RTX 4080とRTX 4090はどっちがいい?ベンチマークを比較しながら解説します

RTX 4080とRTX 4090はどっちがいい?ベンチマークの比較をしながら解説
  • RTX 4080とRTX 4090どっちがいい?
  • RTX 4090の方が性能が高いのはわかるけど、必要かな?
  • どっちも高いから間違えたくない!

RTX 4080とRTX 4090のベンチマークでは、RTX 4090の方が1.3~1.4倍性能が高い結果が出ています。

RTX 4090の方が性能が高いといっても、遊ぶゲームや使っているモニターによってはオーバースペックになりかねません。

20万円~30万円もする高価なグラボですから、簡単に買い直すことができませんよね。

この記事では、用途にあったグラボを間違えずに選べるように、性能比較をしました。

どっちのGPUが搭載されたグラボが合っているか、ベンチマークの計測結果をもとに解説をしていきます。

>>すぐにゲーミングPCを見たい方はこちらからどうぞ

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMの紹介はこちらの記事です!<<

RTX 4080とRTX 4090の仕様比較

この記事で比較するのはINNO3Dのグラボです。

RTX 4090とRTX 4080で、どのような違いがあるか見ていきましょう。

画像の下にあるグラボ名は公式サイトへのリンクです。

INNO3D GEFORCE RTX 4090 X3 OC
GEFORCE RTX 4090
X3 OC
INNO3D iCHILL RTX4080
GEFORCE RTX 4080
16GB ICHILL X3
メーカーINNO3DINNO3D
GPURTX 4090RTX 4080
CUDAコア数163849728
ベースクロック2235 MHz2205 MHz
ブーストクロック2550 MHz2565 MHz
メモリタイプ24GB GDDR6X16GB GDDR6X
メモリスピード21Gbps22.4Gbps
メモリバス幅384-bit256-bit
メモリ帯域幅 (GB/秒)1008716
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
NVIDIA DLSSDLSS3DLSS3
最大消費電力 (W)450W320W
システム電源容量 (W)850W750W
補助電源コネクタ8-pin X3
または450W以上のPCIe Gen5
8-pin X3
または450W以上のPCIe Gen5
サイズ336 x 145 x 60mm334 x 148 x 62mm
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
レビュー記事RTX 4090のレビュー記事RTX 4080のレビュー記事
2022年12月相場30万円前後22万円前後
AmazonRTX4090を見に行くRTX4080を見に行く
TSUKUMOツクモを見に行くツクモを見に行く

用意した2機種ですが、本体サイズは数mm違い程度でほぼ同じ。

ベースクロック、ブーストクロックも大きな差はありません。

メモリ帯域幅を見るとRTX 4090が1008 GB/秒。RTX 4080の716 GB/秒に対してRTX 4090は約40%転送速度が速いということになります。

RTX4090が40%高い性能を出せるかについては、実際に計測をしたベンチマークを見比べてみましょう。

次の項目からベンチマークの結果を解説していきます。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

3DMarkのベンチマークを比較

3DMarkを使ってベンチマークを計測しました。

RTX 4080とRTX 4090でどれぐらい差があるか参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway
Speed Way GPUのテスト

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

RTX 4080とRTX 4090は約1.4倍の差が出ています。

Port Royal

3DMark Port royal
Port Royal GPUテスト

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

ゲーム上でレイトレーシングを使う場合、RTX 4090の方が圧倒的に有利になります。

Time Spy

3DMark TimeSPy
Time Spy GPUテスト

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Fire Strike

3DMark Firestrike
Fire Strike GPUテスト

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

処理負荷が高くなるほどRTX 4090が能力を発揮してくることがわかります。

DirectX Raytracing feature test

3DMark dxr11
DirectX Raytracing feature test GPUテスト

処理負荷の高いレイトレーシングのテスト。fps(フレームレート)で計測します。

RTX 4080とRTX 4090で約1.5倍の差になりました。

RTX 4090が他の追従を許さないほど圧倒的です。

Intel XeSS feature test

3DMark intel xess
Intel XeSS feature test Performance GPUテスト

IntelのXeSS。アップスケーリング技術で、fpsを向上させます。

RTX 4080とRTX4090はXeSSをONにすると、ほぼ同等の結果となりました。結果に差がでないことは考えにくく、210fps前後で頭うちしていると考えられます。

どちらにしても、200fps以上に向上することがわかりました。

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss
NVIDIA DLSS feature test GPUテスト

NVIDIA DLSS 2は画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。

RTX 4080とRTX4090はDLSSをONにすると、ほぼ同等の結果となりました。

恐らく3DMarkのDLSS 2のテスト環境が200fps前後で頭打ちになっていると考えられます。

どちらにしても、DLSSオンで200fps以上になることがわかります。

DLSS 3のテスト

以下はDLSS 3のテスト結果。4000番台からDLSS 3に対応しています。

NVIDIA DLSS3 feature test.

3DMarkのDLSS 3は4K解像度でテストを行います。

DLSS 3のテストの結果、fpsが約3倍と大幅に向上していました。

4Kの高解像度でDLSS 3を使った感想は、画像の劣化やボケを感じることが無く非常に快適なプレイができると感じました。

DLSS 3に対応したゲームはこれからどんどん増えてきます。DLSS 2に比べ画質も向上しており、4Kゲームプレイに強力なツールになりますね。

DLSS(ディープラーニング スーパーサンプリング):AIを使用し、低解像度の画像から高解像度の画像を出力する技術。NVIDIAのRTXシリーズで使用することができる。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

ゲームのベンチマーク比較

ゲーム別にベンチマークを計測しました。

専用のベンチマークが無いゲームは、実際にゲームをプレイして計測しています。

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

FPSゲームの中でも処理負荷の高いCod MW2。

フルHDではRTX 3080より平均30fpsのフレームレート向上が見られました。

Cod MW2 グラボ別ベンチマーク結果

フルHDやWQHDの最低設定ではGPU使用率が60%~75%までしか上がらず、余裕を持っている様子。4KになるとGPU使用率99%に上がり、本気を出してきます。

Cod MW2は処理負荷の高いFPSゲームですが、4Kの極限設定でもRTX 4080で平均120fpsを出すことができました。グラフィック設定でDLSSをオンにすると、さらにfpsが伸びます。

Cod MW2で4Kの144Hzモニターを使うなら、RTX 4080で十分パフォーマンスが発揮できます。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

FPSゲームの中で処理負荷の低いApex。WQHDまでならRTX 3060 TiやRTX 3070でも快適にプレイ可能です。

テルミットなどエフェクトが多く表示されるシーンではfpsの落ち込みがありますが、画面がカクつくほどではありません。

RTX 4080・RTX 4090だと、4Kでも平均200fps以上出すことでき、打ち合いの時にカクついて負けたということが無くなります。

Apex グラボ別fps計測

フルHDやWQHDでRTX 4000番台を使うのは、オーバースペックに感じます。

240Hzのモニターや4Kモニターで、グラフィック設定を高くしたいなら効果は高いですが、144Hz~165Hzモニターを使うならRTX 3000番台で十分fpsが出せます。

モニターがフルHDやWQHDなら、RTX 3060 TiやRTX 3070でも十分快適にプレイできます。

RTX 3060 TiやRTX 3070のfps計測結果はこちらの記事で紹介しています。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のCyberPunk 2077。

4Kのレイトレーシング ウルトラで平均80fpsを超えています。

最高画質のゲームを4Kでプレイできるグラボは、現状RTX 4000番台しかないでしょう。

スクロールできます
CyberPunk2077 RTX 4080 RTX4090 フルHD
CyberPunk2077 RTX 4080 RTX4090 WQHD
CyberPunk2077 RTX 4080 RTX4090 4K

WQHDやモニターならRTX 4080。4KモニターならRTX 4090で高いフレームレートを出すことが可能です。4Kでレイトレーシングを使っても60fps以上出せました。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲーム。4KでもRTX 3060Ti以上があれば快適にプレイが可能です。

FF14 RTX4080 RTX4090ベンチマーク

どの解像度、画質設定でも非常に快適にプレイが可能なことがわかります。

FF14標準
RTX 4080
標準
RTX 4090
高画質
RTX 4080
高画質
RTX 4090
フルHD非常に快適
31112
非常に快適
32606
非常に快適
27894
非常に快適
29987
WQHD非常に快適
28801
非常に快適
32285
非常に快適
27165
非常に快適
30021
4K非常に快適
30676
非常に快適
31776
非常に快適
20754
非常に快適
25084
FF14 ベンチマーク

FF14をプレイするなら、RTX 3000番台でも十分快適にプレイできます。RTX4000番台はオーバースペックと言えるでしょう。

モニターの解像度によってはRTX 3060Tiなど、グレードを下げても十分快適です。

RTX 3060Tiのベンチマークを、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。

やはりRTX 4090は強い。4K解像度ではダントツのスコアが出ました。

FF15 RTX4080 RTX4090ベンチマーク

フルHDの標準画質ではほとんど差がありませんが、解像度が高くなるにつれ差がでてきます。

RTX 4080のベンチマークは4K高画質以外、非常に快適の判定。

FF15  標準
RTX 4080
標準
RTX 4090
 高画質
RTX 4080
高画質
RTX 4090
フルHD非常に快適
22234
非常に快適
22362
非常に快適
20227
非常に快適
20470
WQHD非常に快適
22266
非常に快適
22409
非常に快適
18885
非常に快適
20325
4K非常に快適
13656
非常に快適
18486
とても快適
11537
非常に快適
15026
FF15 ベンチマーク

4K解像度の高設定では、RTX 4090の方が有利になることがわかりました。

>>RTX 4080・RTX 4090搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

RTX 4080とRTX 4090どっちがいい?

RTX 4080とRTX 4090は価格差が約10万円。大きな価格差に応じて、性能も差があります。

ただし、プレイするゲームとモニターの解像度によって、RTX 4080でも十分快適にプレイができます。

RTX 4080とRTX 4090どちらがいいか、それぞれ選ぶ基準をまとめました。

RTX 4080をおすすめするのはこんな人

RTX4080のパッケージ
  • WQHDモニターを使っている人。
  • グラフィック設定を下げても大丈夫な人。
  • RTX 3090を検討している人。
  • 少しでもコストを下げたい人。

フルHDやWQHDモニターを使っているならRTX 4080がおすすめ。WQHDまでならRTX 4090と比べてもゲームのフレームレートやベンチマークに大きな差が出にくく、コスパが高くなります。

4Kモニターでも、グラフィック設定を少し調整すれば十分高いフレームレートが出せ、快適なゲームプレイが可能。RTX3000番台のGPUとはレベルの違った環境が手に入ります。

RTX 3090を検討しているなら、1万円ほどしか変わらないRTX 4080がおすすめ。性能はRTX 4080(320W)の方が上を行き、消費電力はRTX 3090(350W)を下回るメリットがあります。

>>INNO3D GEFORCE RTX 4080 16GB ICHILL X3のレビューはこちらの記事で紹介しています。

RTX 4090をおすすめするのはこんな人

INNO3D GEFORCE RTX 4090 X3 OC
  • 最上級のグラボがほしい人。
  • 4Kで高リフレッシュレートのモニターを使っている人。
  • 最高のグラフィック設定でフレームレートもしっかり出したい人。
  • お金がある人。

4KやWQHDで144Hz以上のモニターを使っていて、高いグラフィック設定でゲームをプレイしたいならRTX 4090を検討してみてください。

2022年12月現在、RTX 4090を上回る性能を持った市販のグラフィックボードはありません。

レイトレーシング処理の早さやフレームレートの高さで他を圧倒しています。

とても高価なグラフィックボードですが、価格に見合った処理能力を発揮し、性能には満足できることは間違いありません。

>>INNO3D GEFORCE RTX 4090 X3 OCのレビューはこちらの記事で紹介しています。

RTX 4080・RTX 4090搭載ゲーミングPCの紹介

各BTOメーカーから発売されているゲーミングPCを紹介します。

※ゲーミングPCの価格は日々変動しています。記載している価格と実際の販売価格に違いがでることがあります。

RTX 4080搭載のゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様参考価格評価備考
PC工房 Level PCケース
CPU:Core i7-13700KF
CPUクーラー:
水冷クーラー
360mm

グラボ:RTX4080
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
399,800円別途送料が2,200円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
FRONTIER MSIコラボケース
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー MSI製:

水冷クーラー
グラボ MSI製:RTX4080
チップセットMSI製:Z790
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR5 32GB(16GBx2)
電源:1200W
80PLUS PLATINUM
PCケース:MSI
389,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
STORMのゲーミングPC
CPU:Core i7-12700
CPUクーラー:大型空冷
グラボ:RTX4080
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W 80PLUS GOLD
(ATX3.0 PCIe5.0対応) 
419,800円別途送料2,200円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA

XA7C-R48
CPU:Core i7-12700
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4080
チップセット:H670
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 16GB(8GBx2)
電源:850W 80PLUS PLATINUM
389,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
ツクモ G-gear neo
CPU:i7-13600KF
CPUクーラー:水冷クーラー

FractalDesign製 240mm
グラボ:RTX4080
チップセット:Z790
SSD:1TB NVMe Gen3
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W 80PLUS GOLD
(ATX3.0準拠 12VHPWR対応)
※リンク先でCore i7にカスタマイズ
484,000円別途送料2,200円~4,400円必要。
G-Tune マウスコンピューター
CPU:i7-13600KF
CPUクーラー:水冷クーラー
360mm
グラボ:RTX4080
チップセット:Z790
SSD:1TB NVMe
HDD:4TB
メモリ:DDR5 32G(16GBx2)
DVDスーパーマルチドライブ
電源:1200W 80PLUS PLATINUM
529,800円※別途送料が3,300円かかります。
RTX4080搭載ゲーミングパソコン

最新パーツなのに40万以下!コスパ最強でおすすめ!

PC工房 Level PCケース

パソコン工房 LEVEL-R779-LC137KF-VLX

参考価格:399,800円

Core i7-13700KF、チップセットにZ790、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen3、水冷CPUクーラーは360mmが採用されています。13世代Core i7とZ790、RTX 4080の構成で40万円を切ってきたパソコン工房。プロeスポーツチームも採用している安心感の高いゲーミングPCです。

MSIコラボモデル!MSIパーツで固められたPCです!

FRONTIER MSIコラボケース

FRONTIER FRMFZ790/4080

参考価格:389,800円

チップセットにZ790、MSI水冷CPUクーラー、メモリーにDDR5で構成。Core i7-13700FとRTX4080を使う、MSIコラボモデルです。メモリー32GBと容量も多く、ゲーム以外に配信やクリエイティブ作業もストレスなく可能。最新パーツで固めたコスパの高い構成になっています。

ハイエアフローで安定動作のゲーミングPCが使いたい人におすすめ!

STORMのゲーミングPC

STORM PG-P12D40

参考価格:419,800円

チップセットにZ690、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen3など、快適なゲーム環境が作れます。12世代Corei7-12700と大型空冷CPUクーラーが採用されており、コストを抑えた構成になっています。

RTX 4090搭載のゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様参考価格評価備考
STORMのゲーミングPC
CPU:Core i7-13700K
CPUクーラー:Phanteks

GLACIER ONE 240 T30 240mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W 80PLUS GOLD

(ATX3.0 PCIe5.0対応) 
549,800円別途送料2,200円必要。
PC工房 Level PCケース
CPU:Core i7-13700K
CPUクーラー:水冷クーラー

360mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
489,800円別途送料が2,200円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA

ZA7C-R49
CPU:Core i7-13700K
CPUクーラー:DEEPCOOL

GAMMAXX L240 V2 240mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
529,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
ツクモ G-gear neo
CPU:i7-13600KF
CPUクーラー:水冷クーラー

FractalDesign製 240mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe Gen3
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W 80PLUS GOLD
(ATX3.0準拠 12VHPWR対応)
※リンク先でCore i7にカスタマイズ
549,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
G-Tune マウスコンピューター
CPU:i7-13600KF
CPUクーラー:水冷クーラー

360mm
グラボ:RTX4090
チップセット:Z790
SSD:2TB NVMe
HDD:4TB
メモリ:DDR5 64GB(32GBx2)
DVDスーパーマルチドライブ
電源:1000W 80PLUS PLATINUM
679,800円※別途送料が3,300円かかります。
RTX4090搭載ゲーミングパソコン

最新パーツのゲーミングPCが使いたい人におすすめ!

STORMのゲーミングPC

STORM PG-PXT13

参考価格:549,800円

チップセットにZ790、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen4など、最新パーツで固められたゲーミングPCです。CPUクーラーにPhanteks GLACIER ONE 240 T30 240mmが採用されており、見た目もクールなゲーミングPCに仕上がっています。

最新パーツなのに50万以下!コスパ重視の人におすすめ!

PC工房 Level PCケース

パソコン工房 LEVEL-R779-LC137KF-XLX

参考価格:489,800円

Core i7-13700KF、チップセットにZ790、DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen3、水冷CPUクーラーは360mmが採用されています。13世代Core i7とRTX 4090の構成で50万円を切っているのは今のところパソコン工房だけ。パーツと価格のバランスが良い意味でズレています。おすすめです。

グラボやBTOショップ紹介の記事はこちらから

RTX 3060/RTX 3060 Ti/RTX 3070のベンチマークをこちらの記事で紹介しています。

RTX 3080のベンチマークはこちらの記事で紹介しています。

BTOショップ STORMを実際に使ったレビューはこちらから。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次