて大満足。

メモリが16GBなので、複数のソフトを同時に使わない、FHD~WQHDで使うなら価格的にもおすすめです。

無料のWEB会員登録をすると、通常2200円かかる送料が無料です

\無料会員登録で2,200円の送料が無料!/

納期が早く、すぐに遊べる!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47T

参考価格:311,980

チップセットにB760、DDR4メモリ32GB。SSDが1TBと、メモリもSSDも初期容量は十分にあります。

ゲームをたくさんインストールしたいなら、2つ目のSSDを増設しておくとよいでしょう。

マイクラとXbox Game Passが同梱されているので、手元に届いたらすぐに遊べます。

ドスパラは納期が早いので、少しでも早くゲームで遊びたい人におすすめです。

\納期が早くてすぐに遊べる!/

マイクラとXbox Game Pass同梱!

RTX4070Tiグラボ検索

RTX 4070 SUPERも選択肢の一つ

RTX4070では少し性能不足。

でもRTX4070Tiは過剰なんだよな・・・という方は、中間の性能を持っているRTX4070SUPERが合うかもしれません。

RTX 4070とRTX 4070 Tiのちょうど中間の性能になっています。

RTX 4070 SUPERの性能をレビューしているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ:RTX4070とRTX4070Tiはどっちを選ぶ?

  • RTX 4070:フルHDで超快適。WQHDで快適に遊びたい。消費電力が200Wと低く運用コストを抑えたい人にもおすすめ。
  • RTX 4070 Ti:WQHDで超快適。4Kでも快適にゲームを遊びたい人におすすめ。

RTX 4070よりRTX 4070 Tiの方が10%~20%高い性能を持っています。

RTX 4070はWQHDまでなら、ほとんどのゲームが快適にプレイできます。ただし、処理の重いゲームはグラフィックの設定を下げないと高いfpsが出せないことがあります。

RTX 4070の性能は、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

RTX 4070 TiはWQHDで、より高いfpsを出すことができます。WQHDで処理の重たいゲームをプレイしたい、高いフレームレートを出したいならRTX 4070 Tiがおすすめです。

RTX 4070 Tiの性能は、こちらの記事で紹介してます。参考にしてください。

RTX 4070 Tiになると急に価格が高くなります。プレイしたいゲームの処理の重たいか、そうでないか見ながら判断するとよいでしょう。

これからDLSS3に対応したゲームが増え、消費電力が低いRTX 4070シリーズの性能が発揮できるシーンが多くなります。楽しいゲームライフを送ってください。

4Kモニターを使うならRTX4080以上ないと厳しくなります。

RTX4000シリーズをこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)