LGA1700のCPU反り対策をやってみた CPU温度は下がるのか?

CPU反り対策をやってみた CPU温度に変化はあるのか?

Intel 12世代CPUや13世代CPUはLGA1700というCPUソケットです。

LGA1700は構造上CPUが反ってしまう問題があるといわれています。

CPUが反ってしまうとCPUクーラーの効果が薄くなり、CPUの寿命を短くしてしまう可能性が指摘されていますが、CPU反り対策の固定金具を使うことで問題は回避ができます。

今回、Thermalrightの固定金具を使ってCPUの反り対策をしてみたところ、CINEBENCH(10min)で3℃ほど温度が下がっていました。

この結果だけみると、私の検証環境ではCPUの反り対策金具を使っても大きな効果は無い印象。CPUクーラーや反り具合によって効果が変わるのかもしれません。

この記事ではCPUが反る原因やThermalrightの固定金具の使い方、温度計測の結果を解説します。

CPU反り対策の金具を使用すると改造とみなされ、CPUやマザーボードが故障した場合に保障対象外となる可能性があります。自己責任で使用してください。

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMの紹介はこちらの記事です!<<

CPUが反る原因

LGA1700ソケットに搭載するCPUが反る主な原因は、固定方法です。

LGA1700は、固定金具の真ん中にある突起でCPUの両サイドを押し付けて固定します。

LGA1700固定金具

CPUの裏面にある端子をマザーボードのLGA1700ソケットに密着させるため、CPUの両サイドにキズが付くほど強い力で押し付けていることがわかりますね。

CPU Core i5

CPU中心付近の両サイドだけを金具で押し付けることで、CPUが反りかえる現象が起こります。

CPUの反り説明

CPUを装着した状態の写真見ると、CPUの中心部分の光漏れが多め。少し反っていそうです。

CPU反り

CPUが反るとCPUクーラーとの密着度が低下。熱伝導率が悪くなることでCPU温度が高くなってしまい、劣化を早める可能性が高くなってきます。

CPUの反り対策の専用固定金具

CPU反り対策用の固定金具「ThermalrightのLGA 1700曲げ止め金具」を紹介します。

ThermalrightのLGA1700用金具は以下3点がセットになっています。

  • 本体
  • トルクレンチ
  • CPUグリス
Thermalright LGA1700 止め金金具

裏面を見ると、反りを起こさないようにCPU全体を面で押さえる形状になっていました。

Thermalright 金具の裏面

ThermalrightのLGA 1700曲げ止め金具の箱にはTagが付いていて、スマホでQRコードを読み込むと公式サイトが開きます。

Thermalright LGA1700 止め金金具の箱

公式サイトで16桁の数字を入力すると正規品かどうかの判定が出るので、購入したときは確認をしておきましょう。

CPU反り対策固定金具の取り付け方

CPU反り対策の金具取付は簡単ですが、急がず焦らないようにしてください。周りにコンデンサーなど精密部品が多く、傷をつけたり破損をさせると故障の原因になります。

ThermalrightのLGA 1700曲げ止め金具を取り付けるには、マザーボードについているCPU取り付け金具を外さなければいけません。

付属のトルクレンチを使って4カ所のネジを外します。

CPU取り付け金具を外す

取り外したネジは使います。取り付け金具は無くさないように保管しておきましょう。

LGA1700 CPU取り付け金具

CPUにカバーを乗せます。このとき、CPUとカバーに印刷されている▲マークの位置を合わせてください。

CPUの表面に書かれた文字とカバーに印刷された文字(Intel12TH)が同じ方向を向くはずです。

カバーのつける方向を合わせる

カバーを付けたらネジ止めします。

ネジは1カ所を一気に締めきらず、対角に少しずつ均等に締めるようにしてください。

画像の順番にそって少しずつ締めていけば問題ありません。

ネジを締める順番

カバーのネジを締めたらCPUの取り付け完了。

あとはCPUグリスを塗ってCPUクーラーを取り付けます。

金具の取り付けは、急がずあせらず作業してください。

対策後のCPU温度は少し低くなったか?

RTX 4090の検証PC

反り対策の金具を使う前と後で、CPU温度の変化があるか計測をしました。

計測にはCINEBENCH R23を使用。マルチコアのベンチマーク(10min)で温度差があるか確認をします。

CPUとCPUクーラーは以下。

計測結果最高温度
金具取り付け前73℃
金具取り付け後70

取り付け後で3℃ほど最高温度が下がっていました。この結果だけ見ると誤差とも言えそうな温度差です。

私の検証環境では、それほど高い効果は得られませんでした。

CPUクーラーによって効果の違いもあると考えられます。計測結果は参考としてご覧ください。

CPU反り対策固定金具は自己責任で使用する

IntelはLGA1700によるCPUの反りは仕様の範囲と回答しており、改造による故障は保障対象外になる可能性も指摘しています。

CPU反り対策固定金具を使うと改造とみなされる可能性があるので、自己責任で使用するようにしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次