13世代 Intel Core i5-13600K 搭載のゲーミングPCを3つ紹介

13世代 Intel Core i5-13600K 搭載のゲーミングPCを紹介
  • Intelの13世代CPUにした方がいいの?
  • 13世代でゲームのパフォーマンスは上がる?
  • どんなゲーミングPCがあるか知りたい。

こんな疑問が解消できるように、13世代CPUのゲーミングPCと性能についてまとめました。

IntelからCPUのCoreシリーズ13世代が発売され、BTOメーカーが13世代CPU Core i5/i7を搭載したゲーミングPCの受注を開始しています。

この記事では、13世代CPU Core i5-13600Kが搭載されたゲーミングPCを紹介します。

そのあと、12世代と13世代どっちがいいのか、13世代に乗り換える必要があるのか解説します。

ゲーミングPCの購入を考えている方、Intel 12世代から13世代に乗り換えた方がいいのか悩んでいる方は参考にしてください。

目次

\Intel搭載PCを買うとCod MW2がもらえる!/

Intel Coreシリーズを買ってCod MW2プレゼント

PCショップ STORMの公式サイト

Core i5-13600K搭載のゲーミングPC

ここではCPUにCore i5-13600K、グラボにRTX 3060 Ti以上が搭載されたゲーミングPCを紹介します。

BTOメーカーによってはCore i5-13600KとRTX 3060が搭載されたゲーミングPCもありますが、コスパが良くありません。同じ価格帯でRTX 3060 Tiが選べるため、今回の選出にRTX 3060は含めませんでした。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格備考
STORMのゲーミングPC
より高いfpsを出したいならこれ!
CPU:Core i5-13600K
CPUファン:サイドフロー型
グラボ:RTX 3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:CWT 850W(80PLUS GOLD)
231,000円別途送料2,200円必要。
STORMのゲーミングPC
グラボのグレードアップにも対応できる!
CPU:Core i5-13600K
CPUファン:サイドフロー型
グラボ:RTX 3060 Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:CWT 850W(80PLUS GOLD)
218,000円別途送料2,200円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
サポート重視ならこれ!
CPU:Core i5-13600KF
CPUファン:CoolerMaster サイドフロー
グラボ:RTX 3060 Ti
チップセット:B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:CWT 750W(80PLUS GOLD)
ドライブ:DVDスーパーマルチ
227,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
Core i5 13世代 搭載ゲーミングパソコン

こんな人におすすめ!Core i5搭載ゲーミングPCの特徴

WQHDモニターを使う人、フルHDでもより高いfpsを出したい人におすすめ。

STORMのゲーミングPC

STORM PG-PQ1370

参考価格:231,000円

PG-PQ13TのグラボをRTX 3070にしたグレードアップ版。グラボ以外のパーツ構成は同じです。WQHD解像度のモニターを使う場合や、ゲームのfps(フレームレート)をより高く出したい人はPG-PQ13Tを選ぶとよいでしょう。

グラボのアップグレードやパーツ増設をしたい人におすすめ。

STORMのゲーミングPC

STORM PG-PQ13T

参考価格:218,000円

チップセットにB660を採用。オーバークロックなど特殊なことはできませんが、一般的な使い方なら全く問題ありません。電源が850Wと余裕があるので、グラフィックボードのグレードアップやパーツ増設にも対応ができる、拡張性のあるゲーミングPCです。

サポート重視ですぐにパーツのアップグレードを考えないなら。

ツクモ ゲーミングパソコン

ツクモ G-GEAR GA5J-E223/B

参考価格:227,800円

G-GEARは標準でDVDスーパーマルチドライブが搭載されています。CDやDVDに書き込みをすることが多い人は便利ですね。電源も余裕があるので、パーツを少しグレードアップする程度なら対応可能。ツクモはサポート力が高く、故障やパーツ交換の相談にたいして、的確なアドバイスがもらえます。サポート重視の人におすすめのブランドです。

Intel Core i7-13700K搭載のゲーミングPCが見たい方はこちらの記事をご覧ください。

Intel 12世代と13世代の仕様比較

12世代と13世代のCPUでどれぐらい仕様が変わるか比較表にまとめました。

スクロールできます
Core i5-12400Core i5-13600KCore i7-12700Core i7-13700K
世代12世代13世代12世代13世代
ソケットFCLGA1700同左同左同左
総コア数6141216
総スレッド数12202024
Pコア数6688
Pスレッド数12121616
Pコア
ベースクロック
2.5 GHz3.5 GHz2.1 GHz3.4 GHz
Pコア
ブーストクロック
4.4 GHz5.1 GHz4.8 GHz5.3 GHz
Eコア数0848
Eスレッド数0848
Eコア
ベースクロック
02.6 GHz1.6 GHz2.5 GHz
Eコア
ブーストクロック
03.9 GHz3.6 GHz4.2 GHz
L2キャッシュ7.5 MB20 MB12 MB24 MB
スマートキャッシュ18MB24 MB25 MB30 MB
消費電力65W125W65W125W
最大消費電力117W181W180W253 W
対応メモリ(MT/s)DDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
PCI-Express5.0/4.0
最大20レーン
同左同左同左
内臓グラフィックIntel UHD
Graphics730
Intel UHD
Graphics770
同左同左
オーバークロック××
その他DirectX 12
OpenGL 4.5
OpenCL 3.0
同左同左同左

13世代よりCore i5-13600KにEコアが実装、Core i7-13700KはEコアの数が2倍に増えています。これにより、マルチスレッド性能が高くなっていることがわかります。

13世代は12世代とくらべて、基本消費電力が約2倍の125Wになっている点は注意が必要ですね。

12世代も13世代もソケットがLGA1700が搭載されたマザーボードを使うことが可能。ただし600番台チップセットのマザーボードはBIOSの更新が必要になります。BIOSの更新についてはこちらの記事で紹介しています。

Pコア:性能重視。ベンチマークなどで数値をたたき出すのは基本Pコア。
Eコア:効率重視。小型のコアで数多く搭載可能。並列実行性能が高い。

i5-12400とi5-13600Kどっちがいい?

ゲーミング性能はi5-12400とi5-13600Kどっちがいい?

i5-13600Kの方がゲーミング性能は高いが、大きな差が出ないゲームがある。

13世代CPUにしたからと言って全てのゲームのfps(フレームレート)が劇的に高くなるとは言い切れません。GPU依存のゲームが増えているため、CPUよりGPUのグレードを上げた方がfpsは安定する傾向にあります。

もし、Intel 11世代より古い世代のCPUを使っている場合は、13世代に乗り換えると高い効果を感じることができるでしょう。

動画編集するならi5-12400とi5-13600Kどっちがいい?

完全にi5-13600Kです。

i5-12400はEコアが搭載されていません。i5-13600KからEコアが8個搭載されました。Eコアが搭載されたことで、マルチスレッド性能が劇的に向上(約41%)しました。

動画編集や3Dレンダリングなど、よりスムーズな作業が可能になります。

Core i5-13600KとCore i7-13700Kはどっちがいい?

性能が高いのはCore i7-13700Kです。

Core i7-13700Kは動画や3Dレンダリングのようなクリエイティブな作業や、複数のソフトを同時に使うときに力を発揮します。

Core i5-13600Kは、ゲームや動画・音楽の視聴、インターネットや一般的な動画編集など、プロフェッショナルな環境を必要としないなら十分な性能を持っています。通常はCore i5-13600Kで十分です。

13世代CPUの方がゲーミング性能は高い

Core i5 12Gen 13Gen

Core i5-12600KF(12世代)とCore i5-13600KF(13世代)でfpsに変化が出るかテストをしてみました。

同じグラフィックボードを差し替えてテストしています。

13世代CPUと12世代CPUのPC自体が違うため、参考値としてご確認ください。

 12世代CPUのPC13世代CPUのPC
CPUCore i5-12600KFCore i5-13600KF
チップセットB660Z690
グラフィックボードMSIGIGABYTE
メモリDDR4 16GBDDR5 32GB
グラボRTX 3080RTX 3080
電源850W1000W
PCメーカーSTORM自作
fps計測テスト環境

CPUの末尾が「KF」はオンボードグラフィック機能が無いタイプです。

FF14のベンチマーク結果

FF14 12世代CPUと13世代CPUの比較
FF14 ベンチマーク比較
i5-12600KFi5-13600KF割合
フルHD 標準284463587126.10%
フルHD 高254042992417.79%
WQHD 標準277133315019.62%
WQHD 高220342529414.80%
4K 標準214142459714.86%
4K 高15067161847.41%
FF14 ベンチマークスコア上昇率

全体的に13世代CPUのスコアが高くなりました。

特にフルHD、WQHDのスコア上昇率が高く、低解像度ではCore i5-13600KFの効果が高い印象です。

Cod MW2のfps計測結果

Cod MW2 12世代CPUと13世代CPU比較
Cod MW2 fps計測結果
i5-12600KFi5-13600KF割合
フルHD 低18121217.13%
フルHD 高152148-2.63%
WQHD 低1751771.14%
WQHD 高134133-0.75%
4K 低1081090.93%
4K 高8678-9.30%
Cod MW2 fps上昇の割合

Cod MW2のドミネーションでfps計測をしています。

フルHDで平均30fpsほど上昇が見られますが、MW2はマップや戦況でfpsの上下が激しく単純に性能アップとはいいにくい結果です。

結果を見る限り、CPUよりGPU(グラボ)の影響が大きいといえるでしょう。

Cyberpunk 2077のfps計測結果

※レイトレ無:レイトレーシング無し。数値の単位はfpsです。

スクロールできます
i5-12600KF
フルHD
1920 x 1080
i5-13600KF
フルHD
1920 x 1080
平均fps
上昇率
i5-12600KF
4K
3840 x 2160
i5-13600KF
4K
3840 x 2160
平均fps
上昇率

レイトレ無
平均:141.42
最低:66.53
最大:207.09
平均:185.26
最低:98.03
最大:251.14
31.00%平均:109.15
最低:48.81
最大:152.72
平均:121.5
最低:94.52
最大:146.59
11.31%

レイトレ無
平均:135.07
最低:57.54
最大:203.42
平均:169.79
最低:61.43
最大:238.83
25.71%平均:95.39
最低:42.84
最大:125.50
平均:102.23
最低:82.65
最大:123.46
7.17%

レイトレ無
平均:128.70
最低:59.16
最大:191.65
平均:149.15
最低:71.74
最大:219.37
15.89%平均:64.16
最低:52.30
最大:79.57
平均:67.01
最低:55.32
最大:82.72
4.44%
ウルトラ
レイトレ無
平均:126.58
最低:61.74
最大:196.09
平均:126.37
最低:65.81
最大:213.19
-0.17%平均:44.84
最低:36.74
最大:62.74
平均:45.71
最低:37.89
最大:64.72
1.94%
レイトレ:低平均:116.57
最低:61.83
最大:178.00
平均:116.76
最低:67.05
最大:164.66
0.16%平均:60.70
最低:44.97
最大:86.95
平均:63.05
最低:53.41
最大:81.29
3.87%
レイトレ:中平均:87.21
最低:48.69
最大:115.13
平均:90.82
最低:73.13
最大:109.93
4.14%平均:46.73
最低:16.05
最大:72.70
平均:48.80
最低:41.57
最大:59.62
4.43%
レイトレ:
ウルトラ
平均:73.03
最低:31.20
最大:102.58
平均:84.45
最低:67.65
最大:108.36
15.64%平均:46.61
最低:17.56
最大:79.89
平均:48.75
最低:37.12
最大:60.42
4.59%
※Cyberpunk 2077 Ver1.61で計測

全体的にfpsの上昇が見られます。特にフルHDのグラフィック設定が低いカ所において、高い効果がでていました。

メモリやチップセットなど、検証環境の差が出ている可能性は否定できませんが、13世代CPU環境にすることで全体的にfpsの上昇と安定が得られることがわかります。

12世代CPUと13世代CPUで差が出ないゲームもある

Core i5-13600KFを搭載したPCでは、i5-12600KFと比べてパフォーマンスが向上するゲームがあります。

しかし、すべてのゲームがパフォーマンス向上するということはありません。GPU処理の依存度が高いゲームでは、12世代と13世代でほとんど差が出ない結果になりました。

現在12世代CPUを使っていて、よほどの不満がないなら急いでCPU交換をしなくてもいい印象です。

新しくゲーミングPCを購入する方、自作PCを作る方は13世代CPUを検討するとよいでしょう。

>>Intel 13世代 CPU搭載のゲーミングPCに戻る

13世代CPUは動画編集や3Dレンダリングには効果が大きい

CINEBENCH R23でi5-12600KFとi5-13600KFのCPU性能を計測しました。

 CINEBENCH R23の計測結果
項目i5-12600KFi5-13600KF性能差
CPU マルチコア性能165872405245%
CPU シングルコア性能184319696.8%
CINEBENCH R23の結果

i5-12600KFに比べi5-13600KFは、45%もパフォーマンスが高くなる結果となりました。

Intelがプレスリリースでマルチスレッド性能について発表していますが、マルチスレッド性能が大幅に向上していることがわかります。

コンテンツ制作時のパフォーマンスの継続的な向上:

より多くのE-coreを搭載してコア数が増加した第13世代インテル® Core™ プロセッサーは、マルチスレッドのパフォーマンスが最大41%向上し、複数の高負荷なワークロードにも対応することができ、クリエイティブな作業も淀みなく遂行できます。

引用元:PR Times

エルミタージュ秋葉原のベンチマーク記事にも、参考になる計測結果が掲載されていますので参考にどうぞ。

エルミタージュ秋葉原:ベンチマーク記事へのリンク

13世代のCPUは12世代にくらべ、Eコアが強化されています。そのため、動画編集や3Dレンダリングのようなマルチスレッド処理を使う作業で高い効果が発揮されます。

動画編集は13世代、ゲームは12世代でもOK

ゲームのベンチマークでは13世代CPUの方が性能が高いことがわかりました。ただし、ゲームによっては差がでにくいものがあるため、現在12世代CPUを使っていているなら急いで13世代CPUにするのは要検討です。

動画編集や3Dレンダリングなどマルチスレッドが影響する作業をするなら、Intel 13世代のCPUはとても強力なパフォーマンスを発揮するので、今より快適な環境を作ることができます。

Intel 13世代CPUを搭載したゲーミングPCは12世代を搭載したゲーミングPCより約3万~4万円高い傾向もあります(CPU単体では2万円程度の差)。パフォーマンスに対して価格差が大きいです。

ゲームメインで考えるなら12世代のCPUでも十分。グラボ(GPU)のグレードを上げることを優先することで、ゲーム中のfpsが安定したり、全体のパフォーマンスの向上につながります。

こちらの記事でグラボ別fps計測結果と12世代のCPUが搭載されたゲーミングPCを紹介しています。グラボによって、ゲーム中のfpsがどのぐらい変わるかわかりますので参考にしてください。

>>Intel 13世代 CPU搭載のゲーミングPCに戻る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次