\ Amazon 新生活SALE!最大10%ポイントアップ! /

RTX 4060はゴミなの?ゲーム別ベンチマークで検証しました

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
Palit GeForce RTX 4060 Dualの性能を検証
  • RTX 4060はゴミなの?
  • RTX 4060の性能が知りたい。
  • RTX 3060 Tiより性能は高い?

こんな疑問にお答えするため、RTX 4060搭載のPalit GeForce RTX 4060 Dualを購入しました。

RTX 4060が生かせる環境やゲーム別ベンチマークのまとめ、RTX 3060TiやRTX 4060Tiとどれぐらい違いがあるかもわかります。

動画でもRTX4060の性能を紹介しているので、参考にしてください。

グラフィックボードやゲーミングPCの購入を検討されている方が、どちらを選べばよいかわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

>>サクッとRTX 4060搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

目次(見たいところからチェック!)
  • Amazon新生活セール開催!
  • 3月5日(火)23:59まで!
  • 最大10%ポイントアップキャンペーン!

RTX 4060はゴミなのか?

結論:ゴミとまでいかないが、RTX 4060を購入するメリットは少ない。

このあと、性能やベンチマークを紹介します。

先に書いておくと、価格は上がりますがRTX 4060 Tiの方が絶対に幸せです。

この時点でRTX 4060 Tiが気になる方は、こちらの記事にジャンプしてください。

RTX 4060の仕様と性能の考察

まずはRTX 4060の仕様と性能の考察からはじめます。

RTX 4060の仕様

Palit RTX4060 Dual
レビューで使ったPalit GeForce RTX 4060 Dual

RTX 4060の仕様です。参考にRTX 4060 Ti、RTX 3060 Ti、RTX 3060を並べています。

スクロールできます
RTX 4060 TiRTX 4060RTX 3060 TiRTX 3060
CUDAコア数4352307248643584
ブーストクロック2540 MHz2460 MHz1670 MHz1780 MHz
ベースクロック2310 MHz1830 MHz1410 MHz1320 MHz
メモリタイプ8GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6X12GB GDDR6
メモリスピード18Gbps17Gbps14 Gbps15 Gbps
メモリバス幅128-bit128-bit256-bit192-bit
レイトレーシングコア第3世代第3世代第2世代第2世代
Tensorコア第4世代第4世代第3世代第3世代
アーキテクチャAda LovelaceAda LovelaceAmpereAmpere
メモリ帯域幅 288 GB/s272 GB/s448 GB/s360 GB/s
インターフェースPCI-E 4.0 X8
接続スロット:
PCI Express x16
PCI-E 4.0 X8
接続スロット:
PCI Express x16
PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 3DLSS 2DLSS 2
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.32.32.3
最大消費電力160W115W200W170W
システム電源容量550W550W600W550W
補助電源コネクタ12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
PCIe x 1PCIe x 1
発売日2023年5月24日2023年6月29日2020年12月2日2021年2月26日
価格5.5万円前後4.5万円前後6万円前後4万円前後
AmazonRTX4060TiRTX4060RTX3060TiRTX3060

表の数値はNvidia公式サイトから引用しています。

性能の考察

次に、性能の考察をしていきます。

RTX 4060がどのようなGPUなのか、どのような特徴があるのかまとめました。

RTX 4060ってどんな感じ?
  • フルHDがメインターゲット。
  • 画質を調整すれば、ある程度ゲームが快適に遊べる。
  • RTX 3060 Tiより性能は下回る。
  • メモリ帯域幅が狭いため、WQHD以上は弱い。
  • DLSS 3に対応しているが、GPUが弱く万能ではない。
  • 消費電力が115Wと大幅な省電力を実現。

RTX 3060 Tiに比べCUDAコア数が約1000少ないです。逆にベースクロック、ブーストクロック、メモリスピードが速くなっていることで処理性能を高めています。

ただし、メモリバス幅が128-bitでメモリ帯域幅も狭いため、画面解像度がWQHD以上は速度(fps)が出しにくくなることが予想されます。

RTX 4060はフルHDをターゲットにしたGPUと考えてよいでしょう。

注目すべきは消費電力の低さ。

  • RTX 3060:170W
  • RTX 3060 Ti:200W
  • RTX 4060:115W

RTX3000シリーズより大幅に省電力化されています。

DLSS 3が使えるので、対応したゲームで高いfpsを出すことが可能になりました。しかし、GPU性能が弱く、高解像度でDLSSを使ってもゲーム自体の重さは残ります。

DLSS 3だからと言って万能ではないということは覚えておきましょう。

RTX 4060のゲーム別ベンチマーク

計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測をしています。

Apexは処理の軽いゲームで、グラフィック設定を低くすれば多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

fps計測では、ゲーム内のグラフィック設定を一番軽くした低設定と、全ての処理を高くした高設定で計測しました。

なお、マップや状況によってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

Apex RTX4060の結果
Apexのfps平均値RTX4060RTX3060Ti
フルHD(低)260268
フルHD(高)155165
WQHD(低)198205
WQHD(高)124131
4K(低)110116
4K(高)6883
fpsの値は平均値です

フルHD(低)ではRTX3060 Tiに近い性能がでていましたが、解像度が高くなるとRTX 3060 Tiの方が良い結果を出しています。

RTX 4060を使ってApexをプレイするなら、以下を基準に考えてください。

  • フルHD(低)で200fps以上。
  • WQHD(低)までなら遊べる。
    ※テルミットなど投げられると100fps以下に落ちる。
  • 4Kモニターは非推奨。

Apex自体が軽めのFPSゲームなので、4K高設定にしない限り快適にプレイできます。

>>ゲーミングPCとグラボを探す

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

RTX 3060 Tiと比べてみると、フルHD~4Kまでとても近いフレームレート(fps)となりました。

Cod MW2のfps計測は、実際にドミネーションをプレイして計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

CodMW2 RTX4060の結果

全体的に見てRTX 4060の方が低いfpsですが、それほど極端な差はありません。性能的にはRTX 3060Ti同等と言えます。

CodMW2 fps結果RTX4060RTX3060Ti
フルHD(最低)165169
フルHD(極限)115113
WQHD(最低)136148
WQHD(極限)8993
4K(最低)6267
4K(極限)4042

Cod MW2はDLSSが使えるので、WQHDの最低設定でどこまでfpsが上がるかテストしてみました。

RTX4060DLSS オフDLSS オン
WQHD(最低)136 fps172 fps
WQHD(極限)89 fps118 fps

WQHD(最低)で、リスポーンのときは135fps前後まで落ち込みますが、それ以外は144fps以上を維持していました。

  • フルHD:最低設定で144fps以上。
  • WQHD:100fps以上出せるが、可能な限りDLSSをオン。
  • 4K:4Kでのプレイは非推奨。

RTX 4060で144Hzモニターを活かすならフルHDの最低設定がよいでしょう。もしグラフィック設定やモニター解像度を上げるならDLSSをオンにすることも視野に入れる必要があります。
>>ゲーミングPCとグラボを探す

Cod MW2のくわしい内容はこちらの記事で紹介しています。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

RTX4060は、RTX3060Tiよりも低いベンチマーク結果となりました。

スコア15000以上で「非常に快適」判定

FF14 RTX4060の結果

FF14でRTX 4060を使うなら、4K標準画質まで快適にプレイ可能です。

>>RTX 4060搭載のゲーミングPCを見る

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDで遊ぶなら快適に遊べます。

スコアが12000以上で非常に快適の判定

FF15 RTX4060の結果

フルHD標準設定なら12000「非常に快適」になります。

全体的にRTX 3060 Tiよりもスコアは低いですが、フルHDなら快適にプレイできることがわかります。

FF15をプレイするならフルHDがターゲットと考える方がよさそうです。

>>RTX 4060搭載のゲーミングPCを見る

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしています。

全体的にRTX 3060 Tiより低いfpsとなりましたが、CybePunk 2077は60fpsあればストレスなく遊べるゲームなので、無理に100fps以上を狙う必要はありません。

スクロールできます
サイバーパンク2077 RTX4060の結果
サイバーパンク2077 RTX4060の結果
サイバーパンク2077 RTX4060の結果
  • フルHD:レイトレ低設定まで快適。
  • WQHD:高設定まで快適。
  • 4K:中設定が限界。

RTX4060はWQHDのグラフィック高設定まで快適にプレイでき、それ以上を狙うならグラフィックボードのグレードを上げる検討が必要になってきます。

RTX 4060のゲーム別ベンチマーク結果まとめ

RTX 4060はフルHDで、ある程度高いスコアが出せています。

WQHD以上になるとスコアの伸びはストップ。RTX 3060 Ti以下に落ち着いてくるのは、メモリ帯域幅の影響が出ていると言えるでしょう。

ベンチマークの結果から、RTX 4060はフルHDがメインターゲット。ゲームによってはWQHDでも快適に遊べますが、設定調整は必須です。

>>RTX 4060搭載のゲーミングPCを見る

CyberPunk 2077でDLSSを試す

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しており、RTX4000シリーズであればDLSSとフレームジェネレーション(以降FG)が使えるので、テストをしてみました。

グラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」でも、DLSSとFGを使うと以下のように大幅にfpsを上げることができます。

レイトレーシング・ウルトラ+DLSS
RTX4060
FG OFF
RTX4060
FG ON
フルHD59fps98fps
WQHD46fps71fps
4K29fps40fps

ただし、DLSS+FGだからと言って万能ではありません。

レイトレーシングの設定を高くしたり高解像度にすると、ゲーム動作自体が重たくなります。

コントローラーやマウス操作に対してゲーム側のたつきが出てくるので、プレイしにくい状況が発生します。

ゲーム側の設定が高負荷な状態でDLSSを使っても完全に処理負荷の解消になりません

fpsを上げたいときはレイトレーシングを低めにするか、オフにすることをおすすめします。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

>>RTX 4060搭載のゲーミングPCを見る

3DMarkでベンチマーク

3DMarkのロゴ

3DMarkでRTX4060の性能比較をします。

ベンチマークの結果をそれぞれ表にまとめているので、参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマーク。

RTX 3060 Tiより低い値でした。

Speed Way

Port Royal

3DMark Port royal

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステスト。こちらもRTX 3060Tiより低い値でした。

Port Royal

Time Spy

3DMark TimeSPy

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyはRTX 3060 Tiより少し高くなりましたが、Time Spy Extremeでは低めの結果。

解像度が高くなると性能が出しにくくなることがわかります。

TimeSpy

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

Fire StrikeではRTX 3070を超える結果となりました。ExtremeやUltraになるとRTX 3060 Tiに負けます。やはりメモリ帯域幅の影響が出ていると考えられます。

FireStrike

DirectX Raytracing feature test

3DMark dxr11

処理負荷の高いレイトレーシングのテスト。fps(フレームレート)で計測します。

レイトレーシング性能はRTX 3060 Ti同等と言ってよいでしょう。

DirectX Raytracing

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSSは画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。今後DLSSに対応するゲームが増えてくるため、注目されています。

DLSS2のテストはRTX 3060 Tiと同等の結果でした。

DLSS2のテスト

DLSS 3のテスト

4000番台からDLSS 3に対応。3DMarkのDLSS 3は4K解像度でテストを行います。

以下はDLSS 3のテスト結果。RTX 4060は順当に低い結果となっています。

DLSS3のテスト

3DMarkの結果まとめ

  • RTX 4060はRTX 3060 Tiより10%ほど性能が低い結果。
  • WQHD以上になると完全にRTX 3060 Tiを下回る。
  • 基本的にフルHDが一番性能を活かせるGPU。

解像度が高くなればなるほどベンチマークの結果が下がっていくことから、RTX4060はフルHDがメインターゲットとなることは間違いありません。

特に4K解像度ではRTX 3060Tiより結果が低くなり、性能が発揮できるのはフルHDに限定される感じがあります。

>>RTX 4060搭載のゲーミングPCを見る

Palit GeForce RTX 4060 Dualの紹介

今回レビューで使用したグラボは、ドスパラで購入したPalit GeForce RTX 4060 Dualです。

Palit RTX4060 Dual 本体

オーバークロックではないモデルで、2つの大型ファンが付いています。

製品名Palit GeForce RTX 4060 Dual
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060
CUDAコア3072ユニット
メモリ8GB GDDR6
メモリインターフェース128-bit
ブーストクロック2460MHz
メモリクロック17Gbps
バスインターフェースPCI Express 4.0 x8
ディスプレイ出力端子DisplayPort 1.4a×3
HDMI 2.1a×1
補助電源8ピン×1
消費電力115W
システム電源容量600W
外形寸法約249.9×123.5×40.2mm
重さ約546g

Palit GeForce RTX 4060 Dualに付属品はありません。変換ケーブルや説明書もなく、本体のみ箱に入っています。

外観

Palit GeForce RTX 4060 Dualはオーソドックスな大きさなので、ミドルタワーなどの一般的なPCケースなら搭載することが可能です。

グラフィックボードの外装はプラスチック成型品。95mmのファンが2つ付いていて、冷却性能は高そうです。

Palit RTX4060 Dual

裏面は黒いプラスチックのバックプレートが付いています。

バックプレート

PCIe 8ピン一本で電源供給できるので、電源ケーブルがかさばることがありません。

RTX4060はPCIe8ピンで電源供給

出力はDPが3つ、HDMIが1つ。計4台のモニターに出力可能です。

RTX4060の出力

マザーボードとの接続はPCI Express 4.0 x8で端子の幅が短いです。

PCI Express 4.0 x16とx8の違い

PCI Express 4.0 x16とx8は互換性があるので、端子が短くても気にせず差し込みます。

PCI Express 4.0 x16差込口の右端についているロックはかからないので、グラボを取り外すときは、そのまま引き抜きましょう。

端子の差し込み

PALITロゴの下にあるラインは光ります。専用ソフトを使えばいろんな色で光らせることができるので、自分好みのライティングにカスタマイズ可能です。

グラボのLEDライティング

PalitのRTX4000シリーズにある一部のモデルは、3Dプリンターを使ってオリジナルのカバーを作ることができます。正直、難易度は高いと思いますが興味がある方はPalitのMAKERを覗いてみてください。

RTX 4060のメリット・デメリット

Palit GeForce RTX 4060 Dual
総合評価
( 3 )
メリット
  • フルHDでゲームをするなら快適にプレイができる。
  • RTX 3060より性能は高い。
  • DLSS3対応で、今後出てくるゲームが快適にプレイできる環境になる。
  • グラボ本体が小さく、ほとんどのPCケースに入る。
  • 電源ケーブルが8ピン1本で済むので、配線がスッキリする。
  • 省電力設計で、大きなPC電源が不要。
デメリット
  • 価格の割に飛びぬけた性能がない。
  • メモリの搭載量が少ないため、クリエイティブ作業で使いにくい。
  • 解像度が高くなると、フレームレートが出せなくなる。
  • RTX2000シリーズ以降を使っている人が乗り換えるメリットが少ない。
  • RTX4060よりRTX4060Tiの方が将来的に幸せ

フルHDのゲームをメインとしたグラボと考えれば、性能的には十分と言えます。

価格が問題で。この性能で5万円を超えるなら「高い」という印象。

4万円以内まで値下がりすればコストバランスが良いと感じます。もう少し安くなってほしいですね。

RTX 4060搭載のゲーミングPCとグラボ検索

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
マイクラ付き
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46
CPU:Core i5-13400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:159,800円
SSD 1TBにすると16,6800円
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
配線が見えないPC!
裏配線PC 新界
STORM
PZ-KFS46
CPU:Core i5-13400F
CPUクーラー:
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX4060
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD
参考価格:218,000
公式サイトを見る
別途送料2,200円。

ゲームメインならこれ!パーツのバランスがいい!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46

参考価格:169,980円
SSD 1TBにすると176,980円。

Core i5搭載モデル。B760、DDR4メモリー、SSD 500GB NVMe Gen3など、ゲームが快適に動作するために必要なパーツグレードが搭載されています。ゲームメインのPCがほしいならCore i5搭載のゲーミングPCで満足できます。

SSD容量が少な目なので、1TBにアップグレードしておくとよいでしょう。

実店舗もあるので、お店に行ける方はPCを触ってみると雰囲気がつかめていいですよ。納期が早いので、少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

STORMの新界!裏配線でケーブルが見えないインテリアPC!

裏配線PC 新界

GALLERIA PZ-KFS46

参考価格:218,000円

13世代Core i5-13400Fと画像表示機能付き水冷240mmCPUクーラーが採用されています。CPUがi5なので、空冷でも十分ですが、インテリアとしても使えるPCには画像表示機能付き水冷CPUクーラーがおすすめ。

チップセットにB760、DDR5メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、快適なゲーム環境が作れます。

MBに接続されるケーブル類が、全て裏配線になっていて表に見えず、内部まで綺麗に魅せるゲーミングPCになっています。

RTX 4060レビューのまとめ

RTX 4060ってどんな感じ?
  • フルHDがメインターゲット。
  • 画質を調整すれば、ある程度ゲームが快適に遊べる。
  • RTX 3060 Tiより性能は下回る。
  • メモリ帯域幅が狭いため、WQHD以上は弱い。
  • DLSS 3に対応しているが、GPUが弱く万能ではない。
  • 消費電力が115Wと大幅な省電力を実現。

基本性能はRTX3060Tiより少し落ちますが、フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイできます。

消費電力が115Wと低く、電気代にも優しい設計は良い点です。

DLSS 3に対応しているので、対応しているゲームならWQHD(低設定)ぐらいまで快適に遊べます。

メモリ帯域幅の影響で、4Kなどに解像度が上がると性能がだせません。

フルHDがメインターゲットと考えた方が良いです。

価格や性能を見る限り、RTX 4060 Tiを検討した方が幸せです。こちらの記事でくわしく解説していますので参考にしてください。

>>RTX 4000シリーズの比較はこちらの記事で紹介しています。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)