DeepCool AK620レビュー Intel 13世代CPUは空冷で冷やせるか? 

CPUクーラー AK620レビュー
  • DeepCool AK620はどのぐらい冷やせるの?
  • DeepCool AK620で13世代CPUは冷やせる?

こんな疑問にお答えするため、DeepCool AK620と13世代CPUを準備しました。

大型CPUクーラーのAK620がどのぐらい冷却性能を持っているか、CINEBENCHやゲームプレイをしながら検証をしてまとめました。

この記事を読めば、CPUクーラーを水冷か空冷、どちらにすればいいかわかるようになります。記事の内容をご覧いただき、CPUクーラーを決める参考にしてください。

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMの紹介はこちらの記事です!<<

DeepCool AK620を使ってCPU温度の計測

AK620の箱

DeepCool AK620を使って、Intel 13世代CPUが冷やせるかテストを行いました。

計測したCPUは以下の4種。

  • Core i5-13400F(TDP:65W/148W)
  • Core i5-13600KF(TDP:125W/181W)
  • Core i7-13700F(TDP:65W/219W)
  • Core i7-13700KF(TDP:125W/253W)

特にCore i7は発熱量が高く、空冷では厳しくなると言われています。

TDP(Thermal Design Power)
パソコンのCPUが発する熱の量を表す指標。CPUがどれだけ熱を出すかを示しています。単位はワット(W)で表されます。

TDPが高いほど、CPUはより多くの熱を発生し、冷却システムが重要になります。逆に、TDPが低いほど、CPUは熱をあまり出さないので、パソコンが静かで省エネになります。

テストでは、Core i7-13700KFにDeepCool AK620を付けて、CINEBENCH R23とゲームプレイ中のCPU温度を計測しました。

ゲームは比較的処理の重たいCod MW2、サイバーパンク2077、FF15で計測をしています。

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23のマルチコアテストを10分間連続で行い、CPU温度の変化を計測しました。

グラフ中の上2つは水冷CPUクーラーを使用した温度です。

CINEBENCHのマルチコアテストで温度計測

10分間の温度変化を計測したグラフは以下。

AK620はCore i5で使うなら問題はありません。

Core i7は100℃付近に到達する回数が多く見られます。

CINEBENCH R23 テスト中温度変化
Core i5-13400FとAK620
CINEBENCH R23 テスト中温度変化
Core i5-13600KFとAK620
CINEBENCH R23 テスト中温度変化
Core i7-13700FとAK620
CINEBENCH R23 テスト中温度変化
Core i7-13700KFとAK620

Core i7は発熱量が高く、DeepCool AK620でも最大100℃に到達しました。サーマルスロットリングが発動する温度に達してるため、CPU負荷が高い処理を長時間行う場合は水冷CPUクーラーが必須です

サーマルスロットリング:CPUの温度上昇を抑える機能。約100℃で発動し、CPUの周波数を落とすことで温度上昇を防ぎます。CPUが十分に冷却されていない環境で発生しやすい。

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

Cod MW2はプレイ時間が長めのドミネーションを実際にプレイし、温度変化を計測しました。

画面解像度はWQHD。グラフィック設定は極限としています。

Cod MW2の温度変化

Cod MW2の最高温度はi7-13700KFの71℃。この温度なら問題なく運用できます。

最低最高
i5-13400F48℃53℃
i5-13600KF49℃60℃
i7-13700F49℃63℃
i7-13700KF61℃71℃
Cod MW2のCPU温度
COD MW2の温度変化
CodMW2 Core i5-13400FとAK620
COD MW2の温度変化
CodMW2 Core i5-13600KFとAK620
COD MW2の温度変化
CodMW2 Core i7-13700FとAK620
COD MW2の温度変化
CodMW2 Core i7-13700KFとAK620

サイバーパンク2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

サイバーパンク2077は設定にあるベンチマークを使いました。

負荷をかけるため、4K(3840×2160)のレイトレーシング:ウルトラ設定で計測しています。

サイバーパンク2077の温度変化

サイバーパンク2077は最高で73℃。CPU温度としては問題ありません。

最低最高
i5-13400F44℃51℃
i5-13600KF47℃62℃
i7-13700F49℃68℃
i7-13700KF54℃73℃
Cod MW2のCPU温度

※ベンチマークの時間が短いため、グラフは割愛させていただきます。

FF15

FF15 メインイメージ

FF15の専用ベンチマークソフトを使用。

4K、高品質で計測しています。

FF15の温度変化
最低最高
i5-13400F45℃54℃
i5-13600KF44℃67℃
i7-13700F44℃72℃
i7-13700KF51℃79℃
FF15のCPU温度

他のゲームに比べれば、少しだけ温度が高めになりましたが運用には問題がありません。

FF15 Core i5-13400F AK620の温度変化
FF15 Core i5-13400FとAK620
FF15 Core i5-13600KF AK620の温度変化
FF15 Core i5-13600KFとAK620
FF15 Core i7-13700F AK620の温度変化
FF15 Core i7-13700FとAK620
FF15 Core i7-13700KF AK620の温度変化
FF15 Core i7-13700KFとAK620
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

結論:ゲームメインならCore i7でもAK620で運用可能

Intel 13世代CPU4種とDeep Cool AK620の組み合わせで、3種のゲームで温度計測をしました。

CINEBENCHの結果を見てわかるようにCore i7では、3Dレンダリングや動画のエンコードなど、マルチコアが使われる処理を長時間行うと90℃を超えるため危険度が増します。

ゲームプレイではCore i7でも最高温度が79℃とCPUの使用に全く問題ない温度でした。

ナオ
この記事を書いている私(ナオ)は、Core i7-13700FとAK620でしばらく運用を続けてみますね。

13世代Core i7の性能をフルで引き出しながら、動画エンコードやクリエイティブ作業を快適に行うなら水冷CPUクーラーを推奨します。

>>AmazonでDeepCool LT520 240mm簡易水冷CPUクーラーを見る。

DeepCool AK620の仕様

AK620 一式

AK620の仕様と付属品の紹介をします。

AK620はIntelとAMDのCPUソケットに対応しています。

CPUによって使う付属品が違うので、その点も紹介します。

AK620の仕様

項目仕様
製品寸法129×138×160 mm
ヒートシンク寸法127×110×157 mm
重量1456 g
ヒートパイプØ6 mm×6 pcs
ファン寸法120×120×25 mm
ファン回転速度500~1850 RPM±10%
ファンエアフロー68.99 CFM
熱放散能力260W
ファン空気圧2.19 mmAq
ファンノイズ≤28 dB(A)
ファンコネクタ4-パルス変調信号
ベアリングタイプ流体動圧軸受
ファン定格電圧12 VDC
ファン定格電流0.12 A
ファン消費電力1.44 W
EAN(バーコード規格)6933412727316
P/N(商品番号)R-AK620-BKNNMT-G
DeepCool AK620の仕様

取り付けできるCPUソケット

IntelLGA2066/2011-v3/2011
1700/1200/1151/1150/1155
AMDAM5/AM4
AK620 寸法
外観寸法 出展:DeepCool

PCケースの大きさは、CPU表面から165mm以上隙間が確保できるか確認が必要です。

AK620の取り付け用付属品

AK620の取り付け用付属品
  • CPUクーラー固定金具を止めるネジ
  • AMD用CPUクーラー固定金具
  • Intel用CPUクーラー固定金具
  • 説明書
  • Intel CPU用バックプレート
  • 電源コード
  • CPUグリス
  • ドライバー

IntelとAMDで使う金具が違います。

AK620の固定金具

Intel 12世代・13世代CPUはソケットLGA1700なので、以下の固定金具を使うことになります。

AK620のLGA1700固定金具

DeepCool AK620の取り付け方

ここでは、Intel Core i7-13700KFにDeepCool AK620を取り付ける手順を紹介します。

13世代Intel Core i7-13700KFはソケットがLGA1700です。LGA1700に合わせた取り付け手順を紹介します。

STEP
バックプレートのピン位置を外側に移動させる

AK620に付属するバックプレートは、ネジ位置を変えることで「LGA1700用」と「LGA1200/LGA115X用に」切り替えます。

AK620のバックプレート

LGA1700に対応させるためには、ネジを外側に移動させます。

バックプレートのネジ位置

ネジ位置を変えるには、バックプレートのネジ部分を押して移動させます.

けっこう力がいるので気を付けてください。

STEP
バックプレートとネジを取り付ける

マザーボードの裏面からバックプレートを差し込み、ネジで固定します。

AK620 バックプレート

表面からネジを取り付けます。この時、バックプレートが落ちないように一時的に裏面から押さえるようにしましょう。

マザーボードには、コンデンサーや小さな部品がたくさん付いています。破損させたり、傷をつけないように気を付けてください。

AK620 バックプレートをネジで取り付け

当サイトの検証用PCでは、ThermalrightのCPU固定金具を使用しています。(画像のIntel12THと書かれたパーツ)LGA1700のCPU反り対策を検証した記事がありますので、気になる方は参考にしてください。

STEP
AK620取り付けプレートを設置する

AK620を取り付けるためのプレートを設置します。

プレートの中央にV型の矢印がありますので、CPU側に向くように置いてください。

プレートの端にSTEP2で取り付けたネジが通る穴は、2の位置で固定していきます。

AK620取り付けプレート

プレートを付属のネジで止めていきます。

AK620取り付けプレートをねじ止め

ネジ止めは4カ所。1つずつ締め切るのではなく、対角の順番で少しずつ締めてください。対角の順番で締めることで、プレートのズレやゆがみを防止します。

AK620取り付けプレートをねじ止めする順番
番号順に締めていく
STEP
AK620からファンを外す

CPUクーラーを取り付けるには、ファンを外す必要があります。

ファンはCPUクーラーの冷却フィンに針金のようなパーツで固定されているので、少し手前に引っ張りながら外します。

AK620 ファンの外し方

ロックを外すと冷却フィンからファンが外せます。

AK620 ファンが外れたところ

事故が起きないように、ファンは2つとも外しておきます。

AK620 ファンを外したところ
STEP
AK620を取り付ける

AK620を取り付けていきます。

CPUクーラーを付ける前に、必ずCPUにグリスを塗ってください。(写真撮るの忘れました・・・)

最初に、AK620の裏面に付いているシールをはがします。とても綺麗な面が出てくるのですが、ここにグリスを塗ったCPUの表面が当たるように設置をします。

AK620 裏面のシール

AK620を正面から見てDPロゴが右下になるように取り付けると、PCケースの前から後ろに向かって風が通るように設置できます。

※画像はオープンフレームなので、ケースがありません。

AK620 取り付け方向

AK620本体に付いているネジと、STEP3までに取り付けたプレートのネジの位置を合わせてネジ止めします。

ネジは2カ所。工具は付属のドライバーで問題ありません。

AK620をプレートに取り付ける

AK620に付いているネジをドライバーを回します。1つのネジを一気に締めるのではなく、2つのネジを交互に少しずつ締めていきましょう。

AK620 ドライバーでネジ止め
STEP
ファンを取り付ける

AK620本体を取り付けたら、ファンを付け直します。

ファンを取り付ける方向を間違ると、風の流れがおかしくなるので気を付けてください。

AK620 ファンの取り付け

ファンの取り付けができたら、付属の電源ケーブルを差し込みます。

AK620の電源ケーブル

2つのファンから出ているケーブルと付属の電源ケーブルを接続。

AK620のファン用ケーブル

反対のコネクタをマザーボードのCPUファン用のピンへ差し込みます。

AK620のCPU電源接続

ここまででAK620の接続は完了です。存在感がすごいですね。

AK620 取り付け完了

AK620とメモリの間は約15mm。メモリ交換をする場合は、AK620についているファンを外してから交換作業を行いましょう。

AK620とメモリの隙間

AK620とグラボの隙間は約20mm。グラボ交換するとき、グラボのロックが外せない可能性が高いです。交換時は、素直にAK620を外すことをおすすめします。

>>AmazonでDeepCool AK620を探す。

DeepCool AK620のメリット・デメリット

DeepCool AK620のメリット・デメリットを紹介します。

AK620は特に大型のCPUクーラーで、デメリットのほとんどは大きさによるものです。

メリット

  • CPUが良く冷える。
  • ファンの音が静か。
  • 13世代Core i7でもゲームメインなら問題なく使える。
  • 取り付けに必要な工具も付いてくる。
  • 価格が1万円以下。

デメリット

  • クーラー本体が大きい。
  • 横幅が狭いPCケースだと、AK620が入らない可能性がある。
  • CPUクーラー本体がメモリの上までくるので、メモリ交換しにくい。
    →外側のCPUファンを取り外せば問題解消します。
  • クーラーを取り外すとき、真ん中のファンを外す必要がある。
    →ファンの取り外しに、特別な工具など必要ありません。

ゲームメインなら十分な性能が出せるCPUクーラーです

AK620 稼働中の画像

CINEBENCHの結果を見ると、マルチコアの性能をフルで使うような作業はCPU温度が高くなりやすいです。特に13世代Core i7は発熱量が高く、AK620を使っても100℃に達することがあります。

ゲームメインならCPUをフルで使うことが少なくなるため、Core i7でもAK620で十分冷やすことが可能。CPUがCore i5なら、より安全に運用が可能になります。

空冷CPUクーラーのなかでも冷却性能が高いDeepCool AK620。本体が大きいためPCケースの大きさは事前に確認が必要ですが、対応していれば強力な冷却性能を発揮してくれるでしょう。

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次