【144fps固定も楽々】ShatterlineにおすすめのゲーミングPCを紹介 グラボ別fps計測

ShatterlineにおすすめのゲーミングPCを紹介

Shatterline(シャッターライン)が2022年9月8日からSteamで早期アクセスが開始されました。

ウクライナの首都キエフにあるFrag Lab(フラッグラボ)という会社が開発をしています。

武器とスキルを使って戦うFPSシューター。ステージやエフェクト、キャラクターの描写がとても綺麗で軽快に動作するFPSゲームです。

この記事ではShatterlineのグラボ別ゲーム中fps変動計測結果と、おすすめゲーミングPCを紹介します。

更新内容

RTX 3060:WQHD、4Kのfps計測結果を追加しました。
RTX 3080:フルHD、WQHD、4Kのfps計測結果を追加しました。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMのことが知りたい方はこちらから!<<

ShattelineのPC動作環境

Shatterlineの動作環境
項目必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10 64ビット版 Windows 10 64ビット版
CPUIntel Core i5 8400Intel Core i7 7700
RAM8GB12GB
GPUNVIDIA GeForce 750 TiNVIDIA GeForce 1070
DirectXVersion 11Version 11
ストレージ20 GB 利用可能20 GB 利用可能
Shattelinの動作環境

GeForce 1070は2016年に発売されたGPUです。動作環境を見る限り、多少古いPCでも遊べることがわかります。

もし今から新しいゲーミングPCを買おうとしているなら、以下を基準に選定することをおすすめします。

  • グラボ:RTX 3060以上
  • CPU:Core i5以上

\無料で遊べます/

Shatterlineのグラボ別fps計測結果

ゲームモードのESCORTで計測をしています。

Shatterline グラボ別のfps計測結果グラフ
Shatterline グラボ別fps計測 平均値

※Shatterlineは、今後のアップデートによってゲームの内容や処理の重さが変わる可能性があります。

ゲームプレイ中、常にグラフのfps値が出ることはありません。

FPSゲームでは、fps平均値よりもゲーム中(バトル中)のfps変動が重要です。

Shatterlineのfps計測中画面
Shatterlineのfps計測中画面

fps(フレームレート)の計測には、MSI AFTERBURNERという、fpsやCPU温度を記録するソフトを使いました。

RTX 3060のゲーム中fps変動

ShatterlineをRTX 3060でプレイするなら、フルHDの中設定までが快適動作の範囲です。

WQHDの低設定でもそこそこ快適ですが、ギリギリな感じではあります。

RTX 3060の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:208fps(168fps)
  • 中設定:188fps(141fps)
  • 高設定:155fps(121fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:188fps(141fps)
  • 中設定:135fps(100fps)
  • 高設定:82fps(68fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:107fps(84fps)
  • 中設定:68fps(53fps)
  • 高設定:42fps(33fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060のフルHD(1920 x 1080)の結果

Shatterline RTX3060 低設定のfps計測結果
RTX3060 フルHD 低設定
Shatterline RTX3060 中設定のfps計測結果
RTX3060 フルHD 中設定
Shatterline RTX3060 高設定のfps計測結果
RTX3060 フルHD 高設定

フルHDなら中設定までをおすすめしたいです。

少しfpsが落ちてもグラフィック重視するなら高設定もありです。

RTX 3060のWQHD(2560 x 1440)の結果

Shatterline RTX3060 WQHD 低設定のfps計測結果
RTX3060 WQHD 低設定
Shatterline RTX3060 WQHD 中設定のfps計測結果
RTX3060 WQHD 中設定
Shatterline RTX3060 WQHD 高設定のfps計測結果
RTX3060 WQHD 高設定

WQHDは低設定がおすすめです。中設定からは若干カクツキが感じられます。

高設定は止めましょう。カクカクします。

RTX 3060の4K(3840 x 2160)の結果

Shatterline RTX3060 4K 低設定のfps計測結果
RTX3060 4K 低設定
Shatterline RTX3060 4K 中設定のfps計測結果
RTX3060 4K 中設定
Shatterline RTX3060 4K 高設定のfps計測結果
RTX3060 4K 高設定

4Kは止めましょう。カクカクで撃ち合いになりません。

目も疲れるので、素直に解像度を下げましょう。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

Shatterline RTX 3060のまとめ
  • フルHD:画質を上げつつfpsを出すなら中設定でプレイしましょう。高設定でもそこそこ動きます。
  • WQHD:低設定までは、そこそこ快適にプレイ可能なレベルでした。
  • 4K:カクカクでダメです。素直にWQHDかフルHDに解像度を落としましょう。

RTX 3060Tiのゲーム中fps変動

ShatterlineをRTX 3060Tiでプレイするなら、WQHDの中設定までが快適動作の範囲です。

フルHDの中設定、WQHDの低設定なら144fps固定が実現できます。

RTX 3060Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:223fps(182fps)
  • 中設定:178fps(154fps)
  • 高設定:182fps(138fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:218fps(165fps)
  • 中設定:175fps(138fps)
  • 高設定:134fps(112fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:153fps(109fps)
  • 中設定:92fps(69fps)
  • 高設定:64fps(53fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060TiのフルHD(1920 x 1080)の結果

Shatterline RTX3060Ti 低設定のfps計測結果
RTX3060Ti フルHD 低設定
Shatterline RTX3060Ti 中設定のfps計測結果
RTX3060Ti フルHD 中設定
Shatterline RTX3060Ti 高設定のfps計測結果
RTX3060Ti フルHD 高設定

低設定はかなり高いfpsが出せましたが、アンチエイリアスがOFFなので、画像が少しチラチラします。

フルHDなら高設定でも高いfpsが出ていました。

RTX 3060TiのWQHD(2560 x 1440)の結果

Shatterline RTX3060Ti 低設定のfps計測結果
RTX3060Ti WQHD 低設定
Shatterline RTX3060Ti 中設定のfps計測結果
RTX3060Ti WQHD 中設定
Shatterline RTX3060Ti 高設定のfps計測結果
RTX3060Ti WQHD 高設定

中設定ではfpsの上下差が激しくなりますが、プレイ中に大きなカクツキは感じませんでした。

高設定でもプレイは可能ですが、FPSゲームとしては中設定以下でで高fpsを出したいですね。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

Shatterline RTX3060Ti 低設定のfps計測結果
RTX3060Ti 4K 低設定
Shatterline RTX3060Ti 中設定のfps計測結果
RTX3060Ti 4K 中設定
Shatterline RTX3060Ti 高設定のfps計測結果
RTX3060Ti 4K 高設定

RTX 3060Tiで4Kは厳しいです。WQHD以下に解像度を下げましょう。

>>RTX 3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

Shatterline RTX 3060Tiのまとめ
  • フルHD:中設定でほぼ144fps固定を実現。高設定でも高いfpsが出せる。
  • WQHD:中設定までを推奨します。低設定ならとても快適にプレイが可能。
  • 4K:WQHDに解像度を下げることを推奨します。低設定でもfpsのバラツキが多く、安定感がありません。

RTX 3070のゲーム中fps変動

RTX3070は、フルHDはもちろんWQHDまで快適にプレイできます。

4Kでもプレイは可能ですが、低設定がターゲットとなる結果でした。

RTX 3070の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:235fps(189fps)
  • 中設定:186fps(157fps)
  • 高設定:176fps(133fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:220fps(177fps)
  • 中設定:193fps(143fps)
  • 高設定:142fps(112fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:171fps(129fps)
  • 中設定:107fps(78fps)
  • 高設定:74fps(64fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070のフルHD(1920 x 1080)の結果

Shatterline RTX3070 低設定のfps計測結果
RTX3070 フルHD 低設定
Shatterline RTX3070 中設定のfps計測結果
RTX3070 フルHD 中設定
Shatterline RTX3070 高中設定のfps計測結果
RTX3070 フルHD 高設定

低設定~高設定まで、どれでも快適にプレイ可能です。

fps重視なら設定を下げましょう。

RTX 3070のWQHD(2560 x 1440)の結果

Shatterline RTX3070 低設定のfps計測結果
RTX3070 WQHD 低設定
Shatterline RTX3070 中設定のfps計測結果
RTX3070 WQHD 中設定
Shatterline RTX3070 高設定のfps計測結果
RTX3070 WQHD 高設定

WQHDは中設定までがおすすめ。

高設定は上下の差が大きくなり、低いところでは100fps程度まで落ち込みます。

RTX 3070の4K(3840 x 2160)の結果

Shatterline RTX3070 低設定のfps計測結果
RTX3070 4K 低設定
Shatterline RTX3070 中設定のfps計測結果
RTX3070 4K 中設定
Shatterline RTX3070 高設定のfps計測結果
RTX3070 4K 高設定

4Kは低設定が推奨。中、高設定はFPSゲームとして負ける確率が高くなるfpsです。

>>RTX 3070搭載のゲーミングパソコンを見る

Shatterline RTX 3070のまとめ
  • フルHD:低設定で200fps以上出せます。
  • WQHD:中設定までなら、144fps固定が実現。
  • 4K:低設定を推奨します。

RTX 3080のゲーム中fps変動

WQHD、4Kは計測中です。

RTX 3080の平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:254fps(177fps)
  • 中設定:212fps(170fps)
  • 高設定:181fps(126fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:208fps(163fps)
  • 中設定:189fps(147fps)
  • 高設定:160fps(133fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:186fps(148fps)
  • 中設定:136fps(116fps)
  • 高設定:103fps(93fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080のフルHD(1920 x 1080)の結果

Shatterline RTX3080 低設定のfps計測結果
RTX3080 フルHD 低設定
Shatterline RTX3080 中設定のfps計測結果
RTX3080 フルHD 中設定
Shatterline RTX3080 高設定のfps計測結果
RTX3080 フルHD 高設定

どの設定でも快適にプレイできます。

安定するのは中設定以下です。

RTX 3080のWQHD(2560 x 1440)の結果

Shatterline RTX3080 WQHD 低設定のfps計測結果
RTX3080 WQHD 低設定
Shatterline RTX3080 WQHD 中設定のfps計測結果
RTX3080 WQHD 中設定
Shatterline RTX3080 WQHD 高設定のfps計測結果
RTX3080 WQHD 高設定

もう少し高いfpsで安定するかと思っていましたが、RTX 3070とあまり差がでませんでした。

GPU使用率も30~60%と、余力を残してしまう結果。若干中途半端な感じがします。

RTX 3080の4K(3840 x 2160)の結果

Shatterline RTX3080 4K 低設定のfps計測結果
RTX3080 4K 低設定
Shatterline RTX3080 4K 中設定のfps計測結果
RTX3080 4K 中設定
Shatterline RTX3080 4K 高設定のfps計測結果
RTX3080 4K 高設定

RTX 3080は4Kになると本気を出します。

GPU使用率は低で65~100%、中で85~100%、高設定になると90~100%になります。

4K低設定においては、低くても144fps前後と高い結果を出せています。WQHD以下では能力を出しきれない感じがありましたが、4Kでは高いfpsが得られます。

>>RTX 3080搭載のゲーミングパソコンを見る

Shatterline RTX 3080のまとめ
  • フルHD:RTX 3070とあまり差が出ませんでした。GPU使用率も高くならなかったので、現状の限界と考えられます。動作は非常に快適です。
  • WQHD:RTX 3070と大差はでませんでしたが、平均は若干高くなり、高設定でも高いfpsでプレイが可能でした。
  • 4K:低設定のプレイなら高いfpsを維持します。高設定でもギリギリ遊べます。

ShatterlineにおすすめのゲーミングPCの紹介

この記事で紹介したようにグラフィックボードはRTX 3060以上がおすすめ。Shatterlineを快適に遊ぶことができます。

Shatterlineに最適でコストパフォーマンスが高いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
RX3060の中で
一番おすすめ!

STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
158,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングPC ミニ
10月7日までセール中!
CPU:Core i5-12400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BRONZE)
144,800円別途送料が2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応 DVDスーパーマルチ
電源:500W(80PLUS BRONZE)

※電源容量のアップグレード検討が必要です。
168,500円別途送料が2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R36
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
199,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこれ!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ゲームメインなら
このPC!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
172,900円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
224,000円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
199,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5J-B221/B2
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
187,200円
別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:650W 静音電源

(80PLUS BRONZE)
184,980円別途送料が3,300円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
Sofmap LEVEL ゲーミングPC
パソコン工房
LEVEL-M06M-124-SAX
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:700W (80PLUS BRONZE)
DVDスーパーマルチ
※メモリスロットは2つです。
168,800円別途送料が2,200円かかります。沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti-L
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
209,800円別途送料3,300円必要です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならこの3機種!

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
どんなゲームも
快適!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
198,000円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:Z690
SSD:NVMe
Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
248,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070Ti
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
249,800円別途送料2,200円~4,400円。
Core i7
ワンランク上のPC!

FRONTIERのゲーミングパソコン
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
229,800円別途送料2,200円~4,400円。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070

チップセット:AMD B550
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
217,100円別途送料が2200円~4400円。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
249,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-12700F
※水冷クーラー
グラボ:RTX3070

チップセット: B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
304,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3080 搭載パソコン(4KやWQHDモニターで遊ぶなら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS Platinum)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
10月7日までセール中!
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W

(80PLUS GOLD)
272,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
285,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R38
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB

電源:750W 静音電源

(80PLUS GOLD)
299,979円※別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
339,990円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

ハイエンドゲーミングPC!RTX3080搭載パソコンはこちら!

fps計測に使ったグラフィックボードの紹介

この記事でベンチマーク計測をしているグラフィックボードの紹介です。

RTX 3060とRTX 3060Tiの数値を見ると、RTX 3060の方が性能が高そうに感じられる部分がありますが、CUDAコアの数やメモリバス幅が大きいRTX 3060Tiの方が20~30%前後ベンチマークが良い結果を出しています。

RTX 3060TiとRTX 3070のベンチマーク差は5%~10%ほど。モニターがWQHD(2560×1440)であればRTX 3070が有利ですが、フルHD(1920×1080)ならRTX 3060Tiの方がコスパは高い結果となります。

スクロールできます
INNO3D GEFORCE RTX3060 TWIN-X2 OC
GEFORCE RTX 3060
MSI RTX3060Ti VENTUS 2X OC
GEFORCE RTX 3060 Ti
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3070
Palit RTX3080
メーカーINNO3DMSIPalitPalit
製品型番GEFORCE RTX 3060
TWIN X2 OC
※メーカーHPへリンク
GeForce RTX 3060 Ti
VENTUS 2X 8G OCV1 LHR
※メーカーHPへリンク
Palit
NE63070019P2-1041A

※メーカーHPへリンク
Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数3584486458888704
ブーストクロック1792 MHz1695 MHz1725 MHz1710 MHz
メモリタイプ12GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR610GB GDDR6X
メモリスピード15 Gbps14 Gbps14 Gbps19 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit256-bit320-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)170W200W220W320W
補助電源コネクタ8-pin8-pin8-pin X28-pin X2
推奨電源容量 (W)550W600W650W750W
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
AmazonRTX3060を見に行くRTX3060Tiを見に行くRTX3070を見に行くRTX3080を見に行く
TSUKUMOTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行くTSUKUMOを見に行く
各製品の比較

fps計測に使ったゲーミングPCの紹介

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン
STORMのゲーミングパソコン PG-WG12

現在メインで使っているのは、のゲーミングパソコンです。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPU(グラボ)Nvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)

ゲームメインならCPUはCore i5で問題ありません。実況配信や重たい動画編集をするならCore i7とメモリを32GBにすると良いでしょう。

のゲーミングPCは基本的に850W(80PLUS Gold)の電源を搭載しています。

将来、PCパーツの増設やグレードアップをするときも、電源容量が足りない!と言ったことになりにくい容量で助かります。

もし、モニターの解像度がWQHD(2560×1440)以上の場合はRTX 3070以上を選択することをおすすめします。

STORMのことをもっと詳しく知りたい方は、STORM(ストーム)のでレビューと評判も参考にしてください。

>>ゲーミングPC一覧へ戻る

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次