CoD Vanguard(ヴァンガード)が144fpsで遊べるゲーミングPCを紹介!グラボ別fps計測をしています

CoD Vanguardの推奨スペックと144FPSで遊べるゲーミングPCを紹介
  • CoD Vanguardで144fps出すにはどれぐらいのスペックが必要?
  • グラボでどのぐらいfpsが変わるか知りたい。
  • みんなCoD Vanguardの設定はどうしてるの?

こんな疑問にお答えします。

CoD Vanguard(ヴァンガード)はFPSの中で処理が重めのゲームです。

高フレームレート(144fps以上)を出すにはグラフィックボードのRTX3060Tiが公式のPCシステム要件とされています。

RTX3060Ti搭載のゲーミングPCは17万~で買うことができますが、設定のしかたによってはRTX3060でも快適にプレイは可能です。

この記事ではグラボ別fps計測結果やおすすめゲーミングPC、144fps出すためのグラフィック設定の紹介をしていきます。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

目次

\Intel搭載PCを買うとCod MW2がもらえる!/

Intel Coreシリーズを買ってCod MW2プレゼント

PCショップ STORMの公式サイト

CoD Vanguardに必要なPCスペック

Cod Vanguardのイメージ
出典:Cod Vanguard公式
スクロールできます
必要
最小スペック
推奨
「高」設定で60fps
優位
高fpsでプレイ
ウルトラRTX
4K解像度、高fpsでゲームを実行
OSWindows 10 64bitWindows 10 64bit
Windows 11 64bit
Windows 10 64bit
Windows 11 64bit
Windows 10 64bit
Windows 11 64bit
CPUIntel Core i3-4340

AMD FX-6300
Intel Core i5-2500K

AMD Ryzen 5 1600X
Intel Core i7-8700K
AMD Ryzen 7 1800X
Intel Core i9-9900K
AMD Ryzen 9 3900X
RAM8GB RAM12GB RAM16GB RAM16GB RAM
空き容量
※マルチとキャンペーンは個別にインストール可能
マルチ:37GB
キャンペーン:23GB
マルチ:37GB
キャンペーン:23GB
マルチ:37GB
キャンペーン:23GB
マルチ:37GB
キャンペーン:23GB
グラフィックボードNVIDIA GeForce GTX 960
AMD Radeon RX 470
NVIDIA GeForce GTX 1060AMD Radeon RX 580NVIDIA GeForce RTX 2070

RTX 3060 Ti

AMD Radeon RX 5700 XT
NVIDIA GeForce RTX 2070
RTX 3080
AMD Radeon RX 6800 XT
グラフィックボードのメモリ2GB4GB8GB10GB
グラフィックドライバNVIDIA: 472.12
AMD: 21.9.1
NVIDIA: 472.12
AMD: 21.9.1
NVIDIA: 472.12
AMD: 21.9.1
NVIDIA: 472.12
AMD: 21.9.1
高解像度アセットキャッシュ
※オン、オフ可能
最大32GB最大32GB最大32GB最大64GB
動作環境の比較

「優位 高FPSでプレイ」で144fps以上が想定されていますが、この時点でRTX3060Tiが対象となっています。

公式の情報からもCoD Vanguardはスペックの高いPCが必要とされていることがわかりますね。

RTX3060Ti搭載のゲーミングPCは17万以上します。グラフィックボードのグレードを1つ落としたRTX3060なら15万円台から購入できます。ほぼ144fpsを出すためのゲーミングPCと設定を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

>>おすすめゲーミングPCを見に行く

CoD Vanguardのfps計測結果

Cod Vangurad グラボ別 fps計測結果
Cod Vanguard グラボ別 fps計測結果

CoD Vanguardを以下の条件でfps計測しています。

fps計測の内容
  • CPU:Intel Core i5-12600KF
  • RTX 3060、RTX 3060Ti、RTX 3070、RTX 3080 の4つのグラボで測定。
  • グラフィック設定:「低・高」の2種で測定。
  • ドミネーションかハードポイントで計測する。

※マップや参加人数、キルストリークや投擲物などでfps値は変わります。ここで紹介するfps値は参考値としてご覧ください。

RTX3060のfps測定結果

RTX 3060の結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:170fps(128fps)
  • 高設定:90fps(78fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:122fps(92fps)
  • 高設定:84fps(65fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:58fps(56fps)
  • 高設定:46fps(32fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060 + フルHDの結果

Cod Vangurad RTX3060 低設定
RTX3060 フルHD 低設定
Cod Vangurad RTX3060 高設定
RTX3060 フルHD 高設定

低設定で170fps程度のフレームレートが出ました。Codは画質を低設定にしても、プレイには影響を感じません。低設定でここまでfpsがでるので、RTX3060でも快適に遊ぶことが可能です。

高設定になると100fpsを下回ります。相手が高fpsでプレイしていると、撃ち負ける可能性があります。できれば120fps以上ほしいので、グラフィック設定は低く調整した方がよさそうです。

RTX 3060 + WQHDの結果

Cod RTX3060 WQHD 低設定のfps計測結果
RTX3060 WQHD 低設定
Cod RTX3060 WQHD 高設定のfps計測結果
RTX3060 WQHD 高設定

RTX 3060でWQHD解像度は厳しくなってきます。

低設定で平均122fpsとなっていますが、実際は低いところで90fps前後まで低下します。低設定でギリギリプレイできる限界。

RTX 3060 + 4Kの結果

Cod RTX3060 4K 低設定のfps計測結果
RTX3060 4K 低設定
Cod RTX3060 4K 高設定のfps計測結果
RTX3060 4K 高設定

RTX 3060で4Kはおすすめできません。

競技性の高いCodで平均60fpsを切ってしまうのは、打ち合いで負ける確率が高くなると言えます。

実際プレイをしても、相手と鉢合わせたときの撃ち負け率がとても高くなることが実感できます。

解像度をフルHDにすることで、高fpsを出せるので素直に調整しましょう。ゲーム画面の見た目は見比べないとわからないぐらいの差なので、プレイへの影響は感じません。

RTX 3060は素直に解像度をフルHDにして、負ける要素を減らした方がいいと言えます。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Tiのfps計測結果

RTX 3060Tiの結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:182fps(152fps)
  • 高設定:140fps(99fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:138fps(98fps)
  • 高設定:91fps(75fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:72fps(56fps)
  • 高設定:未計測

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060Ti + フルHDの結果

RTX3060Ti Cod 低設定のfps計測結果
RTX3060Ti (低設定)
Cod Vangurad RTX3060Ti 高設定
RTX3060Ti (高設定)

RTX3060Tiでfps測定。低設定では平均180fps出ていました。測定結果では165fps~225fpsあたりまでバラつきはでていますが、ゲームをプレイしている間は処理落ちなど感じません。

高設定でも平均140fps前後出ていますが、fpsの上下が激しく100fpsぐらいまで落ちることがあるので安定しているとは言えません。グラフィックの調整をして、もう少し安定させたいところですね。

RTX3060Tiは、WQHDや240Hzのモニターになるとパフォーマンスが厳しくなりますが、FullHD(1920 x 1080)144Hzのモニターであれば全く問題なくプレイすることができます。

RTX 3060Ti + WQHDの結果

Cod Vangurad RTX3060Ti  WQHD 低設定
RTX3060Ti WQHD 低設定
Cod Vangurad RTX3060Ti  WQHD 高設定
RTX3060Ti WQHD 高設定

RTX 3060TiでWQHD解像度を使うなら、低設定以下が必須です。可能な限り極低の設定を使わないとfpsが出ません。

高設定でもプレイ自体は可能ですが、ハンデを背負ったゲームになることは確実です。

RTX 3060Ti + 4Kの結果

4K解像度について、高設定は激しいfps低下が想定されるので低設定のみ計測をしました。

Cod Vangurad RTX3060Ti 4K 低設定
RTX3060Ti 4K 低設定

結果からわかるように、4Kでのプレイはおすすめできません。

Codは競技性の高いFPSゲームのため、このfpsでは撃ち負ける確率が非常に高くなります。ゲーム中のカクツキも目立ってくるため、キャラクターコントロールに支障が出るレベルです。

RTX 3060TiはフルHD解像度(1920 x 1080)までの想定がよいでしょう。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3070のfps測定結果

RTX 3070の結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:200fps(158fps)
  • 高設定:160fps(137fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:131fps(124fps)
  • 高設定:109fps(95fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:98fps(88fps)
  • 高設定:50fps(33fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070 + フルHDの結果

Cod Vangurad RTX3070 低設定
RTX3070 低設定
Cod Vangurad RTX3070 高設定
RTX3070 高設定

RTX3070で低設定の場合、ほぼ200fpsが出る結果となりました。(マップや参加人数によってfpsは変化します。)爆発やテルミットのエフェクトが激しいシーンで158fpsまで落ち込みましたが、通常200fps付近。かなり快適にプレイすることが可能でした。

グラフィックが高設定になるとfpsが落ち込みます。平均的に160fps付近が出ていますが、140~180fps付近で暴れている状況。プレイ中にカクツキや遅延は感じませんので、快適にプレイできました。

モニターがフルHDで144Hzなら、満足いく結果と言えます。

RTX 3070 + WQHDの結果

Cod Vangurad RTX3070 WQHD 低設定
RTX3070 WQHD 低設定
Cod Vangurad RTX3070 WQHD 高設定
RTX3070 WQHD 高設定

Cod Vanguardのように一瞬で倒されてしまうような、競技性の高いゲームには正直厳しい結果です。

低設定でかろうじて120fpsは保てましたが、今後のアップデートで調整が入ったら動作が重たくなる可能性もあります。

WQHDモニターを使う場合、低設定(可能であれば極低)か解像度をフルHDにしてプレイしましょう。

RTX 3070 + 4Kの結果

Cod Vangurad RTX3070 4K 低設定
RTX3070 4K 低設定
Cod Vangurad RTX3070 4K 高設定
RTX3070 4K 高設定

RTX3070を使って4K解像度のプレイはおすすめできません。

低設定で100fps前後は出せますが、最低でも120fps以上出ていないとPCやPS5プレイヤーに不利な状況でゲームをしていることになります。

高設定は問題外。カクツキが目立ち、撃ち合いに負けるシーンが多くなってしまいます。

RTX3070を使う場合、フルHDをターゲットと考えたほうが良さそうです。

>>RTX3070搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3080のfps測定結果

平均fpsまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定:216fps(180fps)
  • 高設定:183fps(162fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定:187fps(152fps)
  • 高設定:135fps(90fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:127fps(115fps)
  • 高設定:73fps(57fps)

※平均値です。

RTX 3080 + フルHDの結果

Cod Vangurad RTX3080 低設定
RTX3080 フルHD 低設定
Cod Vangurad RTX3080 高設定
RTX3080 フルHD 高設定

低設定でも240fpsには届きませんでした。今回の設定はプリセットの低設定なので、項目を極低にしてけばもっとfpsは稼げそうですね。

フルHDではRTX3080の能力を引き出しきれない感じがあります。RTX3060TiかRTX3070で十分な性能が発揮できることがわかりました。

RTX 3080 + WQHDの結果

Cod Vangurad RTX3080 WQHD 低設定
RTX3080 WQHD 低設定
Cod Vangurad RTX3080 WQHD 高設定
RTX3080 WQHD 高設定

低設定であれば、ほぼ144fps固定に近い状態になります。マップや人数、エフェクトの状態によってfpsは上下しますが、プレイに大きな支障はないでしょう。

WQHDで高設定は厳しいですね。

Codのような素早く競技性の高いFPSでは144fps以上ほしいところ。高設定で低いところは90fps~100fpsに落ち込むため、低設定以下でプレイすることを推奨します。

RTX 3080 + 4Kの結果

Cod Vangurad RTX3080 4K 低設定
RTX3080 4K 低設定
Cod Vangurad RTX3080 4K 高設定
RTX3080 4K 高設定

4Kの場合、低設定で平均127fpsと設定を下げても144fpsには到達できません。高設定になると60fpsすら怪しい状態になってしまいます。

Cod Vanguardが処理の重たいゲームであることがわかります。競技性の高いFPSゲームなので、できる限りグラフィック設定を下げてfpsを稼ぎながらプレイしないと、ちょっとした隙にやられてしまいそうです。

プロeスポーツプレイヤーも極低の設定を使うなどしてfpsを出しているので、参考にされるとよいでしょう。この記事でも下の方に設定紹介をしています。

>>RTX3080搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060(144fps制限+低設定)

Vanguard RTX3060のFPS計測
144fps制限+低設定

ゲーム内のフレームレートを144fps制限にした測定結果です。

最小111、最大144となっていますが、ゲームが始まる前と終わった後のメニュー画面でfpsが落ちるところがありました。

ゲーム中はほぼ144fps出ています。若干FPSが上下していますが、プレイ中に処理落ちは感じませんでした。

>>RTX3060搭載のゲーミングパソコンを見る

RTX3060Ti(165fps制限+低設定)

RTX3060Ti Cod 低設定(FPS制限なし)の結果
165fps制限+低設定

RTX3060Tiで165fps制限をかけて計測してみました。

スタート時の演出では140fpsあたりまで落ちましたが、ゲーム中は高いfpsを維持していました。

高fpsを出すにはRTX3060Ti以上の方が安定しやすいです。

>>RTX3060Ti搭載のゲーミングパソコンを見る

CoD VanguardにおすすめのゲーミングPCの紹介

この記事で紹介したようにグラフィックボードをRTX3060以上にすることで、CoD Vanguardをほぼ144FPSで遊ぶことができます。

各社比較して導き出したコストパフォーマンスが良いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

RTX3050 搭載パソコン(低設定限定!どうしても予算を抑えたいならこちら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PJ12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
145,000円別途送料2,200円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA

RM5C-R35
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3050
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
169,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
RTX3050搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 搭載パソコン(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
RX3060の中で
一番おすすめ!

STORM METALLICGEAR
STORM
PG-PH12
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
158,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングPC ミニ
12月9日までセール中!
CPU:Core i5-12400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BRONZE)
144,800円別途送料が2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 500GB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応 DVDスーパーマルチ
電源:500W(80PLUS BRONZE)

※電源容量のアップグレード検討が必要です。
168,500円別途送料が2,200円~4,400円必要。
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R36
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
174,980円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
199,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

価格を抑えてRTX3060を手に入れるならこの2機種!

RTX3060 Ti 搭載パソコン(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
ゲームメインなら
このPC!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)

実機レビュー記事はこちら
172,900円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:Z690
SSD:NVMe Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
224,000円別途送料2,200円必要。
FRONTIERのゲーミングパソコン
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:600W(80PLUS BLONZ)
195,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
ツクモ
G-GEAR
GA5J-B221/B2
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
187,200円
別途送料2,200円~4,400円必要。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
RM5C-R36T
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:650W 静音電源

(80PLUS BRONZE)
189,979円別途送料が3,300円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
Sofmap LEVEL ゲーミングPC
パソコン工房
LEVEL-M06M-124-SAX
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti

チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:700W (80PLUS BRONZE)
DVDスーパーマルチ
※メモリスロットは2つです。
184,800円別途送料が2,200円かかります。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune HM-B-3060Ti-L
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
※メモリスロットは2つです。
209,800円別途送料3,300円必要です。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

RTX3060 Tiならこの3機種!

RTX3070 搭載パソコン(予算に余裕があるならこれ!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
どんなゲームも
快適!

STORM METALLICGEAR
CPU:Core i5-12400
グラボ:RTX3070
チップセット:B660
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
198,000円別途送料2,200円必要。
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:Z690
SSD:NVMe
Gen4 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
248,800円別途送料2,200円必要。
Core i7
ワンランク上のPC!

FRONTIERのゲーミングパソコン
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W(80PLUS GOLD)
229,800円別途送料2,200円~4,400円。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Ryzen 7 5700X
グラボ:RTX3070

チップセット:AMD B550
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
16GB
電源:750W(80PLUS GOLD)
217,100円別途送料が2200円~4400円。
ドスパラ ゲーミングパソコン
ドスパラ
GALLERIA
XA7C-R37
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:650W(80PLUS BRONZE)
259,980円別途送料が3,300円。
沖縄・離島は送料6,600円です。
マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
マウス
コンピューター
G-Tune XM-B
CPU:Core i7-12700F
※水冷クーラー
グラボ:RTX3070

チップセット: B660
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4
32GB
電源:700W(80PLUS BRONZE)
304,800円 別途送料3,300円必要です。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

他社比較で断トツのコスパ!RTX3070搭載パソコンはこちら!

RTX3080 搭載パソコン(4KやWQHDモニターで遊ぶなら!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
STORM METALLICGEAR
最新グレードのパーツ構成!
CPU:Core i7-12700
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:
NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB(8GBx2)
電源:1200W

(80PLUS Platinum)
289,800円別途送料2,200円必要。
FRONTIER フルタワー
12月9日までセール中!
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:1000W

(80PLUS GOLD)
269,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
ツクモ ゲーミングパソコン
CPU:Core i7-12400F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
(80PLUS GOLD)
DL対応 DVDスーパーマルチ
285,800円別途送料2,200円~4,400円必要。
マウスコンピュータ ゲーミングPC ミドルタワー
CPU:Core i7-12700F
グラボ:RTX3080
チップセット:Z690
SSD:500GB NVMe

HDD:2TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS GOLD)
339,990円※別途送料が3,300円かかります。
RTX3080搭載ゲーミングパソコン

ハイエンドゲーミングPC!RTX3080搭載パソコンはこちら!

RTX3060のグラフィックボードでApexやVALORANTを遊んだときのfps計測結果も紹介しています。

ApexやVALORANTも遊びたい方は参考にしてください。

RTX3060・RTX3060Ti・RTX3070のfps計測とグラフィックボードの比較はこちらの記事で紹介しています。

CoD Vanguardでfps計測をしたゲーミングPC

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン

計測には、MSI AFTERBURNERを使っています。

計測にはのゲーミングパソコンを使用しました。

PCのスペックはこちら。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPUNvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)

モニターはAcerのIPSパネルを使っています。

  • 使用モニター:Acer VG270Sbmiipfx
  • 概要:27インチFullHD(1920×1080) リフレッシュレート165Hz

IPSパネルは発色が良く、視野角が広くて使いやすいですよ!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Hz(リフレッシュレート):1秒間に何回描画できるかの値。144Hzのモニターは1秒間に144回描画できる能力を持つ。モニターの表示能力。
fps(フレームレート):1秒間に何回画像を描画しているかの値。144fpsなら1秒間に144回描画している。パソコンの描画能力。

CoD Vanguardで高いfpsを出す設定

Codで高いfpsを出すための設定を紹介します。

品質設定の中でアンチエイリアスの設定は敵の視認性に影響するので確認をしてください。

最後にプロゲーマーの設定説明動画も紹介しています。

Vanguardのディスプレイ設定

Vanguardのディスプレイ設定

ディスプレイ設定のV-SYNC(ゲームプレイ)はオフにします。V-SYNCをオンにしておくとモニターのリフレッシュレートと描画が同期され、本来のfpsが出せなくなります。

モニターのリフレッシュレートが165Hz以上の場合、ゲームプレイフレームレート制限で144Hzに制限をかけておきます。

これ以外はディスプレイサイズに合った設定をしておきます。

Vanguardの品質設定

Vanguardの品質設定

CoD VanguardをGeforce RTX3060でプレイするとき、144fps出そうとすると設定の「品質」を下げる必要があります。品質を下げたからと言ってゲームプレイに大きな影響は出ないので、説明通りに設定してみてください。

グラフィックの品質設定で、テクスチャ解像度とテクスチャフィルターの異方性のみ「普通」。他は全て「低」か「超低」にします。

テクスチャ品質レベルを上げると発砲したときの煙が薄くなって視認性が上がるのでおすすめです。PCスペックによっては130fpsぐらいまで落ちることがあるので、様子を見ながら設定してください。

エフェクトやテクスチャの品質を下げても全然ゲームプレイの視認性に影響がありません。処理負荷を軽減するためにも品質は「低」か「超低」にします。

アンチエイリアス設定

Vanguardのアンチエイリアス設定
  • FIDELITYFX CAS:オン(強度100)
  • Filmic SMAA T2X:アンチエイリアス品質 低~中、フィルム密度100

いろいろ試しまたが、この設定が一番見やすかったです。

特に、FIDELITYFX CASはオンにした方がクッキリ見えるようになりますよ!

Vanguardのグラフィック設定参考動画

ここで紹介した設定はRush GamingのGorouさんと、CYCLOPSのLukeさんが紹介する世界最強プレイヤーSimpさんの設定を参考にしています。

Rush GamingのGorouさん
Lukeさんのチャンネル Simpさんの設定紹介

>>おすすめゲーミングPCの紹介へ戻る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次