Razer BlackShark V2 レビュー|軽くて大き目のゲーミングヘッドセット!

Black Shark V2 レビュー

ゲーミングヘッドセットが小さくて困っていませんか?

私、いくつもゲーミングヘッドセットを持っていますが、大きさに余裕がるゲーミングヘッドセットがありません。

今回レビューするRazer(レイザー)Black Shark V2は、本体が軽く、イヤーカップの長さ調整幅が広い。

重たいヘッドセットが苦手なかたや、頭が大きいかたも快適に使う事ができます。

この記事で、イヤーカップからヘッドバンド頂点までの長さも調べているのでご覧ください。

Black Shark V2 の特徴
  • 軽い!(約260g)
  • イヤーカップの調整が長い。頭の大きい人でも大丈夫。
  • イコライザーの調整幅が広く、足音特化や映画特化の設定が作りやすい。
  • ボリューム調整ダイヤルが操作しやすい。
  • 刺さるような音は無く、全体的に優しい音。
  • PC専用サウンドカード付属。THX Spatial Audioが使えます。
  • PC専用ソフト「Synapse 3」で幅広くカスタマイズ可能。
  • PCで使う事で本領発揮。

Black Shark V2はPCで使用する事を強くおすすめます。
イコライザーで調整をした方がBlack Shark V2の良いところを引き出せます。
PSやSwitchでも使う事はできますが、イコライザーが使えないため、実力は出しきれないと考えてください。

目次

Black Shark V2 製品仕様

black shark V2 付属品
black shark V2 付属品
項目仕様
スピーカードライバー・Razer TriForce チタン 50mm ドライバー
・周波数特性:12 Hz ~ 28 KHz
・インピーダンス:32 Ω @ 1 KHz
・感度 (1kHz):100dBSPL/mW、1KHz
イヤーカップ内径65 x 40 mm 
イヤーパッドソフトな FlowKnit製メモリーフォームイヤークッション
マイク ・取り外し可能 Razer HyperClear カーディオイドマイク
・周波数特性:100Hz-10KHz
・S/N 比:60dB
・感度 (1kHz) -42dB V/Pa、1KHz
・集音パターン:単一指向性
本体コントロール・ボリューム調整
・マイクのミュート切り替えボタン
ケーブルRazer SpeedFlex ケーブル(1.8m)
サラウンドTHX Spatial Audio
接続方法4極3.5mm 端子 + USB サウンドカード
製品サイズ高さ200mm × 幅170mm × 厚み100mm
重量262g
付属品・ポーチ
・USBサウンドカード
・取り外し可能マイク
・説明書
・ステッカー
価格10,980円(税込み)
Black Shark V2 製品仕様

Razer Black Shark V2 外観と詳細

イヤーカップ

Black Shark V2イヤーカップ
Black Shark V2イヤーカップ

BlackShark V2のイヤーカップはプラスチック成型品でマットな質感。

一瞬、鉄製のイヤーカップかと思うほど見た目は高級感があります。

レイザーロゴは印刷です。本体、ロゴ共にLEDライティングはありません。

側圧は他のゲーミングヘッドセットに比べたら弱めです。だからと言ってズレたり、音漏れがヒドイようなことはありません。

Black Shark V2 のフレーム
Black Shark V2 のフレーム

イヤーカップを支えているフレームは1.8mm。太目の針金のようですが、見た目より強度があります。

それでもこの細さは心配。無理な力がかからないようにした方が良さそうです。

イヤーカップは片方で40mmの調整幅があります。

イヤーカップの長さ調整に段階が無いので、左右のイヤーパッドを同じ長さに調整するのは難しく、目視での調整になります。

イヤーパッドは通気性が良い

イヤーパッド
イヤーパッド

BlackShark V2のイヤーパッドの肌さわりは柔らかく通気性も良いです。

長時間の使用しても不快になることはありませんでした。

BlackShark V2のイヤーパッドの交換はできません。交換用のイヤーパッドも販売してないので劣化した時が心配です。

ボリューム調整ダイヤルとマイクミュート

ボリュームとミュート
ボリュームとミュート

BlackShark V2の左のイヤーカップに付いているボリューム調整ダイヤル。

小さいですが飛び出ているので、場所を見失う事がなく操作がしやすいです。

マイクミュートボタンは飛び出ている状態がマイクON。押し込まれてい状態がマイクOFFになります。

ボリューム調整ダイヤルは、真ん中に軽いロックがあるのが嬉しい。

手触りだけでボリュームが大きめなのか、小さめなのかわかりやすいです。真ん中のロックは全てのメーカーのヘッドセットに付けてほしい機能ですね。

ケーブルはメッシュタイプ

Black Shark V2 のケーブル
Black Shark V2 のケーブル

ケーブルはメッシュタイプで柔らかく、取り回しがしやすいです。

ケーブルの長さは1.8m。

ケーブルがイヤーカップから取り外しできないので、断線に気を付けて使わないといけません。

マイクは取り外し可能

Black Shark V2 のマイク
Black Shark V2 のマイク

BlackShark V2のマイクには「HYPERCLEAR カーディオイドマイク」が採用されています。

マイクの取り外しができるので、ボイスチャットをしない場合は外しておくことができます。

装着サイズ参考

イヤーカップから頂点までの長さ
イヤーカップからヘッドバンドの中心までの長さ

BlackShark V2のイヤーカップの中心から、ヘッドバンドの中心までの長さを調べました。

多少の誤差はあると思いますが、頭のサイズに合うか参考にしてください。

長さ
  • イヤーカップを一番短くした長さは「17cm」です。
  • イヤーカップを一番長くした長さは「21cm」です。
ナオ

自分の耳の中心から頭の頂点まで、ヒモなど使って長さを計ってみてください。サイズの参考にしてくださいね。

■他のヘッドセットサイズ参考
ロジクール GPRO ヘッドセット:15.5cm-20cm
Arctis PRIM ヘッドセット:19.5cm固定

RAZER TRIFORCE チタン 50MM ドライバー

RAZER TRIFORCE チタン 50MM ドライバー

BlackShark V2に搭載されているTRIFORCE 50mmドライバーは低、中、高音域の音をそれぞれ出力する事ができるため、音のかたよりがありません。

ダイヤフラム(音の振動を伝える膜)にチタンコートをすることで反応を高め、音をハッキリとわかりやすく鳴らします。

TRIFORCEドライバーは周波数帯域の調整に重点を置いているとの事。

音のバラツキを抑える事で、安定した音質を再現しています。

Razer Black Shark V2 の音質

全音域が若干こもっているように聞こえます

高い音は耳に刺さるような音ではなく、抑えめの聞きやすい音質。

音の解像度は高くないですが、全体的にフラット。イコライザーで調整しやすい音になっています。

イコライザーを調整する事でBlackShark V2は本領発揮すると考えて良いでしょう。

次にイコライザー調整をするためのソフト「Synaps3」の機能について紹介します。

Synaps3の機能紹介

PC専用ソフトSynaps3で音質調整するには、BlackShark V2に付属しているUSBサウンドカードを使って接続をする必要があります。PS、SwitchではSynaps3が使えませんのでご注意ください。

FPS向けイコライザー調整例

イコライザー調整例
イコライザー調整例

CodやApexのような競技性の高いFPSゲームで使う為のイコライザー設定例です。

中音域を下げる事で、足音や周りの銃声以外の音を抑えるようにしています。

Synapse 3のイコライザーで中音域を下げ、低音と高音を上げると自分の銃声を抑える事ができるので、周りの音にも反応しながらプレイをする事ができます。

BlackShark V2の能力を引き出すには、Synapse 3による調整が必須と考えた方が良いですね。

マイク調整

Synapse3 マイク設定
Synapse3 マイク設定
マイクで設定できること
  • マイクの音量調整。
  • マイクブーストのON、OFF
    マイクボリュームが小さい時にONにする。
  • ボイスゲート。
    一定の音レベル以下をカットする。ノイズカット用。
  • ボリュームの正規化。
    急に大きな音が出た時に音量を調整する。
    全体的にボリュームが上がって聞こえる。
  • 音声の明瞭度。
    マイク音が聞こえやすいように強調される。
  • 周辺音の遮断。
    キーボードのタイプ音や周りの音をカットする。
  • マイクイコライザー
    マイクの音質調整を行う。
  • マイクモニタリング
    自分の声が聞こえるようになる。

特にこだわりがなければマイクモニタリングだけ調整すれば良いです。

その他の設定は初期設定で問題ありません。

THX SPATIAL AUDIO サラウンドシステム

THX Spatial Audio設定
THX Spatial Audio設定
THX SPATIAL AUDIO サウンド設定

■PCでTHX SPATIAL AUDIOを使う場合のサウンド設定

  • PCにUSBサウンドカードを接続。
  • Synapse 3でTHX Spatial Audio設定をON。
  • サウンド設定で「THX Special Audio」を有効。
  • 音が鳴らない場合は他のサウンドデバイスを無効化してみてください。
THXモード対応
THXモード対応

THX Spatial Audio設定をONにして、手動にチェックを入れた時、「THX」マークがついているアプリケーションはTHXオーディオに対応しています。

対応しているアプリケーションは、右にある「立体音響出力」に「THX 競技モード」と「THX 環境モード」が追加されます。アプリケーションのゲーム内容によって選択しましょう。

FPS:THX 競技モード
アクションやRPG:THX 環境モード

THXサラウンドはFPSゲームには向いていない

THXサラウンドは真後ろと斜め後ろの差がわかりにくいです。

銃声や高音がこもった音になり、他の音より聞こえにくくなります。

イコライザーを調整しても改善できませんでした。

FPSゲームをする時、THX SPATIAL AUDIOをOFFにする事をおすすめします。

映画やアクションゲーム、RPGではTHX SPATIAL AUDIOをONにして迫力のあるサラウンドを体感しましょう。

まとめ

良いところと気になるところ
  • 軽い!(約260g)
  • 側圧は弱めで長時間使っても疲れにくい。
  • イヤーカップの調整が長い。頭の大きい人でも大丈夫。
  • ボリューム調整ダイヤルが飛び出ていて操作しやすい。
  • 刺さるような音はなく、全体的に優しい音。
  • Synapse3のカスタマイズ項目が多く、細かく調整できる。
  • イコライザーの調整幅が広く、足音特化や映画特化の設定が作りやすい。
  • ケーブルが交換できない。
  • イヤーパッドが交換できない。
  • イヤーカップを支えているフレームが細くて心配。
  • Synapse3を使わないと本領発揮できない。
  • THKサウンドはFPS向きではない。

Black Shark V2は本体が軽く、側圧も弱めなので長時間使っていても疲れにくいです。

イヤーカップの調整幅が広いので、頭の大きなかたでも付けやすいと感じるはず。

イコライザーの調整が無いと、全体的にフラットでこもった音になるのでPSやSwitchなどの家庭用ゲーム機では本領発揮できません。

PCで使うなら非常に優秀なゲーミングヘッドセットと言えます。

Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる