RTX 3070 TiとRTX 3080はどっちがいい?性能を比較しながら解説します

RTX 3070 TiとRTX 3080はどっちがいい?
  • RTX 3070 TiとRTX 3080どっちがいいか迷ってる。
  • RTX 3080の方が性能が高いのはわかるけど、必要かな?
  • どっちが合っているか知りたい!

グラフィックボードはグレードが1つ上がると、そのぶん価格も高くなります。何度も買い替えられる物ではないので、満足いく買い物をしたいですよね。

RTX 3070 TiとRTX 3080のグラボの価格差は約2万~5万円。(参考:価格.com

この価格差でどのぐらいゲームプレイの快適さが変わるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

先に結論をいうと以下になります。

  • 4Kモニターを使うならRTX 3080。
  • フルHD~WQHDモニターならRTX 3070Ti。
  • フルHDでも165Hz以上のモニターならRTX 3080がおすすめ。

この記事ではRTX 3070 TiとRTX 3080どちらのグラボを選択すればよいか迷っている方が、自分に合ったグラボを選択できるように、仕様やベンチマークの比較をしながら解説をしていきます。

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMの紹介はこちらの記事です!<<

RTX 3070 TiとRTX 3080の仕様比較

この記事ではPalitとAsusのグラボを比較します。

Asusのグラボはオーバークロックモデルのため、ブーストクロックが高くなっています。

画像の下にあるグラボ名は公式サイトへのリンクです。

Palit RTX3070
Palit RTX 3080
ASUS RTX3070Ti
Asus RTX 3070 Ti
Palit RTX3070
Palit RTX3070
メーカーPalitAsusPalit
製品型番Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
TUF Gaming
GeForce RTX 3070 Ti OC Edition

※メーカーHPへリンク
Palit
NE63070019P2-1041A

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数870461445888
ブーストクロック1710 MHz1815 MHz1725 MHz
メモリタイプ10GB GDDR6X8GB GDDR68GB GDDR6
メモリスピード19 Gbps19 Gbps14 Gbps
メモリバス幅320-bit256-bit256-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)320W290W(※1)220W
推奨電源容量 (W)750W650W(※2)650W
補助電源コネクタ8-pin X28-pin X28-pin X2
サイズ294 x 112 x 60 mm299 x 127 x 52 mm294 x 112 x 60 mm
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
こんな人におすすめWQHDや4Kを
高画質で快適に遊びたい!
フルHDやWQHDを
高画質で遊びたい!
フルHDやWQHDで
遊びたい!
AmazonAmazonを見るAmazonを見るAmazonを見る
ツクモツクモを見るツクモを見るツクモを見る
製品の比較

※1:Asus公式には消費電力が公開されていません。NVIDIAのRTX 3070Tiから値を参照しています。
※2:NIDIAはRTX 3070 Tiの推奨原電を750Wと公表しています。

RTX 3070 TiはRTX 3070からCUDAコアの増加とメモリスピードを速くした強化版の位置づけであることがわかります。

メモリスピードはRTX 3080、RTX 3070 Tiともに19Gbpsですが、CUDAコアの数とメモリバス幅はRTX 3070 Tiの方が少なく、総合的にはRTX 3080の方が早く処理ができます。

消費電力はRTX 3070に比べ、RTX 3070 Tiで70W、RTX 3080は100W高くなっています。

RTX 3070 TiとRTX 3080で約30Wの差がありますが、ベンチマークにどれほど影響が出ているか、次のベンチマーク結果を確認していきましょう。

>>RTX 3070 Ti・RTX 3080搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

3DMarkのベンチマークを比較

3DMarkのロゴ

3DMarkを使ってベンチマークを計測しました。

RTX 3070 TiとRTX 3080でどれぐらい差があるか確認できるようにグラフ化しています。

それぞれのテスト項目で、RTX 3070から何%性能が向上しているかもリストにしていますので、参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

Speed Way GPUのテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 30703290
RTX 3070 Ti371412.89%
RTX 3080452637.57%

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は21.8%になります。

Port Royal

3DMark Port royal

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Port Royal GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 30707637
RTX 3070 Ti878915.08%
RTX 30801125847.41%

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は28.1%になります。

ゲーム上でレイトレーシングを使う場合、RTX 3080の方が処理が早くなります。

Time Spy

3DMark TimeSPy

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Time Spy GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 307012549
RTX 3070 Ti1384510.33%
RTX 30801708636.15%
Time Spyの結果

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は23.4%になります。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strike GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 307024010
RTX 3070 Ti261969.10%
RTX 30803403141.74%

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は29.9%になります。

DirectX Raytracing feature test

3DMark dxr11

処理負荷の高いレイトレーシングのテスト。fps(フレームレート)で計測します。

DirectX Raytracing feature test GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 307031 fps
RTX 3070 Ti34 fps9.68%
RTX 308047 fps51.61%

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は38.2%になります。

レイトレーシングは処理負荷が高く、上位のRTX 3080の方がより良い結果を出しています。

レイトレーシングを使ったゲームをプレイしたい場合は、RTX 3080がおすすめとなります。

Intel XeSS feature test

3DMark intel xess

IntelのXeSS。アップスケーリング技術で、fpsを向上させます。

Intel XeSS feature test Performance GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 3070106 fps
RTX 3070 Ti123 fps16.04%
RTX 3080146 fps37.74%

RTX 3070TiとRTX 3080の性能差は18.7%になります。

Intelのアップスケーリング技術のため、NVIDIAかAMD、どちらのGPUが載ったグラボでも使用が可能です。

NVIDIAのRTXシリーズGPUを使う場合、次に紹介するDLSSの方がより強力な結果を出せるでしょう。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSSは画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。

4Kなど高い解像度のモニターを使うときや、レイトレーシングを使ってゲームをプレイするときにDLSSをオンにすると高いfpsが得られます。

RTX 30系はDLSS 2に対応。RTX 40系からはDLSS 3にバージョンアップしています。

NVIDIA DLSS feature test GPUテスト
GPU結果RTX3070と比較
RTX 3070115
RTX 3070 Ti13416.52%
RTX 308016442.61%

4Kモニターを使う場合、RTX 3070 TiでDLSSをオンにしても144fpsまで届かないことがあります。

4Kで高リフレッシュレート(144Hz以上)のモニターを使うなら、RTX 3080をおすすめします。

DLSSに対応したゲームであれば、主にグラフィック設定画面にDLSSに関する設定があるので確認しましょう。

DLSS(ディープラーニング スーパーサンプリング):AIを使用し、低解像度の画像から高解像度の画像を出力する技術。NVIDIAのRTXシリーズで使用することができる。

>>RTX 3070 Ti・RTX 3080搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

RTX 3070 Tiは約15%、RTX3080は約40%向上

3D Markのテスト結果では、平均で以下の結果となりました。

  • RTX 3070からRTX 3070Tiは約15%の性能が向上。
  • RTX 3070からRTX 3080は約40%の性能向上。
  • RTX 3070 TiとRTX 3080の性能差は、約20%~30%。

この結果から、明らかにRTX 3080の方が性能は高いことがわかります。

RTX 3070 Tiの最安値が約9万円。RTX 3080の最安値で約10万円と1万円前後の差額しかないことを考えると、どのモニターを使う場合でもRTX 3080を選択しておく方が後々の満足度は高いと言えるでしょう。

次に、ゲームのベンチマークでどのような違いが出るか紹介をしていきます。

ゲーム別ベンチマークの比較

ゲーム別にベンチマークを計測しました。

専用のベンチマークが無いゲームは、実際にゲームをプレイして計測しています。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

GPUの影響が大きいApex Legends。

CPUよりGPU(グラフィックボード)を優先的にグレードアップさせる方が高いfpsを出すことができます。

ゲームモードはトリオで計測をしています。

Apexのfps計測結果

WQHD以上になるとRTX 3080の方が良い結果を出します。

240Hzモニターのように高リフレッシュレートを活かすならRTX 3080が有利ですね。

フルHDモニターであればRTX 3070でも十分快適にプレイでき、コストを抑えることが可能です。

高設定のスポットシャドウディテールは「最高」としています。「極」ではグラボのメモリが足りなくなり、パフォーマンスが発揮できなくなります。

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

FPSゲームの中でも処理負荷の高いCod MW2。

ゲームの長さも考慮して、ドミネーションで計測をしています。

4Kでプレイする場合、RTX 3080にしないと低設定でも厳しいことがわかります。(オレンジ色のライン)

COD MW2 fps計測結果

WQHDの低設定までなら平気120fps以上出ているので、RTX 3070 Tiでも快適にプレイが可能でした。

RTX 3080は全体的に15fps~20fps高くなり、より快適にCod MW2をプレイすることができます。

一瞬で勝負が決まるFPSゲームでは、RTX 3080が確実に有利です。フルHDモニターだとしてもRTX 3080をおすすめします。

別の記事でCod MW2をRTX 3000番台のグラボ別にfps計測しています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のCyberPunk 2077。

ゲームに実装されているベンチマークで計測をしました。

4Kモニターではグラフィック中設定までが快適に遊べました。

スクロールできます
サイバーパンク2077のfps計測結果
サイバーパンク2077のfps計測結果
サイバーパンク2077のfps計測結果

RTX 3070 TiとRTX 3080で、大きな差はでませんでした。

部分的にRTX 3080の方が5fps~10fps高くなっていますが、ゲームプレイにおいて誤差レベル。プレイした感覚として、大きな差を感じません。

フルHDモニターを使うなら、どちらのグラボでも快適にプレイできます。WQHD以上のモニターを使うなら可能な限りRTX 3080をおすすめします。

WQHD、4Kモニターで高設定以上やレイトレーシングをオンにしたプレイは快適とは言えず、画面のカクツキを感じます。たとえRTX 3080にしたとしてもレイトレーシングをオンにしてのプレイは厳しく、DLSSをオンは必要。

少しでも快適にプレイするならRTX 3080ですが、グラフィック設定を調整すればRTX 3070 Tiでも快適にプレイすることが可能です。

4K最高画質でゲームをプレイしたいなら、RTX 4000番台しかないでしょう。とても高額なグラボですが、満足度は最高級です。

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。

FF14専用ベンチマークソフトで計測をしています。

4KでもRTX 3070 Tiがあれば快適にプレイが可能です。

FF14のベンチマーク計測結果

RTX 3070 Tiの4K高設定のときだけ「とても快適」の判定でした。それ以外はすべて「非常に快適」の判定になっており、4Kモニターでもスムーズにゲームプレイをすることが可能です。

FF14は処理負荷が低いため、RTX 3070 Tiがあれば4Kプレイも可能です。

RTX 3070以下のベンチマークを、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。

FF15選用ベンチマークソフトで計測をしています。

RTX 3070 Tiなら、4Kでも「快適(スコア6000以上)」以上の結果が得られました。

FF15のベンチマーク計測結果
12000~非常に快適非常に快適に動作します。
高フレームでの動作が可能で、よりリッチな表現のグラフィックス設定を行うことも可能です。
9000~11999とても快適とても快適な動作が見込めます。
高フレームでの動作が可能で、より高品質のグラフィックス設定を行うことも可能です。
6000~8999快適快適な動作が見込めます。
グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
4500~5999やや快適標準的な動作が見込めます。
余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
スコアとプレイの目安

FF15のようなRPGでは高いfpsが必要ありません。グラフィックが綺麗な状態でプレイすることをおすすめします。

画面がカクツク、画面が止まるなど不具合がある場合のみ、グラフィック設定を調整するとよいでしょう。

基本的にRTX 3070 Tiで快適にプレイできますが、より安定動作を求めるならRTX 3080を選択するとよいでしょう。

>>RTX 3070 Ti・RTX 3080搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

RTX 3070 TiとRTX 3080のデメリットとメリット

RTX 3070 TiとRTX 3080のデメリットとメリットをまとめました。

RTX 3080の方が性能は高いですが、用途によっては必ずしも上位のグラボが有利とは限りません。デメリットとメリットを理解して、自分に合ったグラボを選びましょう。

RTX 3070 Tiのデメリットとメリット

ASUS RTX3070Ti
ASUS TUF Gaming RTX 3070 TI
  • グラボ単体で9万円前後と、そこそこ高価。機種によってはRTX 3080が買える。
  • WQHDまでは高い能力を出すが、4Kになると厳しいシーンが増える。
  • PC推奨電源が650W~750Wと大き目。
  • RTX 3070 Tiを取り扱っていないBTOメーカーがある。
  • ゲーミングPCの選択肢が少ない。
  • 本体が大きいため、小さいPCケースに入らないことがある。
  • RTX 3080より安く買える。
  • WQHDまでなら、ゲームによってはRTX 3080同等の性能を発揮する。
  • DLSSを使うことでレイトレースがオンでも快適に遊べる。
  • フルHDで使うならRTX 3070 Tiの方がコスパが良い。
RTX 3070 Tiはこんな人におすすめ
  • フルHDかWQHDモニターを使う人。
  • 多少グラフィック設定を下げてもいい人。
  • RPGなど高fpsが不要なゲームを遊ぶ人。

RTX 3080のデメリットとメリット

Palit RTX3070
Palit RTX 3080 GamingPro
  • グラボ単体で13万円前後で高価。
  • フルHDモニターだと、性能を発揮しきれないことがある。
  • 消費電力がRTX 3090同等の350W。
  • 本体が大きく重たいため、VGAサポートの使用を推奨。
  • 本体が大きいため、小さいPCケースに入らないことがある。
  • RTX 3070 Tiよりも性能が高い。
  • グラフィック設定を高くしても高fpsが出せる。
  • 4Kでゲームをしたとき快適に遊べる。
  • 高リフレッシュレートモニターの性能を発揮できる。
  • DLSSを使うことでレイトレースがオンでも快適に遊べる。
  • 高負荷でも冷却ファンの音が静か。
RTX 3080はこんな人におすすめ
  • WQHDや4Kモニターで遊びたい人。
  • できるだけグラフィック設定高くして遊びたい人。
  • FPSなど高fpsを出したい人。

RTX 3070 Ti・RTX 3080搭載ゲーミングPCとグラボの紹介

BTOメーカーから発売されているゲーミングPCを紹介します。

※ゲーミングPCの価格は日々変動しています。記載している価格と実際の販売価格に違いがでることがあります。

RTX 3070 Ti搭載のゲーミングPC

フルHD、WQHDモニターを使用する人は、RTX 3070 Tiを検討すると良いでしょう。

RTX 3070 Tiは、取り扱いをしているBTOメーカーが少なくなってきました。取り扱っていたとしてもゲーミングPCの選択肢が少ないことがあります。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM ゲーミングPC
CPU:Core i7-12700
グラボ:TX3070Ti
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W
(80PLUS GOLD)
259,800円別途送料2,200円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-13600KF
グラボ:TX3070Ti
チップセット:B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
238,300円別途送料2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
XA7C-R37T
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3070Ti
チップセット:B760
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
254,980
別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070Ti
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
304,800円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

RTX 3080搭載のゲーミングPC

グラフィックボードRTX 3080が搭載されたゲーミングPCはほとんどのゲームが快適に遊べます。(ゲームの設定やモニターの解像度にもよります)

特にWQHDや4Kモニターを使用される方で高fpsを出したい方は、RTX3080を検討すると良いでしょう。RTX 3080の性能があれば、買って失敗した!ということにはなりません。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORMのゲーミングPC
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS GOLD)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W

(80PLUS GOLD)
264,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ

※グラボをカスタマイズ
283,000円別途送料2,200円~4,400円必要。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

この3つから選べばOK!

予算に余裕があるならRTX 4070 Tiも検討してみてください

RTX4070Ti GamingProの箱

フルHDやWQHDのモニターを使う方で、予算に余裕があるならRTX 4070 Tiも検討してみてください。

RTX 3090より性能が高く、消費電力は抑えられたGPUです。

RTX 4070 Tiのレビューとベンチマークを、こちらの記事で紹介しています。

グラボを探したい人はこちら

RTX 3080、RTX 3070 Ti、RTX 3070を並べています。

「こんな人におすすめ」を参考に、自分にあったグラボを探してみてください。

Palit RTX3070
Palit RTX 3080
ASUS RTX3070Ti
Asus RTX 3070 Ti
Palit RTX3070
Palit RTX3070
メーカーPalitAsusPalit
製品型番Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
TUF Gaming
GeForce RTX 3070 Ti OC Edition

※メーカーHPへリンク
Palit
NE63070019P2-1041A

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数870461445888
ブーストクロック1710 MHz1815 MHz1725 MHz
メモリタイプ10GB GDDR6X8GB GDDR68GB GDDR6
メモリスピード19 Gbps19 Gbps14 Gbps
メモリバス幅320-bit256-bit256-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)320W290W(※1)220W
推奨電源容量 (W)750W650W(※2)650W
補助電源コネクタ8-pin X28-pin X28-pin X2
サイズ294 x 112 x 60 mm299 x 127 x 52 mm294 x 112 x 60 mm
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
こんな人におすすめWQHDや4Kを
高画質で快適に遊びたい!
フルHDやWQHDを
高画質で遊びたい!
フルHDやWQHDで
快適に遊びたい!
AmazonAmazonを見るAmazonを見るAmazonを見る
ツクモツクモを見るツクモを見るツクモを見る
製品の比較

グラボやBTOショップ紹介の記事はこちらから

RTX 3060/RTX 3060 Ti/RTX 3070のベンチマークをこちらの記事で紹介しています。

RTX 3080のベンチマークはこちらの記事で紹介しています。

BTOショップ STORMを実際に使ったレビューはこちらから。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次