\ Amazon 新生活SALE!最大10%ポイントアップ! /

DaVinci ResolveやPremireのエンコード時間はグラボで変わるの?4つのグラボで検証してみた

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
動画エンコードはグラボで変わるのか?

動画編集をしている人にとって、エンコード時間は重要なパートですよね。

最近はハードウェアエンコード(GPU)で時間短縮ができるようになったので、グラボをアップグレードしたら時間短縮になるのでは?と考えている人もいらっしゃるかもしれません。

先に結論を言うと「エンコード時間はソフトによってまちまち」。

この記事では、グラボがどれぐらいエンコード時間に影響するのか、3つのソフトを使ってテストをしてみました。

動画編集をしている人は、アップグレードの参考にしてください。

>>サクッとPCを見たい人はこちらからジャンプ

目次(見たいところからチェック!)
  • Amazon新生活セール開催!
  • 3月5日(火)23:59まで!
  • 最大10%ポイントアップキャンペーン!

グラボ別動画エンコード時間

3つのソフトでグラボ別エンコード時間を計測しました。

  • AviUtl
  • Adobe Premiere Pro(Ver 24.1)
  • DaVinci Resolve(Ver 18.6)

以下の条件でエンコードをしています。

  • 4K解像度で2分間の動画を使用。
  • H.264とAV1の2種でエンコード。
  • NVIDIAのGPU搭載グラボ4種。

AviUtl

無料の動画編集ソフトAviUtl。出力にはrigayaさんのNVEncを利用させてもらいました。

AviUtlのエンコード時間
AVI UtlH.264AV1
RTX30602分25秒NG
RTX4060Ti2分32秒2分31秒
RTX40702分31秒2分30秒
RTX4070Ti
SUPER
2分27秒2分26秒

グラボが変わっても、H.264・AV1共にエンコード時間に大きな差はありません。

RTX 4070 Ti SUPERが若干早いので、長時間の動画ではもっと差がでるかもしれません。

それでも極端な差が付く結果にはなっていません。

AviUtlを使っている人の場合、グラボのアップデートによるエンコード速度アップ効果はとても低いと言えます。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere ProはネイティブでAV1に対応していません。

AV1で出力するには、PluginのVoukoderを利用する必要があります。

今回のテストでは、H.264とAV1の両方をVoukoderから出力しました。

Premiere Proのエンコード時間
Premire ProH.264AV1
RTX30601分10秒NG
RTX4060Ti1分1秒1分2秒
RTX407058秒59秒
RTX4070Ti
SUPER
58秒59秒

結果は、差がでませんでした。

RTX3060よりRTX40系は早くなっていますが、グラボのグレードで見ると大した差ではありません。

RTX 4070 Ti SUPERはNVENCが2基搭載されていることから、エンコード時間の大幅短縮を期待したのですが、RTX 4070と変わりませんでした。

Voukoderには、デュアルエンコードを動かすための明確な設定がありません。

もしかしたら設定が間違っているのかもしれないと思い、Voukoderのフォーラムで質問をしています。→回答もらいました。以下Q&A参照。

Adobe Premiere ProとVoukoderを使っています。
4Kで2分の動画をエンコードします。
デュアルAV1エンコードの設定方法を教えてください。

Set “Preset” to either “Fastest (lowest quality)” or “Faster (lower quality)”.

プリセットでFastestかFasterを選択してください。

エンコードを試しました。
Faster:59sec
Medium:60sec
設定を変えてもエンコード時間が変わらないのですが、他に設定はありますか?

Voukoderはエンコーダーへのアクセスを提供するだけです。Voukoderが高速化をしているわけではありません。

ホスト(今回はPremiere)のレンダリングが遅い場合、どれだけCPU/GPUが速くてもVoukoderはそれを高速化することができず速度制限を受けます。

また、動画エンコードには様々な要素がからむため、高速化されるかどうかは状況によります。

Voukoderでもらった回答では、状況によってエンコード速度はまちまちだということでした。

念のため、動画にエフェクト、移動アニメを付けたテロップを載せて再度エンコードテスト。

エフェクト付き動画のエンコードテスト
Premire ProMediumFaster
RTX4070Ti
SUPER
1分10秒1分10秒

Voukoderの設定を変えても変化ありませんでした。

NvidiaのサイトにはPremiere ProもVoukoderでデュアルエンコード対象となっていましたが、今回のテスト環境ぐらいではエンコード速度に影響がでないのかもしれません。

ナオ

ネイティブ対応していない問題もあるのかな?ちょっと期待外れですね。。。

DaVinci Resolve

簡単な動画編集なら無償版で十分な機能を持っているDaVinci Resolve。

無償版ではGPU使用率が低かったり、AV1エンコードが選べないなど制限があります。

今回、無償版と有償版でエンコードしてみました。結果はこちら。

DaVinci Resolveのエンコード時間
Davinci ResolveH.264
無償
H.264
有償
AV1
有償
RTX30601分10秒50秒NG
RTX4060Ti1分09秒52秒49秒
RTX40701分10秒43秒46秒
RTX4070Ti
SUPER
1分11秒36秒35秒

無償版では、どのグラボでも同じようなエンコード時間になりました。無償版を使うなら、グレードが低いグラボでも問題は無さそうです。

有償版ではエンコーダーにNVIDIAを指定。無償版よりGPU使用率が高くなり、エンコード時間も短くなりました。

RTX 4070 Ti SUPERにおいてはデュアルエンコードの効果からか、RTX 4070より約10秒短くなりました。

【結論】エンコード時間はソフトの影響が大きい

この記事では、3つの動画編集ソフトを使って、エンコード速度を比較しました。

スクロールできます
ソフトエンコード速度備考価格
AviUtlグラボが変わっても、エンコード時間に大きな差はない。無料
Premiere Pro全体的にエンコード時間は早い。グラボ性能はあまり影響がなさそう。2,728 円/月
DaVinci Resolve
(有償版)
一番速い。グラボ性能が高くなるとエンコード時間も短くなる。41,800円

DaVinci Resolve(有償版)はグラボ性能によるエンコード時間の短縮が期待できます。

Premiere ProもVoukoderを使えばデュアルエンコード対応と書かれていましたが、明確な使い方が不明です。

AviUtlは無料ソフトなので、過度な期待はできないですね。

【余談】Premire ProはAV1ファイルの編集ができません

2024年2月現在、Adobe Premire ProはAV1のネイティブ非対応です。

そのため、Voukoder経由でAV1出力はできますが、出力したファイルの編集(読み込み)が出来ません。

その点、DaVinci ResolveはAV1の編集に対応しています。

エンコード時間や作業のしやすさ、サブスクリプションを避けたい人は、DaVinci Resolveをおすすめします。

\Amazon 新生活SALE!最大10%ポイントアップ!/
Amazon

クリエイティブにも使えるゲーミングPC

グラボ別にゲーミングPCをまとめました。

Stable Diffusionで1600×1600以上の画像を生成する場合、VRAMが8GBでは足りなくなります。大きな画像を生成する予定なら、RTX 4070以上をおすすめします。

RTX 4060 Ti 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
14世代CPU!
SSD1TB搭載
FRONTIER ミニタワー
FRGKB760
WS111/NTK
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:Deepcool AK400
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:600W 80PLUS BRONZE
参考価格:161,000円
公式サイトを見る
2,200円
~ 4,400円(税込)
納期が早い!
ドスパラ!
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46T
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:650W 80PLUS BRONZE
マイクラとXBOX Game Pass付属
参考価格:170,980
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
水冷CPUクーラー
搭載!

NEXTGEARのゲーミングPC
mouse
NEXTGEAR
JG-A7G6T
CPU:AMD Ryzen7 5700X
CPUクーラー:
水冷CPUクーラー240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B550
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
(8GBx2)
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:169,800円(送料無料)
>>レビュー記事はこちら
公式サイトを見る
送料無料
STORM 鏡界!
魅せるPC!
Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース
STORM
PG-KFSTi46
CPU:Core i5-13400F
CPUグリス:ナノダイアモンド
CPUクーラー:
STORM液晶付き水冷240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
(8GBx2)
電源:850W 80PLUS GOLD 
参考価格:209,800
公式サイトを見る
送料2,200円。
RTX4060Ti搭載ゲーミングパソコン

14世代CPU搭載!SSD1TBで容量も余裕!

FRONTIER ミニタワー

FRGKB760/WS111/NTK

参考価格:159,980円

Core i5-14400FとDDR4 32GB搭載。SSDが1TB搭載されています。M.2スロットは2つあるので、SSDの容量が足りないと感じたら後から増設も可能。

まずはコストを抑えてゲームを楽しみたい方むけのゲーミングPCです。

納期が早い!速くPCが欲しいならドスパラで!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46T

参考価格:170,980円

ドスパラで人気のゲーミングPC。グラボにRTX4060Tiが搭載されているので、フルHDゲームはサクサクプレイ可能。マイクラやXBOX Game Passが同梱されているので、はじめてのゲーミングPCとしておすすめです。

SSDが500GBなので、たくさんゲームをインストールすると、すぐに容量不足になります。1TBに増設しておくと安心ですね。

ドスパラは最短翌日出荷なので、早く遊びたい人におすすめです。

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:169,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

>>レビュー記事はこちら

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

STORMの鏡界!性能はもちろん、インテリアとしても魅せる!

Storm 鏡界 ゲーミングPCのケース

STORM PG-KFSTi46

参考価格:209,800円

Core i5-13400F搭載。B760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TB NVMe Gen3など、ゲームが快適に動作するために必要なパーツが搭載されています。電源にも余裕があるので、将来のアップグレードにも十分対応可能。

性能はもちろん、見た目にもこだわった満足度が高いゲーミングPCです!

ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中

RTX4060Tiグラボ検索

RTX 4070 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,980
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
6,600円。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)

無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:259,800円
公式サイトを見る
送料無料。
新界シリーズ!
配線が見えないPC!

STORM 新界 サイドフロー
STORM
PZ-KFB47
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:サイドフロー空冷
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
参考価格:278,000円
>>境界PCケースのレビュー記事
公式サイトを見る
送料2,200円。

おすすめRTX4070搭載パソコン

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:259,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

新界!配線が見えないゲーミングPC!

STORM 新界 サイドフロー

STORM PZ-KFB47

参考価格:278,000円

>>新界の実機レビュー記事はこちら

Core i7-13700Fとメモリ32GBを搭載。PCの中が透けて見える、魅せるゲーミングPCです。

配線を極限まで見えなくすることで、メカニカルで綺麗なインテリアPCとして仕上がっています。

中が見えるだけでなく、CPUクーラーやグラフィックボードなどが白で統一されています。綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中!/

RTX 4070 Ti SUPER 搭載ゲーミングPC

メーカー
商品名
仕様
価格優先なら!
FRONTIER フルタワー
FRGHB760
WS123
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:Deepcool AK400
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
80PLUS GOLD
参考価格:282,800円
送料:2,200円~4,400円
公式サイトを見る
マイクラ同梱!
納期が早い!

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA RA7C-R47TS
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
80PLUS GOLD
参考価格:319,980
送料:3,300円~6,600円
公式サイトを見る
高い満足感
美しいPC!
境界シリーズ

STORM 鏡界
STORM
PGS-KFSTi47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:
STORMオリジナル
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
80PLUS GOLD 
参考価格:329,000円
送料2,200円
>>境界のレビュー記事はこちら
公式サイトを見る

動画エンコード以外のクリエイティブ性能

グラボのクリエイティブ性能について、エンコード以外の性能もちょこっと紹介しておきます。

Blender benchmarkとStable Diffusionの生成速度で紹介しますね。

Blender benchmark

Blenderは3Dモデリングやアニメーション、レンダリングなどが行える総合3Dソフトです。

しかも無料。最近、ゲームやアニメ、映画にも使われるようになってきました。エヴァンゲリオンなんかで使われていますね。

そのBlenderのbenchmarkソフトは、3つのシーンをレンダリングするときのサンプル数を計測します。

数値が大きい方が高性能ということです。

Blender benchmark
Blendermonsterjunkshopclassroom
RTX30601055643594
RTX4060Ti1960892996
RTX4070268812821367
RTX4070Ti
SUPER
367617721836

Blender benchmarkでは、グラボのグレードが上がるにつれベンチマーク結果が良くなります。

3DCGレンダリングやリアルタイムレンダリングを使った作業では、高いグレードのグラボを使う方が作業がスムーズに行えることがわかります。

Stable Diffusion

PCにStable Diffusion環境をインストールし、画像生成をしてテストしました。

生成した画像

表の数値は「秒」です。短いほど速いグラフになっています。

StableDiffusionで画像生成
1536×2304
StableDiffusionで画像生成 2048×3072
Stable Diffusion1536×23042048×3072
RTX 30604分59秒14分8秒
RTX 4060 Ti4分10秒NG
RTX 40702分13秒9分21秒
RTX 4070 Ti
SUPER
1分33秒6分9秒

Stable Diffusionの場合、グラボのシリーズや番号が上がるにつれ、生成速度も速くなることがわかります。

特にRTX 4070 Ti SUPERからは飛躍的に速度アップ。

大きな画像生成をするときやトライアンドエラーを繰り替えすときは、グレードの高いグラボを選ぶことで生成時間の短縮化が可能です。

Stable Diffusionの画像生成速度について、こちらの記事で他のグラボも使った解説をしています。ぜひ参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)