\ Amazon 新生活SALE!最大10%ポイントアップ! /

RTX 3060 TiとRTX 4060 Tiどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 3060 TiとRTX 4060 Tiどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析

NVIDIAのグラボ、RTX 3060 TiとRTX 4060Tiはどっちがいいんだろう?と迷っている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、それぞれの性能やベンチマークを比較し、どういった違いがあるか検証していきます。

どちらを選べばよいか、具体的なデータをもとに一緒に考えてみましょう。

この記事を通して、RTX 3060 TiとRTX 4060Tiの違いを理解し、どちらを選ぶべきか考える手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ
目次(見たいところからチェック!)
  • Amazon新生活セール開催!
  • 3月5日(火)23:59まで!
  • 最大10%ポイントアップキャンペーン!

ゲーム性能:RTX3060TiとRTX4060Tiどっちが優れている?

ゲーム性能はRTX 3060 TiよりRTX 4060 Tiの方が15%~20%高くなっています。

ざっくり言うとこんな感じ。

  • RTX 3060 Ti:とにかくコスト重視。少しでも価格を抑えたい。
  • RTX 4060 Ti:少しでも高いfpsを出したい。消費電力を抑えたい。

CUDAコア数、ベースクロック、メモリスピードなど、RTX 4060 Tiの方が全ての基本性能は高く、処理速度が早いです。

RTX 4060 Tiの方が性能が高いことは、次から紹介するベンチマークの結果で証明できます。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク

fps計測をしたPC環境はこちら。

CPUCore i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB x2)
チップセットZ690
電源1000W

計測したゲームはこちらの5個。

計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

Apexは処理の軽いゲームで、グラフィック設定を低くすれば多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

スクロールできます
Apexのベンチマーク結果
Apexのベンチマーク結果
Apexのベンチマーク結果
Apex
fps平均値
RTX3060TiRTX4060Ti
フルHD(低)268288
フルHD(高)165218
WQHD(低)205270
WQHD(高)131162
4K(低)116143
4K(高)8396
fpsの値は平均値です

どちらも比較的高いfpsが出せました。

Apex自体が軽めのFPSゲームなので、4K高設定にしない限り快適にプレイできます。

少しでも高いfpsで安定させるならRTX 4060 Tiです。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スコア15000以上で「非常に快適」判定

スクロールできます
FF14 ベンチマーク結果
FF14 ベンチマーク結果
FF14 ベンチマーク結果
FF14ベンチマークRTX3060TiRTX4060Ti
フルHD(標準)33785
非常に快適
33989
非常に快適
フルHD(高画質)26319
非常に快適
27347
非常に快適
WQHD(標準)29197
非常に快適
28686
非常に快適
WQHD(高画質)20968
非常に快適
21251
非常に快適
4K(標準)20786
非常に快適
18098
非常に快適
4K(高画質)11105
とても快適
10344
快適

フルHDはRTX 4060 Tiが少し高いスコアが出ています。

WQHDでは標準画質でRTX 3060 Tiが上回り、4Kになると完全にRTX 3060 Tiの方がスコアが高くなりました。

FF14は、どちらも4K標準画質まで快適にプレイ可能の結果です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

スクロールできます
サイバーパンク2077 RTX3060TiとRTX4060Tiのベンチマーク結果。
サイバーパンク2077 RTX3060TiとRTX4060Tiのベンチマーク結果。
サイバーパンク2077 RTX3060TiとRTX4060Tiのベンチマーク結果。

フルHDではRTX 4060 Tiの方が10fps~15fpsほど上回る結果でした。

WQHDのレイトレ中以降は結果が近くなり、4Kの高設定以降ではベンチマーク結果がとても近くなりました。

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しているので、RTX 4060 Tiでテストをしてみました。

グラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」にして、DLSS フレームジェネレーションを使うと以下のような結果になります。

レイトレーシング・ウルトラ+DLSS
RTX4060Ti
OFF
RTX4060Ti
ON
フルHD73fps115fps
WQHD55fps82fps
4K33fps44fps

DLSSとフレームジェネレーションを使うことで、大幅にfpsを上げることができました。

解像度を高くしてCyberpunk 2077をプレイするなら、DLSS3に対応したRTX 4060 Tiの方が有利になります。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

Cod MW2のfps計測は、実際にドミネーションをプレイして計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

スクロールできます
Cod MW2のベンチマーク結果
Cod MW2のベンチマーク結果
Cod MW2のベンチマーク結果
CodMW2
平均fps結果
RTX3060TiRTX4060Ti
フルHD(最低)169198
フルHD(極限)113128
WQHD(最低)148147
WQHD(極限)9394
4K(最低)6764
4K(極限)4245
fpsの値は平均値です

フルHD(最低)ではどちらも平均144fps以上出せました。

激しい撃ち合いやテルミットの火花が出ると、120~130fps程度まで落ち込むことがあります。

フルHDで可能な限り144fps以上出したいならRTX 4060 Tiを選びしましょう。

Cod MW2はDLSS3に対応しています。より高いfpsを出したいときにDLSSを使うとよいでしょう。ただし、画面が少しボケて遠距離の敵が見えにくなるので、その点は注意してください。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Cod MW2のくわしい内容はこちらの記事で紹介しています。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDで遊ぶなら快適に遊べます。

スコアが12000以上で非常に快適の判定

スクロールできます
FF15 ベンチマーク結果
FF15 ベンチマーク結果
FF15 ベンチマーク結果
FF15ベンチマークRTX3060TiRTX4060Ti
フルHD(標準)16149
非常に快適
18728
非常に快適
フルHD(高画質)11897
とても快適
12898
非常に快適
WQHD(標準)10977
とても快適
12307
非常に快適
WQHD(高画質)8702
快適
9223
とても快適
4K(標準)5855
やや快適
6118
快適
4K(高画質)5008
やや快適
5076
やや快適

フルHDではどちらのグラボも快適ですが、WQHD以降は徐々にスコアが落ちてきます。

4Kになると「やや快適」のレベルまでスコアが落ち、ゲーム中のfpsも40fps前後が多くなります。

FF15をプレイするならRTX 3060 TiはフルHDまで、RTX 4060 TiはWQHDまでがターゲットと考える方がよさそうです。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク結果まとめ

RTX 3060 TiとRTX 4060 TiのメインターゲットはフルHDと考えましょう。

FPSシューター系をプレイする人や高リフレッシュレートのモニターを使っている人は、RTX 4060 Tiを選択すればより高いfpsで遊べます。

WQHDでもプレイは可能ですが、ゲームによってはパフォーマンスが出せません。

4Kになるとベンチマークのスコアが伸びなくなります。DLSSを使ったとしても限界があるので、4Kプレイはおすすめできません。

特にフルHDにおいてはRTX 4060 Tiの方がベンチマークの結果がよく、消費電力の低さもあり有利と言えます。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

3DMarkの結果:RTX3060Ti 対 RTX4060Ti

グラフィック性能を測る定番ソフト、3DMarkの結果をまとめました。

ナオ

ベンチマーク結果を見れば、RTX 4060 Tiの方が性能が高いことがわかるよ。

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

Speed Way RTX3060TIとRTX4060TIの比較
Speed Way
RTX 3060 Ti2754
RTX 4060 Ti3076
性能差11.7%

RTX 4060 TiはRTX 3060 Tiより11.7%性能が高くなりました。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royal RTX3060TIとRTX4060TIの比較
Speed Way
RTX 3060 Ti6544
RTX 4060 Ti7819
性能差19.4%

RTX 4060 TiはRTX 3060 Tiより19.4%性能が高くなりました。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度を4K(3840×2160)にしてテストします。

Time Spy RTX3060TIとRTX4060TIの比較
青:Time Spy、赤:Time Spy Extreme
Time SpyTime Spy
Extreme
RTX 3060 Ti116265621
RTX 4060 Ti134116359
性能差15.3%13.1%

RTX 4060 TiはRTX 3060 TiよりTime Spyで15.3%。Time Spy Extremeで13.1%スコアが高くなっています。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strike RTX3060TIとRTX4060TIの比較
Fire StrikeFire Strike
Extreme
Fire Strike
Ultra
RTX 3060 Ti27077133526804
RTX 4060 Ti31256150397432
性能差15.4%12.6%9.2%

RTX 4060 TiはRTX 3060 TiよりFire Strikeで15.4%。Fire Strike Extremeで12.6%、Fire Strike Ultraで9.2%スコアが高くなりました。

Fire Strike Ultraのように解像度が高くなると、性能差が小さくなっていくところは注目です。メモリ帯域幅の影響が出ていると考えられます。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS2のテストです。

RTX 3060シリーズとRTX 4060シリーズはフルHDがメインターゲットとなるため、画面解像度をフルHDに設定して計測をしています。

DLSS RTX3060TIとRTX4060TIの比較

RTX 4000シリーズで使えるDLSS3のテスト結果はこちら。DLSS3は4K解像度でテストをします。

※RTX 3060 TiはDLSS3が使えないため、参考としてご覧ください。

DLSS3のテスト

3DMarkの結果からわかること

3DMarkの結果から、RTX 3060 TiよりRTX 4060 Tiの方が10%~15%性能が高いことがわかります。

ナオ

実際にほとんどのゲームでRTX 4060 Tiの方が、より高いfpsで快適に遊べるよ!

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

もっと性能が高いグラボが知りたい方は、RTX4000シリーズをまとめた記事をご覧ください。型番別に性能をまとめています。

RTX 3060 TiとRTX 4060 Tiの仕様比較

RTX 4060 TiRTX 3060 Ti
CUDAコア数43524864
ブーストクロック2540 MHz1670 MHz
ベースクロック2310 MHz1410 MHz
メモリタイプ8GB GDDR68GB GDDR6X
メモリスピード18Gbps19 Gbps
メモリバス幅128-bit256-bit
メモリ帯域幅 288 GB/s448 GB/s
L2キャッシュ32 MB4 MB
レイトレーシングコア第3世代第2世代
Tensorコア第4世代第3世代
アーキテクチャAda LovelaceAmpere
インターフェースPCI-E 4.0 X8
接続スロット:
PCI Express x16
PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 2
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.3
最大消費電力160W200W
システム電源容量550W600W
補助電源コネクタ12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
PCIe x 1
発売日2023年5月24日2020年12月2日
ツクモRTX4060TiRTX3060Ti
AmazonRTX4060TiRTX3060Ti

RTX 3060 Tiに対し、RTX 4060 Tiの仕様はどうなったか?をまとめると以下のようになります。

  • ベースクロック:67%高速化。
  • ブーストクロック:52%高速化。
  • メモリスピード:28%高速化。
  • コア:レイトレーシング、Tensor共に世代アップ。
  • DLSS:DSLL3にバージョンアップ。
  • 消費電力:25%省電力化。
  • L2キャッシュ:4MB→32MBへ増加。
  • メモリバス幅:50%ダウン。
  • メモリ帯域幅:36%ダウン。

ベースクロック、ブーストクロック、メモリスピードと全体的に高速化されています。

もう一つ注目すべきは消費電力。RTX 3060 Tiの200Wに対して、RTX 4060 Tiは160Wで、大幅な省電力設計になっていることがわかります。

また、レイトレーシングコアやTensorコアがバージョンアップがしており、処理性能が高まることが期待できます。

DLSSが進化したことから、今後登場するDLSS3対応のゲームに対してRTX 4060 Tiは能力を発揮しそう。

気になる点はメモリバス幅。RTX 4060 Tiは128-bitでRTX 3060 Tiの256-bitより狭くなっています。メモリバス幅の影響で4Kなどの高解像度処理は遅くなると考えられます。

NVIDIAはL2キャッシュを32MBへ増加したことで処理の高速化を実現していると公表していますが、実際は4Kで処理速度が出しにくくなっています。(ベンチマークテストの結果参照)

これらについてはベンチマーク結果を見るとわかります。

ナオ

メモリバス幅や帯域幅以外、すべて強化されてるね。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

電源要件と物理的なサイズ

RTX3060TiとRTX4060Tiの大きさ比較
上がRTX3060Ti、下がRTX4060Ti

この記事のベンチマークを計測したRTX 3060 TiとRTX 4060 Tiは以下の2機種。それぞれの電源の要件と本体サイズをまとめました。

製品消費電力システム電源容量本体サイズ
MSI GeForce RTX 3060 Ti
VENTUS 2X 8G OCV1
200W600W約235×124×42mm
MSI GeForce RTX 4060 Ti
VENTUS 2X 8G OC
160W550W約199×120×42mm

どちらもツインファンモデルで、サイズ的に一般のPCケースなら入ります。スリムケースには入らないので注意してください。

RTX3060TiとRTX4060Tiの価格分析

RTX 4060 Tiが販売されたとき399ドルでRTX 3060 Tiと同じ価格設定でしたが、円安の影響により日本での発売価格が1万円ほど高くなってしまいました。

RTX 4060 TiRTX 3060 Ti
発売日2023年5月24日2020年12月2日
価格6万円前後5.5万円前後
ツクモRTX4060TiRTX3060Ti
AmazonRTX4060TiRTX3060Ti

2連ファンの安値で比較(2023年8月、価格.com調べ)。

  • RTX 3060 Ti:53,000円前後
  • RTX 4060 Ti:58,000円前後

最安値で見ると、RTX 3060 TiとRTX 4060 Tiは約5,000円の差があります。

消費電力の少なさやDLSS3の対応、ベンチマークの結果から考えると、5,000円の差はありますが、RTX 4060 Tiはけっして悪いGPUではないと考えています。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

RTX 3060 TiとRTX 4060Tiどっちを選べばいい?

RTX3060TiとRTX4060Ti
奥がRTX3060Ti、手前がRTX4060Ti

RTX 3060 TiとRTX 4060Tiは以下を参考に選択してください。

  • RTX 3060 Ti:とにかくコスト重視。少しでも価格を抑えたい。
  • RTX 4060 Ti:少しでも高いfpsを出したい。消費電力を抑えたい。

とにかくコスト重視ならRTX 3060 Ti

RTX3060Tiのパッケージ

とにかく価格を抑えたいならRTX 3060 Tiを選ぶとよいでしょう。

DLSS3は使えませんが、DSLL2は使えます。

フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイでき、ゲームによってはWQHDでも問題なくプレイできる性能を持っています。

RTX 3060 Tiは、フルHD限定で少しでも価格を抑えてゲームを楽しみたい人向け。平均144fpsなら十分に出せ、ゲームプレイにストレスはありません。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングPCまでジャンプする

少しでも高いfpsを出したいRTX 4060 Ti

MSI RTX4060Ti 8GB

RTX 4060 TiはRTX 3060 Tiよりも性能が高いです。

フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイ可能。多少処理が重たいゲームでも設定次第で165fps以上が狙えます。

WQHDでもゲームによっては100fps以上出すことができるほど性能が高いグラボです。

フルHDで144fps張り付きを狙う人や、165Hzモニター、WQHDモニターを使う方なら、RTX 4060 Tiを選択。消費電力を抑えながら、より高いfpsで快適にゲームがプレイできます。

>>RTX4060Ti搭載のゲーミングPCまでジャンプする

おすすめゲーミングPCとグラボ検索

RTX 4060 TiとRTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 4060 Ti 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
14世代CPU!
SSD1TB搭載
FRONTIER ミニタワー
FRGKB760
WS111/NTK
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:Deepcool AK400
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:600W 80PLUS BRONZE
参考価格:161,000円
公式サイトを見る
2,200円
~ 4,400円(税込)
納期が早い!
ドスパラ!
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46T
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:650W 80PLUS BRONZE
マイクラとXBOX Game Pass付属
参考価格:170,980
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
水冷CPUクーラー
搭載!

NEXTGEARのゲーミングPC
mouse
NEXTGEAR
JG-A7G6T
CPU:AMD Ryzen7 5700X
CPUクーラー:
水冷CPUクーラー240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B550
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:169,800円(送料無料)
>>レビュー記事はこちら
公式サイトを見る
送料無料
STORM 鏡界!
魅せるPC!
Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース
STORM
PG-KFSTi46
CPU:Core i5-13400F
CPUグリス:ナノダイアモンド
CPUクーラー:
STORM液晶付き水冷240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
(8GBx2)
電源:850W 80PLUS GOLD 
参考価格:209,800
公式サイトを見る
送料2,200円。
RTX4060Ti搭載ゲーミングパソコン

14世代CPU搭載!SSD1TBで容量も余裕!

FRONTIER ミニタワー

FRGKB760/WS111/NTK

参考価格:159,980円

Core i5-14400FとDDR4 32GB搭載。SSDが1TB搭載されています。M.2スロットは2つあるので、SSDの容量が足りないと感じたら後から増設も可能。

まずはコストを抑えてゲームを楽しみたい方むけのゲーミングPCです。

納期が早い!速くPCが欲しいならドスパラで!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46T

参考価格:170,980円

ドスパラで人気のゲーミングPC。グラボにRTX4060Tiが搭載されているので、フルHDゲームはサクサクプレイ可能。マイクラやXBOX Game Passが同梱されているので、はじめてのゲーミングPCとしておすすめです。

SSDが500GBなので、たくさんゲームをインストールすると、すぐに容量不足になります。1TBに増設しておくと安心ですね。

ドスパラは最短翌日出荷なので、早く遊びたい人におすすめです。

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:169,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

>>レビュー記事はこちら

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

STORMの鏡界!性能はもちろん、インテリアとしても魅せる!

Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース

STORM PG-KFSTi46

参考価格:209,800円

Core i5-13400F搭載。B760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、ゲームが快適に動作するために必要なパーツが搭載されています。電源にも余裕があるので、将来のアップグレードにも十分対応可能。

性能はもちろん、見た目にもこだわった満足度が高いゲーミングPCです!

ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中

RTX4060Tiグラボ検索

RTX 4060 Tiの詳しいレビューは、こちらの記事で紹介してます。参考にしてください。

RTX 3060 Ti 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様評価備考
会員は送料無料!
LEVEL ミニタワー
パソコン工房
LEVEL-M77M

134F-SAX
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B760
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS BRONZE)
参考価格:163,700円
送料2,200円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
会員は送料無料。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

無料会員登録で送料無料!

LEVEL ミニタワー

LEVEL-M77M-134F-SAX

参考価格:163,700円

チップセットにB760、DDR4メモリー16GB、SSD 500GB NVMe Gen3と、コストを抑えた構成です。電源が700Wあるので、将来的にグラボのアップグレードにも対応。無料会員登録すると送料無料にるのは大きいですね。

RTX 3060 Tiの詳しいレビューは、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

まとめ:RTX3060TiとRTX4060Ti、どっちを選ぶべき?

  • RTX 3060 Ti:とにかくコスト重視。少しでも価格を抑えたい。
  • RTX 4060 Ti:少しでも高いfpsを出したい。消費電力を抑えたい。

RTX 4060 Tiの方が5,000円ほど価格が高いですが、ベンチマークの結果は高く、消費電力の低さとDLSS3の対応が優位にあります。長期的に使うならRTX 4060 Tiをおすすめします。

これからDLSS3に対応したゲームが増え、消費電力が低いRTX 4060シリーズの性能が発揮できるシーンが多くなります。楽しいゲームライフを送ってください。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングPCを見たい方はこちらから

>>RTX4060Ti搭載のゲーミングPCを見たい方はこちらから

WQHDモニターや4Kモニターを使う方は、RTX4070シリーズを検討してみてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)