RTX 3080とRTX 4080はどっちがいい?性能比較とベンチマークの紹介

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 3080とRTX 4080はどっちがいい?性能比較とベンチマーク

RTX 3080とRTX 4080はどっちがいいのかな?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

結論を先に言っておきます。

ナオ

RTX 3080とRTX 4080は価格も性能も全く別物です!

今回、NVIDIAのハイクラスGPU、RTX 3080とRTX 4080を比較し、それぞれの特性や性能をまとめました。

どちらを選ぶべきか、具体的なデータをもとに一緒に考えてみましょう。

この記事を通してRTX 3080とRTX 4080の違いを理解し、どちらを選ぶか考える手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ
目次(見たいところからチェック!)

ゲーム性能:RTX3080とRTX4080どっちが優れている?

RTX 3080よりRTX 4080の方が35%~45%高いグラフィック性能を持っています。

ゲームによってバラつきはありますが、RTX 4080の方が平均20fps~30fpsほど早くなりました。(後ほどベンチマーク結果を紹介)

特にWQHD~4K解像度になると差が大きく開き、40fps~50fpsもの差がでてきます。

CUDAコア数、ベースクロック、メモリスピードなど、RTX 4080の方が基本性能が高く、処理速度が全体的に早いと言えます。

RTX 3080が10万円前後に対し、RTX 4080は平均16万円前後と価格に大きな差があります。

ただし、RTX 3080の販売が各ショップで終了してきています。これからグラボやゲーミングPCを探す場合、中古品も視野に入れる必要があります。

ナオ

RTX 4080はすべてにおいてRTX 3080よりベンチマークが高いです。その代わり、値段も1.5倍近く差があります。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

RTX 3080とRTX 4080はどっちを選べばいい?

  • 処理の軽いゲームを快適に遊ぶならRTX3080。
  • WQHD~4Kで本気のゲームをしたいならRTX 4080
奥がRTX4080、手前がRTX3080

処理の軽いゲームを快適に遊ぶならRTX3080

RTX3080のパッケージ

RTX 3080のメインターゲットはWQHD~4Kです。

WQHDならほとんどのゲームが快適にプレイ可能。4Kも快適にプレイはできますが、グラフィック設定を高くすると144fps以上張り付きを狙うのは辛くなってきます。

4Kでグラフィックを低設定にする、もしくは60fpsあればOKなゲームならRTX3080で快適にプレイできます。

>>RTX3080搭載のゲーミングPCを見に行く

WQHD~4KでガチプレイをしたいならRTX 4080

RTX4080のパッケージ

RTX 4080のメインターゲットは4K。

消費電力がRTX 3080と同じ320Wです。

ApexやFF14など、グラフィック処理の軽いゲームなら4Kでも余裕で144fps以上出せます。

Codやサイバーパンクなど処理の重たいゲームでも4Kで快適にプレイできるほどパワーがあるグラボです。

WQHD~4Kで144fps以上。ガチプレイをしたいならRTX 4080です。

>>RTX4080搭載のゲーミングPCを見に行く

ゲーム別ベンチマーク

専用ベンチソフトが無いゲームの計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

fps計測をしたPC環境はこちら。

CPUCore i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB x2)
チップセットZ690
電源1000W

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

Apexは処理の軽いゲームで、グラフィック設定を低くすれば多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

スクロールできます
Apex RTX3080とRTX4080のベンチマーク
Apex RTX3080とRTX4080のベンチマーク
Apex RTX3080とRTX4080のベンチマーク
Apexのfps平均値RTX3080RTX4080
フルHD(低)298298
フルHD(高)211283
WQHD(低)263291
WQHD(高)213278
4K(低)158267
4K(高)127171
fpsの値は平均値です

WQHDまでならRTX 3080で平均200fps以上出せています。

4Kになると差が開き、RTX4080の方が高いfpsでプレイできました。

  • フルHD~WQHDでプレイするなら、RTX 3080でOK。
  • 4Kでプレイするなら、RTX 4080推奨。
ナオ

4Kで240fps以上とは、RTX 4080恐るべしですね・・・

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スクロールできます
FF14 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
FF14 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
FF14 RTX3080とRTX4080のベンチマーク

スコア15000以上で「非常に快適」判定

FF14ベンチマークRTX3080RTX4080
フルHD(標準)35871
非常に快適
34780
非常に快適
フルHD(高画質)29924
非常に快適
31812
非常に快適
WQHD(標準)33150
非常に快適
34340
非常に快適
WQHD(高画質)25294
非常に快適
27894
非常に快適
4K(標準)24597
非常に快適
27165
非常に快適
4K(高画質)16184
非常に快適
20754
非常に快適

RTX 3080とRTX 4080はどちらも4Kまで非常に快適判定になります。どの解像度でも高画質でプレイしましょう!

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

グラフィック設定や解像度が上がるほどRTX 4080の方が高いfpsを出します。

スクロールできます
CyberPunk2077 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
CyberPunk2077 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
CyberPunk2077 RTX3080とRTX4080のベンチマーク

RTX4080は、4Kで平均60fps以上出ています。グラフィックの重たいCyberPunk2077でも余裕でプレイ可能なところはすごいですね。

RTX4080で対応しているDLSSフレームジェネレーションを使うと、もっと高いfpsを出すことができます。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2のfps計測は、実際にドミネーションをプレイして計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

スクロールできます
Cod MW2 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
Cod MW2 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
Cod MW2 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
CodMW2 平均fps結果RTX3080RTX4080
フルHD(最低)181212
フルHD(極限)152181
WQHD(最低)175204
WQHD(極限)134185
4K(最低)108178
4K(極限)86122
fpsの値は平均値です

WQHD(最低)までならRTX3080でOKですが、WQHD(極限)以上になるとRTX4080の方がよさそうです。

一瞬で勝負が付いてしまうCodなので、フレームレートの差によるハンデを背負いたくないですね。

ナオ

WQHD以上でガチプレイするならRTX 4080を推奨します。

  • WQHD(最低)でプレイするなら、RTX 3080でOK。
  • WQHD以上でガチプレイするなら、RTX 4080推奨。
  • fpsを優先するならシャープネスが弱くなりますが、DLSSオンも視野に入れる。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Cod MW2の内容はこちらの記事でくわしく紹介しています。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDなら非常に快適の判定が出やすくなりました。

スクロールできます
FF15 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
FF15 RTX3080とRTX4080のベンチマーク
FF14 RTX3080とRTX4080のベンチマーク

スコアが12000以上で非常に快適の判定

FF15ベンチマークRTX3080RTX4080
フルHD(標準)21832
非常に快適
23234
非常に快適
フルHD(高画質)16902
非常に快適
20227
非常に快適
WQHD(標準)16678
非常に快適
22266
非常に快適
WQHD(高画質)13021
非常に快適
18885
非常に快適
4K(標準)9154
とても快適
13656
非常に快適
4K(高画質)7585
快適
11537
とても快適

WQHDまではどちらも非常に快適判定。4KはRTX 4080があると高画質で快適に楽しめます。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク結果まとめ

ゲームによってバラつきはあるものの、基本的には以下を基準に考えれば快適な環境が作れます。

フルHDWQHD
(低設定)
WQHD
(高設定)
4K
RTX3080超快適超快適快適快適
RTX4080超快適超快適超快適超快適

RTX 3080はWQHDまでなら超快適、4Kはそこそこ快適に遊べます。

RTX 4080は、4Kでグラフィック設定を高くしても高いfpsが出せます。4K高リフレッシュレートモニターの性能を引き出せるGPUです。

ナオ

RTX4080はガチプレイに最適のGPUですね!

一瞬で勝負が決まるFPSゲームのようなゲームを高解像度でプレイするなら、RTX 4080が有利です。ライバルとのフレームレートによる差を無くし、勝てる環境作りができます。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

3DMarkの結果:RTX3080 対 RTX4080

3DMarkのロゴ

3DMarkのベンチマークを紹介します。

ナオ

圧倒的にRTX 4080の性能が高いことがわかりますよ!

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

SpeedWayの結果

RTX 4080の方が58%も性能が高い結果となりました。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royal の結果

Speed Wayと同じく、RTX 4080の方が59%性能が高い結果でした。

全体的にRTX4000シリーズのスコアが高いことから、レイトレーシングコアの進化が見られます。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度が4K(3840×2160)です。

Time Spyの結果

Time Spyも同じくRTX 4080の性能が上回り、約48%性能が高い結果になっています。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strikeの結果

Fire StrikeではRTX 4080が41%性能を上回ります。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS2のテスト。面解像度をフルHDに設定して計測をしました。

DLSS 2のテスト結果

RTX 4000シリーズで使えるDLSS3のテスト結果はこちら。DLSS3は4K解像度でテストをします。

DLSS 3のテスト結果

AIによるフレーム生成で、フレームレートが飛躍的に伸びます。

今後、対応したゲームも増えてくるので、効果は期待できますね。

3DMarkの結果からわかること

3DMarkの結果では、RTX 3080よりRTX 4080の方がグラフィック性能は45%高い結果となりました。

解像度が4Kに近づくにつれRTX3080とRTX 4080の差が開きます。RTX4080はRTX3080の後継機ではなく、上位互換のGPUであると言って間違いはありません。

ナオ

同じ消費電力(320W)でここまで差が出るのは驚きです!

仕様の比較

RTX 4080はRTX 3080に比べ、メモリバス幅以外すべての性能がアップしています。

RTX 4080はクロック数やVRAMの容量なども強化されており、ベンチマークでもわかるように全体的に性能が高くなっています。

RTX 3080RTX 4080
CUDAコア数87049728
ベースクロック1440 MHz2205 MHz
ブーストクロック1710 MHz2565 MHz
VRAM10GB GDDR6X16GB GDDR6X
メモリスピード19 Gbps22.4Gbps
メモリバス幅320-bit256-bit
メモリ帯域幅 (GB/秒)760716
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
NVIDIA DLSSDLSS2DLSS3
最大消費電力 (W)320W320W
システム電源容量 (W)750W750W
補助電源コネクタ8-pin X28-pin X3
または450W以上の
PCIe Gen5
サイズ294 x 112 x 60 mm334 x 148 x 62mm
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
2022年12月相場10万円前後17万円前後
AmazonRTX3080RTX4080
TSUKUMO販売終了RTX4080

通常、メモリバス幅が狭くなることで、解像度が高くなるとフレームレートが出しにくくなる傾向が強くなります。

RTX 4080は全体の性能が高いため、4Kでもフレームレートが出しにくいとは感じません。

同じ消費電力で全てRTX4080の方が高い性能を出す結果は圧巻です。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

RTX3080とRTX4080の発売日と平均価格

RTX 3080RTX 4080
発売日2020年9月17日2022年11月16日
価格
※2023年9月時点
10万円前後17万円前後
ショップAmazonツクモAmazon

RTX 3080は2020年9月。RTX 4080は2022年11月に発売されました。

RTX3080は10万円前後で、RTX 4080が17万円前後です。(2023年9月現在)

4KでのプレイヤFPSゲームでより高いfps(フレームレート)を出すならRTX 4080と考えましょう。

新規でグラボやゲーミングPCを購入するなら、将来性のあるRTX 4000シリーズの検討を推奨します。

>>ゲーミングPC紹介とグラボ検索へジャンプ

電源要件と物理的なサイズ

上がRTX4080、下がRTX3080

この記事で紹介したベンチマークは以下の2機種で計測しています。

それぞれの電源の要件と本体サイズをまとめました。

製品消費電力システム電源容量本体サイズ
Palit GeForce RTX 3080
GamingPro
320W750W約294 x 112 x 60 mm
Palit GeForce RTX 4080
GamingPro
320W750W約328.9 x 132.9 x 63.4 mm
ナオ

どちらも大きいので、PCケースのグラボ対応サイズは確認してくださいね!

ゲーミングPCとグラボ検索

RTX 3080とRTX 4080搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 3080 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX3080搭載ゲーミングPCについて

BTO各社でRTX3080搭載ゲーミングPCの販売が終了してきています。

同等の性能で消費電力が少ないRTX4070の検討をしてみてください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ドスパラ ゲーミングパソコン
※ドスパラ販売終了
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3080
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 16GB(8GBx2)
電源:750W
(80PLUS GOLD)
269,980円別途送料3,300円必要。
離島は6,600円。
STORMのゲーミングPC
※STORM販売終了
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS GOLD)
289,800円別途送料2,200円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ

※グラボをカスタマイズ
283,000円別途送料2,200円~4,400円必要。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン
グラボを探したい方はこちらから

RTX 4080 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
最短翌日発送!
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R48S

参考価格:
385,980
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4080 Super
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

公式サイトを見る
別途送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
会員送料無料
PC工房 Level PCケース
LEVEL
R776-147F

VLX

参考価格:
369,800
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:トップフロー空冷
グラボ:RTX4080
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 16GB
(8GBx2)
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
※無料のWEB会員登録で送料無料!\
公式サイトを見る
WEB会員は送料無料。
美しいPC!
鏡界2!

STORM 鏡界2
STORM
K2-147KF48S

参考価格:
409,800
CPU:Core i7-14700KF
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4080 SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)
電源:1200W 80PLUS GOLD
(ATX3.0 PCIe5.0対応) 

公式サイトを見る
別途送料2,200円。
RTX4080搭載ゲーミングパソコン

RTX4080 SUPER搭載!幅広くゲームが快適になります。

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA RA7C-R48S

参考価格:385,980円

※RTX4080 SUPER搭載です。

チップセットにB760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe。14世代 Core i7とRTX4080 SUPERを搭載し、フルHDから4Kまで幅広く快適なゲームプレイが可能です。

最短翌日出荷と納期が早いので、急いでPCがほしい方はおすすめです。

※RTX4080搭載PCの販売は終了しました。ここで紹介しているのは、後継機のRTX4080 SUPER搭載機です。

\最短翌日出荷!╱

会員は送料無料!高コスパのゲーミングPC!

PC工房 Level PCケース

LEVEL-R776-147F-VTX 

参考価格:369,800円

Core i7-13700F、チップセットにB760、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe、電源1000W 80PLUS PLATINUMを採用。高レベルのパーツが搭載されています。

プロeスポーツチームも採用している安心感の高いゲーミングPCです。

\無料WEB会員で送料無料!/

鏡界2登場!Corei7-14700KF搭載で圧倒的性能!

STORM 鏡界

STORM K2-147KF48S

参考価格:409,800円

※RTX4080 SUPER搭載です。

14世代Core i7-14700KFと水冷240mmCPUクーラーが採用されており、パーツ性能が高い構成になっています。チップセットにB760、DDR5メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、快適なゲーム環境が作れます。

MBに接続されるケーブル類が、全て裏配線になっていて表に見えず、内部まで綺麗に魅せるゲーミングPCになっています。

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中/

RTX 4080の詳細なレビューを、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

まとめ:RTX3080とRTX4080はどっちを選ぶ?

RTX 3080よりRTX 4080の方が35%~45%高いグラフィック性能を持っています。

  • 処理の軽いゲームを快適に遊ぶならRTX3080。
  • WQHD~4Kで本気のゲームをしたいならRTX 4080

RTX 3080はWQHD~4KがターゲットのGPUです。また、フルHDで使えばとても高いfps(フレームレート)を出すことができます。WQHDのグラフィック中設定までは超快適。4Kでは100fpsを狙える快適な環境が作れます。

RTX 4080はWQHD~4Kがターゲット。WQHDでガチプレイ、4Kゲーミングを超快適にプレイするならRTX 4080をおすすめしたいです。フルHDでは性能を持てあますので、RTX 4070など下位モデルを検討するとよいでしょう。

FPSゲームなどで高いfpsを求めるならRTX 4080を推奨します。勝つためのガチプレイをするなら、PC環境で負ける要素を無くしておきましょう。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へ戻る


BTOショップでRTX3080の販売が終了してきました。

同等の性能で消費電力が少ないRTX 4070が後継機として最適です。

RTX4070とRTX3080を比較した記事も準備しているので参考にしてください。RTX4070がRTX3080に近い性能を持っていることがわかります。

RTX 4000シリーズの性能と選び方をまとめた記事はこちら。今後、主流になるGPUを見たい方は参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメント一覧 (2件)

    • コメントありがとうございます。
      RTX3080の12GB版もあった方がいいですよね。
      いま手元にないので、手に入れる機会があれば検討します。
      よろしくお願いいたします。

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)