\ Amazon スマイルSALE!最大8%ポイントアップ! /

【初心者でも後悔しない】ゲーミングPCの選び方の重要ポイントと注意点

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーミングPCの選び方
  • ゲーミングPCがほしいけど、どう選べばいいんだろう?
  • どんなパーツがあれば満足いくゲーミングPCになるんだろう?

ゲーミングPCには、CPUやグラフィックボード、メモリや電源など、多くのパーツが搭載されており、どれを選べばいいのか迷っていませんか?

特にPCはパーツ変更ができるため、ますます混乱してしまうこともあるでしょう。

ゲーミングPCは10万円以上もする高価な買い物。高いお金を払って後悔したくないですよね。

私自身、初めて買ったゲーミングPCがスペック不足でゲームが快適に遊べませんでした。後からグラボをアップグレードすることになり、追加でお金がかかった経験があります。

この記事では、ゲーミングPCを買っても後悔しないように、パーツの選び方や注意点などをくわしく解説しています。

ゲーミングPCを選ぶ際に後悔しないために、ぜひ最後まで読んでみてください。自分に最適なゲーミングPCを選ぶことができるようになります。

目次(見たいところからチェック!)
アマゾン スマイルセール
  • Amazonスマイルセール開催!
  • 4月22日(月)23:59まで!
  • 最大8%ポイントアップキャンペーン!

【基礎知識】ゲーミングPCと一般的なパソコンの違い

基本的な能力は同じですが、搭載されているパーツや仕様によってゲームが快適に遊べるかの違いが出てきます。

ゲーミングPCと一般的なパソコンの違いを知ることで、ゲーミングPCがなぜ高いのか、どこが有利になるか理解することができます。ぜひ覚えていってください。

ゲーミングPCと一般的なPCの違い
ゲーミングPCと一般的なPCの違い例

ゲーミングPCと一般的なパソコンの大きな違いの一つとして、ゲーミングPCにはグラフィックボードが搭載されている点があります。

また、ゲームをプレイするにはCPUの処理能力が必要になるため、Intel Core i5やCore i7など性能が高いCPUが搭載されている特徴があります。

ゲーミングPC一般的なパソコン
ゲームが快適にプレイできる。
グラボが搭載されている。

CPUにCore i5やCore i7を採用。

電源容量が大きめ。

パーツ交換・増設の拡張性が高い
価格が高い。
インターネットやオフィス系ソフト向け。
CPU内臓GPUを使う物が多い。(UHD730など)
画像編集や動画編集は苦手。
CPUにCore i3やCeleronが採用されやすい。
スリムなPCケースが多い。
価格が安い。

ゲーミングPCは処理負荷の高いゲームを動かすために、全体的にパーツのグレードが高く設計されています。

一般的なパソコンでもグラボやグレードの高いCPUが搭載されたものがあり、そういったパソコンでもゲームをプレイすることは可能です。ただし、一般的なパソコンはカスタマイズ性が低く、求めるパーツ構成にできないことも。

BTOショップなどのゲーミングPCはカスタマイズ性が高いことが特徴です。

インターネットやオフィス系ソフト以外に、ゲームや画像編集、動画編集もやりたいなら、価格は上がりますがゲーミングPCを選びましょう。

搭載されているパーツの優先度

ゲーミングPCのパーツはグレードが高いほど性能が良くなります。しかし、グレードが高くなれば価格も高くなるため、すべてのグレードを上げることは難しいです。

どのパーツを優先的に考えればよいかは、以下の順番で考えてください。

パーツの優先度
  • グラフィックボード(GPU)
  • CPU
  • メモリ
  • 電源容量
  • SSDの容量

他にもマザーボードやCPUファン、CPUグリスにPCケースなど、たくさんパーツがあります。動作への影響度を考えると①~⑤を優先的に考えれば問題ありません。

①グラフィックボード(GPU)

映像をモニターに送信する役割を持っています。

最近のゲームは、CPUだけでなくグラフィックボードに搭載されるGPU(Graphics Processing Unit)に画像の処理をさせることで高いfps(フレームレート)が出せるようになっています。

MSA RTX4070 2FAN
グラフィックボード

限度はありますが、CPUを変えなくてもグラフィックボードのグレードを上げるでけで高いfpsを出せます。

グラフィックボードのグレードでゲームの快適さが決まると言っても過言ではありません。最優先で考えましょう。

②CPU

人間の脳にあたるパーツがCPUです。

世界的にIntelとAMDの2社がパソコン用CPU開発で争っています。

13世代Core i5とi7

基本的にCore i5以上があれば一般的なゲーミング性能を発揮することが可能。

ゲーミングPCにはIntel Core i5以上かAMD Ryzen5以上が搭載されることがほとんどです。

基本的にCPUのグレードが上がると処理速度も上がりますが、ゲームによっては快適さに反映されにくいことがあります。

できるだけ新しい世代のCPUを選んでください。2世代以上前のCPUは性能が低くかったり、拡張性が無くなることがあります。

③メモリ

メモリにはDDR4とDDR5の規格があります。DDR5の方が新しい規格で、今後主流になっていきます。

DDR4とDDR5

メモリは容量が大きい方が有利です。

容量が大きいと、複数のアプリケーションを立ち上げても動作に問題が無かったり、解像度の高いモニターを使ったときでも処理がスムーズに進むなど良いことがたくさんあります。

現状、DDR4とDDR5はゲーミング性能において大きな差が出ていないことから、どちらを選んでもゲームの体感は変わりません。

ゲーミングPCでは16GB搭載が基本ですが、グレードの高いPCでは32GB搭載の物が出てきました。

どちらのメモリでも良いので、メモリ容量が大きいゲーミングPCを選ぶことをおすすめします。

>>DDR4とDDR5の違いと選び方について、こちらの記事でくわしく解説しています。

④電源容量

電源容量がパソコン全体の消費電力と同等もしくは小さかった場合、パソコンが起動しなくなったり動作が不安定になります。

CORSAIR 1000W

将来のアップグレードや動作の安定のために、余裕をもった電源を選びましょう。

「電源容量はパソコン全体の消費電力の2倍」がもっとも効率が良いと言われます。

必ず2倍必要ということではありませんが、電源容量は余裕を持っておきましょう。

>>パソコンの電源容量計算フォームや容量の決め方について、こちらの記事で解説しています。

⑤SSDの容量

WindowsなどのOSやソフトをインストールする格納場所がSSD。

M.2 SSD NVMe 1TB

OSだけで40GBほど使い、1つのゲームが40GB~80GBと考えると複数のゲームで容量不足になってしまいます。できるだけ1TB以上搭載したいですね。

SSDは後から自分で追加することも可能ですが、パーツの取り付けが不安な方はBTOショップのカスタマイズで容量を増やしておくことをおすすめします。

自分で取り付けできる方は、後から追加することでコストを抑えることができます。

ナオのゲーミングデバイスの検証用PCはこちらのSSDを使用しています。

Crucial(クルーシャル)
¥9,274 (2023/05/13 20:24時点 | Amazon調べ)
\Amazon スマイルSALE!最大8%ポイントアップ!/
Amazon

ゲーミングPCの基本構成

ゲーミングPCを検討するときは、最低でも以下の構成から考えると失敗がありません。

ゲーミングPCの基本パーツ

OS:Windows11 home
CPU:Intel Core i5
GPU:RTX 3060 Ti
メモリ:16GB(DDR4 or DDR5)
SSD:1TB以上
電源:700W以上

ゲーミングモニターがWQHDや4Kであったり、グラフィック処理が重たいゲームの場合、①GPU、②CPUの順でグレードを上げることを検討すれば大丈夫です。

ゲーミングPCを選ぶときのポイント

ゲーミングPCを選ぶポイントにどのようなものがあるかまとめました。

選ぶときのポイント
  • 目的のゲームが快適に遊べるか
  • モニターの解像度とフレームレート
  • メモリに余裕があるか
  • ストレージに余裕があるか
  • 将来の拡張性があるか

それぞれ説明していきます。

①目的のゲームが快適に遊べるか

ロゴ

パソコンのゲームには、必要動作環境と推奨動作環境が記載されています。

ほとんどの場合、必要動作環境は30fps、推奨動作環境は60fpsが想定されており、ほぼ最低動作環境と言っていい内容になっています。

RPGなら60fpsで十分ですが、FPSシューター系のゲームでは144fps以上を目指したいところ。

目的のゲームで高いfpsが必要なら、推奨動作環境だけでなくレビュー記事などを参考にゲーミングPCのグレードを決めていきましょう。

>>ゲーム別のゲーミングPCスペック紹介はこちらにまとめています。

②モニターの解像度とフレームレートに合ったグラボ

Acerのモニター画像
出展:Acer

ゲーミングPCに影響が大きいのはモニターの解像度とフレームレート(以降fps)です。

解像度は主に以下3つがあり、下に行くほど解像度が高くなります。

  • フルHD(1920 x 1080)
  • WQHD(2560 x 1440)
  • 4K(3840 x 2160)

最近、fpsは144fpsが一般化してきており、より処理性能が求められるようになりました。

解像度とfpsが高くなると、処理性能が高いグラフィックボード(GPU)が必要になります。

144fpsをターゲットとした場合、解像度別に適したGPUは以下になります。

  • フルHD:RTX4060・RTX4060Ti
  • WQHD:RTX4070・RTX4070Ti
  • 4K:RTX4080・RTX4090

ゲームの種類やグラフィック設定によってfpsの出かたは変わりますが、おおよそ必要なGPUと考えてください。

③メモリに余裕があるか

メモリは最低16GBと考えてください。4Kのモニターを使う場合は32GBに増やすことをおすすめします。

メモリが少ないと、ゲームやアプリで何かするたびにプチフリーズしたり、最悪はアプリが停止する可能性があります。

④ストレージに余裕があるか

SSDなどOSやソフトをインストールするストレージも容量に注意が必要です。

ストレージもデータの一時保存で容量を使うため、あまりにもギリギリで使っているとOSごとフリーズすることがあります。

ストレージの残りが25%を切ったあたりから危険になってきますので、容量には余裕をもっておきましょう。

容量の目安
  • OS:40GB
  • ゲーム:40GB~80GB

⑤拡張性があるか

PGX40Ti 内側
STORM PG-X40Ti ケース内に余裕があり、パーツの交換がしやすい

ゲーミングPCは購入後もパーツ交換や増設が可能です。

毎年のように新しいパーツが発売され、ゲームもどんどん進化していきます。

その時々でパーツ交換や増設をするためにも、拡張性があるゲーミングPCを購入したいですね。

拡張性チェックリスト
  • PCケースの大きさに余裕があるか。
    グラボが入る大きさがあるか。
  • メモリスロットの数。
    できれば4つほしい。
  • M.2 SSDが何本させるか。
    2.5インチSSDでも増設できればOK。
  • 電源容量に余裕があるか。
    グラボのアップグレードに対応できるか。

BTOショップのSTORMは、将来の拡張性にも対応できるように電源容量に余裕をもったゲーミングPCを販売しています。どんなショップか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ゲーミングPCを選ぶときの注意点

せっかくゲーミングPCを買ったのに後悔した・・・そんなことにならないように、ゲーミングPCを選ぶときの注意点を確認しておきましょう。

注意点
  • ゲーミングPCは新品で買う。
  • 可能な限りデスクトップを選ぶ。
  • あまりにも安いゲーミングPCを選ばない。
  • 何も考えずにゲーム推奨PCを買ってしまう。
  • 必要以上にスペックの高いゲーミングPCを選ばない。

ゲーミングPCは新品で買う

鏡界 PCケース
STORMの鏡界 ゲーミングPC

ゲーミングPCは新品で購入しましょう。

中古販売やメルカリ、オークションでも販売をしていますが、壊れかけのパーツが使われている危険性があります。

たとえメルカリなどで「新品」と書かれていても、購入後の保障が無かったり数日間しか保証されないリスクが大きすぎます。

大型家電量販店での購入もおすすめできません。

家電量販店で販売されているゲーミングPCは、カスタマイズできないモデルやパーツ構成が不十分の割に価格が高いものが多くあります。

ゲーミングPCの購入はBTOショップでの購入が一番安心。ゲーミングPCのパーツ構成は徹底的に検証されており、故障後のサポートも充実しています。

プロeスポーツチームや有名ストリーマーのスポンサーになっているメーカーも多く、ゲーミングPCの知識や技術は安心です。

BTOショップで購入するときのカスタマイズ性も高く、自分にあったゲーミングPCを手に入れることができます。

>>BTOショップをこちらの記事で紹介しています。個性のあるショップがたくさんありますので、おこのみのメーカーを探してみてください。

可能な限りデスクトップPCを選ぶ

デスクトップPCとノートPC

ゲーミングPCにはデスクトップPCとノートPCがあります。

ノートPCは持ち運びが楽で場所を取らないなど、メリットはありますがデメリットも目立ちます。

ノートPCのメリットノートPCのデメリット
モニターやキーボードが一体型
場所の移動が楽
一時的なら電源が無くても使える
場所を取らない
モニターが変えられない
以外と重い
バッテリーの持ちが良くない
デスクトップより性能が劣る
価格が高い
グラボなどのパーツ交換ができない。
ノートPCのメリット・デメリット

例えばRTX3060Tiのグラボが搭載されていたとして、ノートPC用とデスクトップ用では性能が違います。

ノートPC用は省スペース化され、消費電力や発熱の問題解消のため性能が抑えられたグラフィックボードになっています。

バッテリーは2時間持てば良い方で、性能の制限をかけなければ2時間を切ることもあります。ゲームをプレイするにはパーツの性能を引き出すために消費電力も高くなるため、バッテリーの持ちは悪いです。

CPUやグラボの交換ができないものが一般的で、ノートPCは拡張性が低いと言えます。

将来の拡張性や性能面を考えて、可能な限りデスクトップPCの購入がおすすめです。

あまりにも安いゲーミングPCは選ばない

ゲーミングPCはCPUやグラフィックボードのグレードが高く、最低でも10万円以上します。

「ゲーミングPC」と書かれていても価格が5万円や7万円など、あまりにも安いものは何か訳があります。

  • CPUの世代が古く、動作がもたつく。
  • グラフィックボードが付いていない。
  • パーツが古く、動作が不安定。
  • メモリが少なく、スムーズにゲームができない。
  • ストレージの容量が少なく、ゲームのインストールができない。
  • スリムタイプのPCケースで拡張性が無い。

ある程度古いPCでもゲームを動かすことはできますが、快適にプレイするには一定以上のグレードが必要です。

あまりにも安いPCはゲームの動作条件を満たさないものもあります。絶対に選ばないようにしましょう。

何も考えずにゲーム推奨PCを買わない

何も考えずにゲーム推奨PCを買うのは止めましょう。

ゲーム推奨PCは各ゲームの推奨動作環境を満たし、動作に不具合が無いことが確認されているモデルです。

しかし、古い世代のパーツが搭載されているのに値段が高かったり、逆に必要以上にグレードの高いパーツが搭載されていることがあります。

自分の環境に合っていないゲーミングPCを手にしてしまうリスクがあるため、何も考えずにゲーム推奨PCを購入するのは止めましょう。

必ずゲーミングPCを選ぶときのポイントを確認して、自分にあったPCを選ぶようにしてください。

ゲーミングPCは複数のメーカーで比較する

ゲーミングPCを見る時は、複数のBTOショップで比較をしましょう。2~3社でも問題ありません。

なぜなら、BTOショップによって同じようなパーツ構成でも値段に差がでるからです。

同じパーツ構成でも3万~5万円の差がでることもあるため注意が必要です。

高くても自分の好きなショップから購入したい!というならしかたありませんが、いくつかのショップを比較して検討することで、コストを抑えることができる可能性があります。

必要以上にスペックの高いゲーミングPCを選ばない

例えば、フルHDモニターを使うのにRTX4090のような超ハイエンドのゲーミングPCは必要ありません。

やりたいゲームやモニター環境を考え、適切なゲーミングPCを選ぶようにしてください。

将来的に処理性能が高いグラフィックボードやCPUが必要になったときは、パーツ交換ができます。最初から高いゲーミングPCを買うのではなく、将来の拡張性を考えた選択をしましょう。

モニター解像度別のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCを選ぶとき、モニターの解像度とゲーム中のフレームレートが重要です。

初心者の方でも選べるように、モニターの解像度別に最適なゲーミングPCを紹介します。

フルHD向けゲーミングPC

フルHDに最適なグラフィックボードはRTX 4060 Tiです。

RTX 4060より15%~20%性能が高く、処理の重たいゲームでも快適に遊べます。コストパフォーマンスが高く、カジュアルユーザーから少し本気でゲームをしたいユーザーに最適です。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
14世代CPU!
SSD1TB搭載
FRONTIERのPC
FRGKB760
WS1

参考価格:
175,800円
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:サイドフロー空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:600W 80PLUS BRONZE
送料:2,200円~ 4,400円
公式サイトを見る
2,200円
~ 4,400円(税込)
納期が早い!
ドスパラ!
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46T
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:650W 80PLUS BRONZE
マイクラとXBOX Game Pass付属
参考価格:170,980
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
水冷CPUクーラー
搭載!

NEXTGEARのゲーミングPC
mouse
NEXTGEAR
JG-A7G6T
CPU:AMD Ryzen7 5700X
CPUクーラー:
水冷CPUクーラー240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B550
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:169,800円(送料無料)
>>レビュー記事はこちら
公式サイトを見る
送料無料
STORM 鏡界!
魅せるPC!
Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース
STORM
PG-14KFSTi46
CPU:Core i5-14400F
CPUグリス:ナノダイアモンド
CPUクーラー:
STORM液晶付き水冷240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
(8GBx2)
電源:850W 80PLUS GOLD 
参考価格:212,000
公式サイトを見る
送料2,200円。
RTX4060Ti搭載ゲーミングパソコン

14世代CPU搭載!SSD1TBで容量も余裕!

FRONTIERのPC

FRGKB760/WS11

参考価格:175,800円

Core i5-14400FとDDR4 32GB搭載。SSDが1TB搭載されています。M.2スロットは2つあるので、SSDの容量が足りないと感じたら後から増設も可能。

まずはコストを抑えてゲームを楽しみたい方むけのゲーミングPCです。

\安く買うならこれ!/

納期が早い!速くPCが欲しいならドスパラで!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46T

参考価格:170,980円

ドスパラで人気のゲーミングPC。グラボにRTX4060Tiが搭載されているので、フルHDゲームはサクサクプレイ可能。マイクラやXBOX Game Passが同梱されているので、はじめてのゲーミングPCとしておすすめです。

SSDが500GBなので、たくさんゲームをインストールすると、すぐに容量不足になります。1TBに増設しておくと安心ですね。

ドスパラは最短翌日出荷なので、早く遊びたい人におすすめです。

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:169,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

>>レビュー記事はこちら

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

STORMの鏡界!性能はもちろん、インテリアとしても魅せる!

Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース

STORM PG-14KFSTi46

参考価格:212,000円

Core i5-14400F搭載。B760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、ゲームが快適に動作するために必要なパーツが搭載されています。電源にも余裕があるので、将来のアップグレードにも十分対応可能。

性能はもちろん、見た目にもこだわった満足度が高いゲーミングPCです!

ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中

RTX4060Tiグラボ検索

WQHD向けゲーミングPC

WQHDに最適なグラフィックボードはRTX 4070です。

性能はRTX3080同等ですが、200Wと省電力設計。

DLSS 3に対応したゲームなら4Kでもゲームプレイが可能です。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,980
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
6,600円。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)

無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,800円
公式サイトを見る
送料無料。
鏡界シリーズ!
インテリアPC!

STORM 鏡界
STORM
PG-K14FS47
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:STORM
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

参考価格:278,000円
>>鏡界PCケースのレビュー記事
公式サイトを見る
送料2,200円。

おすすめRTX4070搭載パソコン

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:269,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

境界!270度ガラスで魅せるゲーミングPC!

STORM 鏡界

STORM PG-K14FS47

参考価格:278,000円

>>鏡界の実機レビュー記事はこちら

Core i7-14700Fとメモリ32GBを搭載。PCの中が透けて見える、魅せるゲーミングPCです。

画像表示機能付きCPUクーラーは、解像度が高く綺麗な画像やアニメーションを表示可能。

270度強化ガラスで、綺麗なインテリアPCとして仕上がっています。

中が見えるだけでなく、CPUクーラーやグラフィックボードなどが白で統一されています。綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中!/

4K向けゲーミングPC

4K向けはRTX 4080。価格は高いですが、とても快適にゲームが楽しめます。

高いフレームレートが要求されるFPSシューターゲームも、カクツキやもたつきを感じず快適プレイできます。

グラフィック処理が超重たいCyberPunk2077の最高画質でも平均80fpsを超えることができる、高性能なゲーミングPCです。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
最短翌日発送!
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R48S
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4080 Super
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

参考価格:364,980
公式サイトを見る
別途送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
会員送料無料
PC工房 Level PCケース
LEVEL
R779-147F

VLX
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:トップフロー空冷
グラボ:RTX4080
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 16GB
(8GBx2)
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
※無料のWEB会員登録で送料無料!
参考価格:342,800
公式サイトを見る
WEB会員は送料無料。
14世代CPU!
裏配線PC!

STORM 鏡界
STORM
PGS-K14S48
CPU:Core i7-14700KF
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4080 SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
(16GBx2)
電源:1200W 80PLUS GOLD
(ATX3.0 PCIe5.0対応) 

参考価格:409,800
公式サイトを見る
別途送料2,200円。
RTX4080搭載ゲーミングパソコン

RTX4080 SUPER搭載!幅広くゲームが快適になります。

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA RA7C-R48S

参考価格:364,980円

※RTX4080 SUPER搭載です。

チップセットにB760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe。14世代 Core i7とRTX4080 SUPERを搭載し、フルHDから4Kまで幅広く快適なゲームプレイが可能です。

最短翌日出荷と納期が早いので、急いでPCがほしい方はおすすめです。

※RTX4080搭載PCの販売は終了しました。ここで紹介しているのは、後継機のRTX4080 SUPER搭載機です。

\最短翌日出荷!╱

会員は送料無料!高コスパのゲーミングPC!

PC工房 Level PCケース

LEVEL-R779-147F-VLX

参考価格:342,800円

Core i7-13700F、チップセットにB760、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe、電源1000W 80PLUS PLATINUMを採用。高レベルのパーツが搭載されています。

プロeスポーツチームも採用している安心感の高いゲーミングPCです。

\無料WEB会員で送料無料!/

Corei7-14700KF搭載で圧倒的性能!配信も楽々です!

STORM 鏡界

STORM PGS-K14S48

参考価格:409,800円

※RTX4080 SUPER搭載です。

14世代Core i7-14700KFと水冷240mmCPUクーラーが採用されており、パーツ性能が高い構成になっています。チップセットにB760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、快適なゲーム環境が作れます。

MBに接続されるケーブル類が、全て裏配線になっていて表に見えず、内部まで綺麗に魅せるゲーミングPCになっています。

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中/

ゲーミングPCの最高峰

ゲーミングPCの最高峰はRTX 4090です。

他を圧倒する性能で、ApexやCodを4Kでプレイしても200fpsを超えてしまいます。

どんなゲームも快適にプレイでき、これ以上ない満足感が得られるゲーミングPCに仕上がります。

ゲームだけでなく、AIイラスト作成にも能力を発揮。市販されているGPUの中で最高峰です。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
14世代CPU!
最短翌日発送!

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
ZA7C-R49
CPU:Core i7-14700KF
CPUクーラー:水冷 DEEPCOOL
GAMMAXX L240 V2 240mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:1000W 80PLUS GOLD
参考価格:539,980円
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
Core i9搭載!
PC工房 Level PCケース
LEVEL
R779-LC149KF-XL3X 
CPU:Core i9-14900KF
CPUクーラー:水冷クーラー
360mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
参考価格:544,800円
公式サイトを見る
会員送料無料
14世代
Core i9搭載

STORM 新界
STORM
PZ-KFS49K
CPU:Core i9-14900K
CPUクーラー:
画像表機能付き
簡易水冷 240mm
グラボ:RTX4090
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:1200W 80PLUS GOLD
(ATX3.0 PCIe5.0対応) 

参考価格:598,000
公式サイトを見る
別途送料2,200円。
RTX4090搭載ゲーミングパソコン

マイクラとXBOX Gamepass同梱!最短翌日出荷!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA ZA7C-R49

参考価格:539,980円

チップセットにZ790、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen4。CPUクーラーに水冷式DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2を搭載。

フルHDから4Kまで非常に快適な環境です。14世代 Core i7とRTX4090で他を寄せ付けない圧倒的なベンチマークを実現しています。最短翌日出荷と納期が早です。

24時間電話サポートでトラブルが起きても安心!

PC工房 Level PCケース

LEVEL-R779-LC149KF-XL3X

参考価格:544,800円

Core i9-14900KF、チップセットにZ790、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen4、水冷CPUクーラーは360mmが採用されていて、冷却性能はバッチリ。パーツと価格のバランスが良いPCです。

パソコン工房は24時間電話サポートをしているので、夜間のトラブルやPCに詳しくない人でも安心。

無料会員登録で送料(2,200円)が無料になります。

見た目も性能も高グレード!ハイクオリティPC!

STORM 新界

STORM PZ-KFS49

参考価格:599,800円

CPUは14世代Core i9-14900KF、チップセットにB760、DDR5メモリー32GB、SSD 1TB NVMe。

高グレードパーツで固められたゲーミングPCです。CPUクーラーは画像表機能付き 水冷240mmが採用されており、クールな見た目で冷却効果を高めています。

ゲームだけでなく、画像生成AIやクリエイティブ作業など仕事にも使えるPCです。

ゲーミングPCの選び方まとめ

ゲーミングPCは最低限以下のパーツ以上から選びましょう。

ゲーミングPCの基本パーツ

OS:Windows11
CPU:Intel Core i5
GPU:RTX 3060 Ti
メモリ:16GB(DDR4 or DDR5)
SSD:1TB以上
電源:700W以上

ゲーミングPCを選ぶときは、以下のポイントをおさえましょう。

選ぶときのポイント
  • 目的のゲームが快適に遊べるか
  • モニターの解像度とフレームレートに合ったグラボ
  • メモリに余裕があるか
  • ストレージに余裕があるか
  • 将来の拡張性があるか

>>ゲーミングPCを選ぶときのポイント

ゲーミングPCは高い買い物です。後悔しないためにも以下の注意点は確認してください。

注意点
  • ゲーミングPCは新品で買う。
  • 可能な限りデスクトップを選ぶ。
  • あまりにも安いゲーミングPCを選ばない。
  • 何も考えずにゲーム推奨PCを買ってしまう。
  • 必要以上にスペックの高いゲーミングPCを選ばない。

>>ゲーミングPCを選ぶときの注意点

ゲーミングPCは、3年~5年すると市場のゲームが要求するスペックから外れてくることがあります。

そのたびに買い替えをするのは金銭的にも難しいですが、パーツ交換をすることで寿命を延ばせる特徴を持っています。

長く使えるように、拡張性のあるゲーミングPCを選ぶことが後悔しないポイントです。

ゲーミングPCを検討しているあたなにおすすめの記事

NVIDIA Geforce RTX4000シリーズの説明とベンチマークを、こちら記事で紹介してます。これから主流になるグラフィックボード(GPU)なので、ぜひ参考にしてください。

フルHDモニターを使う方はRTX4060Tiを検討してみるとよいでしょう。多少重たいゲームでもプレイが可能。DLSSにも対応しているので、ゲームが対応していれば高fpsが出せて快適です。

ゲーミングPC専門店。BTOショップの紹介をこちらの記事でまとめました。ショップをお探しの方は参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)