\ブログ製作と雑記の記事を別宅に移動しました/

【レビュー】FPSにおすすめ!Steelseries Apex PRO TKL テンキーレス ゲーミングキーボード

\安心と信頼!ゲーミングPCの老舗!/

マウス操作の場所を確保したい。

FPSで相手より少しでも早く動きたい。

SteelseriesのApex PRO TKLって高いけど何がすごいの?

こんな情報をお探しではありませんか?

ゲーミングキーボードには青軸、赤軸、茶軸、銀軸と種類があり、打感やキーの反応距離もいろいろ。

キーボードは一度購入してしまうと他のキーボードに乗り換えるのは費用的にも難しいですよね。

そんな事にならないように、この記事では「Steelseries Apex PRO TKL」を実際使って、機能面の説明や良かったところ、気になるところを解説します。

Steelseries Apex PRO TKLはキーの反応距離をソフト別に変更する事ができ、FPSのような早い反応が欲しいゲームの対応や、オフィスソフト、普段使いにも対応ができるゲーミングキーボードです。

Steelseries Apex PRO TKL の特徴

・OmniPointスイッチは軽くて押しやすい。
・キーの反応高さが0.3mm~3.6mmの間で調整できる。
・重さがあるので操作中にキーボードがズレる事がありません。
・SteelSeries Engineでキー配置やライティングが細かく設定できる。
プロファイルが本体メモリに保存されるので、PlayStationでも設定が使えます。
・キーボードの右上にあるディスプレイで、現在のプロファイル名確認ができる。
・マルチメディアボリュームローラーでボリューム調整ができるのは非常に便利。
・ゲームのみならず、仕事でも使いやすいキータッチとカスタマイズ性。

TKL:Tenkeyless(テンキーレス)の意味。
キーボードの右側にあるテンキーが無いタイプのキーボードに使われる文字です。

この記事でわかること
  • SteelSeries Apex Pro TKLの特徴。
  • キーボード軸の特徴。
  • テンキーレスをおすすめする理由。
  • SteelSeries Apex Pro TKLの良かったところ、気になるところ。
目次

Steelseries Apex PRO TKLの外観と仕様

本体はアルミボディのようで、重量感もあるので操作中にズレる事はありません。

キーボードの右上に設定中のプロファイル名が確認できる有機ELディスプレイが搭載されています。

キータッチがスムーズでFPSにおすすめ!

APEX_PRO_TKL_01
Steelseries Apex PRO TKL スマホで撮ったら画像が歪んでました・・・

キータッチは赤軸や茶軸よりも軽いです。

キーの真ん中や端など、どの部分を押してもスムーズに押すことができました。

キータッチが軽いので、長時間のタイピングでも疲れる事はありません。

日本語配列版を購入しましたが、キーに「かな表示」はありません。

今まで日本語版キーボードをお使いであれば、特に違和感なく使う事ができるでしょう。

USBは2.0規格で2つに分かれています

PCやPlayStationに接続するUSBは2.0規格です

ケーブルが2つに分かれていて、1つはキーボード本体。

もう一つは本体裏側にある拡張USB用になります。

本体裏側の拡張USB差込口

本体裏側の拡張USB差込口
本体裏側の拡張USB差込口

本体裏側の拡張USBは2.0規格です。

SSDなどの電力使う物には使わず、マウスやUSB接続ヘッドホンなど小電力のUSB機器で使用しましょう。

本体裏面のケーブル取り回し

Apex PROの裏面
Apex PROの裏面

ここがポイント!
本体裏側でケーブルを出す位置を左右と真ん中の3か所に変更できるようになっています。
ケーブルの取り回しが変えられるのは地味に嬉しい!

他のキーボードだとケーブルの位置が固定されている物が多く、キーボードを置く位置によってケーブルが邪魔になる事があります。

Apex PROはその点ケーブルの位置変更ができるので取り回しがしやすいです。

キーボードのLED

APEX PRO TKLのLED
APEX PRO TKLのLED

キーボードのLEDはキーの下からも少し光が漏れるタイプ。

専用ソフトを使う事で、LEDそれぞれの色を変えたり、キーを打った時に反応させて波のように光らせたりキー操作を無効にしたりする事ができます。

ゲームや使うソフト別に設定を作って保存する事ができます。(SteelSeries Engineを使います)

テンキーレスとフルサイズキーボードの大きさ比較

Apex PROサイズ比較
Apex PROサイズ比較

Apex PRO TKLに変える前はドスパラで購入したパソコンに付属していたフルサイズキーボードを使っていました。

フルサイズキーボードとマウス操作でゲームを遊ぶと、キーボードにマウスが当たってしまい操作ミスを起こしやすくなります。

テンキーレスキーボードのApex PRO TKLにする事でマウス操作の場所を確保でき操作ミスを減らすことができました。

フルサイズのキーボードとApex PRO TKLは横幅で約8.5cmの差があります。

OmniPointスイッチの打ち心地は「スムーズで軽い」

OmniPointスイッチは他のキースイッチと違って、反発力が弱くとてもスムーズで軽いです。

  • 青軸:カチカチ音がする。クリック感がある。
  • 赤軸:スムーズな打ち心地で軽い反発力がある。
  • 茶軸:スムーズな打ち心地だが、少しクリック感がある。
  • 銀軸:スムーズな打ち心地で軽い反発力がある。キーを押した時の反応距離が短い。
  • OmniPoint:初動から軽いスムーズな打ち心地。反発力が少ない。キーの反応位置を調整可能。

OmniPointスイッチは初動から軽く、反発力の少ないキータッチで長時間タイピングをしていても疲れにくいです。

キーの反応距離をPC専用ソフトSteelSeries Engineで調整する事ができます。

ゲームのタイトル別、ソフト別に設定を作って切り替える事も可能です。

アクチュエーションポイントの設定でキーの反応距離を変えられる

使うソフトごとに設定をおすすめします

アクチュエーションポイントの設定を変える事で、キーを押した時に反応する深さを変える事ができます。

0.4mm~3.6mmの間で調整できます。

文字を打つなどの一般的に使う場合は、あまりアクチュエーションポイントを短くすると誤字を打つ確率が高くなります。

OmniPointスイッチは初動から軽く打てるので、軽く触れただけで文字が打たれてしまいます。

通常タイピング操作の場合は「5」以上に設定した方が良いです。

私は文章作成など、通常操作時は7に設定しています。

通常タイピングのアクチュエーションポイント設定
アクチュエーションポイント設定

FPSゲームの設定は3にしています。

アクチュエーションポイントFPS
FPS用アクチュエーションポイント設定

作ったプロファイはApex PRO TKL本体に保存できます。

本体に保存したプロファイルはPC、PSでも使用することができます。

プロファイル設定

プロファイルを本体に保存してPCやPSで切り替えできる

Apex Pro TKLのプロファイルの切り替え
Apex Pro TKLのプロファイルの切り替え

作成したプロファイルは本体のメモリに保存されます。

「Steelseriesロゴキー」「F9キー」を押すと、保存したプロファイルを切り替える事ができます。

複数プロファイルがある場合、ロゴとF9を押すたびにプロファイルが切り替わります。

ディスプレイ
プロファイル表示

適用されているプロファイル名はキーボードの右上にある有機ディスプレイに表示されます。

プロファイルはApex PRO TKL本体に保存されます。
他のPCやPS、XBOXでも設定したプロファイルを使う事ができます。

マルチメディアボリュームローラー

有機ELディスプレイの横にあるマルチメディアボリュームローラーは上下に回転させることで、Windowsのボリュームコントロールが可能です。

マルチメディアボリュームローラーは押す事もでき、1度押すとミュート、もう一度押すとミュート解除になります。

マルチメディアボリュームローラー
マルチメディアボリュームローラー

PSなどの家庭用ゲーム機ではマルチメディアボリュームコントローラー操作は反応しません。

まとめ

・キー音は静かでスムーズなのでとても押しやすいです。
・見た目の高級感があります。
・重さもしっかりしているので操作中にキーボードがズレ事はありません。
SteelSeries Engineで細かく設定できる。
プロファイルが本体に保存されるので、PlayStationでも設定が使えます。
・キーボードの右上にあるディスプレイで、プロファイル名の確認ができ、非常に良いです。
・マルチメディアボリュームローラーでボリューム調整ができるのは非常に便利。
・ゲームのみならず、仕事でも使いやすいキータッチとカスタマイズ性。

・ケーブルが太く硬い。
・ケーブルの取り回しがしにくいです。
今のところ、これ以外にないですが、強いて言うとしたらもう少しだけキータッチの音が静かになったら良かったです。

Steelseries Apex PRO TKLは最高峰のゲーミングキーボードなのは間違いありません。

値段は高いですが、その分のパフォーマンスが発揮できます。

カスタマイズ性にも優れており、使う場面に合わせた設定が可能です。

是非ご検討ください。

Apex PRO TKLについて、ご質問などあればコメント欄で受付しております!

ナオのゲーミングデバイスはNURO光を使っています。

>>NURO光に乗り換えた時の記事も公開中<<

NURO 光がお得に使える!?
Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる