\ブログ製作と雑記の記事を別宅に移動しました/

PS5にM.2 SSDを増設した!おすすめSSDと取り付け手順を解説します!

\安心と信頼!ゲーミングPCの老舗!/

PS5に外付けSSDを付けても、PS5のゲームを移動することはできますが、起動はできません。

内蔵M.2 SSDを増設する事で、PS5の容量不足を解消する事ができます。

2021年9月15日にPlayStation5の大型システムソフトウェアアップデートが行われ、内臓M.2 SSDの増設が対応されたので、実際にSSDの増設をしました。

M.2 SSDを増設するメリット、デメリット
  • PS5の容量不足を解消する事が可能です。
  • M.2 SSDにPS5のゲームを移動、起動する事ができます。
  • PS5のUSBポートを消費する必要がありません。
  • M.2 SSDが高い。
    →この記事で、コスパの良いM.2 SSDを紹介します。
     ヒートシンクも紹介します。
  • M.2 SSDを自分で実装する必要がある。
    →この記事で、M.2 SSDの実装手順を解説します。

この記事では、使ったM.2 SSD、ヒートシンクと増設手順の説明をしていきます。

今回紹介するM.2 SSD(CFD販売 PG4VNZシリーズ1TB)とヒートシンクのセットは、私が実際に購入をして実装をした製品です。動作確認まで完了しているので増設が不安に感じている方も安心してもらって大丈夫です。

目次

PS5で使う外付けSSDと内蔵M.2 SSDの違い

PS5は外付けSSDと内蔵M.2 SSDを使う事ができます。

ただし、できる事が違うので、以下の表を確認して間違えないようにしてくださいね。

外付けSSDでできること
内蔵M.2 SSDでできること
  • PS4のゲームを保存、起動ができる。
  • PS5のゲームを保存できるが、起動はできない。
  • ゲームを起動する時は、PS5本体へコピーし直す必要がある。
  • PS4のゲームを保存、起動ができる。
  • PS5のゲームを保存、起動ができる。

PS5に対応している内蔵M.2 SSDの仕様

先にPS5に実装するM.2 SSDの条件を確認しましょう。

PS5に対応しているM.2 SSDは条件が厳しめ。

熱対策の為にヒートシンクを付ける事が必須となっています。

M.2 SATA SSDは見た目が似ていますが対応していないので注意していください。

項目仕様
インターフェースPCI-Express Gen4x4対応M.2 NVMe SSD (Key M)
ストレージ容量250GB~4TB
対応サイズ2230
2242
2260
2280←これが一番多い
22110
ヒートシンクを含むサイズ幅:最大25mm
長さ:30 / 40 / 60 / 80 / 110mm
高さ:最大11.25mm(基盤から上8.0mmまで、基盤から下2.45mmまで)
読み込み速度5,500MB/秒以上を推奨
ソケットタイプSocket 3 (Key M)
注意点M.2 SATA SSDは対応していません。
PS5に対応しているSSDの仕様

PS5に対応したオススメM.2 SSD 比較表

M.2 SSD比較Sumsung 980pro

Samsung 980 PRO 1TB
CFD PG4VNZ 1TB
CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB
Western Digital SN850
Western Digital WD BLACK SN850シリーズ
Seagate firecuda 530
Seagate FireCuda 530 M.2 1TB
オススメ順位3位
samsungブランドの信頼性が高い。
1位
コスパ最強!
ヒートシンクと合わせても最安です!
4位
世界的に有名なメーカー。価格的、機能的に普通。
2位
価格は一番高い。
書き込み総量の多さと速度が一番早い。
型番MZ-V8P1T0BCSSD-M2M1TPG4VNZWDS100T1X0EZP1000GM3A013
容量 1 TB (1000 GB) 1 TB (1000 GB)1 TB (1000 GB)1 TB (1000 GB)
フォームファクタM.2 2280M.2 2280M.2 2280M.2 2280
インターフェイスPCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)
プロトコルNVMe 1.3cNVMe 1.3NVMe 1.3NVMe 1.4
読み込み速度(Max値)7000 MB/s7000 MB/s7000 MB/s7300 MB/s
書き込み速度(Max値)5000 MB/s5500 MB/s5300 MB/s6900 MB/s
TBW(書き込み総量)6007006001275
備考1日あたり328GBの書き込みで5年1日あたり380GBの書き込みで5年 1日あたり328GBの書き込みで5年 1日あたり690GBの書き込みで5年
保証期間5年5年5年5年
参考価格23,212円 19,69724,617円25,480円
製品リンク980PROを見るPG4VNZを見るSN850を見るFireCudaを見る
CFD PG4VNZ シリーズ 仕様https://amzn.to/3nBy08q

TBW(Total Bytes Written)はSSDに書き込める総量の事です。1TBW=1TBの書き込みができる事を指します。
「CFD販売 PG4VNZシリーズ1TB」だと、700TBW=700TBの書き込みができるという事になります。

読み込み速度が3,000MB/秒等のM.2 SSDでも動作するようですが、保証が無いので今回は記載していません。

実装したM.2 SSDとヒートシンク

M.2 SSD

実装したM.2 SSDはCFD販売 PG4VNZシリーズ1TBです。

PS5に対応するM.2 SSD条件を満たしています。

Samsung 980 PROなども実装できますが、CFD販売 PG4VNZシリーズ1TBの方がコストパフォーマンスは高いです。

CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB
CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB
CFD PG4VNZ シリーズCFD PG4VNZ 2TB

2TB
CFD PG4VNZ 1TB
1TB
CFD PG4VNZ 500GB
500GB
型番CSSD-M2M2TPG4VNZCSSD-M2M1TPG4VNZCSSD-M2M5GPG4VNZ
容量2 TB (2000 GB)1 TB (1000 GB)500 GB
フォームファクタM.2-2280 両面実装M.2-2280 両面実装M.2-2280 両面実装
インターフェイスPCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)
プロトコルNVMe 1.3NVMe 1.3NVMe 1.3
コントローラーPhison PS5018-E18Phison PS5018-E18Phison PS5018-E18
NANDフラッシュMicron 3D TLC (B27B)Micron 3D TLC (B27B)Micron 3D TLC (B27B)
キャッシュメモリDDR4 2GBDDR4 1GBDDR4 512MB
読み込み速度(Max値)7000 MB/s7000 MB/s6500 MB/s
書き込み速度(Max値)6850 MB/s5500 MB/s2850 MB/s
ランダム読み込み650K IOPS350K IOPS170K IOPS
ランダム書き込み700K IOPS700K IOPS600K IOPS
TBW1400700350
備考1日あたり765GBの書き込みで5年1日あたり380GBの書き込みで5年 1日あたり190GBの書き込みで5年
保証期間5年5年5年
製品リンク2TB SSDを見る1TB SSDを見る500GB SSDを見る
CFD PG4VNZ シリーズ 仕様

ヒートシンク(放熱版)

合わせたヒートシンクはアルミニウム製のヒートシンク。

付属のドライバーはPS5のM.2 SSD取り付け時にも使えるのでお得です。

できるだけ放熱効率を上げるため、M.2 SSDの表と裏を挟み込むタイプにしました。

ヒートシンクはネジ止めするタイプです。

ヒートシンク
ヒートシンク

ヒートシンクをゴムバンドで止めるタイプや、耐熱シールで止めるタイプもありますが、劣化して切れるという口コミがあったので、ネジ止めタイプを選択しました。

設置して約11ヶ月経過後、PC内の掃除をしていたら固定ゴムが2本とも切れていたことに気がつきました。

Amazonレビュー

PG4VNZシリーズ 1TBはすぐに売り切れるみたいです。
増設をお考えの方は、早めにチェックしておきましょう。

ネジ締め用ドライバーも付いていました。
PS5のSSDカバーのネジにも使えるサイズでした。

PS5のシステムソフトウェアアップデート

M.2 SSDの増設をする前に、PS5のシステムソフトウェアアップデートをしておきましょう。

PS5をインターネットに接続して起動すれば、自動でダウンロードが始まります。

ガイドにそってアップデートしてください。

M.2 SSDにヒートシンクを付ける

M.2 SSD(CFD販売 PG4VNZシリーズ1TB)は片面にメモリが付いているタイプ。

M.2 SSD表裏
M.2 SSDの表裏

今回使うヒートシンクには冷却シートが2枚付属しています。1mmと0.5mmの厚みです。

M.2 SSDの表側に1mmの冷却シートを付けて、裏面は0.5mmのシートを付けます。

冷却シート
冷却シート

冷却シートの両面に透明シートが付いています。

ヒートシンクを取り付ける前に、必ず両面の透明シートをはがしましょう。

透明シートをはがす
透明シートをはがす

ヒートシンクのリブが立っている方が、M.2 SSDの表側に来るようにセットしてネジ止めします。

M.2 SSDを設置する時、表裏を間違えないように気を付けてください。

※画像でも見えていますが、M.2 SSDの端子にある切り欠け位置を参考にしてください。

ヒートシンクセット後
ヒートシンクセット後

これでSSDの準備完了です。

PS5にM.2 SSDを増設する手順

用意する物
  • PS5本体
  • PS5の下にひく柔らかい台(今回はタオルを使っています)
  • 明るい場所
  • プラスドライバー(No1)(今回使うヒートシンク付属のドライバーでもOK)

PS5の電源をOFFにして、ケーブルやデバイスを全て取り外します。

PS5本体が冷えてから、柔らかい布などを引いて横に倒して設置します。

この時、PS5のカバーにあるPSマークが底方向に向くように置きます。

画像のように本体カバーの角部分を持ち上げながら、本体下側にスライドさせる事で、カバーを外す事ができます。

けっこう力がいるので、思い切って外しましょう。

PS5のカバーを外す
PS5のカバーを外す

SSDが入る場所にあるカバーがネジ止めされているので、ネジを外してカバーと取ります。

SSDが入る場所
SSDが入る場所

M.2 SSD 22110用のネジ穴(110と書いてあります)にネジが付いているので外します。

SSDを止めるネジを取る
M.2 SSDを止めるネジを取る

ネジと一緒にスペーサーが付いているので、無くさないようにしてください。

SSD固定用ネジとスペーサー
M.2 SSD固定用ネジとスペーサー

スペーサーをM.2 SSD 2280用のネジ穴(80と書いてあるところに)に装着します。

スペーサーを80にセット
スペーサーを80にセット

スペーサーを付けたら、ヒートシンクを付けたM.2 SSD(CFD販売 PG4VNZシリーズ1TB)を装着します。

装着の向きがあるので、端子の切りかけ方向を確認してください。

SSDの切りかけ位置確認
M.2 SSDの切りかけ位置確認

M.2 SSDの差込口が見えづらいので注意してください。図の矢印部分が差込口です。

M.2 SSDをゆっくり入れてください。引っ掛かりがあったら無理をせず、付け直しましょう。

M.2 SSDの差込口
M.2 SSDの差込口

装着が完了したらSSDのネジを締めて、カバーを閉じます。

M.2 SSDを止めるネジを付け忘れないようにしてください。

M.2 SSD装着完了
M.2 SSD装着完了

>>CFD販売 PG4VNZシリーズ1TBへのリンク

>>アルミニウム製のヒートシンクへのリンク

最後にPS5のカバーを閉じたら装着完了です。

PS5でM.2 SSDを使う

M.2 SSDをフォーマットする

M.2 SSDの実装が完了したら、PS5の電源を入れます。

M.2 SSDがフォーマットされていなければ、フォーマットについての説明画面が表示されます。

「M.2 SSDをフォーマット」を選んでフォーマットしましょう。

M.2 SSDフォーマット画面
M.2 SSDフォーマット画面

フォーマットが完了したら、読み込み速度の測定結果が表示されます。

OKを押したらPS5のメニュー画面へ移動します。

読み込み速度画面の表示
読み込み速度画面の表示

ゲームのインストール先を変更する

PS5の画面右上にある「設定」から「ストレージ」を選択します。

設定からストレージ
設定からストレージ

ストレージの画面で「M.2 SSDストレージ」が増設されている事が確認できればOKです。

M.2 SSD増設確認
M.2 SSD増設確認

次にインストール先を確認します。

M.2 SSDストレージを取り付けた直後、PS5対応ソフトのインストール先は内蔵SSDになっています。

M.2 SSDに変更しておきましょう。

インストール先設定
インストール先設定

内蔵SSDにインストールされているゲームをM.2 SSDに移動する事もできます。

本体ストレージ
本体ストレージ

設定 > ストレージ > 本体ストレージ > ゲームとアプリ」から、「移動する項目を選択」で移動させるゲームを選択してM.2 SSDに移動させる事ができます。

ゲームの移動
ゲームの移動

PG4VNZシリーズ 1TBはすぐに売り切れるみたいです。
増設をお考えの方は、早めにチェックしておきましょう。

ネジ締め用ドライバーも付いていました。
PS5のSSDカバーのネジにも使えるサイズでした。

まとめ

PS5のM.2 SSD増設は簡単に行う事ができました。

増設したM.2 SSDはPS5で問題無く稼働しています。

PS5のM.2 SSDは必要スペックが高く、対応したM.2 SSDが少ない事とヒートシンクが必要な点がネック。

内臓SSDを増設する事で、USB端子を使わなくても容量不足が解消できる点のメリットはとても大きいです。

今回紹介したM.2 SSD(CFD販売 PG4VNZシリーズ1TB)とヒートシンクのセットは、私が実際に購入をして実装をした製品です。
動作確認まで完了しているので増設が不安に感じている方も安心してもらって大丈夫です。

この記事がM.2 SSDの増設をお考えの方に参考になれば幸いです。

PS5に対応したM.2 SSD 比較表

M.2 SSD比較Sumsung 980pro

Samsung 980 PRO 1TB
CFD PG4VNZ 1TB
CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB
Western Digital SN850
Western Digital WD BLACK SN850シリーズ
Seagate firecuda 530
Seagate FireCuda 530 M.2 1TB
オススメ順位3位
samsungブランドの信頼性が高い。
1位
コスパ最強!
ヒートシンクと合わせても最安です!
4位
世界的に有名なメーカー。価格的、機能的に普通。
2位
価格は一番高い。
書き込み総量の多さと速度が一番早い。
型番MZ-V8P1T0BCSSD-M2M1TPG4VNZWDS100T1X0EZP1000GM3A013
容量 1 TB (1000 GB) 1 TB (1000 GB)1 TB (1000 GB)1 TB (1000 GB)
フォームファクタM.2 2280M.2 2280M.2 2280M.2 2280
インターフェイスPCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)PCI Express 4.0 (x4)
プロトコルNVMe 1.3cNVMe 1.3NVMe 1.3NVMe 1.4
読み込み速度(Max値)7000 MB/s7000 MB/s7000 MB/s7300 MB/s
書き込み速度(Max値)5000 MB/s5500 MB/s5300 MB/s6900 MB/s
TBW(書き込み総量)6007006001275
備考1日あたり328GBの書き込みで5年1日あたり380GBの書き込みで5年 1日あたり328GBの書き込みで5年 1日あたり690GBの書き込みで5年
保証期間5年5年5年5年
参考価格23,212円 19,69724,617円25,480円
製品リンク980PROを見るPG4VNZを見るSN850を見るFireCudaを見る
CFD PG4VNZ シリーズ 仕様https://amzn.to/3nBy08q
ナオのゲーミングデバイスはNURO光を使っています。

>>NURO光に乗り換えた時の記事も公開中<<

NURO 光がお得に使える!?
Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる