\ブログ製作と雑記の記事を別宅に移動しました/

【final VR3000 for Gaming】音質と定位が素晴らしい ゲーミングイヤホン レビュー

\安心と信頼!ゲーミングPCの老舗!/

ゲーミングヘッドセットは大きいし重たい。

ゲーミングイヤホンってどの程度使えるもの?

Switchやスマホでもゲーミングイヤホンを使いたい!

そんなお悩みを解決できるゲーミングイヤホンが「final VR3000 for Gaming

オーディオメーカーの「final」が開発しているゲーミングイヤホンです。

20種以上のヘッドホンやイヤホンを使ってきましたが、「final VR3000 for Gaming」は音質と定位が群を抜いています。

ボイスチャットの音質はよくないところが残念ですが、聞こえる音はとても良いです。

ゲーミングイヤホンをお探しのかたにおすすめです。

VR3000を使って感じた特徴
  • 音質がとても良い。
  • 中高音が強め。
  • 定位が良く、位置の把握がしやすい。
  • イヤホン本体のホールド感は強い。
  • ケーブルがやわらかめで、耳にかけやすい。
  • ケーブルのタッチノイズがほとんど無い。
この記事でわかること
  • VR3000の付属品やスペックについて
  • VR3000の装着感と音質のレビュー
  • VR3000の良かったところ、気になる点
目次

VR3000の製品仕様

スペック表

項目仕様
型番FI-VR3DPLMB
本体素材ABS樹脂
ドライバーダイナミック型
ケーブルOFCケーブル
感度101dB/mw
インピーダンス18Ω
質量20g
コード長1.2m
VR3000 スペック表

インピーダンスの値が高いとノイズは少ないですが再生機器によってはボリュームが出ないです。

逆にインピーダンスが低いとノイズが乗ってきますがボリュームは大きく出ます。

スマホなどで使う場合は30Ω(オーム)前後の物なら問題は無いと思います。
100Ωを超えるようなヘッドホンなどは別途アンプが必要になったりすることがあります。
そこまで値の高いヘッドホンは高額になる事が多いです。

付属品

VR3000 付属品
付属品
  • 本体
  • イヤーピース(大きさ5種類)
  • 耳掛け補助パーツ
  • ポーチ
  • 取り扱い説明書

イヤーピースのサイズが5種類あるので、どれかのサイズで耳の穴に合わせられると思います。

本体のケーブルは柔らかい素材で、服に当たってもタッチノイズが気になりません。(←ここ重要)

ヘッドセットやイヤホンについているポーチやケースってどれぐらいの人が使うのでしょうか。

私は外出で使う時はカバンに放り込むかポケットに入れていきます。

おかげで毎回コードがぐちゃぐちゃになってます。。。こういう時はポーチに入れて行きましょう。

音質は中高音が強め

ゲーム音はとても良い

CODで遊んでみましたが、定位や足音などがとてもよく聞こえます!

高音が強めですが、全体がはっきり聞こえます。

没入感がとても高い!

イヤホンはヘッドホンと違って音が近いです。自分で撃った銃の音が大きく聞こえるのでその点、注意が必要です。

Final公式ページに、定位や音質確認用Youtubeリンクがありますので、確認して見ると良いと思います。

ボイスチャットはマイク位置に気を付けて

ボイスチャットの音質は正直良くないです。

PSでボイスチャットをしたとき、声が遠い、全体的に聞きにくいと言われました。

特にマイクが離れた時に聞こえづらくなるようです。

元々ボイスチャットの音声品質はよくないので、ゲームでボイスチャットをする時はマイクの位置をできるだけ口に近づけるようにしましょう。

耳掛けタイプでズレない装着感

耳掛けタイプなので、装着した時はこんな感じ。

イヤーピースのサイズは種類があるのでほとんどの方は合わせられると思います。

耳に装着した時、イヤーピースだけで本体を維持するのではなく、本体を耳のポケットに少し入れて固定する事で緩みなくフィットさせるので、ホールド感は抜群に良いです。

耳の小さい人は装着していると痛くなるかもしれません。

VR3000の角が痛い
VR3000の角が痛い

画像下部にある四角い部品はリモコンマイク。
一度ボイスチャットで使ってみましたが、オンラインフレンドから声が遠いと言われました。。。

L型プラグと耳掛け補助パーツ

プラグ形状

プラグ形状はL型の4極プラグです。

スマホやPSのコントローラーなど、直接差し込む事でボイスチャットができます。

VR3000のプラグ
VR3000のプラグ

耳掛けの補助パーツ

耳掛け部分の補助としてU型のパーツが付属しています。

ケーブルに付けて使用します。

耳にケーブルを添わすとき、耳が小さい方などはケーブルがうまく添わせられない事があります。その時は補助パーツを使うと良いと思います。

だがしかし、このパーツ若干取り付けしにくいんです。

取り付け時の爪が小さく、ちょっとだけ爪の部分を引っ張りながら取り付けするのですが気を付けないとすぐに破壊してしまいます(T-T)。

耳掛け補助パーツの破損・・・
耳掛け補助パーツの破損・・・

finalはエージングを推奨しています

finalは公式にエージングを推奨しています。

おおよそ150~200時間程度、通常の使い方を続ける事で、設計意図の本来の音質に近づくと言われています。

エージングをする際は、普段聞いている音源とボリュームで使うだけで大丈夫です。

無理に大きな音や普段効かない音源を聞く必要はないそうです。

>>final公式サイト エージングについて

良いところと気になるところ

・ケーブルがやわらかく取り回しがしやすい。
・ケーブルの質感が良い。タッチノイズがほぼ無い。(←これ重要)
・音質は聞き取りやすく、イコライザーなどが無くても十分。
・イヤーピースのサイズバリエーションが多い。

・8000円程度のゲーミングイヤホンとしては音質が非常に優秀。

・耳掛けの付属パーツが取り付けしにくい。(使わないくても大丈夫ですが)
・長時間使うと耳が痛くなる。(耳の形状にもよると思います)
・いまいちというほどではないが、PCで使用したとき等はイヤホンのコントーローラーでボリューム調整ができない。

まとめ

VR3000を使って感じた特徴
  • 音質がとても良い。
  • 中高音が強め。
  • 定位が良く、位置の把握がしやすい。
  • イヤホン本体のホールド感は強い。
  • ケーブルがやわらかめで、耳にかけやすい。
  • ケーブルのタッチノイズがほとんど無い。

ゲーミングイヤホンを今まで使ったことがなかったので正直驚き!

ここまで音の位置がわかる物だと思っていませんでした。

横、後ろから足音が聞こえる感動はヘッドセットに負けず劣らず非常に優秀なイヤホンです。

価格が約8000円(税込み)ですが、この価格でここまでしっかり音が出ているイヤホンは珍しい。

数千円~5万円の価格帯イヤホンを多数使ってきましたが2万円辺りの価格帯イヤホンにも全く負けていません。

ヘッドセットが苦手な方や外出時に使用される方にもおすすめです。

ナオのゲーミングデバイスはNURO光を使っています。

>>NURO光に乗り換えた時の記事も公開中<<

NURO 光がお得に使える!?
Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる