【2023年版】RTX 3080搭載 おすすめゲーミングPCを3つ紹介 メーカー別に解説しています

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCを紹介

2023年1月24日追記。
パソコン工房、マウスコンピューターはRTX 3080搭載のゲーミングPCの取り扱いを終了しました。

  • RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCが知りたい。
  • メーカーごとのゲーミングPCの特徴が知りたい。

こんな疑問にお答えします。

モニターの解像度がWQHD(2560×1440)以上のモニターでゲームをするなら、グラフィックボードはRTX 3080以上のPCを準備したいです。

解像度が大きくなると処理が追い付かなくなり、カクツキが発生してゲームに集中できないことも。

RTX 3080であれば4KモニターでもApexやVALORANTのような軽めのゲームなら問題なくプレイできますし、サイバーパンク2077のような重たいゲームでもグラフィックの調整をすれば快適に遊ぶことができます。

モニターがフルHD(1920×1080)の場合RTX 3060やRTX 3060TiのゲーミングPCでも十分高いfpsが出せる場合があります。遊ぶゲームやモニターの解像度によってPCのグレードを検討しましょう。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

目次

\本サイトはSTORMのPCを使っています/

>>STORMの紹介はこちらの記事です!<<

RTX 3080のゲーム別参考ベンチマーク

フォートナイト スタートのダイビング
フォートナイトのfps計測中画面

RTX 3080でゲーム別にfpsを計測しました。

サイバーパンク2077のように重たいゲームになると、4Kグラフィック高設定はカクカクになってしまいますが、グラフィック設定を調整すれば快適にプレイが可能でした。

スクロールできます
タイトルフルHD 低フルHD 高WQHD 低WQHD 高4K 低4K 高
Apex295211263213158127
VALORANT300 以上300 以上374331371287
フォートナイト26213124811418265
モンスターハンターライズ18714617811818193
サイバーパンク2077141126137928538
RTX 3080のfps計測結果 単位はfps

ゲームのfps計測結果やベンチマークをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPC

各メーカーから、RTX 3080搭載でバランスの良いゲーミングPCを集めました。

ゲームプレイやボイスチャットをすることを目的としたときに、コストパフォーマンスの高いゲーミングPCとなっています。

CPUの組み合わせで多いのはIntel Core i7-12400とRTX3080。

Core i7-12700はCPUの性能が高いため、若干能力を持て余しますがGPUの能力を引き出すには良い組み合わせでしょう。

実況配信や動画編集、3Dレンダリングなど作業をされる方はメモリを32GBにすることをおすすめします。

RTX 3080(メモリ10GB)は消費電力が320W。推奨電源は750Wです。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORMのゲーミングPC
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS GOLD)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W

(80PLUS GOLD)
264,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ

※グラボをカスタマイズ
283,000円別途送料2,200円~4,400円必要。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

STORM PG-PD12

STORMのゲーミングPC

参考価格:289,800円

最新スペックや価格は公式サイトを確認してください。

オーバークロックにも対応。拡張性の高いゲーミングPCです。

項目仕様
CPUCore i7-12700
グラフィックボードRTX 3080
マザーボードIntel Z690
SSDNVMe Gen4 1TB
メモリDDR5 16GB(8GBx2)
メモリスロット(空き)4 (2)
電源1200W (80PLUS GOLD)
OSWindows11 Home
ケースミドルタワー 高さ460mm 奥行450mm 幅200mm
参考価格289,800円
別途送料2,200円(税込)

STORMのゲーミングPCは、基本的に電源容量850W以上が搭載されているので、将来グラボを変えるときやSSDの増設、周辺機器を使う時もでも安心。CPUグリスにシルバーグリス(無償バージョンアップ)が使われ、通常グリスより冷却効果を高められます。

METALLICGEAR NEO AIRの見た目
出典:METALLICGEAR NEO AIR

PCケースはPHANTEKSのMETALLICGEAR NEO AIRというケースが採用されています。ほかのBTOショップではあまり採用されていませんが、見た目はカッコよく通気性重視で機能性も高いケースです。ケースファンは全面2つ、背面1つの計3つ搭載されています。

STORMの公式HPでは、ゲーミングPCに搭載されるパーツ名が詳しく書かれていませんが、主にMSIやCrucial、INNO3Dと言った有名メーカーのパーツが使われます。

STORMのミドルエンドのゲーミングPCは全体的にコスパが高く、選ぶPCケースによっては他メーカーより価格が安い物が多いです。

購入時のパーツのカスタマイズ性が少し低めですが、選択肢が絞られている分、初心者でもパーツ選択がしやすい特徴があります。

もっと詳しくSTORMのことが知りたい方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

FRONTIER FRGH670/WS1A

FRONTIER フルタワー

参考価格:264,800円

最新スペックや価格は公式サイトを確認してください。

動画配信もやってみたい、そんな方はFRONTIER FRGH670/WS1A。

項目仕様
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードRTX 3080
マザーボードIntel H670
SSD1TB NVMe
メモリDDR4 32GB (16GBx2)
メモリスロット(空き)4 (2)
電源1000W (80PLUS GOLD)
OSWindows11 Home
ケースフルタワー 高さ465mm 奥行470mm 幅200mm
参考価格272,800円
別途送料2,200円 ~ 4,400円(税込)

ゲームだけでなく、動画編集や実況配信、画像加工まで全てこなせるスペックです。

FRONTIERは基本的にセール狙いがお得です。セール品のパーツ構成で他メーカーと比較すると、価格が大幅に安いゲーミングPCがあります。

毎週のようにセールを開催しているので、定期的に公式サイトを確認しておくとよいでしょう。

ツクモ G-GEAR GA7J-F221/ZB2

ツクモ ゲーミングパソコン

参考価格:28,5800円

最新スペックや価格は公式サイトを確認してください。

パソコンに詳しい店員さんが多く、サポート充実。
そんな安心感がほしい方はツクモのゲーミングPC。

項目仕様
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードRTX 3080
マザーボードIntel Z690
SSD1TB NVMe
メモリDDR4 16GB (8GBx2)
メモリスロット(空き)4 (2)
ドライブDL対応 DVDスーパーマルチ
電源750W (80PLUS GOLD)
OSWindows11 Home
ケースミドルタワー 高さ435mm 奥行475mm 幅190mm
参考価格285,800円
別途送料2,200円~4,400円(税込)

ツクモでRTX 3080搭載ゲーミングPCを選ぶと高額になるため、G-GEAR GA7J-F221/ZB2「Core i7-12700 × RTX 3070Ti 」をカスタマイズしています。

ツクモの実店舗ではPCに詳しい店員さんが多く、サポートの質が非常に高い特徴があります。

ゲーミングPCのケースデザインは若干古い印象があり、標準ケースファンは全面、背面の2つしか付いていない点は気になります。その他のパーツ構成やスペックに問題はありません。

価格は安くも無く高くも無い。ゲーミングPCとしては標準的な価格ではないでしょうか。

ゲーミングPC以外にもパソコンパーツや周辺機器の販売を行っており、Amazonや他店で売り切れているときに、ツクモで在庫があった!と言うこともあります。また、Amazonとほぼ同等の価格でパーツや周辺機器を販売されており、買い物がしやすいBTOショップです。

RTX 3080の仕様 特に推奨電源を確認!

グラフィックボードを選択する時は推奨電源容量の確認は忘れずに行ってください。

メーカーによってはグラフィックボードの推奨電源容量を下回る電源が搭載されたパソコンも存在しています。(最近だいぶ減りましたが)

Nvidia公式ページにもRTX 3080の仕様が掲載されています。クロック数に若干の差はありますが、同じGPUなので参考にしておくとよいでしょう。

Palit RTX3070
Palit RTX3080
メーカーPalit
製品型番Palit
NED3080019IA-132AA

※メーカーHPへリンク
CUDAコア数8704
ブーストクロック1710 MHz
メモリタイプ10GB GDDR6X
メモリスピード19 Gbps
メモリバス幅320-bit
インターフェースPCI-E 4.0 X16
消費電力 (W)320W
補助電源コネクタ8-pin X2
推奨電源容量 (W)750W
サイズ294 x 112 x 60 mm
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
AmazonRTX3080を見に行く
TSUKUMOTSUKUMOを見に行く
RTX 3080の仕様
RTX 3080の消費電力は?

RTX 3080の消費電力は、実測値で以下のようになりました。

  • 通常時:103W
  • ゲームプレイ時:330W

RTX 3080搭載 ゲーミングPCまとめ

この記事で紹介したRTX3080搭載のゲーミングPCをリストにまとめました。

どれが良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。メーカーのこだわりが無いなら、上から3つの中から選ぶとよいでしょう。ケースの大きさも十分あるので、拡張性も心配ありません。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORMのゲーミングPC
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS GOLD)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W

(80PLUS GOLD)
264,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ

※グラボをカスタマイズ
283,000円別途送料2,200円~4,400円必要。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

RTX 3060・RTX 3060Ti・RTX 3070搭載のゲーミングPC

フルHDモニターを使う方ならRTX 3060搭載のゲーミングPCで価格を抑えられます。

もっと価格を抑えたゲーミングPCを探したいときRTX 3060Ti搭載のゲーミングPCも検討してみてください。

WQHDモニターを使うならRTX 3070搭載のゲーミングPCでも性能が発揮できます。

BTOショップの特徴が知りたい方はこちらから

BTOゲーミングPCを販売しているショップの比較と紹介をしています。

ショップのことを詳しく知りたい方は、こちの記事も参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次