\ブログ製作と雑記の記事を別宅に移動しました/

GSP600はコスパが悪いです。正直レビューしています。

\安心と信頼!ゲーミングPCの老舗!/

ゲーミングヘッドセットとして人気が高いSennheiser GSP600を手に入れました。

このヘッドセットは音が良いと人気があるのですが、高くて購入を迷っているかたもいらっしゃると思います。

今回、ヘッドセットやイヤホンを20個以上使ってきた私が、実際GSP600を使ってみて、このヘッドセットは買いなのか?を正直ベースで書きました。

購入をお考えの方へ、参考になればと思います。


Sennheiserのゲーミングデバイスですが、今は「EPOS」というブランドで取り扱う事になっています。

最近販売されたGSP600は「EPOS」ロゴが印刷されています。

今回購入した製品はEPOSブランドロゴが無いのでSennheiser時代の製品になります。

目次

【結論】他のヘッドセットをおすすめします

ナオ

他のヘッドセットも試した上での結論です。

2021年6月現在で26,000円ほどしています。

2021年9月現在で18,000円(Amazon調べ)ほどしています。

この価格で購入するなら他のヘッドセットをおすすめします。


音質やボイスチャットの品質など、全く問題ありません。

PCでもPSでも使う事ができますし、他ブログのレビューでもGSP600は評価が高い事がわかると思います。

それでも、正直、他のヘッドセットをおすすめします。

他のヘッドセットをおすすめする理由
  • コスパが非常に悪いです。18,000円の価格に見合っていません。
  • 10,000円~15,000円程度のヘッドセットに比べ、8,000円の差が出るほど良いか?と言われるとそこまでの差は感じません。
  • 他のヘッドセットに比べ、重たく感じます。
  • 18,000円の予算があるなら、Astro Mixampとヘッドセットの組み合わせが機能的にも良い。
  • ヘッドセット単体ならGPROX(G-PHS-003)の方が安くて使い勝手が良いです。

かなり否定的な事ばかり書きましたが、音質やボイスチャットの品質は良いんです。
それでもコスパが良くないと思います。
他のヘッドセットにも十分な音質のヘッドセットがありますので、そちらも検討する事をおすすめします。

おすすめするヘッドセット3選

ヘッドセット単体なら「ロジクール G PRO X ゲーミングヘッドセット(G-PHS-003)」。

MixAmpとの相性もいいです。

ハイレゾ周波数まで対応。100名以上のプロゲーマーと共同開発「Steelseries Arctis Prime」。

GSP600と同じ価格帯で機能面や拡張性を考えるなら「Astro A40TR+Mixamp Pro」。

ナオ

ヘッドセット単体でもいいし、Mixampの組み合わせでもいいよ!

紹介する3つについては、実際に購入をして全て使った上でのおすすめになります。

GSP600の外観

重量(ケーブル除く):約395g

右側にある丸い黒いリングを回すとボリューム調整ができます。

ちょっと固めなのでサッと調整するのは難しいかも。

マイクを上げたとき。

この状態だとマイクOFFになります。

オンラインのフレンドにボイチャの音声聞いてもらいましたが、ノイズも無くクリアな音質との事でした。

マイクを下げていくとすごく小さくカチッと音がなり、それでマイクONになります。

けっこう下まで下げないとONにならないです。

使用には問題はありませんが、思った以上にマイクを下げないとダメなんだなと感じました。

装着感

本体が重たい

重ためで長時間は少し辛い(395g)。

なれるまで、重さで疲れそうです。

装着時の調整

個人差あると思いますが、頭の大きい人はイヤーパッドまでの長さ調整が少し足りなく感じるかもしれません。

側圧が少し強め。

側圧についてはヘッドバンド部分にあるスライダーを内側に移動させると緩めに、外側に移動すると強めに調整されるとの事。

外側と内側で試してみましたが、それほど大きな違いは感じませんでした。

内側に移動させたとき、少しだけ緩くなったかな?程度です。

イヤーパッドは暑い

イヤーパッドは外周が合皮、耳が当たる部分はスウェードっぽい素材で付け心地は良いです。

暑い部屋だと蒸れます。

イヤーパッドは耐久性が低いそうなので、使い続けてどうなるかも試してみようと思います。

8ヵ月ほどつかっていたのですが、イヤーパッドの縫い目が破れてしまいました。。。

交換用イヤーパッドで補修をして使える状態に戻しました。

>>Geekria イヤーパッド + ヘッドバンド(GSP600用)

音質

PCで聞いてみましたが、密閉型によくあるこもりはあるものの、全体的に音に聞きやすい音です。

聞き取りやすい音なので音疲れはしないです。

FPS等でさらに足音を聞き取りやすくしようとすると、ASTRO MixAmpなどのゲーミングアンプが必要。

現状でも足音は十分聞こえるので、GSP600単体で使っても問題いです。

まとめ

GSP600の良かったところ、気になるところ
  • 見た目がかっこいい。
  • 本体ボリューム調整がすぐに触れる位置にあり、迷わない。
  • マイクを跳ね上げてミュートにして置いておける。
  • 音質は聞き取りやすく、イコライザーなどが無くても十分。
  • マイクの音質がとても良い。
  • ヘッドバンド、イヤーパッドの交換が可能。
  • 本体重めで疲れる。
  • 側圧調整にもう少し幅が欲しかった。現状それほど大きな変化がでない。
  • 価格が高い。←これが決定的。コスパが悪いです。

本体の見た目やパーツの作りは非常によく、音質も良いです。

でも、なかなか手が出せない価格帯です。

もし、購入をお考えであれば、他におすすめするヘッドセットで記載したヘッドセットの検討をしてみてはいかがでしょうか。

GSP600のリンク
ナオのゲーミングデバイスはNURO光を使っています。

>>NURO光に乗り換えた時の記事も公開中<<

NURO 光がお得に使える!?
Amazonでお得にお買い物!

Amazonでお買い物をする時はAmazonギフト券へ現金チャージをしてから支払う方がお得です。

金額をまとめてチャージすると、最大2.5%ポイントがもらえます。

Amazon Payが使えるサイトならAmazonギフト券の残高から支払いができるので、多めにチャージしても大丈夫!

Amazonギフト券でお得に買い物しよう!

\現金チャージでポイントアップ!/

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率です。
※クレジットカードでチャージをすると、還元率が0.5%になるので注意してください。
※開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外です。

よかったらシェアしてください!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる