\ 最大10%ポイントアップ! /

RTX 3070 TiとRTX 4070どっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 3070 TiとRTX 4070どっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

グラフィックボード(略して「グラボ」)を選ぶとき、「自分に合うのはどっちかな?」、「グレードの高いパーツはどれぐらい優れているのかな?」といったことを考えませんか?

特にRTX3000シリーズとRTX4000シリーズは、どっちを選んだらいいか迷いますよね。RTX4000シリーズは販売直後から良い評価を聞かないことが多く不安に感じる方もいるでしょう。

そこで、この記事ではRTX 3070 TiとRTX 4070の特徴や性能の違いを明確にし、どちらを選ぶべきかがわかるようにまとめました。

この記事を通して、RTX 3070 TiとRTX 4070 Tiの違いを理解し、どちらを選ぶか考える手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらから

RTX 3070 TiやRTX 4070はGPU(Graphics Processing Unit)です。記事内では説明が混同するため、あえてグラボと表現しています。

目次(見たいところからチェック!)

ゲーム性能:RTX 3070 TiとRTX 4070どっちが優れている?

RTX3070TiとRTX4070
奥がRTX3070Ti、手前がRTX4070

RTX 3070 TiよりRTX 4070の方が15%~20%高いゲーム性能を持っています。

2つのグラボは基本的にWQHDがターゲット。

ゲームによってバラつきはありますが、WQHD~4K解像度でRTX 4070の方が10fps~20fpsほど早くなりました。※fps:フレームレート

CUDAコア数、ベースクロック、メモリスピードなど、RTX 4070の方が基本性能が高く、処理速度が全体的に早いと言えます。

FPSシューター系をWQHDでプレイする人高リフレッシュレートのモニターを使うなら、高いフレームレートを出せるRTX 4070を選択することで良い結果を出すことができます。

ただし、フルHDモニターを使うならRTX4070で十分な性能が出せ、コスパが高くなります。

モニター解像度別でコスパがいいのはこんな感じ。

低・高はゲーム中のグラフィック設定です。

解像度別
コスパ
フルHDWQHD
WQHD
4K
4K
RTX 3070 Ti
RTX 4070

>>ゲーミングPC紹介とグラボ検索へジャンプ

RTX 3070 TiとRTX 4070どっちを選ぶべき?

  • RTX 3070 Ti:コストを抑えて100fps以上出せればOKな人向け。
  • RTX 4070新規購入なら断然こっち。フルHD~WQHDでガチプレイしたい人向け。

コストを抑えて100fpsプレイならRTX 3070 Ti

RTX3070Tiのパッケージ

RTX 3070 TiはフルHD~WQHDがメインターゲット。ほとんどのゲームがそこそこ快適にプレイできるグラボです。

WQHD以上でグラフィック設定を高くすると、ゲームによっては100fpsを切ることが増えます。

DLSS 2が使え、ゲーム側のアップスケーリングが対応していればfpsが伸ばせますが、少し画質がボヤッとする感じがあるので注意が必要。

RTX 3070 Tiはコストを抑えながら、そこそこfpsが出ていればいいという人向けのグラボです。

RTX 3070 Ti搭載のゲーミングPCは、ほとんどのBTOメーカーで終了しました。基本的にグラボ単体で探し、自分でPCのグラボを差し替える必要があります。

RTX3070Tiのグラボを探せるお店

フルHD~WQHDでガチプレイならRTX 4070

MSI VENTUS 2x RTX4070

新規で購入するなら、RTX 4070を選ぶ方がメリットが大きいです。

ApexやFF14など、グラフィック処理の軽いゲームならWQHDで144fps以上出すことが可能。

DLSS 3にも対応しているため、アップスケーリングはもちろん、フレームジェネレーションによってfpsを大幅に伸ばすことが可能です。※ゲーム側が対応している必要があります。

また、消費電力が200WとRTX 3070 Tiの290Wより省電力で電気代にも優しいのが特徴。

RTX 4070はRTX 3080に近い性能を持っており、RTX 3070 Tiより全ての性能が高い。新しく購入するならRTX 4070を選ぶことをおすすめします。

スクロールできます
代表的なゲーミングPC
ドスパラ
ランキングNo3!

GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RA7C-R47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe R500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:244,979
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
6,600円。

>>RTX4070搭載のゲーミングPC紹介までジャンプ

RTX 3070 TiとRTX 4070の仕様比較

RTX3070TiとRTX4070の比較

ここでは2つのグラボ仕様を比較し、どのような違いがあるか説明します。

結論から言うと、RTX 4070の方が性能が高いです。

RTX 3070 TiRTX 4070
CUDAコア数61445888
ブーストクロック1770 MHz2480 MHz
ベースクロック1580 MHz1920 MHz
VRAM(メモリ)8GB GDDR6X12GB GDDR6X
メモリスピード19 Gbps21Gbps
メモリバス幅256-bit192-bit
メモリ帯域幅 608 GB/s 504 GB/s
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 2DLSS 3
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
最大消費電力290W200W
システム電源容量750W650W
補助電源コネクタPCIe x 212VHPWR
または
PCIe x1
発売日2021年6月10日2023年6月29日
ツクモRTX3070TiRTX4070
AmazonRTX3070TiRTX4070

消費電力はRTX 4070の方が低い

RTX 4070はRTX 3070 Tiに比べ消費電力が約3分の2に下がりました。

  • RTX 3070 Tiの290W。
  • RTX 4070は200W。

システム電源容量の推奨もRTX 3070 Tiの750Wに対し、RTX 4070は650Wで一回り小さい容量。

自作PCユーザーは、少し安い電源で運用できる優しい仕様になっています。

RTX 4070の方がメモリが多い

RTX 3080 Tiが8GBに対し、RTX 4070はVRAM(メモリ)が12GBに増加されたことで、WQHD解像度への強化がされています。

ただ、メモリバス幅が192-bitとRTX 3070 Tiの256-bitより低下していることから、4K解像度で処理速度の低下が懸念されました。

しかし、クロック速度とL2キャッシュの増強で、結局4KでもRTX 4070の方が性能が高い結果になっています。

DLSSの対応

RTX 4000シリーズからDLSS3に対応しており、AIを使ったフレーム生成で画質を保ちつつフレームレートを上げることに成功。

消費電力も大幅に削減され、電気代にもやさしい設計になっています。

また、DLSS 3が使えると、フレームジェネレーションという機能が搭載されたゲームで劇的にfpsを伸ばすことが可能になります。

DLSS 3はRTX 3070 Tiでは使えないため、今後発売されるゲームではRTX 4070の方が有利になることが多くなることは確実です。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

RTX 3070 TiとRTX 4070の価格分析

最安値で比較すると、RTX 3070 Tiが6万円。RTX 4070が8.5万円前後です。

RTX 3070 TiRTX 4070
発売日2021年6月10日2023年6月29日
価格
※2023年12月
6万円前後8.5万円前後
ツクモRTX3070TiRTX4070
AmazonRTX3070TiRTX4070

2.5万円もの差がありますが、そもそもRTX 4070はRTX 3080同等の性能で、RTX 3080の最安値が9万円前後のことを考えると妥当な価格と言えます。

RTX 3070 Tiの在庫は少なくなってきており、BTOメーカーでも販売は少なくなってきました。

もし、RTX 3070 TiとRTX 4070の2つで迷うなら、価格は高いですがRTX 4070をおすすめします。

>>ゲーミングPC紹介とグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク

この記事で紹介するベンチマークの検証環境はこちら。

CPUIntel Core i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB × 2)
電源1000W

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

スクロールできます
Apexのベンチマーク
Apexのベンチマーク
Apexのベンチマーク
Apexのfps平均値RTX 3070 TiRTX 4070
フルHD(低)280298
フルHD(高)208256
WQHD(低)237279
WQHD(高)175217
4K(低)146178
4K(高)108128
fpsの値は平均値です

全体で見るとRTX 4070の方が約17%性能が高い結果でした。

FHDの段階からRTX 4070の方がベンチマークは高いです。

144fps、240fps張り付きを目指すならRTX 4070の方が安定します。

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スコア15000以上で「非常に快適」判定

スクロールできます
FF14のベンチマーク
FF14のベンチマーク
FF14のベンチマーク
FF15の結果RTX 3070 TiRTX 4070
フルHD(標準)34359
非常に快適
34421
非常に快適
フルHD(高画質)29175
非常に快適
30162
非常に快適
WQHD(標準)32486
非常に快適
32744
非常に快適
WQHD(高画質)24241
非常に快適
25142
非常に快適
4K(標準)24122
非常に快適
22829
非常に快適
4K(高画質)14920
とても快適
14689
とても快適

FF14はRTX 3070 Tiの方が0.4%ベンチマーク結果が良い結果でした。ほぼ誤差ですね。

4K最高画質以外はスコアが15000を超えているため、どの解像度でも快適にプレイできることには違いありません。

どちらも4K最高画質になると、ギリギリで「快適」判定に落ち着きます。それでも十分快適にプレイは可能ですけどね。

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

どの解像度でも、レイトレーシングが入るとRTX 4070の方が高いfpsになります。

スクロールできます
CyberPunk 2077のベンチマーク
CyberPunk 2077のベンチマーク
CyberPunk 2077のベンチマーク

全体で見るとRTX 4070の方が約8%性能が高くなりました。

WQHDになると、10fps前後の差が開くので、ゲームプレイの快適さにも影響が出てくるところ。4Kプレイはどちらも厳しく、高設定までが限界でした。

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しているので、RTX 4070ならフレームジェネレーションが使えます。

レイトレーシング・ウルトラ+FG
RTX4070
OFF
RTX4070
ON
フルHD98fps150fps
WQHD79fps116fps
4K52fps71fps
FG:フレームジェネレーション

RTX 4070でグラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」、DLSS フレームジェネレーションを使うと1.4倍程度のfpsを上げられ、より快適にプレイできました。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリード ミラージュ
出典:アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリードシリーズはビジュアルが綺麗ですが、処理が重たいゲームです。

基本的に60fps出ていれば快適にプレイできます。

スクロールできます
アサシンクリード ミラージュのベンチマーク
アサシンクリード ミラージュのベンチマーク
アサシンクリード ミラージュのベンチマーク
平均fps結果RTX 3070 TiRTX 4070
フルHD(中)148181
フルHD(最高)114141
WQHD(中)114136
WQHD(最高)89108
4K(中)7079
4K(最高)6265
fpsの値は平均値です

全体で見るとRTX 4070の方が約18%性能が高くなりました。

FHD~4Kまで、全てにおいてRTX 4070のfpsが上回ります。

144Hzモニターを使うなら、RTX 4070の方が性能を活かしやすいことがわかります。

Call of Duty MW3

COD MW3
出典:Call of Duty MW3

Cod MW3は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

fpsはCod MW3のベンチマークで計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

スクロールできます
Cod MW3のベンチマーク
Cod MW3のベンチマーク
Cod MW3のベンチマーク
平均fps結果RTX 3070 TiRTX 4070
フルHD(最低)164208
フルHD(極限)132174
WQHD(最低)158188
WQHD(極限)115128
4K(最低)102114
4K(極限)5479
fpsの値は平均値です

全体で見るとRTX 4070の方が約23%性能が高くなりました。

フルHD(最低)ではどちらも平均144fps以上出せます。

WQHD以上になるとRTX 4070の方が高いfpsを出すことができます。RTX 3070 Tiは息切れしてくる感じです。

どちらも4Kプレイでは、画面のカクツキも目立ってくるため適していません。

モニター性能を活かすならWQHDまでがよいでしょう。もしグラフィック設定やモニター解像度を上げたいなら、DLSSをオンにすることも視野に入れる必要があります。

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDで遊ぶなら快適に遊べます。

スコアが12000以上で非常に快適の判定

スクロールできます
FF15のベンチマーク
FF15のベンチマーク
FF15のベンチマーク
FF15の結果RTX 3070 TiRTX 4070
フルHD(標準)20568
非常に快適
22722
非常に快適
フルHD(高画質)15238
非常に快適
17277
非常に快適
WQHD(標準)14728
非常に快適
16579
非常に快適
WQHD(高画質)11320
とても快適
13055
非常に快適
4K(標準)7943
快適
8544
快適
4K(高画質)6766
快適
7318
快適

全体で見るとRTX 4070の方が約12%性能が高くなりました。

4Kでもプレイは可能ですが、魔法や召喚獣を出したとき、少しカクツキを感じます。

FF15をプレイするならWQHD高画質までがメインターゲットです。

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

3DMarkの結果:RTX 3070 Ti 対 RTX 4070

3DMarkのベンチマークでは、ゲームに影響があるDirectX 11、DirectX 12、リアルタイムレイトレーシングの比較をします。

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

Speed Wayの結果

RTX 4070はRTX 3070 Tiより約18%性能が高い結果でした。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royalの結果

Speed Wayと同じくRTX 4070の方がスコアは高く、その差は約25%性能が高くなります。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度を4K(3840×2160)でテストでされます。

Time Spyの結果

Time Spyも同じくRTX 4070の性能が高い結果。その差は約25%と結構な差が開きます。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strikeの結果

Fire Strikeも傾向は同じでRTX 4070の方が性能は上。差は約20%になりました。

3DMarkの結果からわかること

グラフィック性能はRTX 3070 TiよりRTX 4070の方が約20%高いことがわかります。

全てのゲームで20%の差があるとは限りませんが、ほとんどのゲームでRTX 4070の方が高いベンチマーク結果になっていることから、性能はRTX 4070の方が高いことが証明されます。

ゲーミングPCとグラボ検索

RTX 3070 Ti搭載のゲーミングPCは、ほとんどのBTOメーカーで終了しました。基本的にグラボ単体で探し、自分でPCのグラボを差し替える必要があります。

ゲーミングPCを探す場合は、RTX 4070搭載のPCを検討してください。

RTX 3070 Tiのグラボが購入できるショップ

RTX3070Tiのグラボを探せるお店

RTX 4070 搭載ゲーミングPCとグラボ検索

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポート特徴
光らない
落ち着いた
デザイン

ツクモ ミドルタワー
G-GEAR
GE7J-D242/B
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:750W 80PLUS GOLD
送料:2,200円
公式サイトを見る
光らないPCがほしい人向け。
落ち着いた雰囲気のPCケース。
どんなお部屋にも合うデザインです。
カスタマイズの幅が広く、好みのスペックにできます。
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47

参考価格:
285,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
送料:3,300円
沖縄・離島は6,600円
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
ドスパラは納期が早い。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70

参考価格:
269,800円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)
無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
送料:無料
公式サイトを見る
ゲーム中でも、音がとても静か。
動画配信時も騒音が入らない。
ケースの見た目は若干古く感じるが、
24時間電話対応や3年保障などサポートが充実。
特に初心者は安心です。
鏡界シリーズ!
インテリアPC!

STORM 鏡界
STORM
PG-KFS47

参考価格:
278,000円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:画像表示機能付き
水冷CPUクーラー

グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

送料:2,200円
>>鏡界PCケースのレビュー記事
公式サイトを見る
デザインが抜群。
インテリアとして置け、部屋が明るくなる。
ファンの音が大き目で、配信のときに気になるかも。
使われているPCパーツや、ビルドクオリティがとても高く
持っているだけで高い満足感が得られます。

おすすめRTX4070搭載パソコン

光らない落ち着いたデザイン!

ツクモ ミドルタワー

G-GEAR GE7J-D242/B

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR5 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量は余裕があります。

光らないPCケースで、落ち着いたデザイン。どんなお部屋にも合わせられます。

ツクモのPCはカスタマイズの幅が広く、好みのスペックに変更可能。

もちろん、標準構成で十分なスペックがあります。

初心者から上級者まで、満足いくPCです。

\満足スペックのPC!/

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:269,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

境界!270度ガラスで魅せるゲーミングPC!

STORM 鏡界

STORM PG-K14FS47

参考価格:278,000円

>>鏡界の実機レビュー記事はこちら

Core i7-14700Fとメモリ32GBを搭載。PCの中が透けて見える、魅せるゲーミングPCです。

画像表示機能付きCPUクーラーは、解像度が高く綺麗な画像やアニメーションを表示可能。

270度強化ガラスで、綺麗なインテリアPCとして仕上がっています。

中が見えるだけでなく、CPUクーラーやグラフィックボードなどが白で統一されています。綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中!/

もう少しパワーがほしいならRTX 4070 SUPER

RTX4070では少し性能不足。もう少しパワーがほしいだよな・・・

という方は、RTX4070SUPERが合うかもしれません。

RTX 4070とRTX 4070 Tiのちょうど中間の性能になっています。

RTX 4070 SUPERの性能をレビューしているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ:RTX 3070 TiとRTX 4070はどっちを選ぶ?

  • RTX 3070 Ti:コストを抑えて100fps以上出せればOKな人向け。
  • RTX 4070新規購入なら断然こっち。フルHD~WQHDでガチプレイしたい人向け。

RTX 3070 TiよりRTX 4070の方が15%~20%高いゲーム性能を持っています。

消費電力やDLSS 3の対応、VRAMの多さ、ベンチマーク結果から、全体的にRTX 4070の方が性能は高いことが証明されました。

グラフィック設定を高くしたり、モニター解像度を上げた場合もRTX 4070の方がゲームを快適にプレイできます。

RTX 3070 TiよりRTX 4070の方が価格は高いですが、総合的に考えても新規購入ならRTX 4070の方が長く使えるグラボと言えます。

RTX 4070の性能は、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

RTX4000シリーズをこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)