\ブログ製作と雑記の記事を別宅に移動しました/

明るくて綺麗!おすすめポータブルプロジェクター XGIMI Halo レビュー

\安心と信頼!ゲーミングPCの老舗!/

お家時間が長くなり、家で映画やTVを見て過ごす時間が増えてきました。

コロナの影響で、映画館にもなかなか行けない状況が続いていますね。。。

この機会にホームシアターの環境を作ろうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでおすすめするのがプロジェクター「Halo」。

今回、XGIMIと言うメーカーのプロジェクターXGIMI Haloを使う機会をいただいたので、お家で試してみました。

Amazonでお買い物される時はギフト券がお得です。
>>Amazonギフト券

ホームシアターイメージ
ホームシアター

ポータブルと言ってもあなどれません!!
とても使いやすく、明るくて画質も綺麗なプロジェクターです!!

XGIMI Haloはこんな方におすすめ
  • 大画面で映画館気分を味わいたい。
  • 明るいプロジェクターをさがしている。
  • 持ち運びが少なく、お家で使うことが多い。
  • お家時間が増えている。
目次

大きな画面で映画が見れる、気分は映画館!

プロジェクター家で使っているイメージ
Halo使用イメージ

100インチ近くの大画面で映画鑑賞

部屋の壁に大きめに映るようにセッティングをしてみました。

壁から250cm離した所にHaloを設置すると横200cm×縦110cmぐらいに投影ができ、ミニシアターのような感覚で映画を楽しく観る事ができました!

参考:16:9で100インチの場合、横221.4cm×縦124.5cm

我が家にはこれ以上大きな壁と広い場所がない為、ここまでの検証となりましたが、お家で大画面の映画が見れるのはとても感動でした!

明るくて解像度が高い

Haloイメージ
Haloイメージ

Haloは想像以上明るく、解像度も高いので多少明るい部屋でも映像を楽しむ事ができました。

最大800ルーメンの明るさで投影できるので、多少明るい部屋でもクッキリ見えます。

映像の解像度も十分にあり、スピーカーも優秀なので全く違和感なく映像を楽しむことができます!

白い壁紙で問題なく見れました

私の家の壁紙がザラザラした一般的によくある白の壁紙なのですが、この壁に直接投影しても問題なく映像を見る事ができます。

白の壁紙
部屋の壁紙

投影用のスクリーンや白い大きな布があればより綺麗に映すことができそうですが、白の壁紙でも十分なクオリティで映像が見られるので驚き!

Bluetoothスピーカーも接続できました

Haloを設置した時、自分の横か前に置くことが多かったので、スピーカーの位置が気になりました。

映像側から音が出せるようにBluetoothスピーカーを接続してみました。

Bluetoothスピーカー
Bluetoothスピーカー

接続は問題なく完了。

スピーカーを壁側に設置することで映像の方から音が聞こえるようになり、臨場感が増しました!

音の出る場所を変えたい時はBluetoothスピーカーを使ってみるとよいでしょう。

wifiをつなげれば、動画配信サービスがすぐ見れる

動画配信サービス
アプリケーションイメージ

アプリが入っているのですぐ使えます

OSにAndroidが採用されていて、PrimeVideofuluなどの動画配信サービスをすぐに使うことができます。

すでにそれぞれのアプリで使っているアカウントをお持ちであれば、アプリにログインすればすぐに使えます。

メインメニュー画面
トップのメニュー画面

NETFLIXを見るには「DesktopManager」をインストールが必要

NETFLIXをよくみるのですが、NETFLIXアプリが入っていない事が気になって調べたところ、

「Halo」では通常のNETFLIXアプリをインストールしてもOSが非対象のため視聴する事ができません。

これは厳しい・・・


さすがにNETFLIXが使えないのは厳しいので、インストール方法がないか調べてみました。

もし、先に通常のNETFLIXをインストールしている場合は、GooglePlayストアアプリからNETFLIXアプリを一旦削除する必要があります。

■NETFLIXを使う手順
1:GooglePlayストアアプリで「DesktopManager」をインストールします。

DesktopManagerのインストール
DesktopManagerのインストール

2:「申し込み」から「NETFLIX」をインストールします。

Netflixのインストール
Netflixのインストール

3:インストール完了後はDesktopManageからNETFLIXを起動する事で視聴できるようになります。

他のアプリと違ってインストール手順は必要ですが、NETFLIXを問題なく使うことができました。

リモコンはシンプルでレスポンスが非常に良い!

リモコンはシンプルでレスポンスが非常によく、操作がもたつくことはありませんでした。

リモコンイメージ
リモコン画像。左側がHaloのリモコン

各サービスにログインする時もリモコンを使って操作をしますが、操作しにくいなどの問題は無く快適に操作する事ができました。

操作が簡単!

FireTVなど操作をした事があるお子様なら、自分で操作できます。

ナオ

私の娘ちゃんも初めて触った日から一人で操作して動画を見てました!

子供でも操作ができるぐらい簡単です!

オートフォーカスと4点キーストーン補正

オートフォーカスは優秀

Halo本体を起動すると、自動でオートフォーカス調整が走ります。

これがなかなか優秀で、綺麗に補正をしてくれます。

手動補正も可能ですが、今の所1度も使う事は無かったです。

キーストーン補正(台形補正)は垂直方向のみ

キーストーン補正は垂直方向(縦方向)のみ自動補正になるようです。

横方向の補正までしてくれたら完璧だったのですが、そこは手動補正が必要でした。

横方向の手動調整は気になりだすと延々と補正作業をしてしまうので、可能な限り投影面に対して垂直にHaroを置くようにした方がよさそうです。

Haloは少し大きめだけと、持ち運びできる

外観は↓こんな感じで、見た目は非常に綺麗です。

プロジェクター1
本体外観

スペック

簡単にですが、スペックです。

項目内容
大きさ113.5mm×145mm×171.5mm
重さ1.6kg
バッテリー内臓17,100mAh
入力電源×1、HDMI×1、USB2.0×1
出力ヘッドホン出力×1
OSAndroid 9.0
明るさ600~800ルーメン
解像度1920×1080(1080P)
wifi2.4/5GHz 802.11a/b/g/n
Bluetooth4.0/BLE
スペック表

高さが17cmぐらいで少し大きめですが、机の上に置いても邪魔にはならないサイズです。

重さが1.6kgあり、持ち運びに問題はありませんが片手でひょいっと持っていくのは危険かも

子供が使う時は子供部屋、寝る前に動画を見る時は寝室に移動させて使っていました。

バッテリーを内蔵(最大動画4時間再生)

バッテリーを内蔵していて、標準モード最大4時間再生できるそうです。

私がバッテリーを使って試したのは、天井に投影する時。

Haloの電源プラグ差込口が背面にある為、Haloを天井に向けようとすると電源プラグが邪魔になるんです。

2時間程度の映画を視聴しましたが、問題なく最後まで再生されました。

3時間を超えるような長時間映画だと省エネモードにした方が良いかもしれません。

1点気になったのは、背面に排気口があるので、そこはできるだけふさがないようにした方が良いのかなと思いました。

Haloの背面
Haloの背面

まとめ

今回、初めてプロジェクターのXGIMI Haloを使ってみて、家でも十分映画館気分を味わう事ができると実感しました。

なかなか映画館に行けないなか、お家に環境を作るのも良いと思えるプロジェクターでした。

価格は安くは無いですが、それだけの価値あるプロジェクターだと言い切れます。

初めてプロジェクターを買おうとお考えのかたにもおすすめできます!

※この記事で使用している公式画像はXGIMI社より許諾を得て掲載しています。

ナオのゲーミングデバイスはNURO光を使っています。

>>NURO光に乗り換えた時の記事も公開中<<

NURO 光がお得に使える!?
Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる