PCの電源容量はどれぐらいがいい?電源を選ぶ目安を解説します

PCの電源容量はどれぐらいがいい?電源を選ぶ目安を解説します
  • PCの電源容量ってどれぐらいがいいの?
  • PC購入時に容量を増やす必要はある?
  • どんな電源が乗っていればいいのか知りたい。

PCを買うとき電源容量を変更することができますが、そもそも変える必要があるかよくわからないですよね。

PCの電源容量は大きなものを載せておけばいいのかと言うと、そうでもありません。電源容量の目安は、システムの最大消費電力の2倍が良いと言われています。

この記事では、電源容量の目安についての説明と容量選びをするときの注意点をまとめました。

>>電源容量に悩まないゲーミングPCを見たい方はこちら(ページ内移動です)

目次

\Intel搭載PCを買うとCod MW2がもらえる!/

Intel Coreシリーズを買ってCod MW2プレゼント

PCショップ STORMの公式サイト

電源容量は最大消費電力の2倍が目安

電源容量はなぜ2倍と言われるの?

主な理由は以下の3つ。

  • 将来パーツのアップグレードをするときの予備。
  • 電源の劣化を加味した容量。
  • 電源の変換効率が良い負荷率が50%で設計されているから。

変換効率が一番良い負荷率が50%と言われる理由に「80PLUS 認証」という規格があります。

80PLUS GOLDのアイコン
80PLUS GOLDのアイコン

電源にこのようなアイコンが付いていますが、見たことがあるのではないでしょうか。

80PLUS 認証は電力変換効率に関する規格のことで、PC用電源ユニットに与えられる認証です。

80 PLUS(エイティー プラス)は、コンピュータ用電源ユニットの電力変換効率に関する規格の1つである。デスクトップ型、およびサーバー型のコンピュータに用いられる複数の電圧出力が求められる電源ユニットにおいて、交流入力から直流出力へ変換する際に、電力変換効率が80%以上の変換効率を備える製品に与えられる認証である。デスクトップ型ではATX電源の性能表示に用いられることが多い。
引用元:Wikipedia

電力変換効率とは

電源ユニットに供給された電力を、PCで使える電力に変換される比率。

80PLUS GOLDで、負荷率50%で使用すると変換効率は90%。850W電源の場合765Wの電力が使えることになります。

負荷率

電源ユニットの容量(W)とPCパーツの総消費電力の比率。

800Wの電源に400Wの負荷をかけると負荷率50%になります。

80PLUS 認証の種類

80PLUS 認証は種類が6段階あります。

下に行けばいくほど変換効率が良くなりますが、電源ユニットの価格も高くなります。

80PLUSの種類アイコン負荷率
20%
負荷率
50%
負荷率
100%
80PLUS STANDARD80PLUS STANDARDのアイコン80%80%80%
80PLUS BRONZE80PLUS BRONZEのアイコン82%85%82%
80PLUS SILVER80PLUS SILVERのアイコン85%88%85%
80PLUS GOLD80PLUS GOLDのアイコン87%90%87%
80PLUS PLATINUM80PLUS PLATINUMのアイコン90%92%89%
80PLUS TITANIUM80PLUS TITANIUMのアイコン92%94%90%
負荷率に対しての変換効率

>>電源容量に悩まないゲーミングPCを見たい方はこちら(ページ内移動です)

PC電源容量の計算例

MSI RTX 3060 Ti
MSI RTX3060Ti VENTUS 2X OC

PCの電源容量を決めるには、全パーツの消費電力を合計する必要があります。インターネット上に電源容量計算シミューレーターがたくさん公開されているので参考にするとよいでしょう。

パーツのことが良くわからないという方は、とりあえずCPUとグラフィックボード(GPU)が何になるかを調べてるだけでも大まかな消費電力を出すことは可能です。

パーツ容量の目安
CPU65W~150W
グラフィックボード200W~500W
マザーボード60W
メモリ12W(2枚刺し)
NVMe SSD25W
ファン(12cm x 3)9W
DVDプレイヤーなど25W
パーツの電源容量目安

上記の表から、Core i5-12400やi7-12700とグラボがRTX3070までの組み合わせの場合、消費電力の合計が約400W。この場合、最適な電源容量は750W~850Wとなります。

RTX3070のざっくり計算例
  • Core i7-12700:65W
  • グラボ RTX3070:220W
  • その他:130W前後

消費電力の合計約400W x 2倍 =800W

750W~850Wの電源を選択する。

※RTX 3070の推奨電源は650Wだが、800Wに近いほど電源効率が良くなる。
※Core i5-12400でも同じ。
※CPUが高負荷になっても問題ない容量。

Core i5-12600K(F)、i7-12700K(F)のようにCPUの消費電力が125Wある場合は850Wを選びます。

グラフィックボードがRTX3080やRTX3090のようにとハイグレードになると、1000W~1200Wの電源を選びます。

RTX3080のざっくり計算例
  • Core i7-12700:65W
  • グラボ RTX3080:320W
  • その他:130W前後

消費電力の合計約500W x 2倍 =1000W

1000Wの電源を選択する。

※RTX 3080の推奨電源は750Wだが、1000Wに近いほど電源効率が良くなる。
※CPUが高負荷になっても問題ない容量。

>>電源容量に悩まないゲーミングPCを見たい方はこちら(ページ内移動です)

推奨電源容量の目安はグラボの仕様が参考になる

PCパーツの細かい消費電力がわからない場合、グラフィックボードのシステム電力要件を参考にするとよいでしょう。

Nvidia公式サイトやメーカーサイトで公開されているグラボの仕様に、システム電力要件が記載されています。

まずはシステム電力要件を下回らないように電源容量を決めることをおすすめします。

グラフィックボードの電力

グラボの仕様には電源の目安が記載されています。ここではNvidiaのGPUが搭載されたグラフィックボードの電源目安を紹介します。

推奨電源容量を目安にPCの電源容量を決めれば、大きな問題が起こることはないでしょう。

グラボ(GPU)消費電力推奨電源容量
RTX 3050130W550W
RTX 3060170W550W
RTX 3060Ti200W600W
RTX 3070220W650W
RTX 3070Ti290W750W
RTX 3080
10 GB GDDR6X
320W750W
RTX 3080
12 GB GDDR6X
350W750W
RTX 3080Ti350W750W
RTX 3090350W750W
RTX 3090Ti450W850W
RTX 4080320W750W
RTX 4090450W850W
グラボ別 システム電力要件

推奨電源容量より少ない電源でも、システム全体の消費電力が電源容量に入っていればPCを動かすことは可能です。ただし、ギリギリの電源容量では、負荷がかかった時に動作が不安定になる可能性があります。

グラボ別 推奨原電はNvidia公式サイトを参考に作成しています。

>>電源容量に悩まないゲーミングPCを見たい方はこちら(ページ内移動です)

(参考)CPUの電力

CPUの電力はベースパワー(定格)と最大ターボパワーがあります。

高負荷のときは消費電力が上がるので、PCの電源は余裕を持ちましょう。

CPUベースパワーターボパワー
Core i5-1240065W117W
Core i5-12400F65W117W
Core i5-1260065W117W
Core i5-12600K125W150W
Core i7-1270065W180W
Core i7-12700F65W180W
Core i7-12700K125W190W
Core i9-12900125W202W
Core i9-12900F65W202W
Core i9-12900K125W241W
以下13世代
Core i5-13600K125W181W
Core i7-13700K125W253W
Core i9-13900K125W253W
CPUの電力

CPUの消費電力はIntel公式サイトを参考にしています。

電源容量が消費電力の2倍無くても動く

パーツ増設時の消費電力増加や変換効率の良さから、PCの電源容量は消費電力の2倍が理想ということがわかりました。

では、電源容量が2倍を切ったら動かないの?と言われるとそうではありません。

変換効率を重視した場合、電源容量は2倍が最適となるだけです。

電源容量が1.2倍や1.5倍でもパソコンは稼働できます。

ギリギリの電源は危険

気を付けたいのは、消費電力ギリギリの電源で運用すること

あまりにもギリギリの容量だと、負荷が高まったときや電源の劣化などで電力不足をまねきます。

特に3Dレンダリングや動画編集、物理シミュレーションや画質の高いゲームをプレイするときは負荷があがるので注意が必要です。

また、電源容量不足によりパーツのアップグレードや増設ができない可能性もあるので気を付けてください。

電力不足になると動作が不安定になったり、パソコンが立ち上がらないということも起きるので気を付けましょう。

>>電源容量に悩まないゲーミングPCを見たい方はこちら(ページ内移動です)

パソコン電源の寿命

パソコンの電源寿命は2年~5年と言われています。

電源の劣化が進むとさまざまな症状が出てきます。

  • パソコンの起動中に電源がおちる
  • パソコンがフリーズする
  • パソコンが起動しない
  • シャットダウンをしようとしても動かない
  • 電源ユニットから変な音が聞こえる
  • 光学ドライブや外付け機器を使用するとフリーズする

必ず2年に1回交換する必要はないですが、パソコンの動きがおかしいときは電源の劣化が原因かもしれません。

パーツのアップグレードをするなら電源容量に余裕をもって

PG-WG12の電源
CWT 850W GOLD PLUS電源

将来、PCパーツのアップグレードや増設をする可能性があるなら、電源容量に余裕をもつ方が安全です。

例えば、RTX3060からRTX3080にする可能性があるなら最初から850Wの電源を載せておくとよいでしょう。

850Wの電源があれば、RTX3090でも推奨動作範囲に入っています。パーツの追加にも対応できるので安心ですね。

新たにパソコンを購入するときは、最初から電源容量が確保されたPCを選ぶことをおすすめします。

電源容量に悩みたくない人におすすめのPCショップ

STORMのトップページ
出典:STORM

私はのゲーミングPCを使っていますが、STORMを選んだ理由の一つとして電源容量がしっかり確保されていること。どのゲーミングPCも容量不足の心配がない電源が搭載されています。

STORMさんに直接確認をしたところ、標準で以下の電源が搭載されているとのこと。将来のパーツグレードアップや増設にも対応できるように、あらかじめ余裕のある電源を搭載されているそうです。

  • RTX 3050~RTX 3070ti:850W(80PLUS GOLD)
  • RTX 3080:1200W (80PLUS Platinum)

STORMのゲーミングPCなら電源容量で悩むことがありません。

後からグラフィックボードのグレードアップやパーツ増設にも対応できる電源容量なので安心です。

STORMのPCです。画像やボタンをクリックすると、公式サイトへジャンプします。

スクロールできます
商品価格パーツ構成
STORM METALLICGEAR

GPU:RX3080
PG-PD12を見る
289,800円CPU:Core i7-12700
GPU:GeForce RTX 3080 10GB 
グリス:Arctic Silver 5(シルバーグリス)
MB:MSI PRO Z690-A WIFI DDR5
メモリ:16GB DDR5 SDRAM
SSD:1TB NVMe SSD Gen4
電源:1200W (80PLUS Platinum)
ケース:MetallicGear NE520A
※メモリスロットは4つ。
STORM METALLICGEAR

GPU:RX3070Ti
PG-PF12Tを見る
269,800円CPU:Core i7-12700
GPU:GeForce RTX 3070Ti 8GB 
グリス:Arctic Silver 5(シルバーグリス)
MB:MSI PRO Z690-A WIFI DDR5
メモリ:16GB DDR5 SDRAM
SSD:1TB NVMe SSD Gen4
電源:850W (80PLUS GOLD)
ケース:MetallicGear NE520A
※メモリスロットは4つ。
STORMのゲーミングPC

GPU:RX3070
PG-PP12を見る
198,000円CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3070 8GB
グリス:Arctic Silver 5(シルバーグリス)
MB:MSI B660 Micro-ATX DDR4
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
SSD:500GB NVMe SSD Gen3
電源:850W (80PLUS GOLD)
ケース:MetallicGear NE520A
※メモリスロットは4つ。
STORM METALLICGEAR

GPU:RX3060Ti
PG-PQ12Tを見る
172,900円CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3060Ti 8GB
グリス:Arctic Silver 5(シルバーグリス)
MB:MSI B660 Micro-ATX DDR4
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
SSD:500GB NVMe SSD
電源:850W (80PLUS GOLD)
ケース:MetallicGear NE520A
※メモリスロットは4つ。
STORM METALLICGEAR

GPU:RX3060
PG-PH12を見る
158,800円CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3060 8GB
グリス:Arctic Silver 5(シルバーグリス)
MB:MSI B660 Micro-ATX DDR4
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
SSD:500GB NVMe SSD
電源:850W (80PLUS GOLD)
ケース:MetallicGear NE520A
※メモリスロットは4つ。
各製品の比較

STORMのことを詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ。

STORMのPG-PQ12T(Core i5-12400、RTX 3060Ti)の実機レビューはこちらの記事で紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次