RTX 3060とRTX 4060はどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 3060とRTX 4060はどっちがいい?性能とベンチマーク比較

RTX 3060の後継機であるRTX 4060の性能にどのぐらい差があるのか比較しました。

ゲーム別ベンチマークやGPUの仕様、価格などもまとめています。

この記事でRTX 3060とRTX 4060の違いを理解し、どちらを選ぶか考える手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ
目次(見たいところからチェック!)

ゲーム性能:RTX3060とRTX4060どっちが優れている?

RTX 3060よりRTX 4060の方が15%~20%高いグラフィック性能を持っています。

ゲームによって多少バラつきはありますが、RTX 4060の方が平均10fps~15fpsほど早くなりました。(後ほどベンチマーク結果を紹介)

画面解像度が高くなると差が小さくなりますが、フルHDではRTX 4060の方が高いベンチマーク結果を出しています。

CUDAコア数、ベースクロック、メモリスピードなど、RTX 4060の方が基本性能が高く、処理速度が全体的に早いと言えます。

ただし、RTX 3060が4万円前後に対し、RTX 4060は4.5万円前後と少し価格に差があります。

ナオ

RTX 4060はRTX 3060よりベンチマークが高いです。価格に数千円差があるけど、今後のアップデートや快適さ、DLSS3を考えるとRTX 4060の方がいいかな。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

RTX 3060とRTX 4060はどっちを選べばいい?

  • 処理の軽いゲームを遊ぶならRTX3060。
  • 処理が重たいゲームやFPS・TPSを遊ぶならRTX 4060
RTX3060とRTX4060
奥がRTX4060、手前がRTX3060

処理の軽いゲームを遊ぶならRTX3060

INNO3D_GEFORCE_RTX3060_TWIN-X2_OC
RTX 3060搭載のグラボ

RTX 3060のメインターゲットはフルHDです。

ApexやVALORANTなど、処理の軽いゲームならRTX 3060で快適にプレイできます。

WQHD以上の解像度になるとグラフィック設定を下げないと処理性能が追い付かなくなり、高リフレッシュレートのモニター性能が活かせません。

フルHDで処理の軽いゲームをするなら、コスパの高いGPUです。

>>RTX3060搭載のゲーミングPCを見に行く

処理が重たいゲームやFPS・TPSを遊ぶならRTX 4060

Palit RTX4060 Dualの箱

RTX 4060のメインターゲットもフルHD。

消費電力がRTX 3060の170Wよりも低い115Wです。またDLSS3が使えるゲームで高いfpsを出せます。

DLSS3.5にアップデート予定ですが、対応できるのはRTX 4060です。

ApexやVALORANTなど、グラフィック処理の軽いゲームならフルHDで平均240fpsを狙えるため、ガチプレイしたい人に最適。

Codやサイバーパンクなど処理の重たいゲームでもフルHDで快適にプレイできます。

特にFPT・TPSでガチプレイをしたいならRTX 4060が有利です。

画像生成AIをするならRTX 3060

Stable DIffusionなど、画像生成AIではVRAM搭載量がとても重要になります。

例えば、1600×1600サイズを超えるような画像を生成する場合、RTX 4060はVRAMが8GBしかなくVRAM不足で生成できません。以下のようにエラーが表示されます。

Stable Diffusionで画像生成したときの時間

RTX 3060はVRAMが12GB搭載されているので、2048×3072のような巨大サイズでも生成可能。

Stable Diffusionなどを使って、画像生成をするならRTX 3060が有利になります。

>>RTX4060搭載のゲーミングPCを見に行く

ゲーム別ベンチマーク

専用ベンチソフトが無いゲームの計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

fps計測をしたPC環境はこちら。

CPUCore i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB x2)
チップセットZ690
電源1000W

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

スクロールできます
Apex RTX3060とRTX4060のベンチマーク
Apex RTX3060とRTX4060のベンチマーク
Apex RTX3060とRTX4060のベンチマーク
Apexのfps平均値RTX3060RTX4060
フルHD(低)239260
フルHD(高)150155
WQHD(低)168198
WQHD(高)118124
4K(低)94110
4K(高)6368
fpsの値は平均値です

WQHD(低)までならどちらも平均160fps以上出せています。

4Kになると100fps出すのがやっとになるので、対象外と考えましょう。

  • フルHDでプレイするなら、RTX 3060でOK。
  • 240Hzモニターを使うなら、RTX 4060推奨。
ナオ

Apexは処理が軽いので、フルHDならRTX 3060でOKですね!

>>ゲーミングPC紹介へジャンプ

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スクロールできます
FF14 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
FF14 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
FF14 RTX3060とRTX4060のベンチマーク

スコア15000以上で「非常に快適」判定

FF14ベンチマークRTX3060RTX4060
フルHD(標準)31707
非常に快適
32723
非常に快適
フルHD(高画質)23369
非常に快適
24605
非常に快適
WQHD(標準)25759
非常に快適
26368
非常に快適
WQHD(高画質)17104
非常に快適
18953
非常に快適
4K(標準)16798
非常に快適
16650
非常に快適
4K(高画質)8376
快適
8929
快適

RTX 3060とRTX 4060はどちらも4K(標準)まで「非常に快適」判定になります。予算に応じてグラボを選択するとよいでしょう。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

RTX 4060の方が高いfpsを出しますが、その差は5fps~10fps。グラフィック設定や解像度が上がると、差が小さくなっていきます。

スクロールできます
CyberPunk2077 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
CyberPunk2077 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
CyberPunk2077 RTX3060とRTX4060のベンチマーク

フルHDでグラフィック設定を「レイトレウルトラ」にすると50fps程度です。

ここからさらにfpsをあげられるのはRTX 4060

RTX4060はDLSSフレームジェネレーションが使えるので、もっと高いfpsを出すことができます。

RTX 3060はDLSSフレームジェネレーションが使えないので頭打ちです。

ナオ

CyberPunk 2077はグラフィックがめちゃキレイ!没入感を高めるためにもRTX 4060を選ぼう!

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2のfps計測は、付属のベンチマークを使いました。実際にゲームをプレイすると、マップによってfpsに差がでるため、参考値としてご覧ください。

スクロールできます
CodMW2 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
CodMW2 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
CodMW2 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
CodMW2 平均fps結果RTX3060RTX4060
フルHD(最低)165165
フルHD(極限)99115
WQHD(最低)105136
WQHD(極限)7489
4K(最低)5562
4K(極限)4040
fpsの値は平均値です

どちらもフルHD(最低)が推奨ですね。

解像度が高いモニターを使う場合、DLSSをONにすることも視野に入れないと厳しいです。DLSSをONにすると少しボヤっとした見た目になり、敵の視認性が下がるので注意が必要ですね。

一瞬で勝負が付いてしまうCodは、フレームレートの差によるハンデを背負いたくないので、フルHDでのプレイを推奨します。

ナオ

Codは処理が重め。フルHDプレイ推奨です!

  • フルHD(最低)でプレイするなら、RTX 3060でOK。
  • グラフィック設定を少しでも上げたいならRTX 4060。
  • fpsを優先するなら視認性が下がるけど、DLSSオンも視野に入れる。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Cod MW2の内容はこちらの記事でくわしく紹介しています。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDなら非常に快適の判定が出やすくなりました。

スクロールできます
FF15 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
FF15 RTX3060とRTX4060のベンチマーク
FF15 RTX3060とRTX4060のベンチマーク

スコアが12000以上で非常に快適の判定

FF15ベンチマークRTX3060RTX4060
フルHD(標準)13027
非常に快適
15680
非常に快適
フルHD(高画質)9449
とても快適
10680
とても快適
WQHD(標準)8781
快適
10269
とても快適
WQHD(高画質)6850
快適
7893
快適
4K(標準)4626
やや快適
5203
やや快適
4K(高画質)3942
普通
4340
普通

フルHD(標準)だけ「非常に快適」判定。これなら60fps前後出るので、快適です。

4Kでは快適さがかなり下がり、30fps出せるかどうかになります。

フルHDで、できるだけ快適にプレイするなら、RTX 4060です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク結果まとめ

ゲームによってバラつきはあるものの、基本的には以下を基準に考えれば快適な環境が作れます。

フルHD
(低設定)
フルHD
(高設定)
WQHD
(低設定)
WQHD
(高設定)
4K
RTX3060超快適快適普通普通キツイ
RTX4060超快適快適快適普通キツイ

RTX 3060、RTX 4060ともにフルHDがターゲットと言えます。

処理が軽いゲームならグラフィック設定を高くしても144fpsが出せますが、重めのゲームになると100fps前後に落ち込みます。

フルHD144Hzモニターの性能を最大限生かすなら、総合的に見てRTX 4060をおすすめします。

ナオ

消費電力、DLSS3が使えるRTX 4060は後継機として優秀!

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

3DMarkの結果:RTX3060 対 RTX4060

3DMarkのロゴ

3DMarkのベンチマークを紹介します。

ナオ

全体的にRTX 4060の方が性能が高いですよ!

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

SpeedWayの結果

RTX 4060が16%性能が高い結果でした。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royalの結果

Speed WayはRTX 4060が約17%性能が高い結果。

全体的にRTX4000シリーズのスコアが高いことから、レイトレーシングコアの進化が見られます。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度が4K(3840×2160)です。

Time Spyの結果

Time Spyも同じくRTX 4060の性能が上回り、約25%性能が高い結果になっています。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strikeの結果

Fire StrikeではRTX 4060が23%性能を上回ります。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS2のテスト。面解像度をフルHDに設定して計測をしました。

DLSS 2のテスト結果

RTX 4000シリーズで使えるDLSS3のテスト結果はこちら。DLSS3は4K解像度でテストをします。

参考として、RTX 4060 Tiの結果も掲載しています。

DLSS 3のテスト結果

AIによるフレーム生成で、フレームレートが飛躍的に伸びます。

今後も対応したゲームが増えてくるので、効果は期待できますね。

3DMarkの結果からわかること

3DMarkでは、RTX 3060よりRTX 4060の性能が約21%高い結果となりました。

クロックアップやレイトレーシングコアの進化、DLSSのバージョンアップなど、全体的にスコアが伸びているところは正当進化と言えます。

ナオ

消費電力が低く、性能が高いRTX4060は後継機として優秀です。

仕様の比較

RTX 3060とRTX 4060の仕様を比較します。

RTX 4060RTX 3060
CUDAコア数30723584
ブーストクロック2460 MHz1780 MHz
ベースクロック1830 MHz1320 MHz
VRAM8GB GDDR612GB GDDR6
メモリスピード17Gbps15 Gbps
メモリバス幅128-bit192-bit
メモリ帯域幅 272 GB/s360 GB/s
レイトレーシングコア第3世代第2世代
Tensorコア第4世代第3世代
アーキテクチャAda LovelaceAmpere
インターフェースPCI-E 4.0 X8
接続スロット:
PCI Express x16
PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 2
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.3
最大消費電力115W170W
システム電源容量550W550W
補助電源コネクタ12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
PCIe x 1
発売日2023年6月29日2021年2月26日
ツクモRTX4060RTX3060
AmazonRTX4060RTX3060

気になるところはRTX 4060のVRAMが12GBから8GBに減少している点とメモリバス幅の縮小

最近のゲームはテクスチャサイズが大きくなってきているため、ゲームによっては8GBではギリギリです。また、メモリバス幅の縮小によって高解像度モニターでfps(フレームレート)が出しにくくなります。

RTX3060、RTX4060ともにフルHDがターゲットなので、高解像度で使うことは非推奨ですが、モニター買い替えをしたときはグラフィック設定の調整が必要になります。

RTX 3060に比べRTX 4060は省電力化とDLSS3への対応、レイトレーシングコアのバージョンアップによりパフォーマンスが上がっています。

今後、DLSS3.5がリリースされるため、伸びしろがあるのはRTX 4060と言えます。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

電源要件と物理的なサイズ

RTX3060とRTX4060のグラボ比較
上がRTX4060、下がRTX3060

この記事で紹介したRTX 3060とRTX 4060は以下の2機種。それぞれの電源の要件と本体サイズをまとめました。

製品消費電力システム電源容量本体サイズ
INNO3D RTX 3060
Twin X2 OC
170W550W約240 x 120 x 38 mm
Palit GeForce RTX 4060 Dual115W600W約249.9×123.5×40.2mm

どちらもミドルタワーのPCケースなら入ります。スリムケースやミニケースを使う場合、対応サイズを確認してください。

RTX3060とRTX4060の発売日と平均価格

RTX 3060RTX 4060
発売日2021年2月26日2023年6月29日
価格
※2023年9月時点
4万円前後4.5万円前後
ショップツクモAmazonツクモAmazon

RTX 3060は2021年2月。RTX 4060は2023年5月に発売されました。

RTX3060は4万円前後で、RTX 4060が4.5万円前後です。(2023年9月現在)

ドライバーやDLSSのバージョンアップを考えると、RTX 4060の方が伸びしろあります。

プレイするゲームが限定的ならRTX 3060でも十分活躍できますが、コスパを考えると新品を買うのはおすすめしにくくなっています。

>>ゲーミングPC紹介とグラボ検索へジャンプ

ゲーミングPCとグラボ検索

RTX 3060とRTX 4060搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 3060 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様評価備考
送料無料
LEVEL ミニタワー
LEVEL
M77M-134F-RBX

icon
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B760
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR5 16GB
電源:700W
(80PLUS BRONZE)
参考価格:145,800円
無料会員は送料無料。
ツクモ ゲーミングパソコン
G-GEAR
GA5J-C230/B3
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応

DVDスーパーマルチ
電源:750W

(80PLUS GOLD)
参考価格:147,800円
送料2,200円~4,400円。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

無料会員で送料無料!少し拡張性もあるミニタワー!

LEVEL ミニタワー

LEVEL-M77M-134F-RBX

参考価格:145,800円

パソコン工房のLEVELシリーズ。電源が700Wあるので、将来のグラボアップグレードやSSDの増設など、問題なありません。LEVELのミニタワーはシンプルなデザインですが高級感があり、インテリアとしてお部屋においておけます。eスポーツにスポンサーとして参加しているLEVEL。ゲーミングPCのクオリティは高いです。

将来の拡張性を考えるならこれ!

ツクモ ゲーミングパソコン

G-GEAR GA5J-C230/B3

参考価格:147,800 

ケースの大きさと電源750Wが将来の拡張性を持っています。グラボのアップグレードやパーツの増設にも対応可能。DVDマルチドライブが標準搭載されているので、CDやDVDの視聴もできます。まずはコストを抑えてRTX3060からスタート。将来的にグラボ交換でアップグレード!が実現できるゲーミングPCです。

RTX 4060 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
【イチオシ!】
ハイコスパ!

NEXTGEARのゲーミングPC ホワイトモデル
NEXTGEAR JG-A5G60
参考価格:
137,500
CPU:AMD Ryzen 5 4500
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060(8GB)
チップセット:B550
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W 80PLUS BRONZE
送料:無料
公式サイトを見る
送料無料。
マイクラ付き
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46

参考価格:
167,800円
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
送料:3,300円
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
配線が見えないPC!
STORM 鏡界2
STORM
K2-144F46

参考価格:
212,000
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX4060
チップセット:B760M
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 32GB
無線:wifi6、Bluetooth搭載
電源:850W 80PLUS GOLD

送料:2,200円
公式サイトを見る
別途送料2,200円。

イチオシ!】手に届きやすい価格でホワイトモデル!

NEXTGEARのゲーミングPC ホワイトモデル

NEXTGEAR JG-A5G60

参考価格:137,500円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen5 4500とRTX4060の組み合わせ。

フルHD専用機でとにかくコスパ重視。

modなどは入れない、画質も高くしないなら、ハイコストパフォーマンスのPCです!

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

>>NEXTGEARのレビュー記事はこちら

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

ゲームメインならこれ!パーツのバランスがいい!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46

参考価格:163,980円
SSD 1TBにすると169,980円。

Core i5搭載モデル。B760、DDR4メモリー、SSD 500GB NVMe Gen3など、ゲームが快適に動作するために必要なパーツグレードが搭載されています。ゲームメインのPCがほしいならCore i5搭載のゲーミングPCで満足できます。

SSD容量が少な目なので、1TBにアップグレードしておくとよいでしょう。

実店舗もあるので、お店に行ける方はPCを触ってみると雰囲気がつかめていいですよ。納期が早いので、少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

STORMの境界2!裏配線でケーブルが見えないインテリアPC!

STORM 鏡界2

STORM K2-144F46

参考価格:212,000円

13世代Core i5-14400Fと画像表示機能付き水冷240mmCPUクーラーが採用されています。

CPUがi5は空冷でも十分ですが、インテリアとしても使えるPCには画像表示機能付き水冷CPUクーラーがおすすめ。

チップセットにB760、DDR5メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、快適なゲーム環境が作れます。

白で統一されたPCは、インテリアとして見て楽しめます。

RTX 4060の詳細なレビューを、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

まとめ:RTX3060とRTX4060はどっちを選ぶ?

RTX 3060よりRTX 4060の方が15%~20%高いグラフィック性能を持っています。

  • 処理の軽いゲームを遊ぶならRTX3060。
  • 処理が重たいゲームやFPS・TPSを遊ぶならRTX 4060

RTX 3060、RTX 4060ともにフルHDがターゲットのGPUです。

RTX 4060はVRAMが8GBに減少、メモリバス幅が縮小されていることから、よりフルHDに特化したGPUになりました。

VRAMが減少した問題以外はRTX 3060より性能は上がっており、同じフルHD環境であればRTX 4060の方がfps(フレームレート)は高くなります。

消費電力はRTX 4060が115Wで、RTX 3060の170Wから55Wも省電力化。

RTX 4060は今後リリースされるDLSS3.5にも対応できるため、今後の伸びしろと少しでも高いfpsを求めるならRTX 4060が有利と言えます。

グラフィック処理が軽いゲームならRTX 3060で十分快適。FPSやTPS、グラフィック処理が重たいゲームならRTX 4060がおすすめです。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へ戻る


RTX4060とRTX4060Tiを比較した記事も準備しています。より高いfpsがほしい人は参考にしてください。

RTX 4000シリーズの性能と選び方をまとめた記事はこちら。今後、主流になるGPUを見たい方は参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)