\ Amazon スマイルSALE!最大8%ポイントアップ! /

10万円で買えるゲーミングノートPC GALLERIA RL5R-G165を実機レビュー

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
10万円以下のゲーミングノートPC GALLERIA RL5R-G165を実機レビュー
  • 安くてそこそこ動くゲーミングノートPCを知りたい。
  • 安いゲーミングノートPCってどれぐらい遊べるの?
  • ゲーミングノートPCって持ち運びできる?

こんな疑問をお持ちの方へ。

今回、サードウェーブ様より「GALLERIA RL5R-G165」をお借りして使ってみました。

GALLERIA RL5R-G165はドスパラで販売されている10万円で買えるゲーミングノートPCです。

グラフィック処理の軽いゲームなら100fps以上で遊ぶことが可能。

144Hzの液晶ディスプレイでGPUにGeForce GTX 1650が採用されており、ゲーミングPCとしてはそこそこ動くノートPCに仕上がっています。

この記事では、GALLERIA RL5R-G165の仕様や見た目、ゲーム別ベンチマークの結果やメリット・デメリットを知ることができます。

安いゲーミングノートPCをお探しの方は参考にしてください。

目次(見たいところからチェック!)
アマゾン スマイルセール
  • Amazonスマイルセール開催!
  • 4月22日(月)23:59まで!
  • 最大8%ポイントアップキャンペーン!

GALLERIA RL5R-G165の紹介

GALLERIA RL5R-G165

まずはGALLERIA RL5R-G165の特徴から。

  • 10万円で買えるゲーミングノートPC。
  • 処理の軽いゲームなら100fps以上でる。
  • そこそこ動くゲーミングノートPC。
  • 必要な機能は一通り搭載されている。
  • やっぱ重たい。気軽に持ち運びは厳しい。

いろんなゲームがそこそこ動くゲーミングノートPCです。

バトロワ系のFPSゲームやインディーズ系など、手軽にゲームを楽しみたい方にちょうどよいスペックになっています。

特に相性が良いと感じたゲーム

  • VALORANT
  • Apex
  • Fortnite
  • FF14
  • Mincraft

GALLERIA RL5R-G165の仕様

項目仕様
商品コードRL5R-G165
CPUAMD Ryzen 5 6600H
3.3GHz-4.5GHz/6コア/12スレッド
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
AMD Radeon Graphic
ディスプレイ144Hz 15.6インチ 非光沢フルHD液晶
(1920×1080ドット表示)
キーボードシングルRGB対応
日本語配列102キー キーボード(かな印字)
SSD500GB Gen4 NVMe SSD
メモリ16GB DDR5 SO-DIMM
(PC5-38400/8GBx2)
光学ドライブ無し
カードリーダーSDカードリーダー (SDXC/SDHC対応)
電源ACアダプター (120W)
バッテリーリチウムイオンバッテリー(約8.9時間)
WEBカメラHD画質 WEBカメラ
LAN1Gb Ethernet対応LANポート x1
通信インテル Wi-Fi 6E AX210NGW
(IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
Bluetooth 5.3
入出力ポート3.2Gen1 Type-A x2
3.2Gen2 Type-C x1(※Type-CはUSB data only)
USB2.0 Type-A x1
HDMI2.1 x1,miniDP1.4a x1
マイク入力 ×1
マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 x1 (3.5mm / CTIA)
サイズ約 360(幅) x 244(奥行) x22(高さ 最薄部)mm
重量約2.1kg
RL5R-G165の仕様

CPUにAMD Ryzen 5が採用されています。グラフィックはAMD Radeon GraphicNVIDIA GeForce GTX 1650 4GBの2種が使えますが、基本的にGeForce GTX 1650を使います。

Radeon Graphicなどオンボードグラフィックは処理性能が低いので、ゲームをするときにGeForce GTX 1650が選択されているか確認しましょう。

RL5R-G165の外観

GALLERIA RL5R-G165 ディスプレイを開けたところ

144Hz 15.6インチ液晶モニターで、本体サイズは約 360(幅) x 244(奥行) x22(高さ 最薄部)mm。

PC本体だけで約2.1kgあるので、常に持ち運ぶのは厳しい重さです。

前面には出力や入力のインターフェイズが無く、とてもシンプル。

RL5R-G165を前から見たところ
RL5R-G165を前から見たところ

右側面にSDカードリーダーとUSB 3.2Gen1が2つ。USBの右側に見えるスリットは排熱用の穴です。

左側面はヘッドホンとマイク入力、USB2.0が1つ。ヘッドホンは4極対応なので、ゲーミングヘッドセットが4極プラグならマイクとの分岐が必要ありません。

左側面の後ろ側にはマイクロセーバー(セキュリティロック)の穴があります。一般ではほぼ使わない機能かと思われます。会社などでは使っているところがあるかもしれません。

背面はminiDPポート、USB 3.2Gen2 Type-C、HDMI、LAN、電源ジャックが並びます。背面のUSB Type-Cはデータ通信のみ可能で、充電はできません。

HDMI出力ができるので別にモニターを準備すれば、インターネットで攻略サイトを見ながらゲームをプレイするなんてことも可能です。

RL5R-G165 背面の入出力

背面の両サイトにあるスリットも排熱用。ゲームをしているとここから熱風が吹き出すので、物でふさがないようにしないといけません。特に飲み物、食べ物を置いておくと温かくなってしまうので注意です。

RL5R-G165の背面

キーボードは10キーが付いたタイプ。

GALLERIA RL5R-G165 キーボード

キーにはLEDが入っていて光らせることができます。

キーボードを光らせたイメージ
出典:ドスパラ公式サイト

キーボードの左下にFN(ファンクション)キーがあります。HOMEやEND、スピーカーのボリューム調整など、一部の機能はFNキーを押しながら使います。

GALLERIA RL5R-G165のFNキー

キーの1辺は約15mm。キーの隙間は3mm。

GALLERIA RL5R-G165のキーピッチ

キーの高さは2mmぐらいで、軽い板を押している感じ。普段メインブレンのキーボードを使っている人は、なれるまで操作しにくく感じるかもしれません。

GALLERIA RL5R-G165のキー高さ

電源ボタンの左は電源設定変更ボタン。ゲームプレイ時やオフィスソフト仕様時など、状況に応じて電源モードの切り替えができます。

GALLERIA RL5R-G165のファンコントロールスイッチ

ディスプレイは130度ぐらいまで開くことができるので、上から見下ろしながら画面を見ることが可能。

背が高い人やテーブルが低い場所でも、画面を見やすく調整できますね。

GALLERIA RL5R-G165は130度ぐらいまで開く

ACアダプターと電源ケーブル

ノートPCを使うときや充電のときに使うACアダプターと電源ケーブル。

2つ合わせると約570g。ノートPC(2.1Kg)と合わせると約2.7Kgになるので、気軽に持ち運べる重さではありません。もっと軽くなってほしいですね・・・

ACアダプタ 407g
電源ケーブル 160g

10万円で買えるゲーミングノートPC!Minecraft同梱ですぐ遊べる!

GALLERIA RL5R-G165

GALLERIA RL5R-G165

参考価格:104,980円

  • AMD Ryzen 5 6600H
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
  • 144Hz液晶モニター
  • DDR5 16GB
  • SSD 500GB

ApexやVALORANTなど、処理の軽いゲームなら100fps以上だせる!手軽にゲームを楽しみたい方向けのゲーミングノートPCです!基本的に翌日出荷で納期が早い。少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

\翌日出荷ですぐに届く/

ゲーミング性能をベンチマーク

ベンチマーク専用ソフトで計測、もしくは実際にゲームプレイをしてfps(フレームレート)を計測しました。

今回計測したのはこちらの6種。FPSゲームを中心に計測しています。

GALLERIA RL5R-G165はモニター解像度がフルHD(1920×1080)固定のため、計測もフルHDのみとしています。

ゲームプレイ中のfps計測にはMSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使っています。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

FPSゲームの中で処理負荷の低いApex。

低設定であれば、テルミットなどエフェクトが多く表示されるシーンではfpsの落ち込みがありますが、画面がカクつくほどではありませんでした。

Apex _RL5R-G165のfpsグラフ
Apexの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:138fps(77fps)
  • 高:68fps(47fps)

※平均値です。()内は最低fpsです。

ゲーム中のfps変動グラフ(ここを押すと開きます)

グラフィック設定を低くすれば平均100fps以上でプレイ可能です。テルミットグレネードなど激しいエフェクトが表示されると70fps程度まで落ち込みます。それでも60fps以上は出ており、激しいカクツキなどは感じませんでした。

RL5R-G165でApex グラフィック低設定
Apex 低設定

グラフィック設定を高くすると、平均68fpsと一気に落ち込みます。100fps以上と比べると画面の移動がスムーズではなく、やはり遊びにくさを感じます。特にシャドウ関係は処理が処理を重たくする原因。どうしても設定を高くしたい場合、シャドウの設定を切るなどして処理を軽くしましょう。

RL5R-G165でApex グラフィック高設定
Apex 高設定

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

FPSゲームの中でも処理負荷の高いCod MW2。

付属のベンチマークではなく、ドミネーションをプレイして計測をしています。

フルHDの最低設定でも70fps付近が限界。一瞬で勝負が付くFPSゲームとしては厳しいです。

極限設定は30fps出るかどうか。DLSSも使えないため、まともにプレイを続けられないため計測を断念しました。

CodMW2 RL5R-G165のfpsグラフ
Cod MW2の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:76fps(46fps)
  • 極限:計測断念

※平均値です。()内は最低fpsです。

ゲーム中のfps変動グラフ(ここを押すと開きます)

グラフィック設定を最低にしても70fps前後です。動きが早いFPSゲームなので、フレームレートが低いとハンデを背負うことになります。グラフィック処理の重たいゲームをプレイするのは厳しいですね。

RL5R-G165でCodMW2 グラフィック最低設定
Cod MW2 最低設定

グラフィック設定を高くすると、平均30fps以下まで落ち込みます。Codは動きが早く正確なエイムが要求されます。弾当たりが悪すぎて正直プレイ不可能といっていいレベル。計測を断念しました。

Fortnite

fortnite メインイメージ

Fortniteはバージョンアップを重ね、処理が重たくなってきました。

ただ、グラフィック設定を低くしても大きく見た目が変わらないので、低設定でプレイすることをおすすめします。

今回は以下の条件で計測しています。

fps計測の内容
  • ゲームモード:クワッド・ゼロビルド。
  • グラフィック設定:「低・最高」の2種で測定。
  • 低設定時の「3D解像度」は手動で100%に再設定。

低設定にすれば快適にプレイできました。Fortniteは近距離戦になりにくいゲームなので、100fps出れば十分楽しめます。

フォートナイト RL5R-G165のfpsグラフ
Fortniteの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低 :136fps(101fps)
  • 最高36fps(30fps)

※平均値です。()内は最低fpsです。

ゲーム中のfps変動グラフ(ここを押すと開きます)

グラフィック設定を低にすれば100fps以上出ます。グラフィック設定を下げても見た目の差がわかりにくいゲームで、プレイへの影響も少ないです。できるだけ低設定で遊ぶことをおすすめします。

RL5R-G165でフォートナイト グラフィック低設定
Fortnite 低設定

グラフィック設定を高くすると、平均30fps程度まで落ち込みます。画面のカクツキが目立ち、エイムも上手くいかなくなるので高設定はおすすめできません。

RL5R-G165でCodMW2 グラフィック最高設定
Fortnite 最高設定

VALORANT

VALORANT 壁紙
VALORANT

VALORANT自体、グラフィック処理が軽く多少古いPCでも快適なプレイができます。

グラフィック設定を高くしても平均144fps以上出せていました。

VALORANT RL5R-G165のfpsグラフ
VALORANTの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:221fps(171fps)
  • 153fps(139fps)

※平均値です。()内は最低fpsです。

ゲーム中のfps変動グラフ(ここを押すと開きます)

グラフィック設定を低すると200fpsを超えてきます。Fortniteと同じく、グラフィック設定を下げても見た目の差がわかりにくく、プレイへの影響もありません。できるだけ低設定で遊ぶことをおすすめします。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック低設定
VALORANT 低設定

グラフィック設定を高くしても平均144fps以上。液晶が144Hzなので、グラフィック設定を高くしても性能を引き出せています。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック高設定
VALORANT 高設定

高設定でVsyncをオンにしてみました。バトル中は、ほぼ144fpsになります。ところどころfpsが落ちているところは、ターン切替の間にある購入フェーズ。バトル中は高いfpsが維持できています。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック高設定とVsyncオン
VALORANT 高設定とVsyncオン

VALORANTはグラフィック設定を高くしても140fps以上出すことができました。他のFPSと違いゆったりとゲームが進行するので、ノートPCのキーボードでも操作に影響が少なくプレイできます。

今回検証したゲームの中で、GALLERIA RL5R-G165に一番マッチしたゲームはVALORANTだと感じました。

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。

高画質でも快適にプレイでます。標準品質にすれば非常に快適となるので、通常は標準でプレイする方がよさそうです。

FF14 標準高画質
フルHD非常に快適
15989
とても快適
11486
FF14 ベンチマーク

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。

結果は「普通」。プレイできないことはありませんが、グラフィック標準にする方が快適度はあがります。

FF15  標準 高画質
フルHDやや快適
5670
普通
3959
FF15 ベンチマーク

GALLERIA RL5R-G165は初心者向け

GALLERIA RL5R-G165は初心者(エントリー)向けゲーミングノートPCです。

処理が重たいゲームは苦手ですが、軽めのゲームなら100fps以上出すことができます。

基本的にゲームのグラフィック設定は低くすることが前提。初心者向けに価格を抑えたゲーミングノートPCという位置づけで考えるとよいでしょう。

10万円で買えるゲーミングノートPC!Minecraft同梱ですぐ遊べる!

GALLERIA RL5R-G165

GALLERIA RL5R-G165

参考価格:104,980円

  • AMD Ryzen 5 6600H
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
  • 144Hz液晶モニター
  • DDR5 16GB
  • SSD 500GB

ApexやVALORANTなど、処理の軽いゲームなら100fps以上だせる!手軽にゲームを楽しみたい方向けのゲーミングノートPCです!基本的に翌日出荷で納期が早い。少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

\翌日出荷ですぐに届く/

RL5R-G165のメリット・デメリット

GALLERIA RL5R-G165
総合評価
( 3 )
メリット
  • 10万円で買えるゲーミングノートPC。安い。
  • フルHDで気軽にゲームするなら十分遊べるスペック。
  • 通信ができれば、場所を選ばずゲームが遊べる。
  • 通信やUSBポートなど、必要な機能は一通り実装されている。
デメリット
  • SSDが500GBでカスタマイズも不可。1TBほしかったですね。
  • マウスが付いていないので、自分で準備が必要。
  • ゲーム中、ファンから出る熱で手が暑い。
  • ACアダプターが大きく重たい。持ち運びたくない。
  • グラフィック処理が重たいゲームはプレイができないことがある。

GALLERIA RL5R-G165を実際に使ってゲームをプレイしてみましたが、思った以上にヌルヌルと動いてくれました。

フルHD限定ですが、よほど処理の重たいゲームでなければ設定を調整して100fps以上出すことができます。

カジュアルプレイヤー向けと考えると十分な性能を持っていると言えます。

メモリはDDR5 16GBが搭載されているので問題ありませんが、SSDが500GBとやや少な目。カスタマイズでSSDの容量を増やすことができないので注意が必要です。

SSDのカスタマイズができません。

各ゲームの容量目安

ゲーム容量
Apex約67GB
Cod MW2約110GB
VALORANT約32GB
Fortnite約35GB
FF14約60GB
FF15約100GB
モンスターハンターライズ約35GB

GALLERIA RL5R-G165はカジュアルプレイヤー向け

10万円で買えるゲーミングノートPC「GALLERIA RL5R-G165」は手軽にゲームを楽しみたい方におすすめです。

こんな希望を持っている方ならおすすめできるゲーミングノートPCです。

  • デスクトップは置く場所が無い。
  • 友達とPCを持ち寄って一緒にプレイしたい。
  • ApexやFortnite、VALORANTなど手軽に遊びたい。

サイバーパンク2077やCodのようにグラフィック処理の重たいゲームをプレイするのは厳しいですが、VALORANTやApexなど処理の軽いゲームは快適にプレイできます。

グラフィック設定を高くすると、本体から出る風が熱風になるので注意が必要。できるだけ設定を下げて快適にプレイすることをおすすめします。

とにかくカジュアルにゲームを遊びたい!そんな方はGALLERIA RL5R-G165をご検討ください。

10万円で買えるゲーミングノートPC!Minecraft同梱ですぐ遊べる!

GALLERIA RL5R-G165

GALLERIA RL5R-G165

参考価格:104,980円

  • AMD Ryzen 5 6600H
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
  • 144Hz液晶モニター
  • DDR5 16GB
  • SSD 500GB

ApexやVALORANTなど、処理の軽いゲームなら100fps以上だせる!手軽にゲームを楽しみたい方向けのゲーミングノートPCです!基本的に翌日出荷で納期が早い。少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

\翌日出荷ですぐに届く/

安いデスクトップを探してる!という方は、GALLERIA RMC-G60Sを見てみてください。

こちらの記事でくわしく紹介しています。

逆に性能が高いゲーミングノートPCをお探しの方は、GALLERIA XL7C-R46を検討してみてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)