\ Amazon スマイルSALE!最大8%ポイントアップ! /

RTX 3070とRTX 4070はどっちがいい?性能比較とベンチマークの紹介

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 3070とRTX 4070はどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

グラフィックボード(以降グラボ)を選ぶとき「パーツは新しい方がいいのかな?」、「自分に合うのはどっちかな?」といったことを考えるのではないでしょうか。

今回、NVIDIAのミドルクラスGPU、RTX 3070とRTX 4070に焦点を当てて、それぞれの特性や性能を比較していきます。

どちらのモデルを選ぶべきか、具体的なデータをもとに一緒に考えてみましょう。

この記事を通してRTX 3070とRTX 4070の違いを理解し、どちらを選ぶか考える手助けができれば幸いです。

すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ
目次(見たいところからチェック!)
アマゾン スマイルセール
  • Amazonスマイルセール開催!
  • 4月22日(月)23:59まで!
  • 最大8%ポイントアップキャンペーン!

ゲーム性能:RTX3070とRTX4070どっちが優れている?

RTX 3070よりRTX 4070の方が30%~40%高いグラフィック性能を持っています。

ゲームによってバラつきはありますが、フルHD~WQHD解像度でRTX 4070の方が20fps~30fpsほど早くなりました。

CUDAコア数、ベースクロック、メモリスピードなど、RTX 4070の方が基本性能が高く、処理速度が全体的に早いと言えます。

RTX 4070は、RTX 3080に近い性能を持っており、RTX 3070よりベンチマークが高くなります。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

RTX 3070とRTX 4070はどっちを選べばいい?

  • コストを抑えつつ、そこそこ快適に遊ぶならRTX3070。
  • 消費電力を抑えつつ、本気でゲームをしたいならRTX 4070
RTX3070とRTX4070のグラボ
奥がRTX3070、手前がRTX4070

コストを抑えつつ、そこそこ快適にゲームをしたいならRTX3070

RTX3070のパッケージ

RTX 3070のメインターゲットはWQHDです。

WQHDならほとんどのゲームが快適にプレイ可能。多少処理が重たいゲームでも設定次第で100fps以上が狙えます。

グラボ単体で見ると、RTX 4070より1万円前後安く買うことができます。グラフィック設定を下げてもいい、ある程度快適ならOK!という人はRTX3070を選ぶ方がコスパが高くなります。

>>RTX3070搭載のゲーミングPCを見に行く

消費電力を抑えつつ、本気でゲームをしたいならRTX 4070

MSI VENTUS 2x RTX4070

RTX 4070のメインターゲットはWQHD。

消費電力がRTX 3070の220Wに対し、RTX4070は200Wと省電力。

ApexやFF14など、グラフィック処理の軽いゲームならWQHDで144fps以上余裕で出すことが可能です。

4Kでもグラフィック設定を調整すれば、快適にプレイできます。

WQHDで144fps以上出して、本気でゲームをしたいならRTX 4070です。

>>RTX4070搭載のゲーミングPCを見に行く

ゲーム別ベンチマーク

専用ベンチソフトが無いゲームの計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

fps計測をしたPC環境はこちら。

CPUCore i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB x2)
チップセットZ690
電源1000W

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってfpsやベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは専用ベンチマークソフトが無いので、実際にゲームをプレイしてfps計測しました。

Apexは処理の軽いゲームで、グラフィック設定を低くすれば多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

スクロールできます
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
Apexのfps平均値RTX3070RTX4070
フルHD(低)276298
フルHD(高)180256
WQHD(低)226279
WQHD(高)157217
4K(低)132178
4K(高)98128
fpsの値は平均値です

WQHDまでならRTX 3070で平均144fpsが出せています。

144fps張り付きなど、より高いfpsでプレイするならRTX 4070の方が有利になりました。

  • フルHD~WQHDでプレイするなら、RTX 3070でOK。
  • 4Kでプレイするなら、RTX 4070推奨。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Apexの設定内容やNVIDIAコントールパネルのグラフィック設定など、くわしい内容はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

スクロールできます
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果

スコア15000以上で「非常に快適」判定

FF14ベンチマークRTX3070RTX4070
フルHD(標準)34147
非常に快適
34375
非常に快適
フルHD(高画質)27735
非常に快適
30289
非常に快適
WQHD(標準)30689
非常に快適
32645
非常に快適
WQHD(高画質)22829
非常に快適
25252
非常に快適
4K(標準)22173
非常に快適
22933
非常に快適
4K(高画質)12925
とても快適
14720
とても快適

RTX 3070とRTX 4070はどちらも4K標準まで非常に快適判定になります。4K高画質でも画質調整をすれば、快適にプレイが可能です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

CyberPunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:CyberPunk 2077

CyberPunk 2077はPCゲームの中では最強クラスの重さを持っています。CyberPunk 2077に付いているベンチマークで計測をしました。

グラフィック設定や解像度が上がるほどRTX 4070の方が高いスコアを出します。

スクロールできます
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しています。RTX 4070でグラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」、DLSS フレームジェネレーションを使うと以下のようにフレームレートが上がります。

レイトレーシング・ウルトラ+DLSS
RTX4070
OFF
RTX4070
ON
フルHD98fps150fps
WQHD79fps116fps
4K52fps71fps

DLSSとフレームジェネレーションを使うことで、大幅にfpsを上げることができました。

ただし、4Kなど解像度が高いときはゲーム中の操作にモタツキが出たり、メニュー画面が重たかったりします。画面解像度が高いときにDLSSを使っても完全に処理負荷の解消にならないことがあるので注意が必要です。

高解像度でfpsを上げたいときはレイトレーシングを低めの設定にするか、オフにすることをおすすめします。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2のfps計測は、実際にドミネーションをプレイして計測しています。マップやプレイスタイルによってfpsは上下するので、参考値としてご覧ください。

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のFPSゲームです。

フルHDでRTX3070を使っても、グラフィック設定を高くすると130fps程度まで落ち込むため、処理が重たいFPSであることがわかります。

スクロールできます
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
CodMW2 平均fps結果RTX3070RTX4070
フルHD(最低)166208
フルHD(極限)133174
WQHD(最低)142188
WQHD(極限)101128
4K(最低)83114
4K(極限)5279
fpsの値は平均値です

フルHD(最低)ではどちらも平均144fps以上出ています。

WQHDでプレイするなら、RTX 4070の方が平均fpsが高く安定します。

Codを本気でプレイするならRTX 4070を推奨します。

DLSSのテスト

Cod MW2はNVIDIA DLSSが使えるので、RTX4070のWQHD最低設定でどこまでfpsが上がるかテストしてみました。

RTX4070DLSS オフDLSS オン
WQHD(最低)188 fps213 fps
WQHD(極限)128 fps168 fps

WQHD(最低)で、リスポーンのときは190fps前後まで落ち込みますが、それ以外は200fps以上を維持していました。

DLSSはフレームレートが上がりますが、画面全体が少しボヤっとした印象になります。画像にシャープさが無くなり、シーンによっては相手が見えづらくなるので注意してください。

  • フルHDでプレイするなら、RTX 3070でOK。
  • WQHDでプレイ、本気で勝つためならRTX 4070推奨。
  • fpsを優先するならシャープネスが弱くなりますが、DLSSオンも視野に入れる。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

Cod MW2の内容はこちらの記事でくわしく紹介しています。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。最近はグラフィックボードの性能が高くなってきたので、フルHDなら非常に快適の判定が出やすくなりました。

スクロールできます
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果
RTX3070とRTX4070の結果

スコアが12000以上で非常に快適の判定

FF15ベンチマークRTX3070RTX4070
フルHD(標準)19047
非常に快適
22722
非常に快適
フルHD(高画質)13936
非常に快適
17277
非常に快適
WQHD(標準)13021
非常に快適
16579
非常に快適
WQHD(高画質)10331
とても快適
13055
とても快適
4K(標準)7034
快適
8544
快適
4K(高画質)5997
やや快適
7318
快適

フルHDならどちらも非常に快適判定。WQHD以上はRTX 4070が推奨です。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

ゲーム別ベンチマーク結果まとめ

ゲームによってバラつきはあるものの、基本的には以下を基準に考えれば快適な環境が作れます。

  • フルHD:RTX 3070
  • WQHD:RTX 4070
  • 4K:RTX 4070(グラフィック調整あり)

ベンチマークの結果から、RTX 3070もWQHDまでならそこそこ遊べ、RTX 4070を使えば高いfpsが出せ、より快適に遊べることがわかります。

一瞬で勝負が決まるFPSゲームのようなゲームをプレイするなら、RTX 4070を推奨します。ライバルとのfps(フレームレート)による差を無くし、勝てる環境を作りましょう。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へジャンプ

その他のRTX4000シリーズをこちらの記事でまとめています。こちらも参考にしてください。

3DMarkの結果:RTX3070 対 RTX4070

3DMarkのロゴ

3DMarkのベンチマークを紹介します。

ベンチマーク結果を見るとRTX 4070の性能が高いことがわかります。

Speed Way

3DMark Speedway

Speed WayはDirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

SpeedWayの結果

RTX 4070の方が性能が高い結果となりました。

Port Royal

3DMark Port royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royal の結果

Speed Wayと同じく、RTX 4070の方が性能が高い結果でした。

全体的にRTX4000シリーズのスコアが高いことから、レイトレーシングコアの進化が見られます。

Time Spy

3DMark TimeSPy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストです。

Time Spy Extremeはレンダリング解像度が4K(3840×2160)です。

スクロールできます
TimeSpyの結果
Time Spy Extremeの結果

Time Spyも同じくRTX 4070が高い性能を出しています。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマークです。

スクロールできます
Fire Strikeの結果
Fire Strike Extremeの結果
Fire Strike Extremeの結果

RTX 4070の性能は高く、どの解像度でも一番高い結果でした。

メモリバス幅の影響か、解像度が高くなるとRTX 4070のスコアが伸びにくくなっています。それでもRTX3070より高いスコアを出しているところは注目。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS2のテスト。面解像度をフルHDに設定して計測をしました。

NVIDIA DLSS2のテスト

RTX 4000シリーズで使えるDLSS3のテスト結果はこちら。DLSS3は4K解像度でテストをします。

DLSS 3の結果

AIによるフレーム生成で、フレームレートが飛躍的に伸びます。今後、対応したゲームも増えてくるので、効果は期待できますね。

3DMarkの結果からわかること

3DMarkを総合的に見ると、RTX 3070よりRTX 4070の方がグラフィック性能は40%高い結果となりました。

解像度が4KになってもRTX 4070の方が性能が高いことから、メモリ帯域幅の狭さ以上にクロックやメモリスピード、キャッシュの高速化が効いていることがかわります。

仕様の比較

RTX 4070はRTX 3070に比べ、メモリバス幅以外すべての性能がアップしています。

クロック数やVRAMの容量などもRTX 4070は強化されており、ベンチマークでもわかるように全体的に性能が高くなっています。

RTX 4070RTX 3070
CUDAコア数58885888
ブーストクロック2480 MHz1730 MHz
ベースクロック1920 MHz1500 MHz
VRAM12GB GDDR6X8GB GDDR6
メモリスピード21Gbps14 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit
メモリバス帯域幅 504 GB/s448 GB/s
レイトレーシングコア第3世代第2世代
Tensorコア第4世代第3世代
アーキテクチャAda LovelaceAmpere
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 2
ポートHDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.3
最大消費電力200W220W
システム電源容量650W650W
補助電源コネクタ12VHPWR
PCIe x1変換コネクタ
または
PCIe x1
PCIe x 2
発売日2023年6月29日2020年10月29日
ツクモRTX4070販売終了
AmazonRTX4070RTX3070

通常、メモリバス幅が狭くなることで、解像度が高くなるとフレームレートが出しにくくなる傾向が強くなります。

RTX3070とRTX4070の比較においては全てRTX4070の方が性能が高い結果になっています。

RTX4070は消費電力が抑えらえているため、RTX 3070より気代の節約につながります。

表の数値はNVIDIA公式サイトから引用しています。

RTX3070とRTX4070の発売日と平均価格

RTX 4070が9万円前後。RTX3070は7万円前後です。(2023年9月現在)

フルHD~WQHD中画質ならRTX3070で十分なフレームレートが出せます。

FPSゲームや、より高いfps(フレームレート)を出すならRTX 4070と考えましょう。

RTX 4070RTX 3070
発売日2023年6月29日2020年10月29日
価格
※2023年9月時点
9万円前後7万円前後
ショップツクモAmazonAmazon

RTX 4000シリーズはDLSS3と消費電力の少なさがポイントです。新規でグラボやゲーミングPCを購入するなら、将来性のあるRTX 4000シリーズの検討を推奨します。

>>ゲーミングPC紹介とグラボ検索へジャンプ

電源要件と物理的なサイズ

RTX3070とRTX4070のグラボ比較
上がRTX3070、下がRTX4070

この記事で紹介したRTX 3070とRTX 4070は以下の2機種。それぞれの電源の要件と本体サイズをまとめました。

製品消費電力システム電源容量本体サイズ
Palit GeForce RTX 3070
GamingPro
(販売終了)
220W650W約294 x 112 x 60 mm
MSI GeForce RTX 4070
VENTUS 2X 8G OC
200W650W約242×125×43mm

どちらもミドルタワーのPCケースなら入ります。スリムケースやミニケースを使う場合、対応サイズを確認してください。

ゲーミングPCとグラボ検索

RTX 3070とRTX 4070搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 3070 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

※ほとんどのRTX3070搭載PCは販売が終了しました。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
FRONTIER GH Black
FRONTIER
FRGH670/Q3
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
(80PLUS GOLD)
242,800円送料2200円~4400円。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

メモリ32GBと電源850W!クリエイティブ作業も快適です!

FRONTIER GH Black

FRONTIER FRGH670/Q3

参考価格:242,800円

チップセットにH670、DDR4 32GB、SSD 1TB NVMe。CPUクーラーにDeepcool AK400が採用されています。メモリが32GB搭載されているので配信や動画編集、画像加工など、クリエイティブ作業でも快適。電源が850Wあるので、パーツの増設やグラボアップデートにも対応できます。長く使えるゲーミングPCです。

RTX 4070 搭載ゲーミングPC

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様備考
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,980
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
送料3,300円。
沖縄・離島は
6,600円。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)

無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
参考価格:269,800円
公式サイトを見る
送料無料。
鏡界シリーズ!
インテリアPC!

STORM 鏡界
STORM
PG-K14FS47
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:STORM
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

参考価格:278,000円
>>鏡界PCケースのレビュー記事
公式サイトを見る
送料2,200円。

おすすめRTX4070搭載パソコン

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:269,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

境界!270度ガラスで魅せるゲーミングPC!

STORM 鏡界

STORM PG-K14FS47

参考価格:278,000円

>>鏡界の実機レビュー記事はこちら

Core i7-14700Fとメモリ32GBを搭載。PCの中が透けて見える、魅せるゲーミングPCです。

画像表示機能付きCPUクーラーは、解像度が高く綺麗な画像やアニメーションを表示可能。

270度強化ガラスで、綺麗なインテリアPCとして仕上がっています。

中が見えるだけでなく、CPUクーラーやグラフィックボードなどが白で統一されています。綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中!/

RTX 4070の詳細なレビューを、こちらの記事で紹介しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

もう少しパワーがほしいならRTX 4070 SUPER

RTX4070では少し性能不足。もう少しパワーがほしいだよな・・・

という方は、RTX4070SUPERが合うかもしれません。

RTX 4070とRTX 4070 Tiのちょうど中間の性能になっています。

RTX 4070 SUPERの性能をレビューしているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ:RTX3070とRTX4070はどっちを選ぶ?

RTX 3070よりRTX 4070の方が30%~40%高いグラフィック性能を持っています。

  • コストを抑えつつ、そこそこ快適に遊ぶならRTX3070。
  • 消費電力を抑えつつ、本気でゲームをしたいならRTX 4070

RTX 3070、RTX 4070ともにWQHDがメインターゲットのGPUです。フルHDで使えば、とても高いfps(フレームレート)を出すことができます。

RTX 3070の方が1万円前後安く買えるので、そこそこ快適な環境で良い人はRTX 3070を選ぶとよいでしょう。

FPSゲームなどで高いfpsを求めるならRTX 4070を推奨します。勝ちにいくなら、PC環境で負ける要素を無くしておきましょう。

>>ゲーミングPCとグラボ検索へ戻る


RTX4070とRTX3080を比較した記事はこちら。RTX4070がRTX3080に近い性能を持っていることがわかります。

RTX 4000シリーズの性能と選び方をまとめた記事はこちら。今後、主流になるGPUを見たい方は参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)