Gtracing ゲーミングチェアのガスシリンダー交換

スシリンダー交換アイキャッチ

Gtracingのゲーミングチェアを購入した時に、ガスシリンダーに初期不良がありました。

組み立てが終わり、椅子に座ってみたら「ドン!」と音が鳴って座面が下がり、椅子から立ち上がると「ドン!」と鳴って座面が上がってきました。

夜間の使用が耐えられない音の大きさだったので、ガスシリンダーの不良と言う事でGtracingさんに交換パーツを送ってもらい交換作業を行いました。

この記事はガスシリンダー交換必要な道具と、交換方法の解説をしています。

不良以外で交換する場合は、ガスシリンダーを購入する必要があります。
Gtracingの公式ガスシリンダーは売り切れになる事が多いです。
代替用のガスシリンダー(サンワサプライ)のリンクも貼っておきましたので、ご参考にどうぞ。

交換用ガスシリンダー
Gtracing 交換用ガスシリンダー

GtRacingのシリンダーは売り切れている事が多いです。

SANWA 交換用ガスシリンダー
サンワサプライのシリンダー(SNC-CYL)でも代用できます。
2WAYハンマー
ガスシリンダー取り外しの時にあると便利です。

Gtracingさんへの問い合わせ方法はこちらを参照ください

目次

道具を準備

準備する物

・35cm~40cmぐらいの長い木の棒(細い木はNGです)
・木の板(スマホサイズ以上で厚みは3cm以上あるものが良さそう
・ハンマー(ゴムハンマー、鉄ハンマーなど。強そうな物)

木材ですが、ホームセンターで買ったりしなくても100円均一にある物で良いですし、なんだったらその辺に落ちてる木があったらそれで代用できると思います。

木材

ガスシリンダーの取り外し方

本体からシリンダーを外す

一度装着したガスシリンダーはガッチリはまっているので手で抜く事は恐らく不可能です。

先ほど準備した長い木の棒をガスシリンダーの刺さっている横に当てて、ハンマーで4か所を叩いていきます。

木の棒を当てる場所は以下の4か所です。

鉄のハンマーを使う場合、絶対に木を当てて叩くようにしてください。
椅子を直接叩くと変形や破損の恐れがあります。

叩く場所_1
叩く場所_2
叩く場所_3
叩く場所_4

そこそこ力を入れて叩く必要があります。

何度か叩いているとシリンダーが外せるようになります。

キャスターからシリンダーを外す

キャスターの裏側からガスシリンダーに木の板を当てて、ハンマーで叩きます。これは力を入れないと外れないので思い切って叩いてください

私がシリンダーを外した時の体制は下図のような体制です。

シリンダーを下に向けて、正座をした足の間にシリンダを入れてキャスター部分を太ももに置く。

シリンダー裏側に木を当てて思いっきり叩いて外しました。

できれば台を準備した方が良いですが、一例として参考にされてください。

叩く時

※下の画像は本体とシリンダーが付いたままの写真です。この画像は木を当てる場所の参考としてください。

キャスターとシリンダーを外す

シリンダー交換時はカバーを忘れないで!

シリンダーが外れたら、交換をして組み立てて完了です。

以外とシリンダーのカバーを忘れて組み立ててしまう事があるので注意してください。

(私はやってしまいました・・・)

忘れがちなパーツ
忘れがちなパーツ

まとめ

以上が交換方法のご紹介でした。

一度取り付けたシリンダーはガッチリはまっているので取り外しに力がいります。

また、ハンマーで椅子をたたく時は絶対に木を当てるようにしてください。

怪我をしないように作業してくださいね!

正面の写真
交換用ガスシリンダー
Gtracing 交換用ガスシリンダー

GtRacingのシリンダーは売り切れている事が多いです。

SANWA 交換用ガスシリンダー
サンワサプライのシリンダー(SNC-CYL)でも代用できます。
2WAYハンマー
ガスシリンダー取り外しの時にあると便利です。

ゲーミングチェアを使っていたところ、ギシギシと音が鳴りだしたので改善しました。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる